答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

3K(好奇心、向上心、行動力)

2015年06月09日 | 土木の仕事

「そこに立ったままでおって!」

 

突如背中のうしろから聞こえた指令にフリーズするわたし。声の主は女房殿だ。

まもなくして、ミッション解除の言葉が聞こえ背中越しに見てみると、満面の笑みを浮かべてスマホの画面を確認する彼女がいた。という写真がコレ。

 

     

 

徳島県三好市西祖谷、「祖谷のかずら橋」から約50メートル。その昔、平家の落人が琵琶を奏でて都を偲んだという、「びわの滝」でのできごとだ。

わたしはというと、滝そのものの景勝ではなく、滝つぼを形成する人工の石積みをながめ、こんなことを考えていた。

 

オレなら天端に波分け石を置いて水流を分け、さらにその水を受ける石をその下に配置するな。

 

どちらかというとそれは造園の作法だ。そんな引き出しを持っている技術屋は、いわゆる土木屋のなかには少ないのかもしれない。幸いなことにわたしは、庭師とのつき合いや公園工事の経験で、若干ながら造園土木の知識があり、だからこそそんなことを考えたのだろう。

どこへ行っても、どこに居ても、「土木」を観るのは楽しい。観て、施工した情景を思い浮かべるのはもっと楽しい。「自分ならこうする」と想像をめぐらすのは、もっともっと楽しい。

だが、それを楽しくするには、君やアナタの経験や知識と、その蓄積の上にある感性や勘が必要だ。

3Kとはなにも、キケン、キツイ、キタナイだけではない。

好奇心、向上心、行動力。これがわたしの3Kだ。楽しさの源流としてこれがある(たぶん)。

とかナントカいうわたしとて、知らないことはたくさんある。いまだに勉強中だ。

ことほどさように「土木の仕事」の奥は深い。ということは、たぶん仕事をしているあいだはずっと勉強しているはずだ(あと何年できるかわからないけど)。


れっつ・とらいんぐ・つう・すたでぃ・えぶりばでぃ!

(あってるか?)

なのである。



 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加