ときどき森へ・・・sora日和

~ by 小春 ~

森永の焼プリン と グリムスが大人の樹になりました♪ そしてサービス付き高齢者向け住宅って・・・

2017-06-28 18:32:27 | パン・お菓子・お食事


スーパーで・・・

どうですか、奥さん、おひとつ!と・・・どっさり置いてあったからさっ!

そういうお誘いは断れませんの 


 36本目のグリムス 

  

 大人の樹は星である。素敵っ!

ヤシの木はなかなか来ないね・・・



先ほどテレビから流れていたのは

団地内のサービス付き高齢者向け住宅

なるほどね、お年寄りはね。
団地なのに結構するのねお家賃、やっぱ老後はお金だっ!ってみていたら、入居時の要件で、年齢は60歳からと・・・

はいっ??? あら、やっだ!
私はてっきり片足突っ込んでいるだけだと思っていたのが、ちゃんとした高齢者ってことらしい 

ちょっとは覚悟をしようかと・・・
そして大事なのは、けがをしない事だ!



この記事をはてなブックマークに追加

本・小路幸也 「花咲小路三丁目のナイト」

2017-06-28 17:52:22 | 図書館本 読書備忘録 
花咲小路三丁目のナイト

 内容(「BOOK」データベースより)
元「怪盗紳士」も、若手刑事も、ちょっと不思議な花屋さんもいる花咲小路商店街。たくさんのユニークな人々が暮らし、日々大小さまざまな事件が起こる。今回の舞台は花咲小路唯一の深夜営業のお店、「喫茶ナイト」。商店街のみなさんの、夜にしかできない相談ごとに応えていて―。


               

 読書備忘録 

とても素敵な商店街・・・本当にあったらいいな、近所に住んでみたい。

商店街の食堂”あかさか”の孫の淳は刑事・・・復習しながら・・・その同僚の権藤は、「喫茶ナイト」の仁太と先輩後輩の中、なのにニューヨークで知り合ったんだって・・・
その仁太のところに相談に来るってことで、始まります。

お話しているのは仁太の甥の堂本望。

セイさん出ましたね・・・あれはやはりセイさんだと思っておりました。

”あかさか”は安泰ってことなのかな?

そして仁太叔父はなんとかっこよかったのです。

懐かしい人も忘れていた人も新しい人も・・・
登場人物がたくさんいて、えっとぉー・・・?

いろいろあって面白かった。

★★★★☆



この記事をはてなブックマークに追加

銀座ライオン 七丁目店・・・”むかしわかもの”になれる場所。

2017-06-28 06:19:39 | ソトショク♪
















昔、若者だったから・・・

銀座ライオンはあちこちにあるけれど、ここは特別 

行列に並んで待った。
入口付近空いた!そこだったらヤダね~・・・そう思っているとそこのお席になるから、そこでもいいや!って思っていよう 
そしたら中ほどに案内され、よかったよかった。
ここなら落ち着けるわ・・・ 



この記事をはてなブックマークに追加

国立新美術館へ・・・「ジャコメッティ展」

2017-06-27 06:10:44 | 展覧会・音楽会


1966年に64歳でこの世をさったジャコメッティの大回顧展

ちっちゃ!・・・ケースに入っている作品を思い切り近くまでよってみたり、作品「鼻」に長っ!「犬と猫」ではこれが猫でこれが犬かぁー・・・

セザンヌに傾倒していたそうで、セザンヌ風の生物や、セザンヌ作品の模写した作品がありました。りんご・・・

9体の「ヴェネツィアの女」の部屋に入ったときには、おー・・・

終わりの方には、ニューヨークの広場にとの制作されたけれど、実現しなかったチェース・マンハッタン銀行のためのプロジェクトの大作3点があり、撮影が許可されていました。





「大きな頭部」



「大きな女性立像Ⅱ」



「歩く男Ⅰ」

ジャコメッティの作品はずいぶん前にどこかでみて惹かれていたから・・・これはもしかして、ジャコメッティ?っと結構みつける。

なので楽しみに行ってきた。

始まったばかりだったからまだ空いていた。
ずっと空いたままかどうかは知らないけれど、近くでジーっとみられたからとてもよかった。




9/4まで・・・
国立新美術館の休館日は、なんと火曜日・・・月曜日は開館しているのです。



この記事をはてなブックマークに追加

ヴィエノワズリー ジャンフランソワのパンたち♪

2017-06-27 05:41:45 | パン・お菓子・お食事


Wチーズケーキ と クレームシトロン

これこれ先日売り切れていたのはWチーズケーキ!!!
ケーキって書いてあるけれどパン・・・



ちょうどお昼時!

平日でも地下は混んでいた・・・けれど楽しっ! 



この記事をはてなブックマークに追加

本・柴崎友香 「週末カミング」

2017-06-26 05:51:12 | 図書館本 読書備忘録 
週末カミング (角川文庫)

 内容(「BOOK」データベースより)
31歳のわたしは年末から風邪を引いて2日間寝込んで気づいたら年が明けていた。そこに会社の既婚者の先輩女性が転がり込んできて―(「ハッピーでニュー」)。東京で暮らすわたしは、人が住む中で一番暑い場所に近いハルツームの天気を毎日確かめる。偶然や今という一瞬が永遠とつながる場面を描いた傑作「ハルツームにわたしはいない」。週末はいつもより少しだけ特別。見慣れたはずの風景が違って感じられる、8つの物語。

ハッピーでニュー 
蛙王子とハリウッド 
つばめの日 
なみゅぎまの日 
海沿いの道
地上のパーティー 
ここからは遠い場所 
ハルツームにわたしはいない 
 

               

 読書備忘録 

だらだら、ゴロゴロ・・・

週末の特別感・・・確かに。
それは平日があるから・・・

蛙王子とハリウッド
私もふつーお茶だと思います。緑茶とか烏龍茶・・・
黒豆茶に韃靼そば茶は・・・

地上のパーティー
ときどきぷっと笑った。
小金沢さん、なんだろうね?
三十一階角部屋のお話・・・面白い。

どれもぼやーっとおもしろい。

ただ・・・
ぼやーっとしているから243ページしかないのに、やたら時間がかかった。

そして・・・
ぼやーにはまった。

しまったな・・・。

★★★★☆



この記事をはてなブックマークに追加

ゴントランシェリエのパンたち♪

2017-06-26 05:21:07 | パン・お菓子・お食事


 フォカッチャ アボカドベーコン  桜エビ ウフモレ 

 季節のカレーパン 



 パンメロン  クイニーアマン 


今週の夫はお仕事集中しちゃって毎日のようにビュンビュン  
おかげさまで夕ご飯お支度をしなくてもよろしいという絶好の日々が送れそうで・・・

ご苦労様です。



この記事をはてなブックマークに追加

名古屋 かつての中村遊廓界隈へ・・・

2017-06-25 06:55:28 | まとめて 国内旅行





















スーパーの駐車場に車を止めて、お掃除のおばあさんに聞いてみた。
私が子供のころはね・・・まだ少しは残っているからみてらっしゃい・・・と、とても親切に教えて下さった。
お礼を言って、では行ってきます。

マイクロバスが止まりお年寄りがおりてきたから、何だろうとみていたら、ディサービスになっているみたいなところもあった。

ネットで調べると、詳しく書いている方もいるので、帰ってきてから読んでみた。


5/13~5/15


この記事をはてなブックマークに追加

パスコのイングリッシュマフィンでいろいろのっけ焼き と サワコの朝♪

2017-06-25 06:17:00 | パン・お菓子・お食事


 ピーナツバターにアーモンド 

 たまごサラダにブロッコリー  マヨコーン 

いろいろとのっけて焼いてみたんです。

そしたら、ピーナツバターはとろけてしまいました。



昨日の  サワコの朝  ゲストは 江波杏子さん

他の番組を見ていたこともあり録画しておいたのを夜になってみた。

以前は、あ!ショーケン?くらいだったけれど、最近、はまっていたドラマに出演されているのをみていたらバーバラ夫人・・・素敵っ!

お母様を5歳の時に亡くされたって話を聞いていて、海老蔵さんのお嬢さんも5才だなぁ・・・
お父さんも家にはいなかった。って。

通り過ぎてったものは、私の体にはいっているから・・・
ものにたいして、関心がない・・・

そして、楽しくて素敵な女性だった。



この記事をはてなブックマークに追加

本・夏川草介 「本を守ろうとする猫の話」

2017-06-24 06:06:07 | 図書館本 読書備忘録 
本を守ろうとする猫の話

 内容紹介
「お前は、ただの物知りになりたいのか?」
夏木林太郎は、一介の高校生である。夏木書店を営む祖父と二人暮らしをしてきた。生活が一変したのは、祖父が突然亡くなってからだ。面識のなかった伯母に引き取られることになり本の整理をしていた林太郎は、書棚の奥で人間の言葉を話すトラネコと出会う。トラネコは、本を守るため林太郎の力を借りたいのだという。
痛烈痛快! センス・オブ・ワンダーに満ちた夏川版『銀河鉄道の夜』!

               

 読書備忘録 

「神様のカルテ」は読んだことなく映像にもなったと書いてあったけれどそれもみていない。
だから、なんだっ!ってことなのだろうけれど、お初作家さん。

あ!しゃべった・・・

猫の姿は普通見えないらしいけれど、どうも学校に行かない林太郎に届け物をしてくれる学級委員の柚木沙夜にはみえてしまい、一緒に冒険?する。
いろいろと難しい本が登場し、さすが祖父のお店で学校に行かず本ばかり読んでいる夏木書店の孫であるが、変わるの。

柚木沙夜だけでなく、先輩の秋葉良太もいいんです。

さらに、一人になってしまった林太郎を引き取ろうとあれこれしてくれるフィアットに乗ってやってくる叔母さん。
”引越しせず、一人暮らしうをしたい”という林太郎との三つの条件。
三つ目がとてもやさしい。

その壁の向こうには・・・

にゃんこはもう来ないのね。
林太郎!変わったから・・・

ちょうど読んでいる最中に「教育勅語」が話題にになっていた。
なので、「切りきざむ者」の老人の言葉の「当たり前のことが、当たり前でなくなっている世の中なのだよ」に、そっか・・・そうだよな・・・と思ったのでした。

★★★☆☆



この記事をはてなブックマークに追加

銀座木村屋總本店 季節のあんぱん♪

2017-06-24 05:51:39 | パン・お菓子・お食事


 木いちご  あんず  れもんちーず 



と・・・
いつもの桜あんぱん

桜あんぱんを買いに寄って、並んでいるうちに・・・美味しそっ!



この記事をはてなブックマークに追加

どちら様ですか・・・?

2017-06-23 07:02:17 | いろいろなこと




雨上がりで風が強く富士山のあれは雲海か?な昨日

歯医者さんで、良い歯ですから大事にしましょう。と言っていただきいい気になって帰ってきて、洗濯物を取り込もうとしたところ、この方がおいででした。

虫のことはよく知らないから、ゴキブリ(ここで見たことはないけれど・・・)じゃないからいいわと、そろりと開けてベランダに出てそろりと洗濯物を取り込んた。
たたんでいるうちにすっかり忘れていて・・・

あ!虫っ!

と思い出し網戸を見たところさっきまでいた場所にいなかった。
あら、おじちゃん帰って来るまでいたらよかったのに・・・ってよくみたらずいぶん高いところまで行って、へばりついていた。

その後また、すっかり忘れていて・・・

あ!虫っ!

と思い出したけれど、もうどこかに消えていた。



今日は暑くなりそう・・・
テレビ体操しただけで汗かきました。



この記事をはてなブックマークに追加

さ・く・ら・ん・ぼ♪ と 今週のお弁当・・・

2017-06-23 05:50:40 | パン・お菓子・お食事




お母さまが、息子さんがお世話になっているからと皆さんでどうぞ~と送って下さったさくらんぼのおすそ分け 

こんなにもらって来ちゃっていいの?

美味しそう・・・だけど私・・・サクランボアレルギーなのでありまして・・・

どうしても美味しそうだったから・・・ひとつだけいただいてしまいました 

美味しっ!すごく美味しい!・・・たったひとつなのにテキメンに! 

さぁ、みんなで食べてくれたまえ・・・みててあげるから 




(のり弁、豆、アボカド、レタス、焼きカボチャ、人参グラッセ、芋、ハンバーグをポン酢で、玉子焼き)

                  

今週も・・・ひと~~~つっ!

最近、大学の学食で食べるという知恵を付けたので助かっている。

お仲間と・・・
ここは学食か?まるでレストランではないか?景色もいいし・・・
なんてことを毎度いいながら、何度も通っているようで・・・いいことであります。

そこに行くなら〇大の学食に行けばいいのに・・・
そこなら〇大だね・・・
って、お弁当を作るのが面倒だからというわけではないのだけれど・・・でもないか  知恵をつけていたのはこの私!だけどそこの学食の事、そこがそんなだとは知らなかった。



この記事をはてなブックマークに追加

本・松田青子 「おばちゃんたちのいるところ - Where the Wild Ladies Are 」

2017-06-22 07:12:24 | 図書館本 読書備忘録 
おばちゃんたちのいるところ - Where the Wild Ladies Are

 内容紹介
わたしたち、もののけになりましょう!
あるときは訪問販売レディ、あるときはお寺の御朱印書きのアルバイト、そしてあるときは謎の線香工場で働く〝わたし〟たち。
さて、その正体は――?!
八百屋お七や座敷童子、播州皿屋敷お菊たちがパワフルに現代を謳歌する痛快連作短篇集。
嫉妬、憎しみ、孤独に苛まれ、お化けとなった女たちの並々ならぬパワーが昇華され、現代女性の生きにくさをも吹き飛ばす!
ここにしかない松田青子のユニークかつ爽快な17つの物語。


               

 読書備忘録 

「みがきをかける」
幽霊がチャイムを鳴らして訪ねてくる。スーッと入らないのね?
毛の力弱めたらあかん!
娘道成寺、二人で踊る二人道成寺!そうそう二人で踊ったっけ・・・
それはいいとして、毛っ!
 
「牡丹柄の灯籠」
まただチャイム・・・夜の十時に来るか?あら、開けちゃった。
露子と米子が灯篭売りに来ました。リストラにあった新三郎に露子が・・・え?新三郎と露子?牡丹灯籠
二度目は妻が「セールス・勧誘お断り!」と書かれたシールを張ったから露子は結界はられて新三郎には近づけませんでした。
 
「ひなちゃん」
人生初の釣りで釣ったのは・・・骸骨
それがひなちゃん。泥だらけの状態でやってきた。お礼に参上したのは、お寝間 お伽など、勤めさせてくださいと・・・ひなちゃんは可愛くて頭がいい。これからもずっと一緒?事情を知っているのはお隣さんっ!
 
「悋気しい」
あっちの世界にも人材不足ってのがあるのね。
 
「おばちゃんたちのいるところ」
モーリス・センダックの「かいじゅうたちのいるところ」・・・
汀(てい)さん登場!!!
いろいろあってフリーターにふさわしいと自分で思っている茂!お仕事はじめました。
いったいこの会社は?移動も頻繁にあるんだって・・・上司は汀さん!

「愛してた」
あ!汀さんだ!幽霊じゃないって自分で言ったって、どうやって入ったの?浮かんでいるし・・・
 
「クズハの一生」
小さいころからきつねに似ていると言われてきたクズハ。
あら、茂くんじゃない?クズハの部署に異動したんだ。
 
「彼女ができること」
子育て幽霊!死んでいるのにベビーシッター
シングルマザーがいわゆる夜のお仕事に出ている間子供に寄りそう。
子供には見えるけれどお母さんには・・・まだ。 

「燃えているのは心」
御朱印帳を書く。若いから大丈夫?と思われていても受け取って字を見ると上手なの。
八百屋お七のお墓がある寺、お寺で売っている根付ははしご!御朱印帳を書いているのは七緒という名だった。
子供のころ坂東流の日舞のお稽古をしていた。おさらい会の時に太ったお姉さんがお七をやった。大きなホールの客席からは、ずいぶん体格良いお七だなーと言っていたって言うのを後から聞いた。舞台裏では黒子さんたちが、持ち上げられるか?なんて協議していたのをちびっ子たちは聞いていた。
あんな太ったお七は初めてだったって。あたし髪振り乱して踊っているお姉さんをみていて、お七やりたいと思ったんだっけ・・・自分でどうしてもお七をやりたいって言っただけあったのだ、と今頃思った。
 
「私のスーパーパワー」 
スーパーパワーって何ですか?
お岩とお紺・・・いいね!
自分を陥れた相手はやはり呪います。私の死後のパワーすごいです。きっと!と妄想中。

「最後のお迎え」
あ!汀さん!
汀さんが日本語上手なのは日本で育っていたのでした。
オークラ???
生きている者と死んでいる者の両方が見える・なるほど「シックス・センス」みましたよ。
両方とも違わずに見える?え?私影が見えるかどうか?って教わりましたけれど・・・って誰に教わった???
 
「チーム・更科」
汀さんだよ!
更科さんのチームはお助け隊
なんと牡丹柄の灯籠の露子と米子がここにいた。な、なるほどそういうこと?
 
「休戦日」
なんだ?ガムちゃんって・・・そういうときのお助けマンらしい。

「楽しそう」
死んだときに当時の風習で髪を剃られた?死んだ奴の方が元気!
お!汀さん!いったい何人いるのか聞いたら、私は一人です。と・・・

「エノキの一生」
エノキの不思議な体。そしてエノキの脂にはご利益があるらしい。
そして誰も来なくなってようやくただの木になった。
 
「菊枝の青春」
菊枝がお皿を数えているから番町皿屋敷か?と思っていたら、姫路城にお菊の井戸があるって・・・播州皿屋敷というのもあったのね。
あ!茂だ!一枚足りないお皿を届けに来たのは茂だった。
 
「下りない」
姫路城に居付いている富姫・・・あ!茂だ!姫川茂!
いやいや汀さんは茂の能力をはじめからわかっていたんだ。と富姫に言われ・・・
お菊は井戸にはいない。転生してって・・・菊枝だっ!


こんなに長い備忘録を書いている私って・・・

とっても面白くて楽しかった。
そして思った。やはり住みついているのだと。転生しているってこともあるのか・・・

★★★★★



この記事をはてなブックマークに追加

HOKUOのカレーパンたち♪

2017-06-22 05:58:43 | パン・お菓子・お食事


 たまふわキーマカレーパン  北欧カレーパン 

地下鉄の改札出て、タッタッタ階段を上っていたのはいつ頃だったかしら?

地下鉄の改札出て、フツーに階段を上る。走ったら危ないからね!

地下鉄の改札出て、手すりにつかまって上るようになるのかしら?
ここのHOKUOは階段でしか行けないお店 

カレーパン食べたいのよねーって思っていたら・・・
外からカレーパンが見えたから、ちょいと寄って買ってきた。



地下鉄で・・・
心細そうに乗っていた外国のお客様2人は、途中から近しいお国の方たちらしい数人が乗って来たら、安心したのか、ずっと前から知り合いでした!って感じでお話を始めていた。
日本人って・・・外国で会っても・・・



この記事をはてなブックマークに追加