京都北山細野の神主

日々感じることを想いのままに書き綴っています。神主として品位に欠ける表現も時々有るのはお許しください。

父の日プレゼントにナマズ釣りのルアーが届く

2017年06月19日 | 釣り

 

昨日の父の日に横浜に住む次男からナマズ釣りのルアーとワームと取替え用の針などのパーツが届きました。(写真はナマズ釣りの本の上に乗せて写したので目立ちにくいですが)

今年はナマズ釣りにチャレンジすると言っていたので適したルアーをプレゼントしてくれました。

ナマズ用のルアーはまだ持っていませんでしたのでこれを持ってチャレンジしようと思います。

早速、今日は先日甥が45センチほどのナマズを釣って持ってきてくれた日吉ダムに偵察に出かけました。

ついでにダムの年券も買っておこうと思ってダムサイトの漁協に行きましたが鍵がかかっていました。(エアコンも電気も点いていたのですが)

最近雨が降っていないのでダムに流れ込む上桂川の水も少なめでした。

明後日には大雨が降るようですがその後がアマゴ釣りには最適ですがルアーで狙うナマズ釣りはどうでしょうか?

雨の後にミミズでアマゴを狙うか? ルアーでナマズを狙うか? 嬉しい迷いです。

それにしても今年の梅雨入りも雨が降りませんね。

川の釣りは水次第ですから梅雨もまた楽しみです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第20回 鎮守の杜フェスタ・石清水八幡宮

2017年06月11日 | 野あそび
京都府神社庁のNPO法人 地球の杜委員会主催の「第20回 鎮守の杜フェスタ」が石清水八幡宮で開催されました。

>「もったいない」ーそれは一木一草、自然界のあらゆる働きに神々の働きを感じた日本の信仰「神道」から生まれた日本独特の言葉です。
地球環境を守るのは、結局一人ひとりの心の改革から始まります。
「自然の中に神々の働きを感じた日本人の心を見つめ直す」=それが鎮守の杜フェスタの訴えです。<(パンフより)
私も長くこのNPOの理事として「日本野あそび協会」のメンバーと共に参加しています。
野あそびコーナー

絵本ライブコーナー

今年も野あそびはリボン細工、万華鏡、風車作り、スチックトンボ、ニー玉コーナー、コマ回しコーナー、メンコ、羽根つき、絵本コーナーなどにメンバー9人で参加しました。
「鎮守の杜フェスタ」は自然環境に関する講演会や自然観察会、などと帰りに参加者全員にO2苗木として椿と榊の苗木が贈呈されます。
私も10本ほど貰ってきたのて庭に植えます。
雨が降るかと心配していましたがお天気でまさしく絶好の野外イベント日和でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アマゴ28センチ久しぶりの大漁

2017年06月08日 | 釣り
昨日の雨で今日は釣り日和になると読んだとうり。
朝8時半頃家を出て保津川の源流に行く、雨の後で藪の中なので餌釣り、15センチほどのイワナが釣れたので気がついたらビクを持ってくるのを忘れて慌てて車に取りに戻り再開する。(忘れ物が多いのは歳でボケたせいではありません。もともと物覚えが悪いだけです)
先日25センチぐらいと思われる太いアマゴに逃げられた同じ場所で恐らく同じと思われるアマゴにまた逃げられる。
3度目は無いと思よ!とアマゴに捨てゼリフ。
朝・保津川源流綺麗なアマゴ20センチ。

1時間あまりで3匹釣れたので妻と二人分これで終わって家に帰る。
保津川源流のアマゴは成魚放流はされていないので姿はみんな美しい。
長男から夕方に来るという電話があったのでアマゴを食わせてやりたいと思って午後から上桂川に再度チャレンジする。
午後上桂川でデッカイ銀毛化してる? 測ったら28センチありました。久しぶりの大物です。

昼からの釣果。28センチ以外にも20センチ前後のものも釣れる。距離にして300メートルくらいの間に大きなアマゴがこれだけ。

久々に手応えのある渓流釣りでした。長男に持して帰らせた以外は冷凍にして後日いただきます。
一番でっかいのを息子にやろうとしましたが遠慮して残してくれました。(謙虚な出来た息子です?)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今日から梅雨入りしました

2017年06月07日 | 自然
雨で新緑が美しい森の中の我が家

今日から近畿地方が梅雨入りしたそうです。
天気が良いとついつい外に出てしまい、ブログを書くのも疎かになります。
もともと雨男で学生時代(山岳部時代)私が出かける山行は雨の確率が多くて、個人山行は同行者に迷惑がかかるのでほとんど単独行でした。
と言えば格好が良いのですが単に我儘で人に合わすのが嫌なだけのワガママだっただけですが。
日本の気候に梅雨があるのは幸せですね。五月は晴天が多くて植えた野菜の苗も育ちが悪かった。(水やりを怠っただけですが)
本当に植物は水と太陽次第ですね。雨が降って、晴れたら驚くほど野菜の背丈が伸びてきます。
野菜だけでなくて雑草もアッと驚くほどもう畑一面に生えたきます。(これもズボラで雑草が野菜の背丈を越えるまでホッテおいきます)
何処に雑草の種が埋まっていたのか驚くほど次々に生えてきて畑一面を覆ってしまいます。
あえて自然農法などと気取るつもりはありませんが結構野菜も雑草に負けずに育つものですね。
雑草と競争で育った野菜も野菜らしい味と香りがして良いものです。
自家使用だけの野菜作りは手抜きで充分収穫できます。
植える時期もいい加減で(早く植えても我が家は450メートルの山地で寒いので枯れてしまいます)、ジャガイモなどは昨年の残った芋から芽が出て玉ねぎの間から大きくなって玉ねぎを超えて育っています。(どんな玉ねぎになるか? どんなジャガイモができるか楽しみです。自家使用なら小さくても関係がないので野菜同士の競争に任せています。)
写真のように家の周りの木々も200坪あまりの庭に70種類ほどの木を密集して植えて競争させています。30年ほどで栗も紅葉も栃ノ木も大木に育ちました。
木も人も過保護はダメですね。
雨上がりは渓流釣りのチャンスです。明日は木曜日で早朝野球の日ですがこの雨では夜に監督から中止のメールが入るでしょう。
ミミズは買ってあります。雨が上がっていたら朝から出かけます。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

獲物運搬に新兵器をもらう

2017年06月05日 | 狩猟
2年前に車を買い替える時に軽トラと乗用車の2台も持つのは不経済と我が家の大蔵省(古いか? 今なら財務省)から言われて車中泊に使えるワンボックスの軽バン1台にして満足していました。
ところが狩猟で獲物を運ぶのに軽バンに積むのはためらいます。
獲物は死んだら体温が下がり始めるので獲物に着いているダニが一斉に離れ始める上に血もながれ出るので車中泊をするつもりの軽バンの中に積むことはためらいます。
獲物を解体する自宅まで檻が1キロぐらい離れたところにもあるのでその間を一輪車で手で押して戻るのは億劫でどうしても積極的に害獣駆除などはできませんでした。
と言って今さら獲物を運ぶだけに軽トラを維持するのも無理なので何とか自走式の維持費のかからない運搬車が無いか?
思いついたのが農家にある運搬車。中古で良いから手に入れたいと思っていたら昨日一緒に山に行った集落の一人、豊福さんが家にある使っていないものを下さるとのこと。しかし、長い間使っていないので動くかどうかとのことでした。
同じく地元で機械の修理やメンテナンスに強い人に頼んで整備してもらうことにしました。
ところが今朝になって動いたよ。と動かして家の前まで来てくださいました。

これでこれからいくら獲物が捕れても運ぶのに苦労することはありません。
整備を頼んで家の一角に得意の単管パイプで屋根のある置き場を作ろうと思っています。
これなら車検も税金もかからないから負担にはなりません。まさに「願えば叶えられる」「ラッキー」としか言いようがありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片波巨大伏条台杉郡見学

2017年06月04日 | 自然
京都北山山中の片波川上流にある「片波巨大伏条台杉群」の見学に出かけました。
案内板

大主杉


今夜は知人の通夜が入ったので続きは明日に書きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ものがたり食堂」て言う不思議な食事会?に出かける

2017年05月27日 | 家族
父の日と母の日のプレゼントとして横浜に住む娘から贈られました。
「親指姫」をテーマにした「ものがたり食堂」という食事会に妻と出かけました。
京都市南区の烏丸十条を下がる一筋目を西に入った北側に
ハブラボ京都(今年4月6日にオープンした)工場の建物をそのまま使ったレストラン・カフ・バー

ハブラボの2階のイベントスペースで11人が参加して娘の知り合いの女性が26日と27日の二日だけ開催されるらしいのです。

写真はアイマスクをしていますがこれは(真っ暗ポータージュ)というスープが出てきたときだけアイマスク(ブラジャー型をした)をつけて口だけで味わいます。
シェアキッチン(このシェアキッチンを2階のイベントスペースから見たところ)

11人の客の内男は3人だけでした。この建物のオーナー夫妻も参加されていて私の住まいの京都北山の集落の林業家の人の高校のクラブの先輩というめぐり合わせもありました。
傘寿を迎えるジジイには滅多に体験できない珍しい食事会でした。妻を始め女性たちははしゃいでいましたから楽しいイベントなんでしょう。
山奥に住む年寄りにはなんとも恥ずかしい気がしましたが「冥土の土産」に良い体験をさせてくれた娘にただ感謝!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スズメバチ退治グッズ

2017年05月22日 | 自然
スズメバチ退治の武器はこの二つ

ムカデは自分から攻撃してきませんがキイロスズメバチは機嫌が悪いと自分から攻撃してくることです。
それも1匹や2匹でなく集団で攻撃してきます。人間の足では逃げきれません。手で追っ払うにも防ぎきれません。
その時、頼りになるのは強力な飛び道具マグナム、ジェットです。スズメバチの攻撃をとどまって防げるのは今の所これしかないと私は思います。
すごい噴射力で向かって来るキイロスズメバチをひるませてくれます。それでも刺されたら不運と諦めてください。
マグナムと書いてあるだけあって強力です。「強力10m噴射」。その代わりすぐになくなってしまいます。
やられる前にハチを退治るのにはハチ激取れ。これは写真のように 

木の枝などにぶら下げておくと匂いにつられるのか勝手に入ってきて出れなくなって死んでしまいます。
今ぐらいのシーズンからぶら下げておくと周囲にあまりキイロスズメバチの姿が見えなくなります。
新規設置と昨年のもの。液体の入っていたところまでハチでびっしり。ひと夏一個では入りきれなくなるくらい入ります。
箱には2セット入っていますのいっぱいになったら新しいものに取り替えられます。
噴射殺虫剤 マグナムジェットはどこのホームセンターにもあるようですが ハチ激取れ は扱ってないホームセンターもあります。
何しろ、やられる前にヤル、基地(巣)を攻撃するのでなく、兵隊(ハチ)をハニートラップにかけるようなものですから危害はありません。
きっとこの液体はハチにとって魅惑的ないい匂いなのでしょう。
この二つの武器があれば自宅周りでは安心です。蜂の巣が見つかれば4〜5m離れたところから連続的に噴射して壊滅させることができます。
巣を退治するには3個ほど用意しておく方が無難です。1個だけでは下手に怒らせるだけでボコボコに刺される可能性もありますから。
蜂の巣退治は素人(未経験者)は下手に手を出さない方が安全です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムカデ退治グッズ集める

2017年05月22日 | 健康
ムカデ退治グッズ

ムカデに噛まれて腫れていた左手もほとんど通常に戻りました。(私は傷の治りは早い方です)
ムカデもスズメバチのように2度、3度と噛まれるごとに症状はきつくなり、ショック死する可能性もあるらしいので2度と噛まれぬようにムカデに挑戦することにしました。
ホームセンターで屋外から侵入を防ぐ毒餌剤とムカデの侵入を防ぐパウダースプレーを買いました。
室内で使えるムカデブロックというものをアマゾンで注文して昨日着きました。
早速、ベッドの下に5個置きました。
万一、噛まれた時にできるだけ毒を吸い出すためにポイズンリムーバー(商品名 Poison Extractor)も購入しました。
これは同じようなものを以前から使っていましたが見当たらないので新たに購入しました。
ポイズンリムーバーは蚊に刺された時でもすぐにこれで傷口に当てて吸い出すと痒みもましになります。
マムシやスズメバチに噛まれた時にも役立つので一家に一つぐらい用意しておくべきと思います。(メーカーや種類によりますが千円前後からありますので一人一個持つのも良いのではないでしょうか?
これで終わりではありません。肝心なのはムカデを見つけた時につかむものを身近に置いておくべきです。
それは火挟です。最近では家で炭などと使いませんがバーベキューの時には必需品です。これを一本身近なところに置いておいてムカデ出現の時にこれでムカデを掴みガスコンロで火あぶりの刑にするのです。
ムカデが現れるのを楽しみに待ちます。
やられたらやり返す、これが日本男児の心意気(そんな大層なものではありませんが。本来ならやられる前に退治しなければなりません。先制攻撃は我が国ではご法度ですね)
国防に関しても憲法改正の前にも先制攻撃の体制作りは大切です。やられてからでは、ムカデでさえ痒みと腫れは続きますから。
まして、子供や孫が殺されてからでは遅すぎるのです。

写真にはハチ退治グッズも写っています。ハチ退治は先制攻撃が効果あります。
そのグッズは何年も使っていますが効果は抜群です。次に書きます。
ハッカ油も写っていますがこれはお風呂に垂らして入浴すると虫除けになるそうです。(直接皮膚につけるのはどうかわかりませんが?)
ついでにアマゾンで購入しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムカデに噛まれた・病院に行く

2017年05月19日 | 健康
パンパンに腫れた左手(それにしてもよく腫れていますね)

昨夜、寝入りぱなに左手の親指と人差し指のまたのところにチックと痛みが走りました。
「ムカデに噛まれた!」飛び起きて電気をつけてムカデを探しましたが見つけることができませんでした。
噛まれたところがチクチク痛かったがいつの間にか眠ってしまっていて朝方左手が痒くて目を覚ましました。
お昼前に弟たちが来て縁側で鳥味噌仕立ての豚鍋を食って夕方4時半に歯の診療があるので桂の岩﨑歯科医院に行き、治療の後ホームセンターでムカデ退治の薬を買いに行きました。
店員と相談している時にムカデに噛まれた腫れた私の手を見て「医者に行かれる方が良いですよ」と言われて帰り道にある「高雄病院」で診察を受けて飲み薬、1日1錠夕食後に飲む「アレルギーを抑え、じんましん等のかゆみをヤワレゲ、興奮を鎮め、不安や緊張、ゆううつな気分を改善するという「ヒドロキジンパモ酸塩錠と 塗り薬、炎症を抑え、発赤、はれ、かゆみなどを改善する「ダイプロセル軟膏」をもらって帰りました。
高雄病院は20年ほど前にカレーに当たって全身にジンマシンが出て入院したことがある病院です。
あの頃、この病院の食事が口に合わず、二日目には逃げ出しました。
今回も写真のように左手がパンパンに腫れ上がって駆け込みました。(評判は良い病院です)
ムカデに噛まれたのは2度目ですがこんなに腫れたのは初めてです。(それにしてもヒドイ腫れようですね)
明日からムカデ退治に頑張ります。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加