JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

亡者のゲーム ダニエル・シルヴァ 著 山本やよい 訳

2017-10-18 17:12:47 | 


ダニエル・シルヴァの「報復という名の芸術」を読んで、そのあとの翻訳3作がナチ関係ということで飛ばしした。14年たった後で国際情勢もだいぶ変化したあとなので、最新作にだいぶ近づいた。
今回は相手はテロリストではなくて、国家的金融犯罪者と独裁者、最初まどろっこしいのだけれど、後半、動的になるとやはり面白い。
意外と主人公のガブリエル・アロンの思考が簡単なので解りやすい。

この後ISテロリストと闘う最新作「ブラック・ウィドウ」まで間一冊になったけれど、本屋さんにリンカーン弁護士の最新作が並んだので、ここはガブリエリにはやすんでもらわなければいけない。

一寸だけ足跡を残しておきましょう。

 ネットの時代には、威厳ある生き方より、大声でわめく生き方のほうが重んじられる。デカルトがいまの時代に生きていたら、”我ツイッターをする。故に我あり”と書いたかもしれない。

と言うことで時代は追いついたようです。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末に向けて | トップ | 気軽用 QUARTET / TAKASHI... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事