漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

不妊漢方・低体温

2017-03-20 | 子宝・妊娠体質つくり
基礎体温の低温期が36.0度を下回ると妊娠しづらいようです。
(※体温を測定する時間や時刻によっても低くなることがあるので、一度ご相談ください)

低体温の原因として言われているのが、ミネラル不足(微量ミネラル不足および多量ミネラル
(カルシウムやマグネシウムなど)のアンバランス)そして運動不足
体温が36.0度に満たないと、消化酵素の働きをはじめ様々な生理反応がスローになるので
体の動きが鈍くなります。集中力や意欲の低下の原因にもなります・・・
何を食べるか・低体温(以前勉強した講演会の記事です。ご覧になってみてください)


ホウレンソウ畑の春

漢方の補腎剤(参馬補腎丸、参茸補血丸、参茸丸など)を飲み始めると、
体温が少しずつ高くなってくることがよくあるのですが、
きっとミネラル不足が改善されているのではないかと思います。
(補腎剤には、根っこや実や鹿の角やはたまた亀の甲羅など栄養満点のものが配合されている)

それでも全然変わらないという人は、積極的に運動しましょう。
体は、需要が増さなければ栄養を利用しようとしません。
暖かくなり、運動に絶好です。張り切ってまいりましょう。


民家の塀越しに山茱萸(サンシュユ)の黄色い花。この熟した実も漢方生薬

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不妊漢方・春の対策(高温期のイライラや不眠)

2017-03-10 | 子宝・妊娠体質つくり
連日、気滞症状のご相談が続き、春だなあと思います(^_^;)
そのひとつが生理前のさまざまな不快症状です。
イライラうつうつ、いろんなことを考えてしまって眠れない、寝つきが悪い すぐ目が覚める
子供や夫に八つ当たりしてしまう、食欲が亢進する・・・

これらの緊張状態は血行不良を発生して、子宮や卵管が痙攣して動きが悪くなったり
興奮状態が卵胞の発育に影響を及ぼし、次の周期の低温期が短くなったりすることもあります。
妊娠を希望する人にとって好ましい状態ではありません。

以下の状態の人は、要注意です
・ストレスを受けやすい、なにかと忙しい
・睡眠不足
・毎周期のホルモン治療で、体を消耗している

これらの状態が長引くと潤い不足(陰虚)を生じてしまいます。
不妊の漢方・春の対策(卵胞期の補陰・亀鹿仙)

以下、こんな体験談もありました。
・理気活血の加味逍遥散を服用して、肩こりや亢進気味の気持ちがおさまって食欲も落ち着いた
・重鎮安神の珉好(ミンハオ)を高温期に飲んで、夫への八つ当たりも減った
・低温期が短くなっていたが、珉好(ミンハオ)を高温期に飲んで睡眠が改善されたら基礎体温がきれいになった


春は女性の心が傷つきやすいんだそうです
女子傷春、男子悲秋

生理不順の春
だらだら基礎体温を改善して妊娠へ
ミンハオを含むブログ記事
気滞:生理に関する症状
育卵(妊娠力のある卵子)
卵胞期の過ごし方

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不妊漢方・春の対策(卵胞期の補陰対策・亀鹿仙)

2017-02-28 | 子宝・妊娠体質つくり
春は気持ちが不安定になりがちで、イライラそわそわ落ち着きませんね。
神経が亢進していると、卵子がおだやかに成熟できず、
低温期が早くなったり、または排卵に失敗して低温期がだらだらと長くなったりします。

逍遥丸やキュウ帰調血飲第一加減など理気剤を利用して気持ちを穏やかにしますが、
こんな時は、腎陰を補う対策も重要です。
低温期はたっぷりの栄養が必要な時期です。

「亀鹿仙」は腎陰をよく補い同時に腎陽をサポートするバランスの良い組み合わせの内容です。
「亀」はクサガメとスッポンですが、
それはクサガメの腹甲とスッポンの背甲および腹甲のエキスを集めたもので
ちまたでよく目にするサプリのスッポンエキスとは異なります。


ホシハジロのカップルがおだやかに過ごす谷津干潟

第二子不妊対策を行っている30代後半の女性のこと。
第一子のときも漢方対策をした方ですが、その時と違って低温期が短くなっていました。
亀鹿仙を加えて対策したら低温期は13~14日と延び、同時に低めで弱々しかった高温期も充実しました。

気滞:生理に関する症状
育卵(妊娠力のある卵子)
卵胞期の過ごし方

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鼻づまりを漢方対策(妊娠中で)

2017-01-26 | 子宝・妊娠体質つくり
皮膚や粘膜が敏感だと、膜のしまりが悪く、むくんで炎症を起こしやすいのです。
そんな状態には「黄耆(おうぎ)」を含む漢方をよく用い、
それはマメ科の植物の根で、膜を元気にする働きを持っています。
「元気にする」というと体質改善だから長々と服用しなければならないかというと
案外即効的にむくみがとれてすっきり感を感じられ、
(もちろん早めに対策を始めたほうが炎症が少ないのですが)
花粉症はこれさえあればOKという人も結構います。

子宝漢方対策時や薬剤にデリケートな妊娠中にも安心して使えるのがいいですね。



先日、カゼを引いたのがきっかけだがその後ずっと、
夜は鼻がつまって苦しいという30代半ばの第二子妊娠中の女性。
鼻水は、かむと透明な鼻水が出るというので、強い炎症はなさそう。
第一子妊娠中のときもずっと鼻づまりで苦しんだので、体にやさしい漢方でなんとかしたい
とのことで、玉屏風散+川キュウ茶調散を時間差で服用するメニューを一週間、
「久しぶりに朝までゆっくり眠れました」と喜ばれ、また数日分を補充していかれました。

風邪(フウジャ)は肝経に入り込みやすくそうなると症状がなかなかとれない。
この女性は第一子のときもずっと鼻づまりが続いたということなので、
もともと血虚であろうと思われ、婦宝当帰膠などを併用しているとより元気に妊娠期が過ごせると思います。
健康なご出産をお祈りします。

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花粉症と妊娠:抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬

2017-01-19 | 子宝・妊娠体質つくり
そろそろ花粉症のシーズン。
子宝漢方対策を行っている人の中にも花粉症に悩む方も多いですが
漫然と病院薬を服用するのは心配です。

抗アレルギー薬は次々と開発され新薬が登場するのはいいのですが、
安全性に関しては数年の経歴がないと明確にはなりません。
妊娠中はできるだけ控えたほうがよいという考え方が一般的です。
妊娠中あるいは妊娠の可能性がある方は、病院で処方を受けるときにその旨を医師に伝えたほうがよいでしょう。点鼻薬や点眼薬など外用薬で症状を一時押さえするのも一法です。
妊娠と薬:抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬


杉の花

花粉症は、鼻や目の局部的な症状と思いがちですが、
皮膚や粘膜全般が過敏になっていると思ったほうがよいでしょう。
実際、口の中が痒くなる人もいれば、お腹を壊しやすくなる人もいます。
そこで、妊娠のメカニズムをみてみると、
精子と卵子、子宮内膜と受精卵 それらは粘膜において異物と遭遇することです。
粘膜が過敏になっているのはあまり歓迎できませんね。


早めの漢方対策で免疫力を高め、粘膜を安定な状態にしておきましょう。
漢方では「衛気を充実させる」対策を行います。

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝漢方対策:秋から基礎体温が乱れた

2016-12-10 | 子宝・妊娠体質つくり
秋ごろから基礎体温が乱れてきたという女性
排卵期がだらだらしてメリハリがなく、その結果高温期も短く体温もしばしば下がる
体調は自覚症状では疲労感もなく問題なし。
で、杞菊地黄丸や亀鹿仙など補腎陰剤の量と服用期間を増やしてみたら、
次に周期には、排卵期がきれいに出て高温期も安定。


腎陰虚のタイプもいろいろ よくご相談ください

基礎体温が乱れたとき、高温期の状態を気にする人が多いのですが、
こんなときはまず卵胞期つまり低温期を元気にすることです。
卵胞が元気に育ってくれないことには、排卵も高温もやってこない。

それに基礎体温が乱れ始めた秋は、夏場に消耗した陰分を補っておくべき季節。
体調は変わりないように思っても、季節の影響はあるもので、
女性だと生理周期に現れやすいようです。
そういうことを知っていると、むやみに心配しなくて済みますね。

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二人目も子宝漢方で・流産後のリセットが大切:漢方家ファインエンドー薬局

2016-11-16 | 子宝・妊娠体質つくり
一人目のときは漢方を飲んだらすぐ妊娠、その後なかなか二人目ができないので
また漢方を飲みたいという30代女性

当時から年月がたっているし、それまでに一度流産をしたそうだ。
前と同じようにすぐ妊娠するかどうか・・・
と、漢方服用を始めたら、なんとその周期に妊娠反応陽性。
だが間もなく成長が止まって流産してしまった。

流産を繰り返すなら、一度子宮内の掃除をしっかり行うべきです。
ここは焦らず、理気活血と補血薬を1~2か月がっちり飲んでいただく。

体調も気分もすっきりしたようなので、再び子宝漢方養生開始。
「亀鹿仙」が良かったと感じていらっしゃったので引き続き飲む。
前より補腎陽対策を強化。高温期の活血も少々行い子宮内の血流改善に努める。

すると今までより高温期の温度が高く元気になり、
まもなく妊娠陽性、今回は心拍確認も早く、その後も順調な成長を見せている。


12週くらいまでの流産は、ほとんど受精卵の遺伝子異常によるものだそうで
これを悔いても仕方ありません。
それに着床したのですから、妊娠しやすくなっていると思われますので
強い気持ちで次を頑張りましょう。

流産後の子宮環境を整えることはとても大切。
瘀血を残していると妊娠しづらくなることも少なくありません。


昨日の19時ごろ スーパームーンの翌日の月 右側から欠け始め
この後夜半過ぎにおうし座の赤い一等星アルデバランをこの月が隠した(アルデバラン食)



今朝、西に沈む前の月 兎の耳は右下に来ている 明るく撮影してもクレーターのデコボコがくっきり
68年ぶりということでここ数日たくさんの月を見ました 月のパワーをあなたにも


全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妊娠力にプラス:卵胞は夜育つ・・スーパームーン残念でした

2016-11-15 | 子宝・妊娠体質つくり
夜の寝入り3時間
深い睡眠を得られれば成長ホルモンがしっかり分泌されるそうです。
これによって、生命力が高まるのです。
寝る子は育つ そして寝る女子の卵子卵胞は育つ
ちょっと早めに寝るよう心がけましょう。


11/12土23時ごろ いつもより明るい月だと思います。早く寝ましょう。


11/13日18時ごろ 仕事が終わって見上げると、うわ、もう雲がかかってる!

11/13日18時ごろ すぐに雲がとれてラッキー

肝心の11/14は天気予報通り曇のち雨で姿をまったく拝めず。
夜空を見上げながら、今頃この辺りかなあと想像するのみでした。
それでも月のパワーを貰えた感じ。

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

不妊クリニックドクターによる一般講演会にて

2016-11-01 | 子宝・妊娠体質つくり
妊娠を望む、女性やカップルを対象とした講演会
女性ばかりになるのかと思いきや、多くが夫婦での参加。
男性が参加するのは素晴らしいことです。
時代は変わりつつあるようです。

千葉市の高橋ウイメンズクリニック院長による講演が始まる前の部屋の様子 公演中はすべての座席が埋まってました。

不妊治療に対する誤解を丁寧に話してくださり、
特に男性の認識は大いに変わったのではないでしょうか。

基礎体温、いつが排卵?
タイミングはどう?
セックスは頻回にしないほうがいい?
精液の濃度は濃い方がいい?
精子奇形率大丈夫?
着床障害どうすればいい?
人工授精ってどうなの?
ステップアップをどうする?
卵管が閉塞してたらもう体外受精しかない?
顕微授精と体外受精の違い
凍結っていいの?
年齢と妊娠率
AMH、FSHをどう考える
などなど。

当漢方薬局での子宝相談中にもよく質問をいただく内容で、
やっぱりみなさん、不安がいっぱいなのだなあと実感。
だけど、どこの不妊クリニックもすごく混んでいて、
診察中に直接ドクターに尋ねるなんて無理という声をよく聞くので、
この講演は良い機会となりましたね。

私たち子宝漢方のグループも日進月歩の不妊治療のドクター講演で勉強していますので
不安なことがありましたら、気楽にお尋ねくださいね。

そしてもうひとつ
最先端の治療を受けるにしても、体が元気でなければ治療効果は上がりません
冷え性、ストレス疲労の蓄積、体力不足、生理痛、生理不順、年齢の問題などは、
ホルモン治療だけでは改善しきれません。
ぜひ、漢方養生をなさって、若々しい体づくりをしましょう。

さらにもうひとつ
恋する心、愛する気持ち忘れずに!
パートナーとのセックス回数が多いほど妊娠率は上がります。
スキンシップを大切に。

参考データ
セックス回数/週  妊娠率
* <1      17%
* 1~2     32%
* 2~3     46%
* 3~4     51%
*  4<     83%  (Mcleodら)
排卵期に限らず性交渉があるほうが、女性の体は妊娠のための免疫システムが高くなります。

東洋人はもともとセックス回数が少ないので、
西洋人のデータがどこまで当てはまるかわかりませんが、
日本人の夫婦間の回数は目に見えて減っているのが現状です

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性の不妊治療を受けやすくするための企業支援・新聞記事から

2016-10-13 | 子宝・妊娠体質つくり
皆さんはこの記事にどんなことを思いますか?

不妊治療、仕事と両立へ制度創設…政府方針(10/12読売新聞記事)
政府が2017年度から、仕事を続けながら不妊治療を受ける従業員を支援するための制度創設に乗り出すことが分かった。
現在の不妊治療に対する助成制度だけでなく、治療と仕事の両立に向けた企業支援の枠組みを創設し、女性の社会進出を阻害する要因を取り除きたい考えだ。
頻繁な通院が必要な不妊治療は仕事との両立が難しく、従業員が退職を余儀なくされるケースが少なくない。政府は新たな制度を、安倍内閣が掲げる「働き方改革」に位置づけたい考えだ。17年度は企業や従業員を対象に、不妊治療に関する初の本格的な実態調査を実施し、両立に向けた課題を洗い出す。18年度以降、不妊治療に利用しやすい勤務体系や休暇制度などの両立支援の枠組みを策定し、導入した企業に対する支援制度などを創設する方針だ。


思い浮かぶことをアトランダムに書いてみる。

・まず不妊治療すればいつでも子供を授かることができると勘違いしてはならない

・不妊治療がオープンになって、周りの人たちの意識改革が進めばよいなあ。いろんな意味で。

・職場に気を使う女性が多いのは確かだが、無関心な夫や無理解な姑や自分の両親にさえ気を使いながら治療を受けている女性もいる。夫側に問題がある不妊も多いのに、そんな中で職場に「不妊治療に行ってきます」って言えるものなんだろうか。それはかえって女性のストレスにならないだろうか。

・この記事は女性に向かって、働きなさい、子供も産みなさいと言っている
女性の社会進出、その言葉が重荷になって自然な発情(恋愛感情や生殖意識)を委縮させていないか。それは男性にも伝播すると思われる。

・結婚の形は様々でどれをも否定する権利はない。夫婦なら子供を持つのが正しいということはないのだし。

・そもそもこれだけ不妊が問題となるのは晩婚化が原因。
生殖機能は年齢と共に衰え30代はすでに下り坂。なのに初婚年齢はほぼ30歳
仕事は乗ってくる頃だし、もう少し頑張ってからなんて言ってると妊娠率はあっという間に一けた台%になる

・子供の教育段階で何とかすべきなんじゃないだろうか。
人として動物としての生き方、生殖のしくみを理解すること。
女性は子供を宿す体であるという認識、男性はこれを守る存在であること。
それに昔からの養生。女性は体を冷やしちゃいけないなど基本的な知恵も消えつつあるのが現状だ。

・生殖的高齢となってしまった夫婦が子育てを望むなら、オープンな養子制度も積極的に作ってほしい。

現状の問題の多さに頭の中でいろんなことがぐるぐる渦巻いてしまう。
皆さんはどう思いますか?


愛らしいミゾソバ溝蕎麦(タデ科イヌタデ属)
葉の形が牛の顔に似てウシノヒタイ(牛の額)とも呼ばれる。牛の額は狭いのか広いのか?


全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

黄体期(高温期)の過ごし方:大らかな気持ちで・子宝漢方

2016-09-10 | 子宝・妊娠体質つくり
排卵後約14日間、体温が高い状態が続きます。妊娠すればさらに高温期が続きます。
この間、排卵→受精→分割→胚盤胞→着床と大忙しです。
子宮内膜も変化します。


排卵の刺激で卵胞は黄体となり、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌
黄体ホルモンに反応して子宮内膜では血管が延び栄養に満ちてふんわり柔らかくなる



一方、排卵された卵子は、卵管采に取り込まれる
卵管内の膨大部で、完璧な遺伝子を持った精子に出会えば受精する
受精卵は分割しながら卵管を辿って子宮へ向かう(4~5日かかる)
桑実胚から胚盤胞となった受精卵は子宮にたどり着き子宮内膜に着床(排卵から約7日後)
内膜にしっかり潜り込み膜が修復され着床完成(さらに6~7日かかる)
着床がなければ、子宮内膜は緩みはがれて溶け生理出血となる


熟した山椒の実

ピックアップしたり、卵管を通り抜けたり、子宮内膜に軟着陸したり、ということで、
母体側(卵管や子宮)は温かくゆったり大らかにしていたいですね。
「さあ、いらっしゃい」と両手を広げて笑顔で待ちましょう。

いらいらや緊張、くよくよ落ち込みは禁物です。
実際、緊張によって子宮が震えて着床しづらくなることがあるそうですよ。
趣味を楽しんだり、散歩やゆっくり動く運動で気分を解放しましょう。

漢方対策もおすすめ
この時期は、補血温補腎陽が中心の対策ですが、
イライラが募るときは疏肝理気や重鎮安神
火照りやキリキリ頭痛があるときは補益肝腎や平肝熄風
気分が落ち込んだり不安が募るときは健脾養心
むくみやねむけ、体温が下がってくる場合は補気
など、微調整の対策を行うと快適に過ごせますよ。

生理や不妊のご相談、気になることがありましたら気楽にお尋ねください。

卵胞期(低温期)の過ごし方
排卵期の過ごし方
黄体期(高温期)の過ごし方
妊娠陽性になったら 胎盤完成までは不安定期

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不妊症専門講座での考察:活膜(膜でできている)

2016-09-01 | 子宝・妊娠体質つくり
次は「活膜」について (前記事:育卵
これは狭義では黄体期(高温期)の子宮内膜対策に使われる言葉なのですが、
実は生理周期の、どのステージも膜が重要なのです。

子宮内膜は、
・生理出血で掃除された直後から新たな増殖が始まる
・増殖の指令役は卵胞ホルモン(エストロゲン)なので卵胞の膜が元気に成長しなければならない
(卵胞内の卵子も成長するにつれ幾重もの膜がつくられ美しくこれを纏います)
・排卵後には卵胞膜だった顆粒膜細胞と莢膜細胞が肥大して黄体となり黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌
 これによって内膜の中は血管が伸び栄養たっぷりの柔らかい膜に変化する。



浄膜、養膜、増膜、活膜・・・すべてのステージでいろいろな膜、膜、膜です。
片時もその材料が不足してはならず、養血補陰填精対策が重要になります。
これがたっぷりの補腎剤が必要な理由でもあります。
植物薬、動物薬を含む補腎剤を組み合わせます。

食事も偏寄らず、野菜やくだもの、米などの主食、肉魚、その内臓などまんべんなく食べましょう。
なにかのサプリを飲んでいればOKという簡単なものではありません。
旬を知り、生きの良い生命力にあふれた食べ物を体に摂りいれてください。
そしてご自身も生き生きと毎日を生活することです。
それがきっと「精をつける」ということなのでしょう。

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不妊症専門講座での考察:育卵(妊娠力のある卵子)

2016-08-30 | 子宝・妊娠体質つくり
女性の対策ポイントは育卵活膜です。まず育卵について。(次記事:活膜

一昔前の不妊クリニックでの治療は、
卵巣をめいっぱい刺激して卵子をたくさん獲得するというものでしたが、
最近では、卵巣に(体に)無理を強いても妊娠率は上がらない傾向がみえて
数より質を重視する方法に変わりました。
ホルモン刺激を少なくしてより自然な状態で、健康な卵子を捕まえようというやり方です。
患者の年齢が年々高くなって無理がきかないことも一因としてあります。

肥満、ダイエットのし過ぎ、タバコ酒などの悪習慣、運動不足なども
改善してほしいという訴えがドクターからも上がるようになっています。
つまり養生して元気な体をつくっておかなければ、妊娠力のある卵子はできないのです。


そもそも女性の生理は、目覚めた複数個の原子卵胞を選別し選別しぬいて
最優秀の主席卵胞1個に絞るやり方です。
(ホルモン刺激でたくさんの卵子を一度に獲得しようというのは無理があるのは当然です)

したがって育卵には、
・選別がスムーズに進むこと(閉鎖卵胞のアポトーシスが順調に行われる)
・主席卵胞に栄養が集まり勢いよく成長すること

この2点を考慮して養生すればよいということがわかります。
そのための漢方的養生は、
・理気活血
ストレスにいじけず気分よく明るく過ごし、心身がリラックスしている状態を維持
イライラ、うつうつ、PMSや生理痛の解消
これによって血流がスムーズになり卵巣や子宮の血流量がアップし代謝が滑らかになる
・補血と補腎特に補陰
良質の血液と良質の栄養がたっぷりあり、育卵のために勢いよく運ばれる余裕
特に30代後半からは陰血の消耗が進むのでこの充実は重要
血肉有情のもの(動物薬)も必要なのでこれを消化する胃腸の力も充実していなければならない


谷地で見かけたかわいい花と実、スズメウリでしょうか

先日日曜日の中医婦人科・不妊症専門講座は、漢方だけでなく先端の生殖補助医療専門医の講演もあり充実内容。
一日中冷房のきいたホテル内に缶詰で、すっかり体が冷え切ってしまいました。
おかげで翌日は寒気とくしゃみとひどい鼻水、小青龍湯一服で即効回復しましたが、
冷房被害は、おばさん年齢の女性にも被害が大きいなあ・・・
女性の皆さん、体冷やさないよう注意しましょうね。

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

不妊治療IVFに備えて漢方30代・漢方家ファインエンドー薬局

2016-06-13 | 子宝・妊娠体質つくり
不妊治療もそろそろ3年という30代後半のご夫婦。
AIHも続けたが結果はでず、体外受精にステップアップするというのでご来局。
二人とも花粉症があり、抗体も高い。

IVF-ET治療に入ると、漢方を重ねて飲まないほうがいいのかなと考えたりしますが、
ふだんより多くのホルモン剤が体に入ってくるので、
いつもに増して、ホルモン剤に対応できる体を養っておくことが重要です。
体が疲れ切っていては良い結果は得られません。
焦らないことです。
なにせ人の命を造りだすというすごいことを行っているのですから。

他で1年前から漢方服用しており、それもよい処方と思われたのでこれを引き継ぎながら、
補衛気、活血対策を加える。男性も補腎対策を強化。
漢方が効いて花粉症はかなり落ち着いた。
その結果、採卵、受精、分割はみごとに進み、無事凍結。



さあ次は、移植に備えてがっちり体づくりです。
採卵周期はホルモン剤投与がたっぷり行われるため体はかなり無理してしまっているのです。
これを解毒するのが大切です。木鶏丹という解毒を促す処方を加え、活血も強化します。

移植を2周期待つことになったので、これは体力回復のチャンスです。
低温期と高温期の補腎剤を使い分け、周期の調整を図ります。
その結果この2周期は、
とてもリラックスしたお手本のような基礎体温になり、高温期もとても充実。
移植周期も順調で、高温期への移行もすばらしくそのまま妊娠。順調な妊娠生活継続中。

花粉症などアレルギーがあると、受精や着床時も過敏になりがちです。
衛益顆粒やキノコ類のシベリア霊芝そして木鶏丹を活用しました。
子宮内膜の環境改善として活血剤も重要。状態に応じて田七、水快宝そして紅沙棘などを使い分け。

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパーフードのゴジベリー、それ昔から漢方で使われてます

2016-05-14 | 子宝・妊娠体質つくり
前回のスーパーフード「タイガーナッツ」に続いてもうひとつ、「ゴジベリー」
これもカタカナ名。ゴジラみたいに元気になりそうな名前。
調べてみたらクコの実のこと。
最近、クコの実を買いに来られる人が増えたと思っていたら、そういうことか~

先日来局されたご常連さん。
「クコの実ってすごくいいらしいですね。」
ああ、ゴジベリーっていうそうですね。
「そう、ゴジベリー。スーパーフードなんですって!」

クコの実も漢方界では有用な生薬として昔から使われています。
代表格は「杞菊地黄丸」。
飲んでる人、わが薬局でも多いですよ。
それに海精宝、ビルベリーサプリメントにも配合されている。

そもそも種子類は、一つの命を育てるために必要な栄養がすべてそろっているので滋養効果が高いといわれています。

「クコ」を含むブログ記事

枸杞子(クコシ):滋補肝腎・明目、潤肺の補益剤
肝腎陰虚のふらつき・めまい、視力減退、風に当たると涙がでる、腰や膝がだるい、遺精、長引く咳などに適する


全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加