【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「探偵はBARにいる」

2011-09-25 | ★橋63系統(小滝橋車庫前〜新橋駅)

評判がいいんで、続編もつくるらしいな。
タイトルは、「探偵はBARBERにいる」。
はい、ちょっとこの天然パーマなんとかならない・・・って散髪中かよ!
冗談はともかく、続編ができるのも納得できるほど、愉快な映画だった。
探偵が大泉洋。その相棒が松田龍平。こういうハードボイルド探偵映画っていうと、二枚目を主人公に持ってくるのが常套手段なんだけど、大泉洋を主役に据えたところが、勝因のひとつ。
鼻につくようなカッコつけたことを言っても、大泉洋なら、笑って聞き流せる。
昔なら二枚目がそのまま言えばサマになったセリフも、いまの時代、そのままじゃ「なに気取ってるの、このおやじ」ってなってしまうけど、大泉洋なら半分冗談で許せちゃうからな。
そう、それで、安心して残りの半分に乗ることができる。
そして、相棒に松田龍平を持ってきたところが、勝因のふたつめ。
ひょうひょうとした立ち居振る舞い、あくまで脱力系の松田龍平は「まほろ駅前多田便利軒」そのまま。彼は、いよいよキャラクターを極め始めた。
昭和の映画なら、松田龍平が探偵で、大泉洋が相棒のところかもしれないけど、それじゃあ新味がないとばかりに、ひっくり返したところがまたおもしろい。
だめな探偵と優秀な相棒、と評価したいところだけど、この相棒、手放しで優秀って言うのはちょっとひっかかる、なにか正義感とは違うところで動いている感じが映画にアクセントを与えている。
でも、結局は探偵を助けちゃうんだけどね。
ヒロインの小雪がああだったっていうのも、定番といえば定番だけど、探偵は依頼主を助けられないっていう意味では、金田一耕助シリーズからのお約束にのっとっていて、懐かしい。
定番といえば、BARと電話とかおんぼろカーとか、定番の小道具もずらりとそろえて、昭和探偵ドラマの再現をめざすという姿勢もある程度成功していると見た。
悪役、高嶋政伸の切れ具合も見もの。続編にも絶対出てほしい、ってそれはムリか。
あとは、舞台がすすきのだけに、吉田拓郎が出てくれば完璧だった。
どうして?
ゆかたのきみは〜すすきのかんざし
・・・昭和のオヤジギャグ。
昭和のアジョシと呼んでくれ。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ゴーストライター」 | トップ | 「親愛なるきみへ」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はあどぼいるど・・ (kira)
2011-09-25 22:32:35
と、平仮名で書きたくなるのは
やっぱり大泉洋の探偵が、少〜し弱っちくみえるからでしょうか〜(笑)
でも、さすがに地元、うらぶれ具合も嵌っていて、好きなテイストでした。
私は・・・トモロヲさんがツボりました
■kiraさんへ (ジョー)
2011-09-26 22:04:43
なるほど、カタカナじゃかっこよすぎますもんね。
それにしても、脇役陣がまたひと癖ある役者ばかりで、
目が離せませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
探偵はBARにいる (LOVE Cinemas 調布)
札幌在住の作家・東直己の「バーにかかってきた電話」をベースに映画化。札幌を舞台に2人の探偵がとある依頼から危険に巻き込まれていく様子を描いたクライムミステリーだ。主演は『アフタースクール』の大泉洋と『まほろ駅前多田便利軒』の松田龍平。共演は小雪、西田敏...
『探偵はBARにいる』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小雪、西田敏行、竹下景子、石橋蓮司、松重 豊、       高嶋政伸、阿知波悟美、...
探偵はBARにいる/大泉洋、松田龍平 (カノンな日々)
このタイトルに見覚えがなかったんですけど、たしか原作モノだったよね?と思っていたら原作は東直己さんの『ススキノ探偵』シリーズの『バーにかかってきた電話』という作品なの ...
探偵はBARにいる 【映画】 (as soon as)
「ギムレットにはまだ早い」 レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』の中で使われるセリフ 最初に大泉洋扮する探偵が、Barでこのギムレットを注文する おお〜… 私立探偵ハードボイルドを意識...
探偵はBARにいる (佐藤秀の徒然幻視録)
吉高由里子はどこにいる 公式サイト。東直己原作、橋本一監督、大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー、榊英雄、本宮泰風、安藤玉恵、新谷真弓、街田しおん、野村周平、カル ...
映画『探偵はBARにいる』  (よくばりアンテナ)
まぁ、とにかく、 昭和テイストなんですね(^_^;) 探偵の物語でハードボイルドだとこうなるんです!って言わんばかりの ベタな展開で(^_^;) 懐かしい「探偵物語」とか「太陽にほえろ」とか30年前...
「探偵はBARにいる」依頼人の調査を受けて死にかけた先にみた愛された女の復讐劇 (オールマイティにコメンテート)
「探偵はBARにいる」はバーでしか依頼を受けない変わった探偵がある女性の依頼を受けて調査した案件が大きな組織が絡んでおり、次第に事件に巻き込まれていくストーリーである。今 ...
探偵はBARにいる (to Heart)
何かあったら 電話してくれ。 製作年度 2011年 上映時間 125分 原作 東直己『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫刊) 脚本 古沢良太/須藤泰司 監督 橋本一 出演 大泉洋/松田龍平/小雪/田口トモロヲ/波岡一喜/有薗芳記/松重豊/高嶋政伸/榊英雄/片桐竜次/本宮泰風/....
探偵はBARにいる・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
昭和テイストの和製ハードボイルド。 北の大地の歓楽街、札幌はススキノを舞台とした東直己の小説、「バーにかかってきた電話」を原作に、あの「相棒」を大ヒットさせたチームが新たに作り上げた「探偵はBAR...
映画 「探偵はBARにいる」 (ようこそMr.G)
映画 「探偵はBARにいる」
「探偵はBARにいる」:いいね!ぜひ続編を! (大江戸時夫の東京温度)
映画『探偵はBARにいる』は、かなりの拾いもの。非常によく出来た和製ハードボイル
探偵はBARにいる (うろうろ日記)
試写会で見ました。タイトルがストーリーをすべて語っていますね。BARに掛かってく
探偵はBARにいる (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画「探偵はBARにいる」オリジナルサウンドトラック名無しの探偵を演じる大泉洋がハマリ役。ススキノを舞台に、コミカルな味を加味して描くハード・ボイルドの快作だ。札幌の歓楽 ...
探偵はBARにいる (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/09/10公開 日本 PG12 125分監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸 何かあったら電話してくれ。 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”か...
探偵はBARにいる  監督/橋本 一  (西京極 紫の館)
【出演】  大泉 洋  松田龍平  小雪 【ストーリー】 舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が。職業柄、危険の...
探偵はBARにいる (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
バーにかかってきた電話だけで仕事を引き受ける探偵は、自分の身の安全を守るのが非常に難しい。でも、助手の高田(松田龍平)が強いので可能なのだろう。登場人物を丁寧に描いているので、2時間の上映時間退屈しないで楽しめた。小雪がなぞめいた女性を好演していて、高...
『探偵はBARにいる』 (beatitude)
札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が……。職業柄、....
探偵はBARにいる(2011-069) (単館系)
映画の『探偵はバーにいる』の原作はシリーズ一作目の 「探偵はバーにいる」じゃなくて、二作目の「バーにかかってきた電話」 が原作。 そして映画のタイトルは「探偵はBARにいる」 例によって原作は読ん...
探偵はBARにいる (勝手に映画評)
東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」が原作。ちなみに、「探偵はBARにいる」と言うのは第1作のタイトル。 「ススキノ探偵シリーズ」と言う事なので(?)、北海道の大スター大泉洋が主演です。この人は、基本・・・って言うか、絶対コメ...
映画:「探偵はBARにいる」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年9月22日(木)。 映画:「探偵はBARにいる」。 【監  督】橋本一 【原  作】東直己(バーにかかってきた電話) 【脚  本】古沢良太/須藤泰司 【音  楽】池頼広 【キャスト】大泉洋・松田龍平・小雪・西田敏行・マギー・榊英雄・本宮泰風・...
探偵はBARにいる (Akira's VOICE)
地味だぁ・・・  
「探偵はBARにいる」みた。 (たいむのひとりごと)
舞台が北海道とあって、主演の探偵役に大泉洋が起用された理由は分からなくはないけれど、これまでの大泉キャラとハードボイルドはどうにもギャップがあり過ぎて、私にはどうもなじまなかったかな?と。松田龍平演じ
シリーズ化希望! 〜『探偵はBARにいる』 (真紅のthinkingdays)
 札幌・ススキノのバー「ケラー・オオハタ」で依頼の電話を待つ探偵(大泉洋)は 携帯電話を持たず、運転手の高田(松田龍平)とオセロ三昧。そんな彼に、「コン ドウキョウコ」と名乗る謎の女性から電話...
「探偵はBARにいる」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給: 東映 監督: 橋本 一 原作: 東 直己 (「バーにかかってきた電話」)脚本: 古沢良太、須藤泰司 音楽: 池 頼広 エグゼクティブプロデューサー: 平城隆司 プロデューサー
探偵はBARにいる (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「探偵はBARにいる」監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸配給:東映概要:行きつけの ...
探偵はBARにいる (だらだら無気力ブログ!)
二人のキャラクターが面白かった。
「探偵はBARにいる」やわらかいハードボイルド (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
学生時代、ススキノの飲み屋に新聞配達のバイトをしていたパパン。 きっとススキノが舞台で懐かしいよ?と、最近めっきり私の映画に誰も付き合ってくれないので、こんな誘い文句で連れ出してみた。
探偵はBARにいる(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、エミです(・∀・)つ 旦那が珍しく公開初日に見に行きたいと言っていた 『探偵はBARにいる』 ですが、私がバタバタしていたので見に行けなかったんですが 先日ようやく見 ...
探偵はBARにいる (映画的・絵画的・音楽的)
 『探偵はBARにいる』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作の主演の大泉洋が、これまた主演を演じた『アフタースクール』(2008年)がなかなかの出来栄えだったので、これもと期待して映画館に出かけました。  物語は、オフィスが持てないために、札幌ススキノにあるバ...
大泉洋が素敵。【映画】探偵はBARにいる (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】探偵はBARにいる 東直己の小説「バーにかかってきた電話」原作。 「相棒」シリーズの橋本一が監督。 【あらすじ】 行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)は、コンドウキョウコという女からの依頼の電話を受けて...
モジャモジャ頭はススキノ探偵〜『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。モジャモジャ頭はススキノ探偵〜♪(吉田拓郎「旅の宿」のメロディでw)←こんな替え歌を思いついてしまうぐらいモジャモジャ頭の(←褒め言葉です)大泉洋主演による東映プログラムピクチ
探偵はBARにいる (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
探偵はBARにいる’11:日本◆監督:橋本一「茶々 天涯の貴妃」◆出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー◆STORY◆“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。相棒兼運転手の高 ...
探偵はBARにいる 【映画】 (as soon as)
「ギムレットには早すぎる」 レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』の中で使われるセリフ 最初に大泉洋扮する探偵が、Barでこのギムレットを注文する おお〜… 私立探偵ハードボイルドを意識...
探偵はBARにいる (銀幕大帝α)
11年/日本/125分/犯罪ミステリー・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:橋本一 原作:東直己『バーにかかってきた電話』 出演: ◆大泉洋…探偵<俺> 過去出演作:『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』 ◆松田龍平…高田 ...
探偵はBARにいる (A Day In The Life)
新作DVDにて観賞 解説 『アフタースクール』の大泉洋と『悪夢探偵』シリーズの松田龍平が演じる 探偵が、札幌を舞台に危険に巻き込まれるスリリングな犯罪ミステリー。 東直己の小説「バーにかかってきた電話」を基に、テレビドラマ「相棒」シリ ーズの橋本一...