活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

「道」の修行とは

2016-10-15 04:46:00 | 法理

私たち衆生は知(識)らないでいる間に眠ります。

眠っている間は一体誰が、自分は眠っているということを

知(識)っているでしょうか。

 

おそらく、「私は眠っている」 ということを自覚して眠っている人は

一人もいないはずです。

 

それと同じように、目を覚ましても、覚ましたということは

つかみようがありません。

 

ただ、「此の物」 を認めて、「私は目を覚ましました」 と言っているだけです。

それでは誰が 「此の物」 を認めて、「私」 と呼んでいるのでしょうか。

考えたことがありますか?

 

「考える、考えない」 にかかわらず、「私自身が私自身のことをしている」 のです。

ですから、本当は 「考えるということが出来ないはず」 なのです。

 

「自分自身を差し挟んではいけない」 とは、そういうことを言っているのです。

自分自身を介在させるから、ものが比較して見えたり、分からなくなるのです。

 

「道」 の修行とは、自己の介在を離れる修行をすることなのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 修行の要領 | トップ | 真の修行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL