フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

50年前のニコンとキャノン

2018-02-10 07:00:00 | カメラ

50年前のニコンとキャノンのフラッグシップ

 ペンタックスS2ブラックを手に入れて以来、同時代の当然マニュアルフォーカス一眼レフ、フィルムカメラを引っ張り出して来ています。

ニコンFとキャノンぺリックスです。当時のフラッグシップカメラです。

 

 キャノンぺリックスです。私の好きなカメラです。洗練されたデザインがいいですねぇ。
 ボディー前面のレバーを押して絞りを絞り込むと同時に露出計スイッチをONにする、絞り込み測光方式です。測光範囲は、視野の中央部(18%だったかな)のみを測定する、スポット測光です。

 このぺリックスは、半透明のペリクルミラーを備えていて、ミラーは動かない固定式です。

 固定式の半透明ペリクルミラーです。透明なのでミラーがあるのか無いのか判りませんね。シャッターを切った時ミラーアップする必要がないので、ミラー跳ね上げのショックによるブレが抑えられます。
 キャノンは今も、先進的な技術を開発し続けています。新しい技術は、この頃から常にキャノンが先鞭をつけていました。それに比べてニコンは保守的で、堅実なカメラを作っています。
 このペリクルミラーの一眼レフは先進的ではありますが、結局主流にはなりませんでした。その後もキャノンだけが作り続けています。最新のデジタル一眼レフでも、高速で連続シャッターを切るには有利な機構です。ミラーによる光量の損失も、デジタルカメラではセンサーの高性能化により問題にはなりません。ほとんど動画レベルでシャッターを切ることができます。もっと普及してよい機構だと思うのですが・・・

 半透明のペリクルミラーは、レンズから入った光の70%をフィルムへ残りの30%をファインダーの方に導きます。そのためか当時の標準レンズのF1.4よりさらに明るいF1.2のレンズを備えています。つまりレンズから入った光すべて使うことが出来ないので、実質はF1.4位のレンズを着けていることになります。
 ファインダーの見え方は、30%の光なのにあまり暗くは感じません。

 ニコンフォトミックFTnとフォトミックファインダーです。フォトミックファインダーは、ファインダーに付いている露出計(左上に付いている円筒が受光窓)で外部からの光を直接測光する方式ですが、フォトミックFTnは、レンズから入って来た光を直接測光するTTL方式です。ちなみに一つ前の機種フォトミックFTは視野全体の平均測光ですが、このFTnは中央部重点測光です。中央部の60%、周辺部の40%の光を測定して露出を算出します。
 視野全体の平均測光では、明るい光源、極端な場合は太陽光、がある場合その光量に引っ張られて露出がアンダーになってしまいます。
 昔のレンズはコーティングが悪く、逆光ではハレーションで写真が撮れませんでした。しかしこの頃からコーティング技術が良くなって、逆光気味の場面でもコントラストのあるシャープな写真を撮ることが出来るようになって来ました。レンズ性能が上がったことによる、測光方式への機能要求があったのでしょう。

 レンズは、クロームには135mmF3.5、ブラックには50mmF1.4を着けています。

 

 久しぶりにフィルムを詰めて、スナップ街撮りに出かけようかな。

 

~~~~~~~~~~~~      ~~~~~~~~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニコン、アサヒペンタックス、マニュアル一眼レフ

2018-02-08 07:00:00 | カメラ

ニコンとペンタックス、マニュアル一眼レフカメラ

 ブラックペイント塗装がイイ感じに剥げたアサヒペンタックスS2を手に入れました。

 レンズは東ドイツ製、プリマゴン35mm/f4.5です。年代物ですが、きれいな状態です。

 絞りはオートではありませんが、ストッパーが付いていてセットした絞り値を見ることなしにリングを回してセットできます。

 これは同じくM42マウントのオート絞り機構のあるタクマ―135mmです。AUTOとMの絞り切り替えができます。AUTOにしておくと、ファインダーは開放で見ることができて、シャッターを押した時にセットした絞り値になります。絞るためのシャッターと連動したピンがあります。

 ボディーはペイント塗装で、かどが剥げて地金の真鍮が見えています。これがイイんだなぁ。角は擦れて剥げていますが、平面の塗装は腐蝕してザラザラになっています。

 同じブラックのペイント塗装のニコンフォトミックFTn(TTL中央部重点測光/レンズから入った光を視野の中央部を重点的の測定して露出を算出する)です。こちらは比較的キレイな状態です。ペンタックスには、スーパータクマ―28mm/f3.5を着けてます。ペンタックスはボディーもレンズもニコンに比べると小さくて軽く、取り扱いが楽です。その分ちょっと、軟なところはありますが。

 この28mmはカビカビだったので、分解してクリーニングしました。

 特に真ん中の絞り周りのレンズがカビることが多いです。絞り機構があるので、空気や湿気が入りやすいのでしょう。

 ニコンFアイレベルとペンタックスS2です。ニコンFはペンタックスよりだいぶ大きいし、重いです。手前は、フォトミックファインダーです。

 ニコン(日本光学)は当時(1950年代)コンタックスを手本にレンジファインダーカメラ、ニコンSシリーズを造っていたのですが、ライカが同じレンジファインダーカメラM3を出して「あーダメだ。レンジファインダーカメラでは、太刀打ちできない」と、一眼レフカメラを作りだしました。それが写真のニコンF(アイレベル)です。このニコンFはファインダーが交換できるシステムカメラで、同時に露出を解放測光(レンズの絞りを解放した状態で絞った時の適正露出を表示する)で測定し、ファインダー内で表示するフォトミックファインダーも発売されました。
 このニコンFの完成度は非常に高く、その後日本はカメラ大国の名を欲しいままにしました。それまでプロカメラマンや報道写真家のカメラは、ほとんどライカに独占されていたのですが、ニコンFが発売されるとライカは圧倒されてしまいました。

ー日本光学のうんちくー
 第二次世界大戦(太平洋戦争)の時、当時の世界最高性能、最強と云われた日本海軍の戦艦大和、艦橋の頂上に世界最大の測距儀が設置されていました。測距儀は左右先端部の窓からの視界の二重像を合致させることにより敵艦までの距離を測定するものです。左右の窓が離れていればいるほど、距離は正確に測定できます。ですから、大きいことには意味があるのです。
 これはレンジファインダーカメラの測距方法と同じです。と云うか、測距儀の機能をそのままカメラに取り入れたのがレンジファインダーカメラです。この大和の世界最大の測距儀を作ったのが、当時の日本光学です。
 さらにこの測距儀の凄いところは、アナログの光学コンピュータの機能を備えていました。測定した距離を、これも当時世界最大の主砲(46cm)の仰角に変換して表示するシステムです。敵艦までの距離を測距儀で測定すると同時に、それに届く主砲の仰角が算出され、迅速な攻撃が可能となるのです。これも、日本光学が製作しました。
 ちなみに大和主砲の射程距離は40㎞を超えています。40㎞といえば海上では水平線を超えた向こう側です。そのような長距離の測定をするため、大きくて高性能の測距儀を備えていたのです。敵艦のマストの先端でも見えれば測距儀で距離を測定し、水平線の手前、隠れて見えないところから攻撃できたわけです。
 第二次大戦当時最高の光学メーカーはドイツのカールツァイスですが、これにも負けないくらいのメーカーが日本にもあったのです。

 そんなこんなで私、ニコンには思い入れがあります。

 

~~~~~~~~~~~      ~~~~~~~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古いデジカメ

2017-12-14 12:25:30 | カメラ

NikonのクールピクスとPanasonicのLUMIX

 何故か最近、古いデジカメが集まって来ています。まぁ、自分で集めている訳ですが。屋外で撮るときに液晶のモニター画像は、明るくてよく確認できません。それでファインダーが内蔵されている、コンパクトデジカメが欲しいと思って。一眼レフでは大きくて重いので。
 古いモデルのファインダー付コンデジ、画素数もそこそこで安いです。パソコンに取り込んで見るので、大伸ばしにする訳でなし、プリントしてもせいぜい2Lなので4~500万画素で十分です。

 LUMIXのファインダーは電子画像、Nikonクールピクス4300は実像です。手前のクールピクスS210にはファインダーはありません。

 モニター画面は、小さいです。ファインダーは、電子画像です。

 ファインダーは実像です。モニター画面が小さいです。でも写っているのが確認できればイイわけですからね。

 クールピクスS210、比較的最近のモデルです。ファインダーはありません。薄いです。今は、スマホの写真がキレイなので、小さくて手軽に持ち歩くことが出来てもあまり出番がないですね。4300のおまけで、付いてきました。

 三台とも充電器が無くて、別途探して求めました。デジカメの充電池は、同じメーカーでも機種によって形状が違っていて、電圧、電流も異なります。AC電源アダプターから供給される電圧も微妙に違っていて、その機種専用のものでないと動きません。

 

~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツァイスイコンSWとアベノンレンズ

2017-12-01 11:00:00 | カメラ

ツァイスイコンSWとアベノン28mmF3.5

ツァイスイコンSWとアベノンレンズの取り合わせです。

 雰囲気、とても良いのでは・・・大きな丸いファインダーとレンズのデザインが、よくマッチしていると思います。ファインダー取付シューは、レンズの真上に配置されています。

 軍艦部です。ストロボに直結するホットシューとファインダー用との2つのシューがあります。
 シャッターは、絞り優先のAEと電子シャッタースピード設定のマニュアルモードがあります。

 絞り優先のAEの場合、シャッタースピードが3色のLEDランプで表示されます。

 3つのLEDランプの色(左が赤、中央がオレンジ、右がグリーン)で、シャッタースピードが分かります。写真の点灯しているランプ、中央のオレンジと右側のグリーンでは裏蓋背面の表示から、シャッタースピードは1/60~1/125と云うことになります。

つまり

🔴〇〇 1/8~1/15
🔴🔴
 1/15~1/30
🔴 1/30~1/60
🔴🔴 1/60~1/125
〇〇🔴 1/125~1/2000

と云うことです。

 マニュアルでのシャッタースピード設定の時は、中央がグリーンになり、それが点灯した時が適正露出になります。露出アンダーまたはオーバーの時は、左のランプまたは右のランプが点灯します。露出過不足を知らせるこの時のランプの色は、赤になります。

🔴〇〇 露出不足
🔴🔴
 1絞りアンダー
🔴 適正露出
🔴🔴 1絞りオーバー
〇〇🔴 露出オーバー

 ファインダーが無いためシャッタースピードを、LEDランプの位置と色で表しています。とても良く考えられていますねぇ、感心します。

 

~~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミノルタ35MODEL-Fの修理

2017-11-29 00:10:00 | カメラ

ミノルタ35MODEL-Fのシャッター幕交換

先のBlogで紹介した、オリンパスズイコーレンズを装着していたミノルタMODEL-Fです。

Lマウントのレンジファインダーカメラです。ミノルタのこのモデルでは、最後の機種です。

 フィルムが載るフレームを押さえるプレートがあったようなのですが、それが外れてしまっています。シャッタースピードは、1~1/500秒まであり、シャッターダイヤルがフィルム巻上げで回転するライカのバルナックタイプと同じ機構です。

 ファインダーに曇りもなく距離合わせの二重像もまあまあキレイで見た目はそれなりなのですが、布製のゴム引きシャッター幕がボロボロです。

 先幕は残っていますが、後幕は取れてしまっています。膜交換には先端部にある真鍮製の枠が必要で、これは挟み込まれた幕を取り出して、再利用します。

  先幕はシャフトに巻き込まれていました。引っ張り出してみます。こちらもボロボロです。ただ、幕を引っ張り出した時に、全くテンションが掛かりません。中のコイルバネがダメになっているのでしょう。

 布のシャッター幕は、布の内側に塗られているゴムが劣化して一緒に布もボロボロになってしまいます。長い間たつと布幕の劣化は必ず起こりますので、その交換は必然的に発生します。しかしシャッター幕さえ交換すれば、全く支障なく写真を撮ることが出来ます。
 布幕交換でよみがえるカメラが処分されてしまうのは、悲しい・・・ですね。

 シャッターコイルから修理しないとなりません。と云うことで、例によって今日はここまで!・・・といたします。コイルは作らないとならにかもしれないので、ちょっと厄介ですですので。
 こういった調子で、修理途中のカメラや時計が迷宮の部屋に散乱しています。困ったものだ・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加