答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

商売繁盛 ~ モネの庭から(その211)

2014年07月20日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

夏本番、いささか暑いのはしかたないとして、

睡蓮の季節が本番を迎えたのはうれしいことこのうえない。

そんな三連休(世の中は ^^;)なか日の今日、私たちが着くと同時に香川県からの大型バスが3台。

商売繁盛、けっこうなことである。

大勢の観光客に紛れこんで山を上がると、

黄色の熱帯性睡蓮が咲いていた。

この庭の売り物は、言わずと知れた青い睡蓮(熱帯性)ではあるが、

熱帯性でいえば私は、だんぜん黄色のファンなのだ。

そうそう、黄色といえばこんなのも。



青、赤、黄色の睡蓮と緑の葉っぱ。

水面に写りこむ池の畔の黄色の花がアクセントとなり、

これまたいい。

もちろん、ご存知青い睡蓮も、嫌いではないのだ。



あいにくと、予想以上に沢山のお客さんといっしょになったため、

ゆっくりと楽しむことはできなかったのだが、

多少なりとも庭に関わっている人間なれば、もちろん良いことこのうえない。

ありがとうございます、また来てください。

なのである。



 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限j会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加