【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「必死剣 鳥刺し」:新宿消防署バス停付近の会話

2010-07-21 | ★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)

ここが百人町のアパートだ。
百人町?おもしろい地名ね。
このあたりに、かつて伊賀組百人鉄砲隊の屋敷があったことから名付けられたらしい。
海坂藩にも鉄砲隊があれば、一発で解決して、あんな刃傷沙汰は起こらなかったかもしれないのにね。
海坂藩?「緒形拳 馬刺し」の話か。
違う、違う。「必死剣 鳥刺し」のこと。緒形拳なんて、死んじゃったし・・・。
そこで今回主役を張るのは豊川悦司。
緒形拳とは関係ないし・・・。
時は江戸。豊川悦司演じる海坂藩の近習頭取は、藩主の愛妾を城中で刺し殺したのに意外にも寛大な処分が下され、一年の閉門後、再び藩主の傍に仕えることになるっていう本格時代劇。
閉門中、彼を慕う姪を演じるのは、池脇千鶴。
やがて二人は恋仲になるんだけど、どうも釣り合いが悪いんだよなあ。「スイートリトルライズ」のときも思ったけど、池脇千鶴っていつまでも童顔すぎておとなの男の相手をするには役不足な感じがしてしょうがない。
そりゃあ、壇れいあたりがやればよかったんでしょうけど、それじゃあ、山田洋次の世界になっちゃうしね。
ああ、山田洋次の時代劇に比べると、今回の映画は、もっと悲壮感たっぷりだった。
基本的には、藩主がアホやから下っ端が苦労するんじゃい、っていう話なんだけどね。
寛大な処分の理由っていうのが、映画のクライマックスに至る謎になっているんだけど、裏にああいうからくりがありそうなことは、再び藩主の傍に仕えることになるっていう時点で、豊川悦司だって薄々気づいてもいいと思うんだけどなあ。
はめられたとはいえ、藩のお偉いさんを殺めちゃったら、相応の処分を受けることくらいわかるはずよね。
まさかこんなすぐに、とは思わなかったのかな。
最初に愛妾を殺したときはたいした処分を受けなかったしね。
殺した理由も明快ではないんだけど、処分もまた寛大だったし。
ところが今度はなんだよ、っていうわけ?
そんなことはないだろうけど、生かすも殺すも、ときの事情でころころ変わる藩の対応に頭に来ちゃったっていうところだろう。
で、最後は壮絶な立ち回りになる。
そのきっかけとなるのが、吉川晃司との一騎討ち。
彼も藩主のやり方には頭に来ていて本来は味方同士になってもいいところ。なのに、立場上、斬り合いをしなくちゃいけなくなっちゃう。その不条理感がもう少し出ていてもよかったな。
刀が柱にひっかかるところなんて、どこかで見たような気がするし・・・。
そもそも、武士の世界なんて、不条理だらけの世界よね。
いちばんの見どころはやっぱり、殺陣の豪快さかな。
豪快というより悲惨に近いけど、所作振る舞いから剣の扱いまで、本格的な時代劇になっていたのは確かよね。
鉄砲隊じゃあ、もっとあっけなくてああいう迫力は見られない。
ラストはやっぱり、情に訴えるんじゃなくて、藩主が新しい愛妾を迎えるシーンで終わってほしかったなあ。
それが池脇千鶴だったら出来すぎか。
怖いこと考えるわねえ、あなたも。
悪い奴ほど世にはばかる、ってね。




このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<橋63系統>
小滝橋車庫前⇒新宿消防署⇒大久保駅前⇒新大久保駅前⇒大久保二丁目⇒大久保通り⇒都営戸山ハイツ前⇒戸山二丁目⇒国際医療センタ前⇒戸山町⇒若松町⇒牛込柳町駅前⇒山伏町⇒牛込北町⇒納戸町⇒市谷田町⇒市ヶ谷駅前⇒番町⇒麹町四丁目⇒平河町二丁目⇒永田町⇒国会議事堂前⇒霞が関⇒経済産業省前⇒内幸町⇒新橋駅前



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「借りぐらしのアリエッティ... | トップ | 「インセプション」:大久保... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
信さん (タニプロ)
2010-08-17 00:01:01
平山秀幸監督の今年もうひとつの新作「信さん 炭坑町のセレナーデ」の全国ロードショーが決定したそうです。

http://blog.shinsan-movies.com/?day=20100816

■タニプロさんへ (ジョー)
2010-08-17 09:57:19
常に堅実な仕事をこなす平山秀幸監督。新作もぜひ観てみたいですね。

コメントを投稿

★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
[映画][2010年][名場面]必死剣 鳥刺し(平山秀幸) (タニプロダクション)
ユナイテッドシネマ としまえん 必死剣 鳥刺し 日本映画 監督:平山秀幸 脚本・製作:伊藤秀裕 脚本:江良至 出演:豊川悦司 池脇千鶴 吉川晃司 村上淳 関めぐみ 戸田菜穂 小日向文世 岸辺一徳他 撮影:石井浩一 音楽:EDISON プロデューサー:江原信也 ...
必死剣 鳥刺し (LOVE Cinemas 調布)
藤沢周平の「隠し剣」シリーズのなかの一編を映画化。とある事件から不条理な運命に身を堕とした剣客の心情を描き出した時代劇だ。主演は『今度は愛妻家』の豊川悦司、共演に『パーマネント野ばら』の池脇千鶴。他にも岸部一徳、小日向文世、吉川晃司、戸田菜穂ら実力派が...
「必死剣 鳥刺し」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/東映配給監督:平山秀幸原作:藤沢周平脚本:伊藤秀裕、江良至 藤沢周平の短編時代小説「隠し剣」シリーズの一編を、「今度は愛妻家」の豊川悦司主演で映画化。監督は「愛を乞うひと」、「しゃべ
必死剣 鳥刺し (だらだら無気力ブログ)
藤沢周平の時代小説“隠し剣”シリーズの中でも傑作と言われている 「必死剣鳥刺し」を豊川悦司主演で映画化。藩内随一の腕前の剣客であるが ゆえに藩内の権力闘争に翻弄されて、過酷な運命をさらされてしまう一人の 武士の心情と生き様を描く。 監督は『しゃべれども ...
平山秀幸監督 「必死剣鳥刺し」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
読売新聞7月9日夕刊の映画評でベタ褒めしてたので、即観たくなっちゃいました(^。^:) 公式サイト⇒http://www.torisashi.com/ 【あらすじ】 舞台は東北、海坂藩。主人公の兼見三佐ェ門(豊川悦司)は、藩主・右京太夫(村上淳)の愛妾で失政の元凶となっていた連...
『必死剣鳥刺し』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「必死剣鳥刺し」□監督 平山秀幸 □脚本 伊藤秀裕、江良至□原作 藤沢周平(「必死剣鳥刺し」)□キャスト 豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳■鑑賞日 7月10日(土)■劇場...
映画『必死剣鳥刺し』 (健康への長い道)
今年20本目、43歳になって1本目(笑)は、故・藤沢周平氏原作の『必死剣鳥刺し』。いつも空いている梅田ブルク7も、さすがに日曜日はそこそこ混んでいます。 Story 江戸時代、東北の海坂藩で近習頭取を勤める兼見三左エ門(豊川悦司)には、消えることのない過去があっ...
『必死剣鳥刺し』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:平山秀幸原作:藤沢周平出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳公式サイトはこちら。<Story>時は江戸。東北は海坂藩...
「必死剣鳥刺し」死に場所を決めて必死剣を繰り広げた先にみた殿様と妾の悪政に翻弄された武士の生涯 (オールマイティにコメンテート)
7月9日公開の映画「必死剣鳥刺し」を鑑賞した。 この映画は藤沢周平隠し剣シリーズの一遍を映画化した作品で、 藩政が乱れた原因が殿の妾にあると察して自らを犠牲に妾を刺すが、 斬首にならず生かされ、自らの死に場所を探していくストーリーである。 剣の剣客でも...
必死剣鳥刺し (映画的・絵画的・音楽的)
 『今度は愛妻家』で好演した豊川悦司が、今度は時代劇に登場するとあって、『必死剣鳥刺し』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)冒頭、いきなり海坂藩の藩主の愛妾「連子」が、主人公の兼見三左エ門(豊川悦司)によって殺害されるというショッキングなシーンが映し出され...
必死剣 鳥刺し (to Heart)
死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。 製作年度 2010年 上映時間 114分 原作 藤沢周平『必死剣 鳥刺し』(文春文庫刊『隠し剣 孤影抄』所収) 脚本 伊藤...
『必死剣 鳥刺し』の作法とは? (映画のブログ)
 宮崎駿監督は、時代劇をやってみたいと云いつつ、悩んでいた。  「こればかりは難しい。どうしていいかわからないんですよね、ほんとのと...