答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

6月1日月曜日、朝もはよから考えた

2015年06月01日 | 三方良しの公共事業

相手のチカラを出させないようにする。

そういう戦術が、サッカーなどのチームスポーツで、勝つために採用されるのはさほど珍しくない。

チームスポーツに限らず格闘技などでも、相手のチカラを削いで勝つ、という戦い方を得手とする選手は少なからずいる。

こと「勝ち負け」にこだわった場合、それは立派な戦術であり、他人がとやかくいう筋合いのものではない。

(エンターテイメントとしてのスポーツを楽しむという観点からすれば別ですが)

だが、ルールを改変するというのはどうだろう。

またまたスポーツの例を出すと、かつての水泳(田口信教しかり、鈴木大地しかり)や、かつてのノルディック(ジャンプしかり、複合しかり)のように、優秀な日本人選手が出現して競技を席巻すると、すぐさまルールを改変して勝たせまいと策略をめぐらす(どこの誰、とは特定できないが)欧米の輩のように。


そういう戦術を採用する人が、どうやら私たちの業界にもいるようだ。

せっせせっせと陳情とやらにいそしんで、今、優位に立っているものたちのチカラを削ごうとする人たちである。

だが、制度やシステムの改変は、それがどう転ぼうと、公共事業の請負者たる私たちにとっての宿命だ

なにをどういおうと結果的には、変わったなかで泳ぎ切っていかなければならないのが現実である。

そのために肝要なのは、変化に対応できる柔軟な発想と、変化するなかでも変わらない理念を持ちつづけ行動していくこと。

そしてその繰り返しのなかから、それを実行できる人材を育てていくことではないだろうか。

制度改変についてのイニシアティブは施工者の側にはない。

バッジをつけた先生にお願いして、たとえいっときある例でそれが成功裏に終わったとしても、あくまでそれは、官の側が官にとっても都合がよかったから乗ったというに過ぎない。 

繰り返し言う。制度の改変やシステムの改変は、それがどう転ぼうと、私たちにとっての宿命なのである。

もちろん要望をあげること、手練手管を使って制度を変えようとすることは、戦術として否定されるべきものではない。おおいにやったらよろしがな、である。

だが私は、そんなことよりも、内なるチカラを磨くことを優先したい。

地域を向いた仕事をしつづける。そしてそこから生まれた信頼をストックしていく。

今の「勝ち負け」というフローに一喜一憂し、そこを勝ち切る戦術を考え実行していくことは、番頭たる身として当然のことなれど、「信頼のストック」にはこだわりつづけたいと思う。

そのうえででき得れば、「だって私は技術を売ってるんだもの」、とにっこり笑って対応していくぐらいの心持ちでありたい。

とはいいつつも内実は、切歯扼腕、涙がちょちょ切れながら、青息吐息でついて行くのが精一杯だ。内々では、ああだこうだと愚痴ってばかりもいる。

だが、困った困ったと頭を搔きながらでも、そんな心持ちを忘れてはならないと思っている。

 

信頼は現場から生まれ、そしてその信頼はストックされる。

笑顔でたたかえ、えぶりばでぃ。

 

以上、6月1日月曜日、朝もはよから考えた。

今日から4泊5日の鹿児島行。

いつものことながら、会社を代表する意見ではない。



 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

 

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

 

 

     

 

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加