嬉々として行こう。

2017-03-07 22:03:25 | Weblog



人生ってやっぱり「障害物競走」なのかもしれないが、



それだったら

自分から志願して「障害物競走の選手」になれば・・・いいのだ。





嬉々としてそれに向かうのだ。


決して「やらされてる」感があってはいけない。










我々は時々、


自分が、生きたくて生きていることを忘れてしまう。






1億もの精子が卵子に向かって必死に泳ぐ映像を見たことがある。


卵子に辿り着いて「生」を得る事ができるのはもちろん、



1億のうち一匹だ。




それは我々の過去の姿である。





その事からも推測されるように、


間違いなく我々は「生」を欲していたし、


時々忘れてしまうにしても・・・今だって確実に、そうなのだ。





誰もが志願して、障害物競走の選手になったのだ。





だから、障害物が多いのは当たり前だ。


だってそれを望んだのだから。




そうだ、


嬉々として行こう。


我々はラッキーだったのだ、



もっともっと酷いことに・・・なってたかもしれないのだ。








嬉々として行く。


・・・・・・・・・・・・・・それってきっと、大事なことだ。
















バンドも もちろん、嬉々としてライヴに向かう。



ROCA'66 の次回のライヴは2017年3月11日、土曜日




梅田 ムジカ・ジャポニカにて。










P.S.

「キキとして」って・・発語的にもいいよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「命」について。 | トップ | 今夜、梅田 ムジカ ジャポ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL