気まぐれ徒然かすみ草

近藤かすみ…遅れてきた私

枇杷色の明かりをたどり渡る橋むかうに秋の闇を待たせて

椿は咲きて 筒井早苗 青磁社

2019-10-18 00:37:00 | つれづれ
傘寿とはめでたきことか運ばるる大鯛の目のすずしき睨み

魚(いを)の旬野菜の旬など思ひゐてやがてさびしも人間の旬

日光に月光菩薩を脇侍とし薬師如来に老いはきませず

ゆたかなる若葉青葉の透くひかり森の精気が臓腑を洗ふ

短歌なくて何が残らむ不器用で整理下手なるこのわたくしに

覚悟などあるもあらぬも天命の尽くる日は来む椿は咲きて

方言の生き生きとして若者は灯油タンクを満たしてをりぬ

踏ん張るもこのあたりまで流れきて風の随(まにま)にゆく小さき蝶

切れ切れの夢より醒めてまた眠る生とも死とも分かずおもしろ

もしもなど空しかりける言の葉を散らしつくして一木裸身

(筒井早苗 椿は咲きて 青磁社)

綯い交ぜのみどり 川野並子 青磁社

2019-10-17 11:54:09 | つれづれ
ひさかたの光を浴びて黒土の崩れにさみどり あ、蕗の薹

嬰児(みどりご)のすずしき眼の見つめいるちりめん細工の緋鯉に真鯉

畑道をメロディ流す路線バスに小さき媼はおじぎして乗る

仰け反りて渾身の力に鐘をうつ入相の音低く響かう

梔子の黄に染められたおみくじは蝶になるやも吉田の節分

濃き色の裂を散らせた色合わせ友が張り切るキルト張り切る

梔子の若葉を離れぬ青虫は剝がせばくるりと弾む柔肌

念仏を唱える空也の細き脚ぞうり踏みしむ足指力む

立ふたつ横にならびて並となる『字統』にて知るわが名の成り立ち

真如堂の急な坂路の石畳凹凸いつしか足裏(あうら)になじむ

(川野並子 綯い交ぜのみどり 青磁社)

花折断層 近藤かすみ 現代短歌社

2019-10-16 01:27:31 | お知らせ
第二歌集 『花折断層』を上梓しました。

 叡山の峰のみどりの濃きところふいに明るむ雲は動きて

 道端にみづは輝くむきだしのペットボトルの直立のなか

 川の面にうつる火影のさざめきて夜をながるる風の息みゆ

 秋晴に老い人あまたバスを待つ似てゐるやうで似てゐない杖

 杉綾のコート似合ひし壮年の父にしたがふ雪の降るまで

お問い合わせは、こちらにお願いします。


近藤かすみ casuminn@gaia.eonet.ne.jp

現代短歌社 TEL: 03-6903-1400
Mail: info@gendaitankasha.com


はるかカーテンコールまで 笠木拓 港の人

2019-10-13 00:18:33 | つれづれ
夕立は眼鏡を洗うためにある 楠の枝葉に無数のふるえ

ビニールの撥水加工うつくしと傘の内側より見ておりぬ

(永遠は無いよね)(無いね)吊革をはんぶんこする花火の帰り

水差しが日に透けていて白黒の写真の白いところは光

空港をくださいどうかてのひらにおさまるほどの夜の空港

捨てられた傘へと傘をさしかける最終バスを待つ束の間は

傘立てに誰かが濡れたまま挿した傘が隣の傘を濡らしぬ

たそがれは領域というより轍 京都御苑の砂利鳴らしつつ

過ぎ去れば映画みたいだ冷えた目にろうそくの火があんなにきれい

花瓶だけうんとあげたい絶え間なくあなたが花を受けとれるように

(笠木拓 はるかカーテンコールまで 港の人)

時時淡譚 小潟水脈 ながらみ書房

2019-10-09 22:48:37 | つれづれ
兎ひとつ座れる形にレジ袋ベンチにありて夕暮れてゆく

カレー食はせた知人の歌集の批評会意地でも短歌にしやうぢやないか

暗き窓にわが首ひとつ流れたり電車ゆるゆる車庫へと動く

かくしごとしてゐるのかと問はれしは「書く仕事」のことカウンターの席に

包丁持ちて湖岸に出れば気も晴れむ研ぎ屋は今日から三日来てゐる

飯はまだかと言ふおつさんを持たぬこと幸ひとする夕の図書館

「富田尚三」線対称の氏名ある抜けられなかつた小路の正面

詰められた棒の重さだ六角のおみくじの箱振る時あるのは

佐佐木幸綱かと再び見る運転手ぐるりと大きくハンドル切れり

ホール出口に向かふ横顔靴脱いで会ふことはなき人と思へり

(小潟水脈 時時淡譚 ながらみ書房)


ポストの影 小島熱子 砂子屋書房

2019-10-04 00:06:24 | つれづれ
ポストの影あはく伸びたるコンビニまへ春の愁ひが溜まりてゐたり

過ぎてゆく時間のなかの昼食に黄身もりあがる玉子かけごはん

泪夫藍色の雲浮くひぐれ冬大根ほのあかりしてキッチンの隅

オーデコロンの旧き香よどむごとくにて執念き暑さはてなく続く

ぽつんぽつん灯の点る廓しんとして過去世のやうに靴音ひびく

鶯のこゑのみきこゆる午の坂ありてあらざるわたくし歩む

内臓を消して風吹く街をゆくジャコメッティの針金の人

銀色のゼムクリップ古き椅子のうへこの世の大事の外の春昼

少女ふたり乗りきてはじける声に笑ふさながら杳きわれか 元気で

あるときは石は祈りてをるならむよわきひかりの差す道の端

(小島熱子 ポストの影 砂子屋書房)

雲の行方 上野春子 六花書林

2019-09-30 00:10:37 | つれづれ
まん丸な地球に裏と表なく用なき人はこの世におらず

平凡で小さきものよ幸福は千鳥饅頭ちどりが一羽

釘箱に林檎箱より抜きし釘亡き父しまいき曲がれるままに

折紙の兜で節句飾ろうか息子は母に似るろくでなし

黒失くし白を貰いて白失くし黒を拾いてさす黒日傘

死んだふりしているような顔覗く棺に白菊納めんとして

しろたえのごはんに落とす生卵混ぜてたちまち黄金(こがね)の御飯

ままごとのようだね夕餉紙の皿紙に器を畳に広ぐ

目白来る窓の辺に寄り電卓を叩けり春の事務服を着て

祖父吸いし莨にその名覚えたる桔梗が咲けりさみしき色に

(上野晴子 雲の行方 六花書林)

湖と青花 渡辺茂子 不識書院

2019-09-22 00:39:52 | つれづれ
春灯の下に解きゆく母の絹美醜まざまざ見せて逝きたり

曖昧に省き来たりし助詞ひとつ厨に飛ばし玉葱きざむ

余韻曳きて走る車中に眼(まなこ)閉ぢ今日の桜は一樹に足らふ

藍染めの小さき袋購ひぬ入れてもみむか吾がはかなごと

ひとり行くは孤独にあらず穂すすきの落暉に染まる湖までの道

屈まりて水琴窟の音聞ける人は自づと素顔見せたる

蒼空に白旗のごとはためかす施設に持ちゆくタオル幾枚

ざつくりと切る大根のみづみづと窓に雪降る劫初のごとく

これとこれ切りて繋がむボードには吾の臓器の右に左に

濁点を付け忘れたる文送り夜にしたたらす目薬一滴

(渡辺茂子 湖と青花 不識書院)

紫のひと 松村正直 短歌研究社

2019-09-16 12:14:43 | つれづれ
上流へむしろながれてゆくような川あり秋のひかりの中を

言うことに疲れ畳の制服の息子をひろい壁に掛けたり

境内に桜はあるを花咲けば桜のなかに寺あるごとし

るるるると巻き取るパスタ 正解を知っていながらいつも間違う

水はひかりを光はみずを弾きつつ滝壺ふかくに声をひびかす

水面へと鯉は盛んに口を出しもっともっとと求めてやまず

目鼻なくなるまで生きるということの人にはなくて石仏は立つ

一度しかない人生の一度目を生きて迷えり昼のメニューに

つかまえたはずが捕まえられていて洗濯ばさみに垂れるハンカチ

困ってることがあったら言ってよね困っていても困るのだけど

(松村正直 紫のひと 短歌研究社)

微風域 門脇篤史 現代短歌社

2019-09-10 23:42:35 | つれづれ
側溝に入れなかつた雨たちがどうしやうもなく街をさまよふ

ハムからハムをめくり取るときひんやりと肉の離るる音ぞ聞ゆる

権力の小指あたりに我はゐてひねもす朱肉の朱に汚れをり

なにもなき日々をつなぎて生きてをり皿の上には皿を重ねて

捨つるため洗ふ空き缶水道の水を満たせばふたたび重し

アヲハタのジャムの小瓶に詰めてゆく自家製ジャムのたしかなる熱

コピー機を腑分けしてゐる一枚の詰まりし紙を探しあぐねて

五線譜にをさまるやうに生きてゐるコロナビールにさし込むライム

会議室を元の形に戻しをり寸分たがはずとはいかねども

ひえびえと異国のみづに満たされてペットボトルはひかりのうつは

(門脇篤史 微風域 現代短歌社)