銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

宮廷画家ゴヤは見た▼△

2008-10-26 | 映画:ミニシアター

 天才画家ゴヤが描いた2枚の肖像画、少女と神父の数奇な運命とは?

10月18日、新京極シネラリーベにて鑑賞。「ノーカントリー」で、アカデミー賞助演男優賞に輝いたハビエル・バルデムがロレンソ神父という役で登場。この役もなかなか彼のキャラに合っている。そして少女イネスには、あの「スターウォーズ」シリーズのアミダラ姫で人気を獲得したナタリー・ポートマンです。25日からの公開「ブーリン家の姉妹」では、エリザベス一世の母、アン・ブーリンを演じているので、これも楽しみですね。本作での彼女も真に迫る演技でした。さすが!って気がします。

 

物語

時は18世紀末から19世紀初めの内外の動乱に揺れるスペイン。ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は国王カルロス4世(ランディ・クエイド)から宮廷画家として任命された。芸術家として揺るぎない地位を築いた彼は、王妃の肖像画描く以上の情熱で、貧しい人々を描き、腐敗した権力者を攻撃する版画を制作していた。

※銅版画の行程が映し出されます。このシーンは本当にこんな感じだったのか?分かりませんが。でも実際に制作している私にとっては、非常に興味のあるシーンでした。防触剤が銅板に塗られるところや、腐食液に銅板を浸けるというお馴染みの行程も見られ、そして木製のプレス機で作品を刷り上げる。今から200年以上も前からヨーロッパでは銅版画が盛んだだったことも、このシーンで手に取るように分かります。(実際ははこれより前から銅版画制作はされていたようです。1400年代くらいから行われていたとのこと)

1792年のマドリード、ゴヤは2枚の肖像画を描いていた。1枚は天使のような無垢な少女、イネス。裕福な商人トマス・ビルバトゥア(ホセ・ルイス・ゴメス)の娘で、ゴヤとは家族ぐるみの友人である。

 イネス

もう1枚は、初めて依頼されたロレンソ神父。ゴヤのアトリエで、肖像画のイネスの美しさに目を留める神父

 ロレンソ神父

カトリック教会は国王の監督の下、異教徒や無神論者を罰する権限を持っていたが、近年はほとんど機能していなかった。教会の力を復活させようとロレンソ神父の提案で、異端審問が強化される。

奇しくもイネスが審問所から出頭命令を受ける。彼女は居酒屋で豚肉を嫌がったために、ユダヤ教徒の嫌疑をかけられてたのだ父トマスに頼まれたゴヤは修道院の修復費用と引き換えにイネスを解放して欲しいとロレンソに話す。

 イネスはこの居酒屋の一件で

 

ゴヤに頼まれたロレンソは牢へ行くと、イネスはすでに罰せられた後だった。彼は脅えるイネスを慰めるうちに、欲望に負け、彼女を強く抱きしめるのだった。 

 

 

トマスはロレンソを豪華なディナーに招待する。和やかに始まったその席で、イネスが罰せられることに耐えられなくなり、ユダヤ教徒だと告白したと聞き、家族とゴヤは激しいショックを受ける。

 父トマス

 

 母マリア(マベル・リベラ

裁判にかけるというが、告白したからには釈放はありえない。無実なら痛みに耐える力を神が授けてくださるというロレンソの非現実な主張を覆すべく、トマスは彼を天井から吊るし、自分は猿だという告白書に署名させる。イネスが戻れば、燃やす約束だ。

しかし、異端審問所長( ミシェル・ロンズデール)は非情だった。寄付金はありがたく頂くが、例外は一切認められないというのだ。イネスが戻らないため、ロレンソの告白書を国王に託す。糾弾を怖れたロレンソは国外へ逃亡

本人の代わりにゴヤの描いた肖像画が燃やされ、ロレンソの名は永久に抹殺された。彼の訪れが途絶え、イネスは外界の繋がりを失ってしまう。

燃やされたロレンソの肖像画です。

時は1793年、すでに革命が起きいていたフランスでは、カルロス四世の従兄弟にあたるルイ16世と王妃マリーアントワネットがついに○刑された。時代は大きな転換期に突入していた・・・・・。

15年後、フランス皇帝となったナポレオンは、世界征服の野望を抱いて、ヨーロッパ各国と戦争を行い、スペインにも進軍、兄ジョゼフをスペイン王位に据え、絶大な権力を掴む。ゴヤは病で聴力を失ったものの、世の中の真実を見る目に曇りはなかった。自由・平等・友愛を旗印にしながら、スペインの民衆に対して略奪と残虐行為を働くナポレオン軍の正体は侵略者でしかなかった。

フランス軍はカトリック教会にも攻撃をかける。

 

神父の一人はフランス軍の手によって・・・・・。

異端審問は廃止され、囚われていた人々は解放された。しかしイネスが家に帰ると、家族は皆殺された後だった。イネスは変わり果てた姿で、ゴヤのもとを訪ねた。そして驚くべき頼み事をする牢内で生んだ娘を探して欲しいといのだ。

かってゴヤはイネスを救えなかった。今度こそ彼女を見捨てまいと心に誓い、娘探しに走りまわる。そんな彼の前に立ちはだかったのは、ナポレオンから検察官に任命され、意気揚々と帰国したロレンソだった。フランスに逃亡して革命思想に心酔したロレンソは、今では妻子ある身。ゴヤからイネスの娘のことを聞いて、作り話だと決めつける。イネスを精神病院へ監禁してしまう

ナポレオンに検察官として任命されたロレンソは意気捲いていた! 

 

イネスの娘の存在は?

ゴヤは自分の目で確かめた。16年前に描いたイネスと生き写しの少女を、公園で見かけたのだ○春婦をしているその少女の名はアリシア(ナタリー・ポートマン二役) 娘アリシアに会わすために、ロレンソからイネスの居場所聞き出し、連れ戻しに行くゴヤ。一方ロレンソは過去の汚点がばれるのを恐れ、アリシアをアメリカへ追放しようと画策する。だが折りしも英国軍がスペインに到着し、フランスからの解放願う民衆は歓呼ロレンソは妻子とともに再び逃亡を図るが・・・・?

 

ネタばれですが、逃亡中にロレンソは捕まってしまいます。

そしてロレンソは・・・・。ゴヤがその姿を見届けるラストシーンです。壮絶なラストを迎えます。これでイネスは救われたのかな???そしてロレンソは結果、罪を償ったということなるのでしょうか?人間は都合のいいように回っていると、こんな目に合うのかもしれません。

 

「アマデウス」「カッコーの巣の上で」の巨匠ミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤが活躍した激動の時代を背景に、非寛容・非人間的な異端審問がもたらした一つの悲劇を描いた歴史ドラマ。純真無垢な少女イネスと威厳に満ちた神父ロレンソが辿る数奇な運命を、2人の肖像画を手掛けるゴヤの目を通して繊細かつ重厚に描く。

 

 ミロス・フォアマン監督

ゴヤ役のキャスティング

唯一の条件は、あまり知られていない顔であることだったそうだ。観客に、ゴヤと他の顔を重ねて見てもらいたくなかった。例えばポール・ニューマンやロバート・レッドフォードがゴヤを演じたら・・・・わかるだろう。ゴヤ以外のイネスもロレンソも架空の人物だ。これは英語映画だから、ゴヤ役はスペイン人俳優でなくてはならないというのも馬鹿げている。一緒に仕事をしたかった敬愛している俳優、ハビエル・バルデムでもありきたりだし。でも彼には出てもらおうと決めていた。

ナタリー・ポートマンについて

彼女のことは全く知らなかった。ヴォーグか何かの雑誌の表紙に載っていた若い女性の写真を見ながら、ゴヤの絵に関する本を開いて、「ボルドーのミルク売り娘」という晩年の絵を見たら、ふたりの顔がとても良く似ていた。そこでこの女優のことを調べ始め、そして「クローサー」を見て、非情に優れた女優であることを知ったというわけだ。皆も気に入ってくれたので、出演してもらうことになったんだ。

本作のアイデア

ゴヤから出発したわけでもなかった。すべては、私が映画学校時代にヨーロッパの宗教裁判についての本を読み、物語の素晴らしい核になりうる事件を知ったことに始まる。しかし、共産主義社会では、それを映画化することは夢にも考えられなかった。なぜなら、スペインで起きたことと、共産主義社会で起きていることが、よく似ていたからだよ。

ゴヤの役割

ゴヤは最初から最後まで、物語全体に触媒として深く関わっているんだ。もちろん映画を見た後には理解できると思う。彼の作品の中で唯一生きる人物が誰なのか・・・・。

そしてもうひとつ、この時代を描いた映画は、いまだかってフランスでもスペインでも1本も作られていないとスペイン人に言われたことだ。おそらく両国とも、この時代のことは何となくバツが悪いと思っているだろうね。(監督インタビューから抜粋)

上映時間 114分
製作国 アメリカ/スペイン

 

オフィシャル・サイト
http://www.goya-mita.com/
 
 
 

 
ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トウキョウソナタ♪ | TOP | 私がクマにキレた理由◎原題:... »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
監督のインタビュー記事は (KGR)
2008-10-27 12:21:04
大変参考になりました。

この映画を見て理解できなかったのは、
「なぜこの時代を選んだのか」でした。

異端審問を描くにしても、
なぜこの時期を選んだのか、
ゴヤはなぜ必要だったのか。

この時代が描かれたことがない、というのは
薄々感じていました。

それでもスペインの異端審問を描くなら、
この時代でなくてもよかったはずです。

「ゴヤありき」だと思っていましたが、
そうではなかった、と言うことで、
私の中の謎は深まったかも知れません。
TBありがとうございました (くまんちゅう)
2008-10-27 20:52:53
やっぱり銅版画のシーンは興味深かったですね、コレ見てまずこちらのブログを思い出しました。

監督インタビューも中々面白いですね、この時代のことを描くのがバツが悪かったってのも成る程です。
TB待ってました (sakurai)
2008-10-27 21:51:29
mezzotintさんのレビュー!待ってました。
絵にはとんと造詣が深くないもんで、絵の描き方や、エッヂングっていうんすか?
あの辺もとっても興味深かったです。
時代の選び方には、私は至極納得ました。
あの短い間に、価値観が二転三転する。
その劇的な歴史の転換点は、ものすごく興味をそそるところですよね。
あえて、アリシアまでナタリー・ポートマンにさせなくてもよかったのではないかなと感じたくらいですね。ちょっとだけ不満なところは。
Unknown (masako)
2008-10-30 23:05:37
こんばんは。
「映画な日々。読書な日々。」のmasakoです。gooブログの映画ブロガーさんが多いのに、最近全然gooにTBできなくなってしまいました。残念です。

この映画、本当イネスが哀れで哀れで。
そしてラスト、あのうれしそうに手をつないで歩くシーンがずっと残ってます。
こんばん (オリーブr-)
2008-10-31 23:44:14
mezzotintさん、TB、ありがとうございました。

ゴヤの銅板シーンを観て、真っ先にmezzotintさんが頭に浮かびましたよ(笑)
私には未知の世界なので、何が何だか解からなかったけど、製作過程は面白かったです!
防触剤や腐食液って…なるほど~!(って、まだ解かりませんが~爆)
この映画はこの場面も含めて興味深いです。

ゴヤ役のキャスティングは、あまり知られていない顔であることだったのですか?
ジョニーやオーリーファンには、多分、知れ渡っていると思いますが(爆)
ステランは他の作品でも印象に残る好きな俳優さんなので、第三者的(観客目線?)なゴヤの目線が良かったと思いました。

ナタリーは良かったですね。
ハビエルが演じるロレンソは悪人だけど、どこか滑稽でもあったりして、
ラストの二人のお芝居は、見応えがありましたね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

60 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
宮廷画家ゴヤは見た (心のままに映画の風景)
18世紀末スペイン。 フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任命され...
宮廷画家ゴヤは見た (だらだら無気力ブログ)
スペインの天才画家ゴヤが活躍した時代を背景に、ゴヤの目を通して 少女と神父が辿る数奇な運命を描いた歴史ドラマ。18世紀末、スペイン国王カルロス4世の宮廷画家として活躍していた フランシスコ・デ・ゴヤ。彼に肖像画を描いてもらっていた裕福な商人の 娘であるイ...
宮廷画家ゴヤは見た (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、立ち入り禁止の、愛。』  コチラの「宮廷画家ゴヤは見た」は、10/4公開となった「カッコーの巣の上で」、「アマデウス」、「マン・オン・ザ・ムーン」の名匠ミロス・フォアマン監督が、”スペインの天才画家ゴヤの目を通して、愛の真実に迫る問題作”なの...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (ハピネス道)
 「カッコーの巣の上で」「アマデウス」のフォアマン監督の新作。予告編を観た印象は、芸術性と深い愛の本質に迫る…といったものでしたが実際は違っていました。18世紀末から19世紀初頭にかけての動乱のスペインで王制といった権力構造や宗教が支配する価値観ま...
宮廷画家ゴヤは見た (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原題:GOYA'S GHOSTS、ミロス・フォアマン監督、ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール。尋問と告白が政治力学でころころと立場も内容も変わってしまう。原題・GOYA'S GHOSTSは、...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (みんなシネマいいのに!)
 なんだ、この「家政婦は見た」みたいな邦題は~?…と思ったが映画を観てみると納得
宮廷画家ゴヤは見た/ハビエル・バルデム (カノンな日々)
ゴヤの作品は特に好きというわけではないんだけど、そもそも好き嫌いを言えるほどよく知らないので興味津々で鑑賞ぅ。 出演はその他に、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール、ホセ・ルイス・ゴメス、マベル・...
宮廷画家ゴヤは見た/GOYA'S GHOSTS (我想一個人映画美的女人blog)
ゴヤが、いったい何を観たのか?? 『カッコーの巣の上で』『アマデウス』{/fuki_suki/}と2度のアカデミー賞作品賞受賞暦を持つ ミロス・フォアマン監督作。 脚本 ミロス・フォアマン、ジャン=クロード・カリエール 原題は「GOYA's GHOSTS」 『宮廷画家ゴヤは見た...
宮廷画家ゴヤは見た(映画館) (ひるめし。)
それは、立ち入り禁止の、愛。
試写会「宮廷画家ゴヤは見た」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/9/26、有楽町、よみうりホールでの開催。 ここではいつも1階前列中央に陣取るのだが、 1階中央が満席だったため、珍しく2階席を選んだ。 スクリーンが小さくなってしまうデメリットはあるが、 傾斜のため、前席は全く気にならなかった。 さて、こういう歴史物の...
『宮廷画家ゴヤは見た』 (Sweet*Days**)
監督:ミロス・フォアマン  CAST:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 他 18世紀末のスペイン...
宮廷画家ゴヤは見た (to Heart)
それは、立ち入り禁止の、愛。 原題 GOYA'S GHOSTS 製作年度 2006年 製作国 アメリカ/スペイン 上映時間 114分 脚本 ミロス・フォアマン/ジャン=クロード・カリエール 監督 ミロス・フォアマン 出演 ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン/ステラン・スカルスガル...
『宮廷画家ゴヤは見た』 (ラムの大通り)
(原題:Goya's Ghosts) ----これって久しぶりのミロス・フォアマン監督作品だよね。 なかなか気に入ってるみたいじゃニャい? 「うん。実に見応えがあったね。 映画とはこうあってほしいというお手本のような作品。 なんといってもジャン=クロード・カリエールが 脚本...
宮廷画家ゴヤは見た (描きたいアレコレ・やや甘口)
↓『まわりの役者を食らうハビエル・バルデム』paint by 気ムラ屋あん。 宮廷画家ゴヤが描いた2枚の肖像画、美少女イネス(ナタリー・ポートマ...
「宮廷画家ゴヤは見た」:三角バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}三叉路だからバス停も「三角」。シンプルですばらしいネーミングだ。 {/hiyo_en2/}なに、つまらないことに感心しているのよ。 {/kaeru_en4/}いやいや、ネーミングって大事だぞ。映画のタイトルだって、最近はどうも首をひねるようなタイトルが多くていけな...
宮廷画家ゴヤは見た (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2006年/2006年アメリカ・スペイン合作 監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム    ナタリー・ポートマン    ステラン・スカルスガルド     家政婦は見た![:たらーっ:]
宮廷画家ゴヤは見た ( Art- Mill  あーとみる)
宮廷画家ゴヤは見た HP  http://www.goya-mita.com/ 18世紀スペインの激しく揺れ動いた時代に、ゴヤは生きた。異端審問という徹底した異端排除の論理の中で、ゴヤは辛くも生き抜いた
「宮廷画家ゴヤは見た」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Goya's Ghosts」2006 USA/スペイン 18世紀末~19世紀にかけ激動のスペインを舞台に、宮廷画家フランシスコ・デ・ゴヤの目を通して描かれた人間ドラマ。 ロレンソ神父に「「コレラの時代の愛/2007」「ノーカントリー/2007」のハビエル・バルデム。 裕福な商人...
宮廷画家ゴヤは見た (迷宮映画館)
あっという間の2時間。見ごたえ十分。
★宮廷画家ゴヤは見た(2006)★ (CinemaCollection)
GOYA'SGHOSTSそれは、立ち入り禁止の、愛。映時間114分製作国アメリカ/スペイン公開情報劇場公開(ゴー・シネマ)初公開年月2008/10/04ジャンルドラマ/歴史劇【解説】「アマデウス」「カッコーの巣の上で」の巨匠ミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤが活躍....
『宮廷画家ゴヤは見た』('08初鑑賞130・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 10月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:25の回を鑑賞。
★「宮廷画家ゴヤは見た」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。
「宮廷画家ゴヤは見た」 (It's a wonderful cinema)
 2006年/アメリカ  監督/ミロス・フォアマン  出演/ハビエル・バルデム      ナタリー・ポートマン      ステラン・スカルスガルド  「アマデウス」でアカデミー賞を受賞したミロス・フォアマン監督最新作。  18世紀末のスペイン。宮廷画家ゴ...
宮廷画家ゴヤは見た (花ごよみ)
ゴヤの見たものっていったい? 興味津々で映画館へと足を運びました。 ゴヤの生きた時代、 スペインという国は、とても複雑で、 特殊な様相の歴史を呈しています。 ゴヤは王室の画家としての視線で、 波乱に富んだ時代を見届けます。 カトリックの権威を 高めるための...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (或る日の出来事)
ひさびさに、しっかりと見応えのある歴史ドラマを観たという感触。 なんだか実にミロス・フォアマン監督らしい、どっしり感。この監督には名...
宮廷画家ゴヤは見た (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
何やら某TVドラマのような邦題だが、天才画家ゴヤの目を通して、人間を喜劇にも悲劇にも振り分ける時代そのものを描く物語だ。異常な異端審問がまかり通る18世紀のスペイン。天使のような少女イネスと、巧みに時の権力に取り入るロレンソ神父は、共にゴヤのモデルだが、...
『宮廷画家ゴヤは見た』  (Goya's Ghost) (Mooovingな日々)
1792年のマドリッド。当時スペインを統治していた国王や王妃の宮廷画家として、多彩な生命の描写と残忍性のある有名なランシスコ・デ・ゴヤの目を通して綴られてゆく。46歳のゴヤのミューズであった十代の少女イネスが異教徒として宗教裁判所によって不正に逮捕、投...
『宮廷画家ゴヤは見た』 (映像と音は言葉にできないけれど)
初めてプラドで見たフランシスコ・デ・ゴヤの絵は強烈でした。ジックリ眺めたあの頃を思い出させてくれるのが今回の映画『宮廷画家ゴヤは見た』です。
「宮廷画家ゴヤは見た」:そして、描いた! (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 米国・スペイン2006年 他の映画系ブログでも多くの人が触れ
宮廷画家ゴヤは見た (映画鑑賞★日記・・・)
【GOYA'S GHOSTS】2008/10/04公開(10/04鑑賞)製作国:アメリカ/スペイン監督:ミロス・フォアマン出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール、ホセ・ルイス・ゴメス、マベル・リベラ ...
宮廷画家ゴヤは見た (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
スペインの天才画家ゴヤの視点で描く、激動の時代に生きた人々の数奇な運命。 絵筆が暴く、愛の裏側__2枚の肖像画に描かれた少女と神父の数奇な運命とは?・・・ 物語:18世紀末のスペイン。宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に...
『宮廷画家ゴヤは見た』 (えび餡のつぶやき。)
タイトルを聞いて、「へ~、ゴヤがなんか王様の秘密でも目撃でもした話かなぁ?」って思ってたけど、確かにゴヤの視点から見た世界なんだけど、主人公はゴヤではなく、ゴヤが肖像画を描いた男女2人。ナタリー・ポートマンが1人2役。素晴らしい!!!異端者として捕らえ...
宮廷画家ゴヤは見た (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「宮廷画家ゴヤは見た」を観た。 18世紀の終わりから19世紀初めのスペインが舞台。カルロス4世に使える王の画家だったゴヤ(ステランス・スカレスガルト)の目を通して激動の時代を描いた大作。 タイトルから、宮廷スキャンダルの話かと思っていたが、...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2008.9.28 10月4日より公開される「宮廷画家ゴヤは見た」。 監督・脚本...
『宮廷画家ゴヤは見た』 (千の天使がバスケットボールする)
18世紀末のスペイン、マドリード。スペイン最高の宮廷画家として名声を築いた画家、フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)のアトリエには2枚の肖像画が完成を待っている。1枚は、天使のように美しい富豪の商人の娘、イネス(ナタリー・ポートマン)。そ...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (小さな街から)
18世紀末のスペイン、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任命されたゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、宮廷に出入りして王妃の肖像画を仕上げる一方で、貧しい市民の様子を生々しく描き、権力者を暗に批判していました。 その頃、カトリック教会
宮廷画家ゴヤは見た◆美と醜と諧謔の宴 (好きな映画だけ見ていたい)
      「宮廷画家ゴヤは見た」 (2006年・アメリカ/スペイン) 画家の目というのは、たしかに対象を見通す眼力を備えているのだろう。歴史に名だたる天才画家の視点を借りて、激動の時代を生きた人々の姿をあぶり出すというアイデアには、なるほどと唸った。スペイ...
宮廷画家ゴヤは見た (そーれりぽーと)
ゴヤが市原悦子のようにこっそり覗き見しているイメージで、『宮廷画家ゴヤは見た』を観てきました。 ★★★★ 王から直々に依頼を受ける宮廷画家であり、教会に天井画を書くことがあるかと思えば、庶民には世俗を強烈に風刺した毒々しい版画を売るゴヤ。 激動の時代の...
「宮廷画家ゴヤは見た」を観た! (とんとん・にっき)
渋谷東急で、「宮廷画家ゴヤは見た」を観てきました。渋谷東急という映画館は初めて行きました。聞いたことがないので、どこなのか心配でした。ところが、なんと「東邦生命ビル」、現在の「渋谷クロスタワー」でした。最近は銀行や保険会社等、金融機関が次々と合併したり
「宮廷画家ゴヤは見た」 (てんびんthe LIFE)
「宮廷画家ゴヤは見た」試写会 よみうりホールで鑑賞 久し振り、見応えのある作品と出合いました。 ドラマ的にも美術的にも引っ張り込まれて身動きできなくなりました。 邦題「宮廷画家ゴヤは見た」ってこれちょっとひどいと思いました。 まるで市原節子がのぞいて...
宮廷画家ゴヤは見た (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  舞台は19世紀前後の動乱のスペイン。贅沢三昧の宮廷や残虐傲慢な教会の内部事情を暴く、歴史サスペンスドラマで、ストーリーは早いテンポで展開してゆく。 そのタイトルから想像すると、「ゴヤ」の半生とその絵画を描いた芸術的な映画なのかと錯覚してしま...
宮廷画家ゴヤは見た (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  物言わぬ、歴史の語りべ  
宮廷画家ゴヤは見た (Diarydiary!)
《宮廷画家ゴヤは見た》 2006年 アメリカ/スペイン映画 - 原題 - GOY
131●宮廷画家ゴヤは見た (レザボアCATs)
激動の時代のスペインを描いた、歴史大作。重厚だけれど、娯楽色を失わない、ミロス・フォアマン監督の'06年の作品。アメリカ。
[机上の妄想]アンシャンレジーム、流血革命、利己主義・・・「驕れる心の物象化」を凝視するゴヤの視点 (toxandoriaの日記、アートと社会)
【画像0】オムニバス、カルーソ(Caruso)の競演(右上の画像はクロアチアの夕景/2008年9月、友人撮影) Zizi Possi - Caruso Zizi Possi - Caruso Caruso(Andrea Bocelli) Haunting Knockout Version of - ”Caruso” by Lara Fabian LUCIANO PAVAROTTI & LUCIO DA...
映画 『宮廷画家ゴヤは見た』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆アカデミー賞監督賞などを受賞したミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤの目を通して人間の真実、愛の本質を見つめた感動作。ゴヤが描いた2枚の肖像画のモデルたちがたどる数奇な運命を、18世紀末から19世紀前半の動乱のスペイン史を背景...
宮廷画家ゴヤは見た (再出発日記)
この前の日曜、映画サークルでのこと。私がナタリー・ポートマンのファンだということは周知の事実で「この映画は見た?」と聞かれた。「えっ知りませんよ」「岡山市のシネコンだけでやっているから見落としたのね」「知りませんでした。情報ありがとうございます、必ず見...
宮廷画家ゴヤは見た (2008 映画観てきましたっ!)
札幌劇場で上映されている時は、 観ようか  迷っているうちに 終わってしまって、DVD待ち映画だったんですけど、会社近くのディノスで 上映が始まっていたので 仕事帰りに 観てきちゃいました♪
『宮廷画家ゴヤは見た』@新宿ミラノ座 (映画な日々。読書な日々。)
18世紀末のスペイン。宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作し続けるゴヤ。彼が手がけた2枚の肖像画の人物―裕福な商人の娘で天使のように美しいイネスと、異端審問を強硬するカトリック教会の神父ロレンソ―が運命的に出会う。異教徒...
281「宮廷画家ゴヤは見た」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
神様、真実とは何ですか!?   18世紀末。スペイン国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシスコ・デ・ゴヤ。画家として最高の地位に登りつめながら、権力批判と社会風刺の富んだ作品も制作し続ける。  1792年、ゴヤは2枚の肖像画に取り掛かっていた。1...
宮廷画家ゴヤは見た (★YUKAの気ままな有閑日記★)
私の住む地域では上映予定がなかったはずなのに・・・急に上映が決まったみたいということで、チラシも予告も見ず、何の前知識もなく観に行ってみた【story】18世紀末スペイン。ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任...
宮廷画家ゴヤは見た(2006年・米/西) (SCARECROW'SROOM)
★天才画家が見たのは、異端審問がもたらした悲劇でした★「家政婦は見た!」でも「宮廷画家は見た!」でも、そこにある事実は見てはいけないような醜悪なもの…。あぁ…世の中、見ちゃいけないものが多すぎます。でも見ちゃいけないものほど覗きたくなる。そう「他人の不...
映画 【宮廷画家ゴヤは見た】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「宮廷画家ゴヤは見た」 『アマデウス』などのミロス・フォアマン監督作品。 おはなし:18世紀末スペイン、ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は国王カルロス4世の宮廷画家に任命される一方、権力や社会を批判する絵画も描いていた。ある日、彼のミューズであ...
「宮廷画家ゴヤは見た」 Goya's Ghosts (俺の明日はどっちだ)
時は18世紀末、歴史が激しく動いたスペインを舞台に人間のさまざまな生き様をミロス・フォアマン監督が描いた歴史ドラマ。 題名だけ見てみると、当時国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシスコ・デ・ゴヤゴヤの伝記映画的なものを期待してしまいがちでもあるけ...
宮廷画家ゴヤは見た■私たちはどんな時代に生きているのか? (映画と出会う・世界が変わる)
あけましておめでとうございます!1日に見た。つまり2009年最初に見た映画は「宮廷画家ゴヤは見た」。異端審問のスペイン、フランス革命に続くナポレオンの台頭によりスペイン自体も大きく激動の時代に入っていく。そのような時代を描くことは映画作家としては実にやりが...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
見応えのある作品でした
宮廷画家ゴヤは見た (こんな映画見ました~)
『 宮廷画家ゴヤは見た 』 ---GOYA'S GHOSTS--- 2006年(アメリカ/スペイン) 監督:ミロス・フォアマン 出演: ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 時は18世紀末、スペイン国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシス...
【映画】宮廷画家ゴヤは見た…ナタリーは微妙。スペインは怖い。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今朝{/kaeru_fine/}{/hiyoko_cloud/}は朝一番から投票に行ってまいりました。 投票開始時間に行ったのは初めてで、投票箱チェックも初めて見ましたよ(残念ながらチェックしたのは私じゃなかったんですけどね{/face_acha/}) で、その後「仮面ライダーディケイド」の最終...
宮廷画家ゴヤは見た (小部屋日記)
Goya's Ghosts(2006/スペイン・アメリカ)【DVD】 監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン/ステラン・スカルスガルド/ランディ・クエイド/ホセ・ルイス・ゴメス/ミシェル・ロンズデール それは、立ち入り禁止の、愛 ゴヤという...
映画『宮廷画家ゴヤは見た』を観て (KINTYRE’SDIARY)
83.宮廷画家ゴヤは見た■原題:Goya'sGhosts■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:114分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月4日、渋谷東急(渋谷)スタッフ・キャスト(役名...