答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

レジリエンス ~ モネの庭から(その209)

2014年07月11日 | 北川村モネの庭マルモッタン

きのう7月10日は台風8号の影響で休園したモネの庭。

せっかく増え始めた青い睡蓮が気になって、

現場パトロールからの帰りにのぞいてみた。

 

 

 

 

風に耐える睡蓮がなんとも健気で、

レジリエンス、てな言葉が思い浮かんだ。

レジリエンス。

極度の不利な状況に直面しても、正常な平衡状態を維持することができる能力(ボナノ、2004、Wikipediaより)。

レジリエントな植物としては竹が有名なのだろうが、

どうしてどうして、熱帯性の睡蓮も相当なものである。

かくあらねばなと、

大風(おおかぜ)のなかただ独り、

睡蓮にエールを送る私。

ザ・レジリエンス=(モネの庭の)青い睡蓮、

なのである。


 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加