答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

露出狂の詩

2013年06月25日 | 土木の仕事

 

「ブログを更新している人はみんな露出狂ですよ」

とは、唯一私が知り合いの落語家、三遊亭歌橘師匠の言葉。

してみれば、「なるほど言い得て妙だわい」と独りうなずく私も、立派に露出狂であり、

それならば、とばかり本日は、汚い地下足袋(スパイク付き)を晒してみたがどうだろう。

 

今日はやるよ、とばかりに朝。ホコリにまみれたコイツを引っぱり出したはいいが、左のインサイドが破れていたのを見つけ、おまけにスパイクもずいぶんチビてるじゃないかと、ほんの少しだけヤル気をそがれた私。

それでも、週末には新しいのを買いに行こうと決めるとすぐ機嫌が直るだから、なんということはない。

その後、勇躍、現場の測量へと臨んだのだが、下から上までの高低差約110メートル。

3往復目でずっしりと足腰が重くなり、そっちでひと息、あっちでひと息。はなはだしくペースダウンしてしまったのである。

そんなことおくびにも出さずに作業をつづけたいのだが、いかんせん身体も顔も、トランシーバーで話す声も、正直に私の状態を映しだすのだから、なんとも情けのないことではある。

まあいい。まだそこへ始まったばかりではないか。

ぼちぼち行こう。ボチボチと、ね (^.^)

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加