goo

Save the energy~紙の節約

ここ数年「ハンカチ」というものを夏以外あまり使わなくなりました。

それでもまだ子どもたちにとっては持ち物に「ハンカチ・はなかみ」は必須アイテムですから、スクールに来る子どもたちは鞄にはいっていたり、女の子はかわいい手作りポシェットにこの2つがはいっていたりします。

ハンカチを使わなくなった理由のひとつは、公共のトイレに手拭き用のペーパーや「ハンドドライヤー」あるいは「ジェットタオル」なる送風による乾燥機が設置されるようになったからでしょう。

その大きな理由のひとつは衛生面です。

毎日ちゃんとハンカチを新しくすることが必要ですが、何回も拭いていると湿っぽくなりますし、子どもたちの中には何か月もずっと同じハンカチが鞄にはいっている子もいます 

私のスクールでも洗面所には「お手拭きタオル」が設置されていたのですが、すぐ湿ってしまいますし、冬場のインフルエンザなど感染しやすい病気が広がると、タオルを共有することが難しくなります。

それで数年前から「紙タオル」を設置しました。

しかしある日、トイレで数名の女子と一緒になり、手洗いを待っていると、なんとその子たちは手を拭くのに2枚(あるいは3枚)使っているのです 

え~ と驚きました。

私 「一枚でよくない?」

女子「え~、一枚では拭き取れないよ」

私 「あのさ、ベタベタのまんま拭こうとするから、足りんのだよ。」
  「こうやって、洗ったあと、ぱっぱっ、って手を振ってまず水気を落としてごらん」

そして続けて、
  「一枚でもちゃんと拭けるよ」と見本を見せ、
  「紙を大事にしようよ。もったいないじゃん。木がなくなるし

どうりで、あっという間にごみ箱がいっぱいになるはずだ、これはいかん、と思って張り紙をしました。



ある調査ではペーパータオル約2万枚で立木一本を消費するそうです。

スクールに毎日来る子が50人として、半年で一本を消費してしまいます。

私のスクールだけでこんなに消費するんですから、一体一日どれくらいの木を消費するんでしょうかね、お子さんと考えてみてください。

それに、使っては無造作にごみ箱にすてると、あっという間に満杯になり、はたまた溢れたりしますので、私は毎回ギュッと押し込んでいますが、子どもたちも大きくなるにつれて、こういう気遣いができるようになってほしいな、と思います。



ということで、おうちでペーパータオルは使わないかもしれませんが、おうちだけでなく、外にでても「節約」についてお子さんと話題にしてくださると、意識がかわってくるでしょう。

まずは大人が見本をみせないと、ね






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Happy Reunion!

スクールをスタートしてもうすぐ30年になりますが、思い起こせば、かなり早い時期から外国人講師を雇用してきました。

それは、子どもの幼児期から英語の音に触れさせたい、生の会話を経験させたい、という思いからです。当時1990年代はまだまだちゃんと資格をもった先生は日本にいなくて、現地でTeaching certificate(教師資格)を持っている人を探すのに大変苦労をしました。

なんせインターネットがない時代です。

自己紹介をビデオにとって送ってもらったり、電話で何回も話したりしました。

実際インターネットが普及しても、その苦労は今でも続いていますが、それでもそういう苦労を経て、こんな小さいスクールに来てくれた先生はおよそ100人くらいになります。

20代の若者が、未知の日本という国で「働く」という決断をするにはそれなりの強い意志と覚悟が必要です。彼らの大きな決断にいつも感謝しています。

ですから、スクールに来て、子どもたちのために一生懸命働いてくれる先生方は、私たちファミリーの一員となります。

公私のボーダーラインを認識しつつも、必要であればお医者さんに連れていったり、必要なもののショッピングに同行したり、というサポートをします。

気持ちよく働いてもらうために誠心誠意、全力でサポートしています。

おかげで、リピーターの先生が多いのもスクールの特徴です。

今月は懐かしい二人が訪ねてきてくれました 

オーストラリア出身のJacqui(ジャッキー)は1年働いたあと帰国し、大学院にはいって、終わったあと、また来てくれました。



今はシドニー工科大学で働いているのですが、先日パートナーを伴って訪ねてきてくれました。彼女は仕事がらみで来日すると必ず連絡をくれます。

当時一緒に働いていた同僚も集まって懐かしいリユニオンとなりました。

もうひとり香港カナダ人のKaren(カレン)もお休みを利用して訪ねてくれました。




現在カナダで保育園を経営しています。

彼女たちが教えてくれた子どもたちはすでに高校生や大学生になっているので写真を見せるとびっくりしていました 

二人ともスクールでの経験をもとにキャリアアップして、自分の道を進んでくれていることに感心するとともに、もと同僚として大変嬉しい思いです。

これからもいろんな先生との出会いを通して、私たちも学んでステップアップしたいと思います 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

こんなところでピクニック!?

まずはこのサインをご覧ください。



どこにあったかというと、先回までレポートしていましたスイスのユングフラウヨッホ駅のレストランの入り口です。

このサインをみて私は「はてな?」と立ち止まりました。

こんな世界一標高高い観光地に、わざわざお弁当をもってピクニックにやってくる人がいるのでしょうか 

レストランに入ると、インド観光客のグループがカレーのビュッフェに並び、そのほかいろんな国の人たちが賑やかにランチをしています。

なるほどと閃きました。

このサインは日本でいう「食べ物の持ち込み禁止」のサインでした。

スイスやフランスのホテルはB&B(breakfast & bed)のホテルが多く、朝食は山のようにパンやチーズ、ハムが取り放題。

私が泊まったホテルでは、サンドイッチをその場で作って、持ち帰るアジア観光客もいらしてびっくりしました 

ひょっとしてこういう食べ物を持ち込む人がいるのかもしれないな、と思いました。

サンドロール一本が900円というの物価高のスイスですし 

気を付けてみていると、外に椅子を並べているカフェのテーブルに置いてあるのを何回か見かけました。

いかがですか?

日本の「飲食持ち込み禁止」とか「食べ物の持ち込みをご遠慮ください」というよりも'NO PICNIC'の方が、なんか音的にもかわいくていいと思いませんか? 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スイスという国 その2~マッターホルンで「ホテルカリフォルニア」

スイスの南端ツェルマットは世界中からクライマー(登山者)と観光客が集まります。

なぜなら 世界の名峰 マッターホルンが見えるからです 

「Zermatt ツェルマット」はドイツ語読みで、英語ですと「ザーマット」となります。



 カウベル(牛の首に付けるベル)があちこちで売っています。

ツェルマットの町からゴルナグラード鉄道にのって一気に3109mの駅まで登ります。

車掌さんはドイツ語、フランス語、英語を話します 

私が訪れた日はここ数週間続いた曇りと雨が一掃され、雲一つない晴天。

電車は超満員ですし、本当にいろんな言語が聞かれました。

ひとしきりマッターホルンを眺め、反対側にあるモンテローザ'(4634m)をスケッチし、ゴルナグラード駅にあるレストランで休憩しようと席を探したけどなかなか空かない。

やっとみつけたテーブルには、オーストラリアのパースからのご夫婦ジュリーとグレッグ、そしてニュージーランドから来たというマデレインが座っていて、'Do you mind if we take these seats? (ここ、座っていいですか?)と聞くと、どうぞどうぞって



それからお互いの旅の話や生活の話で盛り上がり、なんとそこに3時間もいて、すっかり日焼けしました。

こういう新しい出会いは旅の醍醐味です  

英語が話せると友達の輪がどんどん広がっています。

ゴルナグラードからの帰りの鉄道では、またまたいろんな国からの若者が集まってました。

英語で会話していた青年の4人グループがスマホで音楽を流していたのですが、それがイーグルスの「ホテルカリフォルニア」だったのです。

ああ、懐かしいなあ~と私が口ずさんでいると同時に、あちこちの席の若者が一緒に歌いだし、結局その電車に乗り合わせたみんなで大合唱となりました。

そのあとは、クィーンだったりロッド・スチュアートの往年の名曲オンパレードで、歌は世界をつなぐと思いました。

ツェルマットでは、一番古いといわれるレストラン Cafe du Pontでエスカルゴをいただきました。ここでもドイツ語を話すグループと今日の体験を英語で話しました。

  


レストランには古い写真が。ドイツ語の意味がよくわからなくて残念。次回までに勉強しておきます。

いろんな人たちとコミュニケーションをとることは楽しいと今更ながらに思った時でした 

 宿泊した部屋からの眺めです。うつくし~い。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スイスという国 その1

30年ぶりに三度目のスイスに行ってきました。

30年ですから以前泊まったホテルがなくなっていたり、知らなかったレストランができていたり、新しい発見が多々ありました。

3回に分けてレポートしたいと思います。

今回はズバリ!スイスという国の特徴をご紹介します。 みなさんはどんなイメージですか?

 なんてったってスイスアルプス 
4000m級の山々が連なるスイスアルプス。

今回再び訪れたかったのがGrindelwald(グリンデルワルド)から登るEiger(アイガー)& Jungfrau(ユングフラウ)、そして南のZermatt(ツェルマット)にそびえるMatterhorn(マッターホルン)です。

一週間滞在していても天気が悪くててっぺんまで見えなかったという人もいますから、天気がすべてなんですが、私は運よく登る日は晴天に恵まれました。


うしろに見えるのがアイガー北壁です。
 
以前、来たのは夏だったので、このアレッチ氷河でスキーをしました。


雪原をゆっくり歩きます。高地なので息がきれます。
雪がキラキラひかって綺麗でした。
ちゃんと六角形をしているのがはっきりわかって感動でした。


うしろがマッターホルンです。
思わずパラマウント映画のロゴを思い出しますね 

以前、ヒマラヤで高山病に苦しみましたので、ここではゆっくり行動するよう気を付けました。

 物価が高い
世界的に有名ですが、とにかくなんでも高い! 
スイス1フラン=171円ですが、例えば駅構内でコーヒー(ヨーロッパではエスプレッソ)一杯が約450円です。

外国に行くと必ず世界のマクドナルドに立ち寄って物価指標の参考にしますが、日本にあるセット(ハンバーガー+飲み物+フライドポテト)が約1500円でした  気軽に立ち寄れないですね。


 マルチリンガル
いろんな国に囲まれていますので、ほとんどの人が二言語以上を話します。

ドイツ語が70%、フランス語 20%、ロマンシュ語10%

英語? み~んな話します。流暢ではなくても話します。

街中の看板は①ドイツ語 ②フランス語 ③英語 と三行書いてあります。 空港などはこれに加えてスペイン語や韓国語、レストランによっては日本語メニューがあるところもありました。

ユングフラウヨッホ駅の掲示板はこんな感じです ↓


①から③はアルファベットですから、常に目を凝らして、自分が読める単語を探すことになります。


これはトイレのサイン。有料です。女子は一回2フラン 

いつも目がキョロキョロしているものですから、正直、疲れました  

ドイツ語がほとんどわからないので悔しい思いをしました

それでも鉄道の車掌さんに「グーテン・モルゲン!(オハヨウゴザイマス)」というと「モルゲン!(オハヨウ)」と笑顔でドイツ語で返してくれますし、「ダンケシェーン(アリガトウ)」と言えば「ビッテシェン(ドウイタシマシテ)」と返してくれます。

言葉が通じる嬉しさを久しぶりに感じました 

 鉄道の国
日本同様、交通手段として鉄道がとても発達しています。
  

日本のJRにあたるSBBは、長距離鉄道の場合、1等車と2等車、そしてレストランもあります。

  

私たち海外旅行客はSwiss Passという乗り放題のパスを購入して乗るのが便利です。

そして日本の電車と違うのが、「静か」なこと。

出発も時間になると静かに動きだしますし、車内アナウンスも、駅に着く直前に「次は~です」というくらい。乗客もほかの人の迷惑になるような声は出しませんし、窓にはこんなサインも。



日本ではホームでベルがなり、車内では車掌さんが不審物についてやら席の案内やら始終しゃべっているので、「ほかのお客様のご迷惑にならないよう私語はお慎みください」というアナウンスもなぜか笑えてしまいます。

この電車、とにかく時間に正確。

昔はThomas Cookという分厚い時刻表を持参して旅していましたが、今はスマホアプリで簡単に乗り換えが検索できます。

時刻表がなくても前後のダイヤが駅のいたるところに設置されていて、わかりやすいです。


ということで、次回はここで出会った人たちについて触れてみたいと思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ