答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

平成24年度高知県建設優良工事施工者表彰

2013年06月20日 | 土木の仕事

ふと思いたち、高知県土木部建設検査課のサイトを覗いてみると、

平成24年度高知県建設優良工事施工者表彰応募受け付けの案内が出ていた。

7月14日から31日までが受付期間だという。

我が社からは例年のごとく2件エントリーすべく、すでに対象となる工事は決めている。

うち1つ はこれ。

 

 

一昨年北川村を襲った40年に一度の台風災害。

その本復旧工事のひとつである。

これから応募書類をつくって、一次審査を通れば最終審査のプレゼンテーション。

こういっちゃあ不遜に過ぎるかもしれないが、少なくとも私のなかでは、そこまで行かぬとあのドラマは完結しない。

やるよ (^^)


※お詫びと訂正

 失礼いたしました。

 この稿をアップしたのは平成25年6月20日ですが、

 表題にもありますように、高知県建設検査課の受付は平成24年のものです。

 つまり、昨年の募集を見て、うっかり今年の募集が始まったと勘違いしてしまいました。

 同業の方からご指摘をいただき、そのことに気づいた次第。

 いや、穴があったら入りたいとはこのことです。

 この稿、削除しようかとも考えましたが、削除しても私の間抜けぶりが消え去ってしまうわけもなく、

 つつしんでお詫びするとともに、加筆して残すことにいたしました。

 本年(つまり平成25年)の高知県建設優良工事施工者表彰の受付はまだ始まっておりません。

 申し訳ございませんでした。

 これに懲りず、今後ともご贔屓くださいませ。

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加