キッズインターナショナルスクール園長日記

愛知県長久手町のキッズインターナショナルスクールから、保育の様子や子育て情報を発信していきます。

劇遊び

2018年01月19日 | 5歳児クラス
5歳児クラスは今学期劇遊びを楽しんでいます。教室の中にはステージが常に設けられていて、子どもたちは小道具やコスチュームを作って、グループで絵本のお話を演じています。教師のねらいとしては、子どもたちに人前で話す自信をつけてほしいということと、言語を発達させたいということです。グループの中で助け合ったり、教え合ったり、改善点を話し合ったりする姿が見られています。何回かいろいろなお話を演じて楽しんだ後、学期末の劇の発表につなげていくようです。今日は各グループの劇の発表会でしたが、他のグループの演技も熱心に見ていました。まだまだ声が小さかったり、ことばがはっきりしなかったり、動きが小さかったりしますが、何度も演じる機会を持つことで、お互いに気付き合い、改善していくことができればいいと思います。何よりも演じることを楽しんでいる様子がうれしかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます

2018年01月05日 | 園長の雑感
毎年年賀状や年始のメールを通して、卒園されたお子さまたちの成長や母国に帰っていった教師たちの元気な様子に心が温まります。中学や高校、大学受験に直面しいる子どもたちには心から健闘を祈ります。

スクールにも元気な子どもたちの声が戻ってきました。夏休みや冬休みを終えて帰ってくると少しずつ子どもたちの様子が変わっていることに気付きます。こんな面を見せてくれるようになった、あんなことができるようになったと、教師たちの中で話が盛り上がっていました。子どもたちは日々成長しているので、少し時間をおいて見つめることで変化に気付きやすいのかもしれません。

今日の夕方はちらちらと雪が舞っていました。子どもたちが興奮して教えてくれましたが、あっという間に止んでしまいました。子どもたちが喜ぶほどに雪が積もることはあまりありませんが、めったにないことなのでうれしいのかもしれません。いつも周りにあると感激はできないものですね。先週はボストンにはスノーストームが来たらしく雪景色の写真が送られてきていました。ボストンに住んでいる人にとってはこの美しい雪景色もごくごく普通のものでしょう。

子どもの成長も当たり前と捉えず、小さな変化に敏感に気づき、喜ぶ心を周りの大人は持ちたいものですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親子の関わり

2017年12月15日 | 園長の雑感
今日の中日新聞に「CAREプログラム」に関する記事が掲載されていました。アメリカ発祥の子どもと関わる大人のための心理教育プログラムで、ロールプレイを通して子どもとのかかわり方を学ぶそうです。

子どもとの遊びの中で、大切にするポイントは保育者として私たちが大事にしている関わり方そのものでした。①子どもの言葉を繰り返す。②行動を描写する。③具体的にほめる。それによって子どもの問題行動が減ったり、子どもとの絆が強まったという効果がでるそうですが、それは子どもが保護者に認められ、受容されていると感じることができるからでしょう。

子どもが作成した物、取り組んでいることに関して、漠然と「上手だね」「すごいね」と褒めるのではなく、具体的に見ているままを伝えます。「ブロックを高く積んだんだね。」「たくさんの色を使ったね。」など、子どもが取り組んでいることをそのまま受容して認めていきます。そうすることで、褒められるためにがんばるのではなく、子どもの内から純粋に取り組みたいという欲求と達成感が生まれてきます。

お子さまとのちょっとした時間で、親子のストレスが和らぐといいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リハーサル

2017年12月08日 | KISの風景
今週は、12月20日のホリデーコンサートのリハーサルを行いました。貸しホールを利用するので、バスでのお出かけです。

リハーサルは、子どもたちが会場に慣れるためと、教師が会場の大きさを把握して子どもたちの位置や動きを確認するために行います。今回も教室の広さと会場は違うので、子どもたちが踊るときのフォーメーションを教師たちは主に確認していました。大きな場所で歌ったり、踊ったりしておくことで大きな声と動きを出すことを意識してもらいます。

例年リハーサルから本番まで2週間から10日間ほどですが、この間に随分歌や踊りはまとまっていきますし、楽器演奏も自信を持って弾けるようになり、音の乱れが少なくなっていきます。今年も本番まであと10日。かわいい演奏やダンスが楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

What's your name?

2017年12月01日 | KISの風景
お客様にスクールの中をご案内することがよくあります。ご入園に興味があって、お子様連れて見学にみえる方もあれば、ビジネスのお話にみえた方にスクールをみていただくこともあります。人懐こい子どもたちは、お客様を見ると、"Hello!" "What's your name?"と臆せず話しかけていきます。お子様を連れていないお客様には、 "Where is your child?" と尋ねる子どももいます。

いろいろな人とつながって学ぶこと、感じることはたくさんあると思うので、安全な環境においては、知らない人に挨拶をしたり、会話を楽しむことはどんどんしてほしいと思います。スクールの中でお客様に話しかけてくれると、「お名前を尋ねたいときには、"Excuse me"と最初に言おうね」とか人と接する時のマナーを伝えることができるので、ますますありがたい!まだ3年、4年、5年しか生きてきていない子どもたちですから、新しく学ぶことだらけです。いろいろな機会を捉えて、人との接し方を示していけたらと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンクスギビングデー

2017年11月24日 | イベント
アメリカの祝日、サンクスギビングデーを前に毎年恒例のランチパーティを行ないました。各クラスが一品ずつ料理を作り、持ち寄って食べるポットラックパーティです。トドラークラスがGreen bean casserole(インゲンとソーセージの炒め物)、3歳クラスがcandied yam(サツマイモとマシュマロのオーブン焼き)、4歳クラスがstuffing(スタッフィング)、5歳クラスがマッシュポテトとグレービーソースとチキンのグリルを作りました。

5歳クラスは前日から60個ものジャガイモの皮をむいて切り、チキンをつけ汁につけて準備をしました。チキンの丸焼きを作るためにチキンのお腹の中に手で野菜を詰めることも経験しました。「冷たい!」「暖かい!」と感じ方は様々でしたが、手を入れるのを嫌がる子どもは一人もいませんでした。全クラスにチキンの丸焼きをお披露目した時には、他のクラスの子どもたちから「おぉ!」という歓声が上がっていました。

トドラークラスの子どもたちにとっては慣れない食べ物で、あまり食が進まなかったようですが、年齢が上がるにつれて食べきる子どもたちが増えていました。兄弟で一緒に座ったり、スクールバスのお友だち同士が一緒に座ったり、異年齢の子どもたちが一緒にテーブルに座って食事を楽しみました。年下の子どもたちの世話を焼いてくれる姿も見受けられていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いもほり2017

2017年11月17日 | イベント
3-5歳児は10月にバスとリニモを乗り継いで、広いおいも畑にいも掘りに出かけました。一面畑の広ーい場所に出かけたので、ちょっとした小旅行気分でした。おおきなお芋がたくさん掘れただけでもうれしかったのに、その場で焼き芋まで食べさせていただいて、帰りも元気いっぱい歩いて帰ってくることができました。

3歳クラスとトドラークラスはおいも堀りの遠出には加わらず、園庭に植えたサツマイモを掘りました。今年はツルの這い方が弱く心配していましたが、やはり少し小ぶりのおいもが多かったようです。なんとか2クラスの子どもたちがそれぞれ持って帰る分は収穫できて、みんな嬉しそうでした。

おいもを見つけても、ちゃんと下の方まで掘るまで引っ張ってはだめだよ、おいもがポキっとおれてしまうからね。」という注意をちゃんと守ってくれていました。おイモの姿が全部見えるまで掘るのは根気がいることですが、みんなで助け合いながらがんばりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バザー

2017年11月10日 | イベント
今年のバザーもいい天気の中、みなさんのご協力のおかげで大成功に終わりました。おいしいカレーやお菓子が大人気でしたし、ゲームやプラ板作りやクラフトを子どもたちは楽しんでいました。プロ並みのフェイスペインティングも子どもたちに大人気でしたし、今年初めての試みだったアイシングクッキーのオーナメント作りもとても魅力的でした。午後のラッフルの当選発表では、ため息と興奮の声が入り混じっていました。

英語学童(KEA)の子どもたちの劇と歌もたくさんの方たちに見ていただき、拍手喝さいを受けていました。

卒園生のボランティアもたくさん来てくれて、うれしかったです!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャックオーランタン

2017年10月27日 | イベント
ハロウィーンを来週に控えて、オレンジのかぼちゃを彫ってジャックオーランタンを作りました。

かぼちゃのヘタの回りをくり抜き、わた(英語でgutsと言います)を出して子どもたちに触ってもらいました。coldやslimyという言葉が出ていました。きれいなオレンジ色だけど、ぬるぬるして少し気持ち悪かったかな。

中身をきれいに出した後、各クラスに目の形や鼻の形、口の形を決めてもらい、彫っていきました。最後にみんなに意見を出してもらって名前を決めました。今年のKISのジャックオーランタンは、MAX(マックス)です。31日まで何とかかびないで元気でいてね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相槌と考える時の言葉

2017年10月20日 | 園長の雑感
日本人が物を考える時には何というでしょう。「えーと」、「うーん」が多いでしょうか。最近の5歳児の口癖は、"um, um, um..."。 "hmm"という言葉も日本語の「えーと」にあたりますが、どちらも多用するのは不自然です。日本語で「えーと、えーと、えーと」と会話の中で続けてしまのは好ましくないのと同じです。言い続けない方がいいよね、ということを子どもたちには話しています。

では、相槌はどうでしょう。外国人の教師が日本に来て戸惑うのが、日本人の「ん」という相槌のようです。イエスにあたる明確な「うん」ではなく、相槌としての「ん」が合意なのか否定なのかわからないと戸惑うようです。英語の "ah ha" と同じような感じだと思いますが、何か質問された場合であれば、きちんと意思をていねいに答えるために "Yes" "No"と言うように指導します。相手に対して礼儀正しい態度を取ることを小さな頃からいろいろなシーンで教えていくことが大切だと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加