答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

トリプルディスプレイの功罪

2013年06月21日 | オヤジのIT修業

 

トリプルディスプレイにしたのはいつからだったろうか、とバックナンバーを検索してみると、今年の1月14日から。

(日々ブログを書く、という行為をつづけていると、こんな利点もあったりするのだ)

以来半年、そのあまりの便利さに、調子をこいて使いつづけてきた。

(特に積算にイイ。その割に精度がイマイチだが)

だが、ここへ来て少し様子が変わりつつある。

熱いのだ。

3つのディスプレイから発散される熱気が、ただでさえ熱苦しい私の頭と身体に放射されるのだ。

まったくもって、「あのねオッさんワシャかなわんよ」なのである。

で、先日。とうとうたまりかねて、左端のディスプレイを外してしまった。

単純に、画面がひとつ少ない分、表に表示される情報量も少なくなり、不便にはなったのだが、

ディスプレイから発散される熱量は、明らかに減ったようだ。

それに例のブルーライトというやつも、画面ひとつぶん減ったのだろうから、身体にとって悪いことは何もないのだろう。

「いいぜ、トリプルディスプレイ」と私が吹聴するのを真に受けた人には申し訳ないが、何ぶんそんなようなことだ。

大目に見てやってくれたらありがたいのだ ^_^;

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加