フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

手巻き腕時計ロイヤル・モントレスの修理

2016-10-18 00:10:00 | 腕時計

手巻き腕時計 ロイヤル・モントレス(ROYAL MONTRES)

 ほとんど新品なのに、動かないジャンク品です。ゼンマイが巻き上がりません。

  革のベルトがついています。しっかりとした現代風の作りですが、手巻きは珍しいです。

 

 スケルトンの裏蓋は、スクリュータイプのインカブロックです。非常に固く締め付けられていたので、三点式の蓋開け器を使いました。

 

 リュウズを巻いても戻ってしまいます。ゼンマイが切れているわけではないようです。開けて見ると、香箱のゼンマイに直結している歯車のストッパーが折れていました。

 ピンセットの先に、右のストッパーが皿ネジで止められています。

 

 スケールの先端部分の溝に、左の半円のストッパーが入っています。しかし、ほとんど円形のリング状のストッパーが折れて欠落しています。折れた先は、時計の中にはありませんでした。この部分は、2mm位の長さです。円形にすることでバネになって、それでストッパーの先で巻き上げた歯車を逆転させないように止めています。
 メーカーの修理ではストックがあるので取り替えてしまえば、それで修理完了です。メーカーに問い合わせをして部品を取り寄せれば簡単ですが、おそらく対応してくれないと思います。我が工房としては、これを再生することにします。
 どのように修復するか、
思考実験をして方針を決めて行きたいと思います。暫く、考えてみます・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サファイア・カボションカッ... | トップ | 手巻き懐中時計の修理(4) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。