答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

鉄道マン(温泉マン)タオルをもらったこと

2013年06月15日 | ちょっと考えたこと

 

北海道人の独り言」の温泉マンさんから、鉄道マン(温泉マン)タオルを送っていただいた。

温泉マンさんとはこの前の京都が初見で、つっこんだ話しは出来なかったのだが、なかなかの労作であるそのブログから受ける印象どおり、律儀なかたである。

その温泉マンさんが鉄道も好きなのは知っていたが、温泉マンより鉄道マンという字のほうが大きい鉄道マン(温泉マン)タオルを見ながら、「じゃあ彼の人は鉄道マンだったのかい」と訝りながら、あらためて「北海道人の独り言」をのぞいてみると、

 

私、”温泉マン”は温泉大好きであると同時に鉄道大好き人間です


と書かれてあった。

「ああ、やっぱり温泉マンさんでよかったのだ」と納得しつつ、鉄道マンでもあり温泉マンでもある温泉マンさんに、「高知の温泉と鉄道、機会があればぜひ楽しんでください」と、お礼のメールを送る私。

いろんなかたたちの顔とともに思い浮かんだのは、「山と山とは会えないけれど、人と人とはまた会える。袖触れ合うも他生の縁。人生なんだかんだと言いますが、やっぱり縁(えにし)なんでございますよ」という、桃知さんのあの惹句だったのである。

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加