映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

マザーウォーター

2010年11月16日 | 邦画(10年)
 「かもめ食堂」のスタッフが再集結して作った作品だというので、これまでの腐れ縁(?!)もあって『マザーウォーター』を見に銀座シネスイッチに行ってきました。

(1)例によってストーリーらしいストーリーは一切ありません。
 登場人物は、小さなバーを営むセツコ小林聡美)、喫茶店を経営するタカコ小泉今日子)、それに豆腐屋のハツミ市川実日子)。
 3人とも地元の人ではなく、別の土地からここに流れてきたようです。
 3人とも一人暮らしで(家族関係は一切不明)、映画開始時点まではお互いの交流もなく、それぞれ毎日、客にウイスキーやコーヒーを出したり、豆腐を売ったりする、一見単純そうな仕事をしているだけです。
 そこに、家具工房で働いているヤマノハ加瀬亮)とか、銭湯を営むオトメ光石研)、オトメ湯の手伝いをしているジン永山絢人)がお客として登場してくると、状況はほんの少しだけ動くように見えます。
 これらすべてをネットに包み込んでいるのがマコトもたいまさこ)という老婦人であり、彼女がよく釣れている赤ん坊のポプラ(オトメの子供でしょうか)です。

 人物設定はこれだけであり、舞台設定も、映像として映される光景から京都の鴨川周辺だとわかりますが、積極的にどこと特定されているわけではありません。なにしろ、登場人物は皆標準語を使いますし、町の人も京都弁丸出しでもありませんから。
 また、豆腐屋は別として、セツコのバーにせよタカコの喫茶店にしても、最小限のものしか置いておらず、飾り気がまるでないのです。
 さらに、セツコの出すアルコールはウイスキーだけですし(理由は、その方がこの土地に合っているからとされます)、タカコもひたすらコーヒーを淹れています。また、ハツミも専ら豆腐を売るだけです(お客は、店先のいすに座って豆腐を食べています)。
 言ってみれば、かなり抽象的な空間に若い女たちが宇宙から降り立って、抽象的に生活しながら、そこにいる年寄りや男らと暫時交流する(あるいは、どこの誰ともわからぬ女たちが、具体性の乏しい土地で、定かでない仕事をしながら、その土地に住んでいるこれまたどこの誰ともわからぬ人たちと、何となく交流を深めていく)、という感じでしょうか。

 出演者に関しては、やっぱりこうした映画には、小林聡美ともたいまさことが不可欠なのだなと説得されてしまいます。ただ、二人とも、今度の作品では、随分と哲学者然とした感じを出しています。
 小林聡美が、コップに大きな氷を入れ、それにウイスキーと水を注ぐ様子は、茶道のお手前とそっくりの雰囲気を持っています。



 また、もたいまさこは、黙って何もしゃべらないところに、観客は何かメッセージ性を感じたわけですが、今回のように人に指針を与えるようなセリフを話すようになると、ややウザッタさを感じてしまいます。




(2)今回の映画は、これまで同じスタッフが製作してきた『かもめ食堂』、『めがね』、そして『プール』で描かれた状況を一段と抽象的にしたように思えます(監督は、前二者が荻上直子、最後が大森美香。今回の作品では松本佳奈)。
 そうであれば、見る方は、色々な手がかりから、勝手に自分だけの解釈を作り上げて映画を具体的にしても、それがいくら突拍子のないものであっても、文句を言われる筋合いはないでしょう!

 そこで、クマネズミとしては、マコト(もたいまさこ)が風呂屋で働くジンに対して、「分析ばっかりしていても仕方ないんだよ。そんな季節はもう終わっちゃっているんだから」と言う場面を基点にして、この映画は“革命”を求めているのではないか、その予兆に登場人物の皆がとらえられるのではないか、と解釈してみたくなりました。
 マコト(もたいまさこ)は、そのことを告げに宇宙のどこかから使わされてきた者であり、告げられた男たちは、同志を集めに行ったりします(ヤマノハは、セツコに促されて、姿を消した同僚に会いに行きます)。また、女たちも、革命の準備に取り掛かります(3人の女たちは、ハツミの出身地に一緒に行ってみようとしています)。
 そして実際の革命の戦士は赤ん坊のポプラなのです(男たちや女たちの間で循環される間に、彼らから革命のエネルギーを貰い受けます)!
 それが実際に達成できるかどうかは、セツコがつくる水割りに使われる水、タカコが淹れるコーヒーに使われる水、そしてハツミが作る豆腐に使われる水の善し悪しによるのでしょうが、藤森神社から汲んできた水を使っているのであれば問題ないでしょうし、なんといっても舞台は鴨川沿いなのですから!

 こんないい加減な空想を許してしまうのですから、今回の作品は、マンネリ化の傾向が窺えるとしても、マズマズの出来栄えではないか、と思ってしまいます。

(3)渡まち子氏は、「物語ともつかないエピソードをコラージュした、人と場所だけを描く映画だ」が、「散歩する人として登場するもたいまさこは、出会う人となんのためらいもなく接しながらも、根本的には「一人で生きている」ことに喜びと誇りを持っている。尊重するのは、ゆるりとつながる関係性。そんなムードが現代社会のやんわりとした孤独にマッチしている」として55点を与えています。




★★★☆☆




象のロケット:マザーウォーター
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロッシング | トップ | セーヌと隅田 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うーん何も起こらないのは疲れる (q お初♪ですね)
2010-11-16 14:17:11
お初のqです
えーと・・・トラックパックありがとです
結構ズバズバ書いてしまうヤツでして
「闇討ちされたらどうしよう」とか思ったりするんですけど・・・
思っちゃったんだからしょうがない♪と書いてます。
さてさて この作品は・・・
生まれも育ちも代々続く 上野公園目前は鶯谷は根岸のqでして
育った地がまた荻窪→現在は都下
なので、ガヤガヤゴミゴミフェィク大好き。ザワザワしている中に1人ですすすっと入っても平気
この映画のような生活は出来ませーん
というか隠遁生活だか引退ライフはこの歳で飽きるわっと思って観てました
ただ「旅」する地には良いな〜って思う
それからやっぱ「食べ物」チェックしてました♪
♪業務連絡♪
qのブログにリンク貼り良いですか?
Unknown (ふじき78)
2011-01-11 00:37:56
「水が主役というなら、誰か水源に毒でもぶち込んで、前後の比較実証とかやらんと本当の水の良さと言うのは分からんだろ」とか暴論を吐けるくらい退屈しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マザーウォーター (佐藤秀の徒然幻視録)
現代版方丈記 公式サイト。松本佳奈監督、小林聡美、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子、永山絢斗、光石研、もたいまさこ。人の声も、水の音も、コーヒーを挽く音も、足音も、みな平等に拾音されていて、まるで映像の中にもう一人目に見えない旅人がいて、ボンヤリと傍観し...
マザーウォーター/小林聡美、小泉今日子 (カノンな日々)
劇場予告編を最初に観たときはてっきり荻上直子監督の作品かと思いましたけど、今作は『かもめ食堂』『めがね』と同じスタッフながら監督は同作品でメイキングを担当されていた松本佳奈さんという方だそうです。でもあの映像のタッチとこのキャストでは荻上作品だと思って...
マザーウォーター (いい加減社長の日記)
先週の土曜日に観ようと思っていたんだけど、台風接近中www ということで、月曜の映画サービスデーに、会社を抜け出して、「マザーウォーター 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日の割には、多め。
【マザーウォーター】 (日々のつぶやき)
監督:松本佳奈 出演:小林聡美、小泉今日子、もたいまさこ、加瀬亮、市川実日子、永山絢斗、光石研 あしたへは、ダイジなことだけもってゆく。 「どこかの小さな街 そこで暮らす人々の穏やかで静かな日々」 ウイスキーしか置いていないバーの店主セツコ コ
たゆたゆと、風に吹かれて。『マザーウォーター』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・いろいろと中身に触れています。鑑賞後にどうぞ。たゆたゆと、風に吹かれて『マザーウォーター』。あぁ京都はエエなあ(と、言いつつ、実は京都弁の出てこないあたりが、この映画の秘密。京都が舞台でも、どこで
マザーウォーター(2010) (銅版画制作の日々)
 MOVX京都にて鑑賞。あしたへは、ダイジなことだけもってゆく。今回は何となくシネコ...
マザーウォーター (シネマDVD・映画情報館)
マザーウォーター スタッフ 監督: 松本佳奈 キャスト 小林聡美 小泉今日子 加瀬亮 市川実日子 永山絢斗 光石研 もたいまさこ 劇場公開日:2010-10-30
マザーウォーター (悠雅的生活)
水。花。木の椅子。ぴとぴと変化する。。。
行く川の流れは絶えずして〜『マザーウォーター』 (真紅のthinkingdays)
 早春の京都。滔々と川の流れるこの街では、人も時間もゆったりと、流れるよ うに過ぎてゆく。ウィスキーしか出さないバーを営むセツコ(小林聡美)。コーヒー がおいしい喫茶店を営むタカコ(小泉今日子...
マザーウォーター (そーれりぽーと)
Pascoの映画第四弾、『マザーウォーター』を観てきました。 ★★★★ 『かもめ食堂』『めがね』の荻上監督が離れ、監督を変えて臨んだ第三弾『プール』はバッタモン映画のような出来。 さらに監督が変わった本作は…キャストと空気はシリーズとして保っているものの、原...
マザーウォーター (だらだら無気力ブログ)
『かもめ食堂』『めがね』『プール』を手掛けた製作チームが、 今度は京都を舞台に描く癒しのスローライフ・ムービー。 街の中を流れる川の水に引き寄せられるように京都に暮らし始めた3人の 女性を中心に、ゆったりと流れていく男女7人の日々の営みを美味しそうな 料...
「マザーウォーター」 (或る日の出来事)
何も特別なことは起きない。普通の日常。
マザーウォーター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
流れる時間に身を委ねるように「人」が「場所」に集うさまを描いてきた、『かもめ食堂』、『めがね』、『プール』の制作プロジェクトから、また新たな作品が誕生する。物語:不変な中にヒタヒタと進化を続ける、そんなシンプルな美意識を貫いてきた街、京都。街をよこぎる...
マザーウォーター (LOVE Cinemas 調布)
京都を舞台にゆったりとした流れの中で豊かな生活を送る人々を描いた作品だ。『かもめ食堂』、『プール』を手がけた製作チームが集結し、今回は松本佳奈監督が演出を務めた。出演は小林聡美、もたいまさこ、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子といった実力派が揃う。独特の京...
『マザーウォーター』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「マザーウォーター」□監督 松本佳奈 □脚本 白木朋子、たかのいちこ□キャスト 小林聡美、小泉今日子、加瀬 亮、市川実日子、永山絢斗、光石 研、もたいまさこ、田熊直太郎、伽奈■鑑賞日 10月31日(日)■劇場 チネチッ...
マザーウォーター (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
マザーウォーター オリジナル・サウンドトラック水をキーワードに描く癒しの物語は、見ている間は気分がいいが見終わって何も残らない。それが“水”そのもののように感じれば、作品に寄り添えるだろう。京都に住む3人の女たち、セツコ、タカコ、ハツミ。彼女...
マザーウォーター☆独り言 (黒猫のうたた寝)
京都に流れる川を中心に置いて、その界隈に住む住人にスポットを当てて淡々と生活が描かれた作品。ウィスキーしか置かないバーを経営するセツコさん。小さなカフェを開店したタカコさん。店先でできたての豆腐を食べさせてくれるハツミさん。街並みを毎日散歩しているマコ...
マザーウォーター (ケントのたそがれ劇場)
★★☆  『かもめ食堂』や『めがね』のキャストに加えて、キョンキョンも出演するというので観たのであるが、正直かなり退屈な映画であった。途中何度も睡魔に襲われ、もうちょっとで白河夜船という状態が最後まで続いた。 近所のマダムたちがリレー式に銭湯の子供の面...
マザーウォーター (ダイターンクラッシュ!!)
2010年11月7日(日) 16:45〜 TOHOシネマズららぽーと横浜10 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『マザーウォーター』公式サイト フリーパス13本目。 もたいまさこ、小林聡美、加瀬亮だよ。例のキャストだ。 荻上直子は、新作が公開されたばかりなの...
マザーウォーター (Diarydiary! )
《マザーウォーター》 2010年 日本映画 京都の川沿いに住む3人の女性と、その
マザーウォーター 2010年日 ☆3.1(5点満点) (映画に浸れ。)
Mhb vol.1144.メルマガ原稿  松本佳奈監督。もたいまさこ、小林聡美、小泉今日子出演。  京都に引っ越してきて、豆腐屋を切り盛りするハツミは、ある客から「店先で食べていくよ」といわれ、椅子としょうゆを用意した。同じく京都に引っ越してきたセツコは、ウイスキ...
マザーウォーター (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
あしたへは、ダイジなことだけもってゆく。 古都京都を舞台にしたスローライフムービー。 京都の町で暮らし始めた三人の女たち。ウィスキーしか置いていないバーを営むセツコ、疎水沿いで喫茶...
マザーウォーター (シネマ大好き)
 京都の静かな川べりで、店をもつ3人の女たち。ウイスキーしか置いていないバーのセツコ(小林聡美)、喫茶店のタカコ(小泉今日子)、豆腐屋のハツミ(市川実日子)。  セツコの店には、家具工房で働くヤマノハ(加瀬亮)がしょっちゅう水割りを飲みに来るし、タカコの...
映画「マザーウォーター」 (Andre's Review)
  マザーウォーター 日本 2010 2010年10月公開 劇場鑑賞 「かもめ食堂」、「めがね」、「プール」につづくシリーズ4作目。このシリーズは全て劇場鑑賞しているので今回も楽しみにしていました。 舞台は京都。 ウィスキーバーを営むセツコ(小林聡美)、喫茶店でコ...
『マザーウォーター』をパルコ調布キネマで観て、自分には不適合な男ふじき☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆癒しとみるか退屈とみるか】    こういうのが好きな人がいる事は分かるが、 基本、何も起こらない話を淡々とゆっくり、超低速で語るなんてのは、 よっぽど上 ...
「マザーウォーター」 (2010 パセリ商会) (事務職員へのこの1冊)
 きっと、怒られることと思うので先に言っておきます。わたしはこの映画を観るべき観
「マザーウォーター」 (俺の明日はどっちだ)
・ 「かもめ食堂」、「めがね」、「プール」と続く小林聡美主演の一連のシリーズ(と言えば良いのかな?)の最新作であるこの映画を先日観て、実は正直言って困ってしまったのだ。 ウィスキー(しかも“山崎”だけ)しか置いていないバーを営むセツコ(小林聡美)。同じ...
マザーウォーター (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
マザーウォーター'10:日本◆監督:松本佳奈◆出演:小林聡美、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子、永山絢斗、光石研、もたいまさこ◆STORY◆どこにでもあるような小さな街の小さなバー。 ...
マザーわんこ (Akira's VOICE)
「犬とあなたの物語 いぬのえいが」 「マザーウォーター」 
マザーウォーター (いやいやえん)
かもめ食堂からの流れの一連の作品のひとつですが、な〜んかこれはしっくりこなかった。それぞれのお店が閑散としていてそれは既に個性やこだわりじゃなくて閑古鳥が鳴いているのではとも思う。 こだわりを、楽しむ。各自一生懸命こだわりを大切に毎日を過ごす。そし...
マザーウォーター (とつぜんブログ)
監督 松本佳奈 出演 小林聡美、小泉今日子、市川美日子、もたいまさこ、加瀬亮、光石研  出てる俳優さんたちを見ると荻上映画の常連さん。「めがね」では、小林、市川、もたいといった荻上組に加えて薬師丸ひろ子が出てた。この映画には小泉今日子だ。フードスタイリ...