答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

高知家

2013年06月05日 | 高知県

 

「高知県は、ひとつの大家族やき。高知家」

と広末涼子に言われても、なんだかピンと来ない私だが、

「お隣り香川が”うどん県”なら高知はやっぱり”カツオ県”ぜよ」

とならなかったことにはホット胸をなでおろしていた。

がっ、お城下の酒屋の若旦那にこんなものがあるのを教えてもらい。

 

 

 

 

 

そしてそれを県庁3階の地域づくり支援課分室で一般人にも配布しているというのを聞きつけ、

さっそくゲットすべく手配した私。

まったくもってミーハーである。

のみならず、来週行く京都サンダーさんのセミナーでは冒頭のつかみに、

くだんのビデオを流してやろうと、そうも思っている。

四の五の言わずにまず乗ってみる。とまあ、そういうことなのだな。

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加