映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ラッシュ

2014年03月10日 | 洋画(14年)
 『ラッシュ/プライドと友情』を吉祥寺オデヲンで見ました。

(1)随分と評判が良さそうなので、遅ればせながら映画館を覗いてみました。

 本作は、「プライドと友情」という副題からもわかるように、専ら1976年の出来事に焦点を当てながら、二人の天才的なF1レーサー(注1)の戦いと友情を、実話をもとにしながら描いています(注2)。

 本作の冒頭では、1976年8月1日のドイツGPの会場が映し出され、F1には毎年25人の選手が参加するが2人が死ぬ、などと説明されます。
 そして、ニキ・ラウダダニエル・ブリュール)が「自分とジェームス・ハントクリス・ヘムズワース)は長い間ライバル関係にあると考えられていた」と語り、チームのスタッフに「タイヤはウエット」と言います。
 そして、レースの開始。

 この年ニキは、ブラジルや、南アフリカ、モナコ、ベルギー、イギリスのGPに優勝し、前年にひき続いてF1を制覇すべく安定した走りを見せていました。



 それに対し、ハントは、スペインとフランスのGPにだけ優勝していました(途中リタイアも4回と多く、不安定な走りと言えそうです)。



 それで、ドイツGPですが、その会場のニュルブルリンクは、元々「墓場と呼ばれる世界一危険なサーキット」の上に、当日は悪天候で路面が濡れて危険な状態でした(注3)。
 レース前の集会で、ニキは、レースの中止を提案しますが、ハントは、「追い付くためのポイントが減るから、お前はいいだろう」と批判。それに対して、ニキは「このサーキとでは俺が誰よりも断然早いのだ、その俺が中止を提案している」と言うと、ハントは「それじゃあ勝負しよう」と挑戦的な態度に出、ほかのレーサーもハントに同調するものが多く、ニキの提案は退けられてしまいます。
 それで、レースは決行されます。
 さあ、レースの結果はどうなるでしょうか、ハントとニキとの関係はどうなるでしょうか、………?

 本作に登場するジェームズ・ハントはイギリス出身で、プレイボーイとして享楽的な生活を送り、レースでは感覚を重視して車を操縦しますが、他方のニキ・ラウダはオーストリア出身で、絶えず車や家族のことを考えている地味な人物であり、レースでもむしろ合理性をもって車を操縦するなどというように、随分と対照的に描かれています(注4)。
 ラストでは、日本の「富士スピードウェイ」での死闘が描かれるなど興味深いレースシーンが多々映し出されるとはいえ、実話に基づいている作品にしては、人物造形が単純なのではと思ってしまいました(注5)。

(2)本作では、個別のレースの勝ち負けもさることながら、むしろワールドチャンピオンにどちらがなるかということの方に関心が向けられています。
 なにしろ、1976年のシーズンの最終戦までの二人のポイントの差はわずか3点なのですから(注6)!

 ここで興味がわくのは、素人的にはF1のポイントシステムです。
 映画の中では詳しく触れられていませんが、劇場用パンフレットやネットの記事によれば、あらまし次のようです。
 本作が描かれている時点(1976年)においては、各レースにおいて、1位から6位までが入賞で、ポイントは10-6-4-3-2-1点(注7)。
 ただ、本年からは(注8)、1位から10位までが入賞で、ポイントは25-18-15-12-10-8-6-4-2-1点となり、かつ最終戦のみポイントが2倍になるとのこと(注9)。

 ところで、F1のように、ポイントシステムによって世界チャンピオンを決めるスポーツは様々なものがあります。

 例えば、プロテニス
 現在、ラファエル・ナダルが1位で、日本の錦織圭が21位の「男子ATPランキング」(3月3日現在)では、例えばウィンブルドン選手権などの4大大会(グランドスラム)で優勝すると2000点獲得できるなど(ATPエントリーランキングの場合)、大会ごと、順位ごとにポイントの配分が定められています。

 また、プロゴルフ。
 現在、タイガー・ウッズが1位のワールドランキング(松山英樹が22位、石川遼は83位)については、なかなか複雑でよくわかりませんが、この記事によれば、大会ごとにポイント(イベントレーティング)が与えられ、さらにその大会の順位によって配分されるポイントが決められる、ということになっているようです。

 それに、スキージャンプ・ワールドカップもあります。
 ただ、こうした報道の仕方だと、優勝回数の多さをもって高梨沙羅が総合優勝したような感じを受けますが、ここでもポイントシステムが導入されています。

 高梨選手は、ソチ五輪でメダルを取れなかったことが大きく言われていますが、そんな4年に1回の単発のものよりも、ワールドカップで2連覇を果たしたことの方が実に素晴らしいことではないでしょうか?
 また、ゴルフの場合は、ワールドランキングよりも獲得賞金額の順位の方に皆の関心が集まります。
 F1の場合、各レースの賞金額は明らかにされていませんし、ましたオリンピックのようなものはないのですから、ワールドランキングが果たす役割は大きいものがあるように思われます。

(3)渡まち子氏は、「F1で熾烈なライバル争いを繰り広げたラウダVSハントの戦いを描く「ラッシュ プライドと友情」。対照的な二人が互いに認め合う姿にグッとくる」として65点をつけています。
 前田有一氏は、「勝ち組負け組などと、勝敗を単純に決めつけようとする現在の風潮にアンチテーゼをぶつける、そこにこそ本作最大の価値がある。それを認識した上で、ぜひ見に行っていただきたい。そうすれば、めったにない男たちの奇跡的なドラマを味わうことができるだろう」として70点をつけています。
 相木悟氏は、「思わず胸がヒートアップする、痛快な疾走型ヒューマン・ドラマであった」と述べています。



(注1)優勝91回、ワールドチャンピオン7度などのF1記録を持つミハエル・シューマッハが、昨年末のスキー事故により生死の間を彷徨っているというのは(例えば、この記事)、とても残念なことです。

(注2)本作に出演する俳優の内、クリス・ヘムズワースは『キャビン』、ダニエル・ブリュールは『コッホ先生と僕らの革命』、オリヴィア・ワイルドは『スリーデイズ』、アレクサンドラ・マリア・ララは『最終目的地』で、それぞれ見ました。

(注3)ニュルブルリンクは、当初悪天候だったものの、次第に天候が回復。それで、タイヤをウエットから交換するため、ニキはピット・イン。後退した順位を挽回すべくスピードを上げていった時に、大トラブルに巻き込まれます(ハントも、ニキト同じようにウエット・タイヤを使用しますが、タイヤ交換したのは終り近くなってから)。

(注4)家族についても、ニキは、献身的に尽くしてくれるマルレーヌアレクサンドラ・マリア・ララ)と結婚するのに対し、ハントは、スーパーモデルのスージーオリヴィア・ワイルド)を妻にしますが、ハントの奔放な行動は少しも収まらないために不仲となり、スージーは俳優のリチャード・バートンに走ってしまいます。

(注5)ニキは、どこまでも冷静沈着で職人的な人間のように描かれますが、あくまでもF1レーサーなのですから、ハントと同様な勝負師の側面も合わせ持っていたことでしょう。
 ハントについては、レース前に嘔吐してしまったり、セキセイインコを飼っていたりと、本作では、奔放なだけでなく繊細な面も描かれますが、そればかりでなく各レースでは2時間近く超高速で車を走らせるわけですから、合理的なドライビングテクニックや、他に勝る忍耐心なども要求されるものと思われます。

(注6)1976年5月に行われたスペインGPで1位だったハントが、規則違反で失格扱いだったところ、2カ月後その処分は取り消され、ポイント10点が復活したことが大きいと思われます。

(注7)最終戦の「F1世界選手権イン・ジャパン」(映画の中では「Japanese Grand Prix」とされていますが、そう呼ばれるようになったのは翌年以降のようです)では、ニキが途中リタイアで0点だったのに対し、ハントは3位で4点を獲得したために、1点差でハントが1976年のワールドチャンピオンになります。

(注8)本年は、3月16日のオーストラリアGPから11月23日のアブダビGPまで19戦が戦われ、日本GPは10月5日に鈴鹿サーキットで開催されます。

(注9)このポイントシステムが、1976年当時導入されていれば、仮に最終戦までの得点差が3点である場合、ハントは9位入賞するだけでワールドチャンピオンになれたでしょう!



★★★☆☆☆



象のロケット:ラッシュ プライドと友情
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニシノユキヒコの恋と冒険 | トップ | ネブラスカ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-03-10 22:52:58
> 随分と対照的に描かれています

これはより分かりやすくする演出により強弱を強めたようなことはあったのではないかと思いますが、共通する根本部分(精密かつギャンブラー)は観ていて自然に分かるので、ああいう描き方でよかったかと思います。最終的によりニキ的な部分、よりハント的な部分によって人生が変わっていった事は映画を観る限りにおいては明らかだと納得できるので。
Unknown (クマネズミ)
2014-03-11 06:07:00
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、「より分かりやすくする演出により強弱を強めた」のだと考えます。ただ、映画からは、特にニキのギャンブラー精神なるものが伝わってこない気がしたもので、こうした書き方をしてしまいました。
車に乗って図に乗って  (zebra)
2015-11-20 21:11:06
クリボー(→クリス・ヘムズワース)Vsダニ二郎(→ダニエル・ブリュール)の対決や~(いったい どういうあだ名の付け方じゃい)

ホント相容れないのよ・・・お前がスキーに行くなら オレはスノボじゃい、みたいな・・・反発しまくりやん(ライバル同士ならよくあるパターンやな)

自信満々のクリボー、 ダニ二郎を"ねずみ男"と こきおろすが すかさず

ねずみは嫌われるが 生存本能か優れてて頭もいいんじゃあ ボケェ~ とうまく切り替えすとは, 大人だねえダニ二郎(まっ、よくある売り言葉に買い言葉だわなあ~)


けど その割にはクリボーも レース前には 女の子とヤリまくり、ライターをカチカチいじりまくり、戻しまくりやし・・

ヤリチン男ですよ・・・ピストン男ですよ・・・ズ〇ズ〇ズ〇ズ〇(レース以上に疲れるぅ~)

カチカチ男ですよ・・・カチカチカチカチ(指痛ってえ~)

ゲロも 戻しまくりですよ・・・ゲロゲロゲロゲロ(カエルかい!)

おまけに 気持ちのすれちがいで妻のオリ美(→オリヴィア・ワイルド)との離婚・・・

ほかの男に鞍替えかい!ヘッドハンティングされたんかい!

オレのほうが床上手って誘い文句受けたんかい!

高価な指輪やネックレスにつられたんかい!おんどりゃ!
 
記者会見でも 「まぁ、金がかからなくなってよかったよ、」と強がってやんの! 内心はイライラしてんのにぃ~

男は周りに弱み見せたら あかんのじゃ、ってカンジ!

意地と見栄はっとるのぉ~ クリボー、

そっからスイッチの入ったクリボーは 勢いを盛り返してゆくのよ! 

ダニ二郎にポイントの差を縮めてゆくのよ!

学校のテストの終業ベルの間際の追い上げみたいにネ!

勢いに乗りに乗り出したクリボーは 雨の状況を見て慎重なダニ二郎に 「フン、臆病者が」と挑発するクリボー

 クリボーに煽られた ダニ二郎・・・やったるわとレースに出た(このコースはあぶねえって 言うとるのによぉ~~)

・・が クラァ~ッシュ! クラッシュ! クラッシュ!

 今まで 勢いに乗って調子に乗りまくってたクリボーが 自責の念だよ (こーゆーヤツって オレには知ったこっちゃないぜえと言いそうなのにな)

しっかし ここからダニ二郎の見せどころ すっげえ~

苦しい手術に耐えて 復帰したばい!(・・・どこの方言じゃ)

俺に牧師はいらんわ~ララ江(→アレクサンドラ・マリア・ララ 妻役)を呼べや~ オレは生きとるんぞ~ 勝手に殺すなボケぇ~ 

事故からたった42日でレースに復帰って・・・すっげえ生命力

 これじゃあ ねずみやダニじゃなくて ゴキブリみてえな生命力だわな~(→失礼、ホメてます)

富士スピードウェイでの決勝も またしても豪雨だったので ダニ二郎 今度は途中リタイヤ(同じ失敗は繰り返さんのじゃな)

一方、クリボーは 危険な雨の中でもレースを続行

チーム陣営も 自分を大切にしろと忠告をしたが・・・

 あれだけダニ二郎を挑発しといて いまさら自分も安全をとってリタイアしようなんざぁ 筋通らんわな~ 

これで逃げたら 男が廃るってモンだわなあ~ 

たとえダニ二郎の二の舞で事故っても 受け入れる覚悟せんとな~


で、クリボー 見事走り切って優勝か・・・(ライバル同士って そうなのかもね)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ラッシュ/RUSH -プライドと友情-』 2014年1月15日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ラッシュ/RUSH -プライドと友情-』 を試写会で鑑賞しました。 この時代のF1はあんまり知りません(というよりは見てなかった)でしたが、 面白い映画でした。男は好きだね。そこにKinKiKidsに吹き替えやらせて 女性を取り込もうとした狙いは分からなくはない。 【...
「ラッシュ/プライドと友情」 (セレンディピティ ダイアリー)
1976年のF1グランプリで壮絶なタイトル争いを繰り広げた2人のレーサー、ニキ・
ラッシュ/プライドと友情 (佐藤秀の徒然幻視録)
色男とネズミ男の違った栄光 公式サイト。ロン・ハワード監督、クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフラ ...
ラッシュ プライドと友情 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://rush.gaga.ne.jp/ 1976年のF1レース界を描いた作品。 レース再現の出来が作品の評価を左右するのかな? 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース....
『ラッシュ プライドと友情』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、       アレクサンドラ・マリア・ララマルレーヌ、ピエルフランチェ...
『ラッシュ プライドと友情(吹替版)』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト(吹替) ジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)堂本光一            ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)堂本 剛■鑑賞日...
「ラッシュ プライドと友情」:“生涯の1本”は大げさだなあ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ラッシュ プライドと友情』は、しばらく低調だった(と小生は思うのですが)ロ
RUSH / プライドと友情 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 F1レーサーのカリスマ2人がライバル同
ラッシュ/プライドと友情  監督/ロン・ハワード (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ダニエル・ブリュール  オリヴィア・ワイルド  アレクサンドラ・マリア・ララ 【ストーリー】 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング...
映画『ラッシュ/プライドと友情』★雨とニキと、ハントの拳 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163063/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューです。(ネタバレ表示ですが、結末はボカしてます) http://info.movies.yahoo.co.jp/userr...
ラッシュ/プライドと友情/クリス・ヘムズワース (カノンな日々)
F1レーサーのニキ・ラウダがレース中の事故で大火傷を負いながらも見事復活を果たしたという出来事はなんとなく子供の頃の記憶にあるんですよね。何で知ったのだろう?テレビや新 ...
ラッシュ/プライドと友情/クリス・ヘムズワース (カノンな日々)
F1レーサーのニキ・ラウダがレース中の事故で大火傷を負いながらも見事復活を果たしたという出来事はなんとなく子供の頃の記憶にあるんですよね。何で知ったのだろう?テレビや新 ...
ラッシュ プライドと友情(Rush) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 「ビューティフル・マインド」「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督が、1976年のF1世界選手権を舞台に、2人の天才ドライバー、ニキ・ラウダとジェームズ・ハントの戦いと絆を描いた。76年のF1チャンピオンシップで、フェラーリのドライバーとして快調なレー....
ラッシュ/プライドと友情 (♪HAVE A NICE DAY♪)
これは良かったな~~ 性格も考え方も違った二人、でもお互い チャンピオンになりたい、負けたくないとレースに参戦していく姿 F1の事は全くと言っていいほど、知りません。 ただ、あのスピードで走るのですから 絶えず死を意識するだろうし、怖いな~と・・・ 1....
ラッシュ/プライドと友情 (to Heart)
お前がいたから、強くなれた。 原題 RUSH 製作年度 2013年 上映時間 124分 脚本 ピーター・モーガン 監督 ロン・ハワード 出演 クリス・ヘムズワース/ダニエル・ブリュール/オリヴィア・ワイルド/アレクサンドラ・マリア・ララ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/クリ....
『RUSH プライドと友情』をトーホーシネマズ府中5で観て、ニキ・ラウダかっけーふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★やるべきことを黙々とやるニキ・ラウダに痺れる】    ロン・ハワードは器用だ。 『コクーン』 『バックドラフト』 『アポロ13』 『ビューティフル・ ...
ラッシュ/プライドと友情・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
地上で最速、ただそれだけのために。 60年を超える歴史を持つオープンホイールレースの最高峰、F1グランプリを舞台にしたHOT&COOLな人間ドラマ。 通算三度の世界タイトルに輝いた冷静沈着なドライビング・マシン、ニキ・ラウダと、“壊し屋”の異名をとりながらも、火...
映画:ラッシュ/プライドと友情 Rush あまりにドキュメンタリー的な、ド迫力で一本勝負ムービー! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
F1レーサー史上最高のライバル対決。 マクラーレン(写真:左)=ジェームス・ハントと、フェラーリ(写真:右)=ニキ・ラウダ。 1976年のことだから、フジテレビが常時中継していたわけでもない時代(と予想する) 内容はよくわからないが、凄い闘いだったことは、う...
ラッシュ プライドと友情 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
実話を元にした二人のF1レーサーの闘いを 描く映画「ラッシュ プライドと友情」が公開 されましたので観に行ってきました。 この日は東京で記録的な大雪、しかし映画館には それなりに人が入っていました、もっと空いている かと思っていたので意外、サービスデーだった...
ラッシュ プライドと友情 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ポスター A4 パターンA ラッシュ プライドと友情 光沢プリントF1で熾烈なライバル争いを繰り広げたラウダVSハントの戦いを描く「ラッシュ プライドと友情」。対照的な二人が互いに認め ...
『ラッシュ/プライドと友情』 (こねたみっくす)
好敵手は呪うべき敵ではない、感謝すべき神の恵みである。 毎年25人中2人が命を落とすと言われるなか、伝説のレースとまで呼ばれた1976年のF1グランプリ。異次元の戦いを繰り広げた ...
ラッシュ/プライドと友情 (あーうぃ だにぇっと)
ラッシュ/プライドと友情@よみうりホール
ラッシュ/プライドと友情 (Break Time)
今朝は、気温も5度もあり・・・
劇場鑑賞「ラッシュ/プライドと友情」 (日々“是”精進! ver.F)
互いの存在があったから、高みを目指せた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402020001/ 【送料無料】「ラッシュ」オリジナル・サウンドトラック [ ハンス・ジマー ]価格:2,520円(税込、送料込) CAR MODELING...
ラッシュ/プライドと友情 (映画好きパパの鑑賞日記)
 F1史に残るラウダVSハントを、巨匠ロン・ハワード監督が映画化に成功。F1に興味がなかったのですが、とにかく迫力のあるレースシーンの連続に、ただただスクリーンに釘付けになりました。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:ロン・ハワード 出演:クリス・...
「ラッシュ プライドと友情」、F1レーサーの確執と執念の映画です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆   カーレース好き ☆☆☆☆☆ 1976年のF1を舞台にした映画です。実話に基づいたドラマです。 F1といえばセナの事故を思い出しますが、それだけ危険なスポーツです。(現在はいろいろ改良されて危険度は少なくなりました) もう一つ、他...
ラッシュ/プライドと友情 (Akira's VOICE)
やる気スイッチ入りましたー!  
「ラッシュ/プライドと友情」 (prisoner's BLOG)
ニキ・ラウダとジェームス・ハントの二人が並行して交互にほぼ同じ比重で描かれる構成で、それ自体デッドヒートのよう。「フロスト×ニクソン」のピーター・モーガン脚本らしい対決ドラマ。 おもしろいのは、二人がそれぞれ最も力を振り絞り成長するのは、相手と直接競い...
クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール主演、ロン・ハワード監督『ラッシュ/プライドと友情 (Rush)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマをロン・ハワード監督が映画化した『ラッシュ/プライドと友情(Rush)』脚本は「クィーン」「フロスト×ニクソン」のピ
『ラッシュ/プライドと友情』 (2013) (相木悟の映画評)
宿命のライバル、その熱き勝負を体感せよ! 思わず胸がヒートアップする、痛快な疾走型ヒューマン・ドラマであった。 自動車レースの最高峰F1(フォーミラー1)における名レーサー、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダが火花を散らした1976年。本作はそんな伝説の....
ラッシュ/プライドと友情 (日本語吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【RUSH】 2014/02/07公開 アメリカ PG12 124分監督:ロン・ハワード出演:クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クリスチャン・マッケイ お前がいたから、強くなれた....
本当の勇気。『ラッシュ/プライドと友情』 (水曜日のシネマ日記)
1970年代に活躍したF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントの物語です。
ポールポジション~『ラッシュ/プライドと友情』 (真紅のthinkingdays)
 RUSH  1976年。F1では、好対照な二人のパイロットが年間王者をかけ、激しいポイ ント争いを繰り広げていた。一人はオーストリア出身、フェラーリのニキ・ラウダ (ダニエル・ブリュール)。もう一人はマクラーレンに乗る英国人、ジェームズ・ ハン...
ラッシュ/プライドと友情 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
450馬力のエンジンと機械式のサスペンションに衝突安全性に乏しいマシンで、ドライバーの腕だけでスピードを競っていた時代のライバル同士の争いを描いている。タイヤの破片が飛び散り、猛烈なGに車体が悲鳴をあげる。じゃじゃ馬みたいなマシンを操縦するのに冷静なラウダ...
ラッシュ/プライドと友情 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化。事故で大けがを負いながらもシーズン中に復帰したラウダと、性格もドライビングスタイルも正反対なハントの死闘とライバル関係を、臨場感あふれるレースシーンと共に描く。...
ラッシュ/プライドと友情 (映画と本の『たんぽぽ館』)
スピード感と丁寧な人物描写 * * * * * * * * * * F1グランプリ・・・と言うと私には全く守備範囲外なのですが、 実話に基づいた感動作というこの作品、 興味を持って見てみました。 1976年のF1グランプリ。 自由奔放なジェームズ・ハント(ク....
『RUSH/ラッシュ プライドと友情』('14初鑑賞15・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:05の回を鑑賞。
映画「ラッシュ/プライドと友情」 (FREE TIME)
映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。
ラッシュ/プライドと友情 / RUSH (勝手に映画評)
1976年のF1を舞台に描く、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの友情。 良いですねぇ。単なるレーシング映画ではありません。確かに、ヒューマンドラマです。「事実は、小説より奇なり」と言う言葉がありますが、この映画の場合は「事実は、映画よりドラマティック」と言え...
ラッシュ/プライドと友情 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) これはF1に精通してなくても十分面白くみられる。
ラッシュ/プライドと友情 ((仮)impression)
【RUSH】 F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化。事故で大けがを負いながらもシーズン中に復帰したラウダと、性格もドライビングスタイルも正反対なハントの死闘とライバル関係を、臨場感あふれるレースシー....
ラッシュ/プライドと友情 (だらだら無気力ブログ!)
F1に興味ない自分でも十二分に楽しめる内容だった。
ラッシュ/プライドと友情 (心のままに映画の風景)
1976年。 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)は、年間チャンピオンを巡って激しい首位争いを繰り広げていた。 ランキング1位だったラウダは、ドイツ大会で事故に遭遇し、...
ラッシュ プライドと友情 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://rush.gaga.ne.jp/ 1976年のF1レース界を描いた作品。 レース再現の出来が作品の評価を左右するのかな? 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース....
RUSH / プライドと友情 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。八光さん主催の試写会で、御堂会館にマクラーレンが置かれてましたよ~。1976年のF1グランプリシリーズで壮絶なチャンピオン争いを繰り広げたジェームス・ハントとニッキー・ラウダのお話です。性格もライフスタイルもレース展開も、すべてが真逆な...
『RUSH プライドと友情』 (時間の無駄と言わないで)
ダサい副題がギャガ配給を感じさせるF1映画。 セナとプロスト辺りからしか知らないから、実話だけど最後まで新鮮に観られた。 それにしても、性格の合わないライバルがいて、片 ...
ラッシュ プライドと友情 (花ごよみ)
監督はロン・ハワード。 1976年のF1世界選手権が舞台。 ライバル同士の天才ドライバー、 ジェームス・ハントとニキ・ラウダ。 二人の命を懸けてのタイトル争奪戦。 何もかもが正反対な二人の 熱い戦いと友情を描いています。 ハントをクリス・ヘムズワース、 ラウ...
『ラッシュ/プライドと友情』 (ラムの大通り)
(原題:Rush) ----あけましておめでとうなのニャ。 「おめでとう、フォーン。 と言っても三が日は過ぎちゃったけどね。 そろそろ、お仕事モードに移行… ということで、 軽く映画のお話から。 2014年の一本目は、 昨年末に観て大のお気に入り『ラッシュ/プライドと友...
ラッシュ/プライドと友情 (とりあえず、コメントです)
1970年代に熱い戦いを繰り広げた2人のF1レーサーの姿を描いたドラマです。 F1はあまり詳しくは無いですけど、ロン・ハワード監督がどのようにF1を描くのか気になっていました。 レースの迫力ある映像や二人のライバルの戦いと友情の物語にどんどん引き込まれるような作品...
『ラッシュ プライドと友情』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『ラッシュ プライドと友情』を吹き替えで観てきました。ラッシュ プライドと友情 - 映画.com いろんな番宣がありーの。去年から早く観たいと思っていた作品です。 なんといってもスクーデリア・フェラーリファンとしては、、、あのニキ・ラウダを題材にしたヒューマンド...
[映画『RUSH/プライドと友情』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・面白かったです!  F1レースの世界を舞台にした、定番のともいえる、天才(ジェームス・ハント)と秀才(ニキ・ラウダ)のライバル関係の物語。  舞台は、1976年、グランプリは熾烈を極め、二人は「デッドヒート」を繰り広げていた。  ロン・ハワード...
「ラッシュ/プライドと 友情」 極限での生き方 (はらやんの映画徒然草)
小学生の頃、スーパーカーブームが起こりました。 ご多分に漏れずスーパーカーに夢中
ラッシュ/プライドと友情  RUSH (映画の話でコーヒーブレイク)
昨年末から映画館の予告編で、TVで盛んにCMしているロン・ハワード監督作品。 飛行機の中で鑑賞。 旅行の帰路、小さなモニターで見たので、レースの迫力は感じられず、旅の疲れで時々ウトウトしてしまって…何度か巻き戻してみたので、しっかりと内容を理解できたのか?ち...
ラッシュ プライドと友情 (迷宮映画館)
生涯の一本を塗り替える・・・って言うのは、気恥しくないかなあ~。
「RUSHープライドと友情ー」 (ここなつ映画レビュー)
この作品を観に行ったのは、東京に大雪が降った日の事でした。どうしても済ませなければならない用事があり、こんな天気にわざわざ出掛けるのだからついでに観て来よう、と。暇を持て余している次男が一緒に行きたいと言うので、「観るのはこの作品。それでもいい?」と念...
スピードを追い求める2人の (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。 壮絶なタイトル争いを繰り広げた F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント 性格もドライビングスタイルも正反対の2人の死闘とライバル関係を描く F1を描いた作品ながら、ラウダとハント 2人...
ラッシュ/プライドと友情 (いやいやえん)
【概略】 1976年、F1黄金時代。世界を熱狂させた二人のレーサーがいた。ドライビングテクニックも私生活も情熱型のジェームス・ハントと、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダだ。シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開けた。ジリジリと迫るハントを制し、ラウ...
映画「ラッシュ/プライドと友情」レビュー(伝説のFIレーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ラッシュ プライドと友情」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと
「ラッシュ/プライドと友情」 (或る日の出来事)
ふたりのライバルの生き方の対照が、よく出ている。
ラッシュ/プライドと友情 (Rush) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロン・ハワード 主演 クリス・ヘムズワース 2013年 イギリス/ドイツ/アメリカ映画 123分 ドラマ 採点★★★ 特にスポーツをやっていたわけじゃないので、所謂ライバルって存在には縁のなかった私。仕事や趣味の場など人間関係においても、好き嫌いが激しく...