答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

二次除菌スタート

2014年07月07日 | ちょっと考えたこと

 

いよいよ今夜より、ヘリコバクター・ピロリの二次除菌を開始。

ランピオンパックという薬をもらってきた。

緑とオレンジのランサップ400(一次除菌薬)に対し、

ピンクと紫という、いかにもグレードアップしたぞ感のある外観で、

その中身は、タケブロン30、アモリン250、フラジール250の3種類。

あれ?一次と変わらないんじゃないか?

そんな気がして検索してみると、

フラジール内服錠(メトロダゾール)という抗原虫薬(抗トリコモナス薬)がそのポイントで、

メトロニダゾールを含んだこの組み合わせが二次除菌、

つまり一次除菌の失敗例に対して適応するのだそうだ。

しかも今回はそれに加えて、ネキシウム20という胃酸分泌抑制薬が処方された。

ランピオンパックを7日間きっちり飲み終えたあと、

そいつを今月いっぱい飲みつづけろという指示である。

「胸焼けがするんですよね」

という症状を訴えた私だからくれたのか、それともセットなのか、

しかとはわからない私だが、やらねばならぬ感は盛り上がってきた。

それに何より、薬局がくれた「あなたのお薬」という説明書きに書かれた「注意事項等」がふるっている。

いわく、

 

飲酒により、腹痛、嘔吐、ほてりなどがあらわれることがありますので、この薬を飲んでいる間はお酒を飲まないでください。

 

ハイハイ、わかりました。

もちろん、呑みませんとも(1週間は。。)



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

             有限会社礒部組が現場情報を発信中です

  

      

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う


コメント
この記事をはてなブックマークに追加