答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

濃いめ

2013年06月03日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

奈良から帰ってきて、私のプレゼンテーションを聴いてくださった何人かのかたから、直接メールをいただいたりなんかした。ありがたいことである。

そんなありがたいメールを他人さまに晒すことなぞ、とても出来やしないのだが、少しだけ紹介すると、そこに共通してあるのは「パワー」とか「熱い」とかのキーワードである。

そういえば、フォーラムの翌日。ある方からこう言われたことを思い出す。

「(三方良しの公共事業推進)研究会のメンバーのかたって皆さん濃いですよねえ」

その言葉を受けた私は間髪をいれず、「いやあ、アタシはそうでもないでしょう」と答えたのだが、

これまた間髪をいれず、「いやいや、一二(を争う)かと・・・」と返されてしまった。

それでもしかし当の本人は、近ごろ努めてその「熱(苦し)さ」を出さないようにしているのもあって、どうにも納得が出来ず、家に帰って女房殿に訊ねてみた。

 

「オレって濃いか?」

「濃い」

「熱いか?」

「熱い」

「いつも出さんようにしゆうけんど、それでも?」

「はい、思いっきり出てます!」

「・・・・・・」

 

どうも私の持つ「熱(苦し)さ」というやつは、努めて出さないようにして(と当人が思い込んで)はいても、そこらじゅうに漂いまくっているらしい。

であればやはり、(フルオープンしてないつもりの)今ぐらいがちょうどいい塩梅、なのだろうな(たぶん)。

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加