フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

リュウズ頭のストーン、トルマリンの取り付け

2016-08-27 00:10:00 | 腕時計

レディースのクォーツ、リュウズの頭にトルマリンの取り付け

 前回紹介したレディースのクォーツ、ジャンクで手に入れたもののリューズのストーンが取れていたので、手元にあったグリーンのトルマリンを着けることにしました。
 トルマリンは、ピンクやグリーン、ブルーなどの色があり、結晶すると電気を通すので電気石とも呼ばれています。硬度は7-7.5で、ルビーやダイヤモンドに比べると軟らかい、つまり傷つきやすい石ということです。

 4.9ctあります。タンザニアさんです。全くの原石なので、デコボコで傷だらけです。ヒビがたくさん入っているので、丸々研磨して使うことはできません。いわゆるクズ石ですね。
 でもリュウズの頭の石は、数ミリなので、このような原石からカケラを取り出して使うことができます。
 金メッキとグリーンの石は、合いそうです。

 

 

 リューズの頭の径は1.5mmなので、その径のラウンドの石を加工しなければなりません。先のBlogでは時計のフレームが金なので、それに合わせて赤いルビーを考えていたのですが手元にありません。グリーンのトルマリンの原石があったので、これから1.5mm相当の破片を切り出して使うことにしました。

 
 まずはポンス台を使ってヒビに沿ってタガネを入れて、原石から適当な大きさのカケラを取り出します。

 



 4mm程のカケラが取れました。1.5mmのラウンド形にしたいので、さらに半分に割ります。

 

 上手く径2.0mm程に二つに割れました。割れた瞬間、石が飛んでしまうことがあるので注意します。せっかく割ったのに、何処かへ飛ばして見つからない・・・まあ、よくあることです。

 柄のついたコンパウンドで研磨します。とにかく小さいので、始めはピンセットで、仕上げは直接指で押さえてまーるくしました。

 


 
まだガタガタしてますが、形は整ってきました。接着を兼ねてUVレジンでコーティングしますので、艶も出るし表面も滑らかになり、この程度で十分だと思います。

 ちょっと出っ張り過ぎてますが、紫外線に当てて固化させると少し収縮します。

 

こんな感じに仕上がりました。

 

 文字盤は白蝶貝でなかなか高級感があります。
”Guy Laroche”(ギ・ラロシュ)フランスのブランドです。

 

 形を整える程度であれば、ダイヤモンドやすりやコンパウンドなどでできますが、キレイにカットするのであれば、回転式の研磨機(砥石)が必要です。特にルビーやダイヤモンドは非常に硬いので、研磨剤としてダイヤモンドパウダーを使います。

 ジュエルも好きなので、研磨機を手に入れ、原石を加工してアクセサリーなどを作りますか・・・
 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SEIKOレディース手巻き

2016-08-25 00:10:00 | 腕時計

ジャンクで手に入れた、SEIKOレディース手巻きです。

 ジャンクで手に入れた中に、SEIKOの手巻きが入っていました。てっきり、クォーツかと思ってました。

 

 メタルのベルトで、よく見るとなかなか良い時計です。三針のセンターセコンドで、ゼンマイは巻き切っていて全く動きません。

 ムーブメントは、カバーに収まっていました。右の孔の下に、巻き芯を抜くネジが収まっています。緩めて、巻き芯を抜き出します。
 文字盤は周辺部に水が浸透していて、腐蝕しています。この状態では中は錆びだらけかと思いましたが・・・

 巻芯を抜いて、ムーブメントを取り出します。とてもキレイな状態です。さすがセイコー、ムーブメントは、材質も加工精度も抜群です。
 しかし、テンプがほとんど振れません。しっかり収まっていてガタは無いので、オイルが固化しているのでしょう。取りあえずクリーナーで洗浄します。軽快に動き出しました。暫く様子を見ましたが、全く問題なし。セイコーは凄い!

 

 

 文字盤が汚いのでクリーニングしましたが、表面の透明な膜が剥がれてアルミ板が腐蝕し、キレイになりません。コンパウンドで磨けば、アルミの地が出て少しはキレイになるかもしれませんが、磨かない箇所と色が合わず、ムラになってしまいますので、取りあえず・・・このままにしておきます。(私のリペアはこのパターンが多いです。とても商売には、なりませんね。)

 

 

 

 一緒に手に入れたジャンクです。一応みな修復しました。ちゃんと動いてます。
 左から、クォーツの”Guy Laroche"文字盤はシェル製でリューズには石が付いていたようなのですが、取れてしまっています。赤いルビーでも着けるとベルトは革製だし、見栄えが一変するでしょう。
となりは、先に紹介した文字盤がホウロウ製の”Forta"手巻きです。その右が、今回修理したSEIKOの手巻きです。一番右も先に紹介したこれはメンズの”LOUIS-JORDI”です。
 私がリペアしてあげなければ、みなジャンクとして処分されてしまったことでしょう。修理すればまだまだ使えるのに・・・物は大切にしないと。

- 追伸 -
 セイコーレディースの手巻、文字盤があまりにも醜くて可愛そうなので、リペイントしました。

 ちょっとは見られるように、なりました。シルバーの塗料にゴールドをほんの少し混ぜて、色を出しました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スイスMADE、スモールセコンド

2016-08-23 00:06:52 | 腕時計

スイス製のスモールセコンドです。

 SWISS MADEのスモールセコンドです。”CHRONOMETER LISA”とかかれています。ゼンマイは巻き切っていますが、動いていません。

  秒針が抜けてしまっています。

 

 開けてみます。ゼンマイを巻く歯車に少し錆が出ていますが、テンプにはダメージは無いようです。でも動きが渋いです。

 リュウズを抜くためのネジが固まっていて緩めることが出来ませんので、表面のベゼルを外して抜けていた秒針を取り付けました。単純に取れていただけで、すぐセットできました。
 テンプ周りは取りあえずクリーナーで洗浄してみたら、何とか動き出しました。秒針もしっかり回りました。

 文字盤も汚れていたのですが、塗装が浮き上がっていて剥がれそうなので、ブロワで埃を飛ばして軽くリグロインで拭う程度にしておきます。

 動きがどうも渋く、時々止まってしまいます。故障は無いようなので、分解掃除をすれば完全に復活するでしょう。

 

 何度かクリーナーをかけたら、取りあえず動き出しました。
 左はBENRUS、右はクォーツのLOUIS-JORDIです。LOUIS-JORDIは錆びさびで、メッキは剥がれ、プラスチック風防は割れていて酷い状態でしたが、電池を入れ替えたらしっかり動き出しました。風防は取り替えました。元々ウォータープルーフなのですが、取り替えた風防は薄くて生活防水にも耐えられません。ベゼルやケースは、目の細かいヤスリで研磨しました。何とか見られる状態になりました。

 

 古い手巻きの時計は落下させてテンプの芯、天芯が外れたり折れたりしているものもありますが、この時計の様に単にオイルが固まって動かない物が多いですね。長く使っていても、テンプや歯車の芯、受板、地板が摩耗しているものはほとんど見かけません。昔の時計は、とても丈夫なのですね。メンテさえしっかりすれば、ズーッと使い続けることが出来るのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リバーシブル腕時計の修理

2016-08-21 00:10:00 | 腕時計

リバーシブル腕時計、イタリア・オリビアンコの修理

 イタリアのブランド、オリビアンコのリバーシブル腕時計の修理を依頼されました。リュウズが空回りしていて、動きません。

 

 表面のデザイン、スモールセコンドタイプです。日付はありません。

 

 オレンジ色の裏面、テンプが見える箇所にカンマ形の孔が開いています。テンプは何かに引っかかっているようで、振るとわずかに動きますが正常な往復運動ではありません。

 

 裏面のベゼルを外して、ムーブメントの具合を調べます。

 

 テンプの引っかかりは、ガンギ車などを触っても動かないので、一度外して着けなおしたらスムースに振れました。香箱の歯車をピンセットで押すと、テンプが動き出しました。
 リュウズを押し込んだ位置で空回りするので自動巻きかと思ったのですが、開けて見たらローターがありません。ゼンマイの手巻きでした。
 香箱を押さえるネジを回しても巻き上がりません。受板を外してみたらネジが折れていました。

 香箱のゼンマイに直結しているパイプと、それを押さえるネジが両方とも折れていました。ゼンマイが巻き上がっているのに無理してさらにリュウズを巻いたので、細い径のネジが折れてしまったようです。ネジだけでなく香箱の芯まで折れてしまっているので、さて、どうしますか。

 

 方針を検討して、またご報告いたします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~      ~~~~~~~~~~~~~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腕時計の手巻きジャンク蒐集

2016-08-19 12:16:22 | 腕時計

スモールセコンドのジャンクばかりを集めてしまって・・・います。

 このところ手巻き、自動巻き、クォーツを問わず、不動も含めてジャンクばかりを集めています。ただし、デザインの気に入ったものをですが。ジャンクは調べてみないと動くのか全くダメなものなのか判らないので、修復出来た時はかなり・・・嬉しいです!
 最近カメラ、万年筆はちょっとご無沙汰ですが、結局物を修理することが好きなので、今は腕時計モードですね、完全に。

 左上の2本は前回に出したものですが、これも含めて、みなジャンクで手に入れたものです。
 左写真の下のスモールセコンドは風防が無くて、スモールセコンドの針もありませんでした。大きさからするとレディースのようですが、1950年代頃まではメンズでも径が20mm~位のものが多くあります。
 右写真の右下は、レディースですね。これも風防が無くて時針もありません。スモールセコンドの秒針があったの、左の時計に付け替えました。この時計、分針を外さないと取れない時針がありませんでした。時針は部品取りにされたのかもしれません。

 左のスモールセコンド、右のレディースから秒針を外して取付け、風防もUVレンジで着けました。"Forta PRECISION" と書かれています。文字盤はホウロウ製で、細いヒビが入ってしまっていてます。テンプの動きが渋かったのですが、クリーニングして、取りあえず動きだしました。
 このレディースのスモールセコンドは、風防もないし時針もなかったのですが、しっかり動いてます。針を探して、修復しますか。

 

 もう一つ、メンズの手巻き2針です。ベルトはありませんが、茶色の革が似合いそうです。
 はじめ秒針が無いので動いているのかどうか判らなかったのですが、裏蓋をあけて見たらテンプはしっかり動いていて中もキレイな状態だったのでブロワ―で埃をとばして終わり。時間合わせもしっかりできました。
 ”SICURA ANCRE LUXE  SWISS MADE" とあります。17JEWELSです。
 まあ、あまり高級感はないですが、フレームに腐蝕もなくシンプルで良い時計だと思います。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~      ~~~~~~~~~~~~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加