オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

白い白鷺城 スイーツ篇

2017-02-22 00:06:40 | 独り言

 

スイーツは例えば仙台の萩の月、沖縄のサーターアンダギーなどメジャーなものも少なくはありませんが、その多くは土地にちなんだネーミングがされているだけの普通のお菓子だったりもするわけで、それでもその土地で食べてこそ意味がある、と今回も単品売りをほぼ無作為にチョイスして旅のエネルギーにしました。
姫路ではやはり姫路城がメイン、いろいろな種類がありましたが、しかし実のところ一番に心に染みたのは随願寺でいただいたお茶とお菓子、とにかく美味しかったです。

赤穂は毎度のごとく塩、塩味饅頭です。
甘い饅頭に塩ってどうよ、と身構えてしまったのですがさほどにしょっぱさは感じられず、あるいは焼き芋に塩、スイカに塩、と同じく甘さを引き立てる黒子なのかもしれません。
薄皮にほどよい抹茶風味であんも甘すぎず、まずは快調なスタートです。

播州揖保郡、揖保川、揖保乃糸、両親の実家が龍野ですので自分には違和感のない揖保も、一般的には知名度は高くないかもしれません。
自分の実家である厚木の相模川は鮎が有名ですが揖保川もそうなのか、揖保川の鮎はいわゆる最中です。
そう、まあ普通の最中で可もなく不可もなし、あんこがびっちりと詰まっていて疲れた体を癒やしてくれました。

千姫すいーとはショコラケーキ、要はチョコレートケーキです。
これこそがとりあえず商品に名前を付けてみました、の典型的なパターンではないかと、言われも見てくれも千姫とは縁もゆかりもありません。
お味はまずまず、もっと甘いかと思っていたのですが意外にビター、紅茶が飲みたくなりました。

今でもやっているのか学生のときにテレビ埼玉でナイターを見ているとCMで連呼していた「十万石まんじゅう」、あるいは大多喜の「最中十万石」なんてのもありましたが、姫路はスケールが違っての「五拾萬石」ですから味は五倍!五倍!と高見山が叫んでいるとは年寄りにしか分かりません。
最中の中身は求肥、自分には餅にしか思えないのですが元は餅米なので似たようなものなのでしょう、それであんをくるんだものとなっています。
冷めると固くなる餅とは違って求肥は柔らかいままですので、お菓子で餅だと思っているものは今さらながら求肥なのでしょう。

ここから姫路城が続きます。
分かりづらいかもしれませんが天守閣が外皮に描かれているので、それっぽくなっています。
中身は白あんがみっちりと、やや粘り気があるような歯触りでしたが、見た目よりは甘さ控えめで上品なお味でした。

白鷺の月は洋菓子、クリームパンみたいなものです。
背後にピントが合ってしまって写真では分かりづらいかもしれませんが、柔らかいカステラのような生地にカスタードクリームが入っています。
これは甘かった、甘すぎるぐらいの甘さで、それこそ100円ぐらいで売っているクリームパンの甘さに匹敵するぐらいの甘さでした。

バッフェルとは波形のクッキーのことらしく、白鷺の甍、バッフェルを甍に被せたネーミングなのでしょう。
ぽろぽろと割れやすいのが特徴か、バニラクリームが挟んであるのですがとにかく食べづらい、さくさくとした歯ごたえはいいのですが写真泣かせなお菓子です。
真ん中の黒いのは何だったんだろう、チョコかと思ったのですがそんな味はせず、よく分かりません。

最後は官兵衛兵糧餅です。
見た目は砂糖がまぶしてあるように見えたので甘いのかと思ったらそうでもなく、この白い粉末が何かはよく分かりません。
ごま風味でちょこっと見えているのはくるみ、これも求肥なのでしょうが弾力があり食べ応えは抜群で、まさに兵糧餅といった感じです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
一日一クリック応援をお願いします。


【2016年8月 兵庫、大阪の旅】
白い白鷺城
白い白鷺城 旅程篇
白い白鷺城 旅情篇
白い白鷺城 京セラドーム大阪篇
白い白鷺城 史跡巡り篇 赤穂の巻
白い白鷺城 史跡巡り篇 龍野の巻
白い白鷺城 史跡巡り篇 明石、尼崎の巻
白い白鷺城 史跡巡り篇 姫路の巻 姫路城の章
白い白鷺城 史跡巡り篇 姫路の巻 黒田官兵衛の章
白い白鷺城 グルメ篇
白い白鷺城 おみやげ篇

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 捨てる神あれば拾う神あり | トップ | キャンプ終了 »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (No. 9)
2017-02-22 01:23:26
やはりご当地のグルメ、スイーツは是非食べたくなりますね。

姫路駅北口のアーケード内に個人的に好きなたい焼き屋があり、数年に1度仕事で訪れた際には密かな楽しみにしています。
パリパリで絶品です(笑)
姫路の銘菓 (兵庫民子)
2017-02-22 06:34:14
私は、姫路なら、官兵衛兵糧餅を作っているのと同じ伊勢屋本店の「玉椿」が一番好きです。
地元が近いのに、官兵衛兵糧餅もその他一度も食べた事のないものも紹介されているので、又の機会に食べてみたいです。
塩味饅頭は色々食べた事がありますが。

あとは、今や全国にも進出している(調べたら千葉にも有ってビックリ!)姫路に本社がある御座候の回転焼きがたま~に食べたくなりますね。
Unknown (春生)
2017-02-22 09:22:31
地べたにお菓子を置いていらっしゃるのかな?
という疑問が浮かびました。笑

趣旨と外れていてすみません。
旅シリーズではスイーツ編がいちばん好きです。
ジェシー 笑。 (さんぴん真田十勇士)
2017-02-22 10:06:32
ハイ、お年寄り側です。

村長さん旅行記定番企画の諸国スイーツですね。企画の為に、ガンバっちゃってる気も。ジェシーみたいになっちゃいますよ。

ジェシーみたい…と言いますと。わたしも2017 年シーズン「観戦のための」肉体改造に取りくんでおります笑。

ファンレベルの肉体改造なんで、4月からの「マリンスタジアムでビール、バカバカ呑む生活」(ジェシーがわかっちゃう位のオトナなんで、その位の愉しみ、大目に見てやってくださいよ。マリスタの経済活動にも貢献してますし。)に備えてのシェイプです…と言っても、ちっともシェイプされておらず、どっちかってーとジェシーですね、いまだ。

間もなくシーズンインですねぇ〜。また始まるんですねぇ〜。
お返事 (オリオン)
2017-02-23 00:46:50
>No.9さん
せっかくですからね、大きめの駅ですと個売りをしているので旅人には助かります。
たい焼きでその歯ごたえは面白いかも、先日の石垣島でも島たい焼きなるものがありましたが閉まっていて食べられず・・・

>兵庫民子さん
全国区になると地元の方からすれば嬉しいかもしれませんが、せっかく旅先で食べて戻ってきた東京駅で同じものを見つける脱力感が何とも言えず、このあたりは微妙ですね(笑)
回転焼きって何かと思って調べてみたら、今川焼きのことなんですね。
自分の周りでは大判焼き、と呼んだりもしています。
ネットでも「これの本当の名前は何だ」と議論になっていました。

>春生さん
はい、地べたです(笑)
包装されているので全く気にしません、土の上とかでも平気・・・最近の若い人たちはダメなのかしら。
スイーツ、と言うほどにオシャレ感はありませんが、旅の楽しみの一つになっています。

>さんぴん真田十勇士さん
企画と実用の両面ですね。
確か雨の中に大分で糖分欠乏症、みたいで全身に震えがきたのが盛り上がりのきっかけだったような。
自分の旅はそれこそ最寄り駅から10キロ以上、周りは何もない、あるいは山の中、とかが平気であるので、途中でエネルギー補充ができなくなるケースがままあります。
ってことでカバンにはスイーツを、自転車野郎のふくらはぎの痙攣対策だったりもして。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。