キッズインターナショナルスクール園長日記

愛知県長久手町のキッズインターナショナルスクールから、保育の様子や子育て情報を発信していきます。

お父さんの顔

2017年05月26日 | 園長の雑感
長久手のイオンの依頼を受けて、母の日のためのお母さんの絵と父の日のためのお父さんの絵を4歳、5歳クラスの子どもたちが描きました。イオンにはいくつかの幼稚園や保育園の子どもたちの絵が掲示されています。

日本の多くの幼稚園では、手本を示して子どもたちに描かせるので、同じような絵が並びます。絵の「描き方」を学ぶのは、もっと成長してからでいいのではないかと幼稚園で教えていた時にはずっと違和感をもっていました。もっと自由に気持ちのままに表現することを幼児にはさせたいとインターナショナルスクールを設立してからずっと思っています。工作も、たとえ作り方を見せたとしても、材料などに必ず選択肢を与えて、同じように作らなくてもいいことを子どもたちには伝えてもらっています。

5月にNHKで「奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち:アート編 違いはみんなのために」という番組が放送されました。イタリアからのアートの先生が小学生の子どもたちに1週間アートを教えるというものでしたが、その先生は絵の描き方を教えるのではなく、自分の頭で考えることを教えていました。筆の使い方は教えるけれども、どのように描くかは子どもたちの感じ方に任せていました。子どもたちの観察力、創造力が自由に解き放たれていく様子がとても興味深いものでした。

子どもたちがいろいろなものを見て、感じて描く機会をもっと増やしていきたいと思わせてくれるアートの先生でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アート

2017年05月12日 | 3歳児クラス
今年も3歳クラスの子どもたちは、いろいろなものを使ってアートの活動を行っています。今学期は、教室全体を動物園にしようと、大きな動物の製作を行っていますが、先日は、手を使って紙全体を茶色に塗ってライオンの顔を作り、絵筆を使って赤い口を塗りました。手にベタベタに絵の具をつけて塗るテーブル、絵筆を使って塗りつぶすテーブル、たてがみ用のハンドプリントをするテーブル、そして手を洗いながら水遊びができるテーブルと4つ設定し、子どもたちを自由に回らせました。トドラークラスの時から手が汚れる活動をしてきたので、汚れるのを嫌がる子どもは一人もいませんでした。

絵の具の冷たいベタベタした感覚を楽しむように何回も何回も紙をなでていましたし、ハンドペインティングとハンドプリントと水遊びを繰り返し行ったり来たりする子どももいました。汚れることを気にせず、手の感覚を楽しみながらできるアートの活動は、子どもたちの心も解き放ちます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森林公園へ遠足

2017年05月02日 | イベント
森林公園へ春の遠足に行きました。

朝のサークルをした後、各クラスに分かれて20分ほど親子でゲームを楽しみました。トドラークラスはフラフープレースをしたり、パラシュートの下をくぐったりして遊びました。3歳クラスは、歌を楽しんだ後、自然の中でいろいろなものを探してステッカーを教師にもらいました。雲も探すものの中に入っていましたが、今日は雲一つないいい天気で、「雲がない!」と子どもたちは困った様子でした。4歳クラスは、「おおかみさん、今何時?」などのゲームを楽しみ、5歳クラスは、保護者の方と一緒に手遊びを楽しみました。短い時間でしたが、公園で保護者の方と一緒に活動できて、子どもたちはうれしそうでした。

活動の後は、ブランコや長い滑り台やシーソなど公園の遊具で思い思いに遊び、おいしいお弁当とおしゃべりも楽しんだ一日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォニックス

2017年04月28日 | 4歳児クラス
3歳くラスの時から子どもたちはフォニックスの歌を楽しんで歌っています。音に注意をしながら歌うように練習しています。

先日のアートの時間にお父さんの顔をみんなで描きました。一人の子がお父さんの好きなものを描きたいと、ブロッコリーの絵も描き足しました。
「ブロッコリーってどうやって書くの?」と教師に尋ねたので、"Broccoli starts with b, b. What letter is it?"と返すと、自分で "b, b, b"と発音していて、目がキラッと輝きました。"B!" と自分でわかったことがとてもうれしそうに B の文字を書きました。

書く楽しみ、読む楽しみを徐々に感じ始めるようになる4歳クラスです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベーカリー

2017年04月21日 | 5歳児クラス
今学期の5歳クラスのごっこ遊びコーナーは、ベーカリーが設定されています。ケーキやパンを作って、注文票を使い注文を受け付け、販売するようになっています。

今日は、クラフトのコーナーで手が離せない教師を子どもたちが「ベーカリーが開いているよ。」と誘いに来ました。「手が離せないから行けないけれど電話はかけられるよ。」と言うと、電話番号をメモして渡してくれました。電話で注文すると、注文した品と値段を書いた紙も一緒に配達してくれました。クレジットカードは受け付けてもらえず、現金でお支払いをしました。

ごっこ遊びは、子どもたちの実体験を再現する楽しみの中で、想像力や社会性、算数や言語の力を育んでいける幼児にとってはとても大事な活動です。5歳クラスになるととてもリアルに再現できるようになってきますし、お友だち同士関わりながら遊びを広げていくので面白いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいお友だち

2017年04月14日 | 2歳児クラス
昨年度の1歳児の子どもたちが2歳児に上がり、新しいお友だちが加わりました。今年は保護者の方とのお別れの時に泣く時間も短く、おままごとや水遊び、小麦粉粘土遊びなど少しずつお友だちのそばで遊ぶ様子が見られるようになっています。1~2歳児は、一人遊びからお友だちのそばで同じことをして遊ぶ並行遊びを楽しむようになります。お友だちの真似をして、同じように遊ぼうとしますので、物の取り合いも起きがちです。3歳頃になると、お友だちと一緒に協力して遊んだり、お互いの遊びを広げるような会話や行動がみられるようになってきます。

トドラークラスのままごと遊びでは、教師の言葉かけにそれぞれが食べ物を作って渡してくれます。隣で遊んでいるお友だちと同じものを作って渡してくれようとすることもあります。お互いに刺激を受けながら、それぞれの子どもの遊びが広がっていくのを見るのは楽しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペットのディエゴ

2017年04月07日 | KISの風景
新学期の準備も今日が最終日でした。いよいよ来週の月曜日から新学年が始まります。それぞれの教室を担任が準備したり、玄関の装飾を新しくしたり、花を植えたり、園庭の雑草を抜いたり、あわただしく2週間が過ぎました。

園庭の掃除の時には、ペットのカメのディエゴを園庭で自由にお散歩させました。狭い水槽から解き放たれて、何て楽しそうにお散歩していたことでしょうか!結構歩くのが早くて、見失うのではないかとみんなで心配したくらいです。水槽のお掃除の時にまたお散歩させてもらえるかなぁ・・・

新しい教師も加え、ウェルカムパーティの劇の仕上がりも上々です。月曜日に子どもたちに会えるのが楽しみです!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通年保育

2017年03月24日 | KISの風景
今週からレギュラークラスの子どもたちは春休みに入っています。そして、縦割りクラスで通年保育を受ける子どもたちが新しい教室を使い始めました。明るくて広い部屋で、ふわふわ粘土で遊んだり、三つ編み遊びをしたり、KISでの好きな遊びを絵に描いたり、少人数に分かれながらのびのびと遊ぶことができています。

園庭で大きな紙に絵を描いたり、全員で公園も行きました。あと1週間で年長さんとお別れです。たくさん一緒に遊んでもらったお兄さんやお姉さんがいなくなるとさみしくなるね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さようならの会

2017年03月17日 | イベント
明日はいよいよ卒園式です。

1、2歳クラスの子どもたちは卒園式に参加しないので、今日5歳クラスとお別れの会をしました。トドラークラスの子どもたちが「3匹のこぶた」の劇をして、歌を2曲歌い、5歳クラスがお返しに「ネコのピート」の劇をして、歌を1曲歌いました。そして、全員で一緒に「ハローグッバイ」を歌いました。

トドラークラスの子どもたちは、保護者の方を前にして、泣けてしまう子もいましたし、いつもは元気よく歌う子どもも気が散ってほとんど歌えていない子もいました。普段の様子を見ていただけなかったのは残念ですが、1歳、2歳としては自然の姿だと思います。お話やごっこ遊び、歌やダンスなどたくさん楽しんだ1年でした。

5歳クラスの劇の時には、子どもたちの2歳児だった頃の姿が思い出され、その成長に感慨ひとしおでした。泣き顔やオムツの姿、笑い顔やふざけた顔など思い出しては、思わず微笑みがもれてきます。元気に成長してくれたことに感謝して、明日は子どもたちのために最良の日にしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒園証書

2017年03月10日 | KISの風景
5歳児クラスの子どもたちの卒園式が近づいてきました。毎年、子どもたちの成長を誇らしく思い、次のステップへ送り出す喜びを感じつつも、もう近くで成長を見守ることができなくなる寂しさを感じる時期です。
子どもたちと経験したこと、一人一人が乗り越えてきたこと、お友だちや今までの担任との関わりなど思い出すことがたくさんあります。そんな姿を思い出しながら、一人一人の卒園証書を作成しています。たくさん思うことはあるけれど、最小限の言葉で、私たちが覚えていたいそれぞれの子どもの姿を証書に表します。

担任も子どもたちそれぞれのことを思いながら、卒園のプレゼントを作成しました。KISで一緒に過ごしたたくさんの思い出を詰めこみ、そしてこれからの楽しい思い出も足していけるように、毎年担任が装飾した宝箱を送っています。

今年も16人それぞれへの特別な思いを持ち、笑顔で送り出したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加