漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

蒸し暑い季節に悪化する皮膚疾患に五行草(馬歯見)スベリヒユ

2006-07-06 | 美容・アトピー・肌トラブル
蒸し暑くなって、皮膚疾患が出現したり、慢性の皮膚疾患が悪化する
ことが多くなりました。

当薬局でも、五行草茶(ごぎょうそうちゃ)や五行草エキス入りの化粧水
のご要望が急に増えてきています。

これからのシーズンは、日焼けトラブルにも利用されることが多くなります。

で、上の写真がその植物で、和名は「スベリヒユ」。

あ、見たことある・・・と思われる人も多いでしょう。
道端や、ご家庭の鉢植えにも雑草としてまぎれていたりします。

生薬名は、馬歯見(ばしけん)(「けん」は草冠に見)
つまり馬の歯みたいな葉っぱの植物ってことです。

茎が赤いのが特徴で、見えないくらいの小さな黄色い花をつけます。
葉が緑で根が白、種が黒で、みごと五つの色をそろえていることから
「五行草」とも呼ばれています。

こんなに身近にあるのに日本でほとんど利用されていませんが、
中国では、皮膚疾患にはとてもポピュラーな薬草です。
赤みが強かったり、ジュクジュクしたり、かゆみが強い皮膚疾患によく
用いられています。
患部につけたり、「五行草茶」は、お湯に溶かしてお茶として飲みます。

また、病原性の急性下痢やしつこい咳き(百日咳)などにも用いられる
ことがあります。

スベリヒユをさっとゆでて、油で軽くいためてもおいしいそうです。
(個人的には、まだ作ったことがありませんが)



スベリヒユの小さな花を園芸用に大きく咲くように改良したのが
「花スベリヒユ」「ポーチュラカ」といわれています。
すでに葉の形は、馬の歯のようではないですね。

漢方アトピーらんど

漢方薬剤師がつくった敏感肌対応基礎化粧シリーズ「爽肌精」(そうきせい)

漢方の空間

にほんブログ村 トラックバックテーマ 今が旬!植物たち~♪へ今が旬!植物たち~♪




『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落花生その後 | トップ | 梅雨時のけだるさ対策・水は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL