映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

アウトレイジ ビヨンド

2012年11月03日 | 邦画(12年)
 『アウトレイジ ビヨンド』を渋谷TOEIで見てきました。

(1)ビートたけし監督の作品はこれまでも随分と見ていることもあり、特に前作の『アウトレイジ』が面白かったので、遅まきながら映画館に出かけてみました。

 物語は、警察官の死体の入った乗用車を海から引き上げるところから始まります。
 どうやら、暴力団「山本会」を内偵中だった刑事が、殺されたようです(注1)。
 今や山本会は、かなりの大組織になっていて、初代会長を排除して二代目会長の座に就いた加藤三浦友和)と、大友組(組長大友ビートたけし)を裏切ってその右腕となった若頭の石原加瀬亮)とが会を牛耳っています(注2)。



 これを快く思わない古参幹部の富田中尾彬)は、関西の暴力団「花菱会」のサポートを受けようとしますが、逆にそのことを知った加藤会長(注3)に射殺されてしまいます。
 こうした動きの背後でいろいろ画策しているのが、“マル暴”刑事の片岡小日向文世)(注4)。
 前作において刑務所内で殺されたはずの大友ですが、実は生きていて(注5)、片岡は、この大友を使って加藤や石原に揺さぶりをかけようともします(注6)。



 “マル暴”刑事の片岡としては、巨大組織になった山王会の力をなんとしてでも削いで手柄を立てたいのでしょうが、果たしてそんなことが上手くいくのでしょうか、大友の運命はどうなるでしょうか、……?

 本作も、前作について申し上げたのと同様、「組の名前と組同士の関係、誰がどの組に所属しているのかさえ把握してしまえば、今回の北野作品はとても理解が容易で、映画自体を娯楽作品として楽しむことができる」ように思われます。
 そして、前作について『ソナチネ』との違いを申し上げましたが、本作のラストにおいて、ビートたけし扮する大友が、仲間の葬儀の際に、片岡から拳銃を受け取った後(注7)、山王会と花菱会の面々が打ち揃う葬儀場に乗り込みますが、『ソナチネ』において、主人公(ビートたけし)が、自分たちを抹殺しようとする組織の本拠にマシンガンを持って乗り込んでいく姿を彷彿とさせました。

 さらに、本作においては、前作同様、これまで北野作品では見かけなかった俳優とか、「ヤクザ映画には向いていなさそうな俳優」が多数見られるのも興味深いことです。
 前作との重複を避けると、花菱会の若頭に扮する西田敏行、同会幹部の中田役の塩見三省、片岡の部下の刑事を演じる松重豊、ヒットマンの高橋克典、などなど。

(2)この映画を見て、登場人物たちの怒り方に面白さを覚えました。
 なかでも、花菱会若頭の西野に扮した西田敏行とか、同会幹部の中田役の塩見三省の怒りの形相には、年期が入っているとでもいったらいいのか、すさまじいものがあります。



 これに対して、主役の大友役のビートたけしの怒りの面貌は、また違った感じです。
 怒りをそのまま派手に表に出さずに、押さえていながらも、心の中は激しく燃え立っているというところでしょうか。



 ありきたりの連想で恐縮ながら、奈良の東大寺戒壇院の四天王とか、新薬師寺の十二神将といった仏像の忿怒の面構えを思い出してしまったところです。
 例えば、西田敏行や塩見三省の怒りの様は、十二神将の「伐折羅大将」に似ているように見えます。



 また、ビートたけしの怒り方は、戒壇院の四天王のうちの「広目天」でしょうか。



 こんな変なことを思いながら本作を見るのも、また楽しいかもしれません。

(3)渡まち子氏は、「ヤクザ社会の壮絶な下剋上のその先を描く「アウトレイジ ビヨンド」。ヤクザ社会と政治の世界は実に良く似ている」として60点を付けています。



(注1)山本会の若頭・石原は、国土交通省の大臣や課長にも手を伸ばしていたところ、それを内偵中だった刑事が殺されたわけながら、映画ではこの側面は余り展開しないまま終わります。
 ただ、暴力団内の若い者が警官殺しの犯人として差し出されると、片岡は、その若い者を無理矢理犯人に仕立て上げますが、こんなところは、昨今の“でっち上げ”捜査批判というところでしょう。

(注2)加藤会長は、「これからは実力主義でいく」といい、若頭・石原も「これからはデカイ金を動かす」といったりして、まるでどこかの国の金融機関の感じです。

(注3)花菱会の会長(神山繁)から、富田がやってきた旨の連絡が入ります。これは、花菱会と山王会とが盟友関係(仙台会長の時に和平協定を結んでいます)にあることによってなのですが、実は、花菱会も東京進出を狙っているようなのです。

(注4)山王会の古参幹部の富田が、花菱会の幹部と会えるようにお膳立てしたのも片岡なのです。
 その前に富田に会い、片岡は、「最近の山王会はやりたい放題で困る。加藤会長が引退し、富田さんに変わってもらいたい」などと焚き付けます。

(注5)大友が殺されたとの情報を流したのは片岡のようなのです。

(注6)若頭の石原は、大友組を裏切って山王会に入ったのですから、大友が仮出所したことを知ると恐怖に駆られます。また、加藤会長も、大友組潰しを指令した張本人なため、大友が恨みを抱いてもおかしくはありません。
 ただ、大友自体は、仮出所後は、暴力団に戻ろうとはしなかったのです。
 そこで、片岡は、大友を刑務所内で刺したはずの木村(中野英雄)―先に出所しています―を大友に料亭で引き合わせ、木村の力で大友を加藤会長に立ち向かわせようとします。

(注7)大友は、片岡から受け取った拳銃でまず片岡を撃ち殺してしまい、それから葬儀場に向かうわけですが、……。



★★★☆☆


象のロケット:アウトレイジ ビヨンド
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミステリーズ | トップ | アルゴ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゴーダイ)
2012-11-03 09:29:39
おひさしぶりです!
怒り方が違うってなるほどって思いました。
たけしさんって笑ってても目が笑ってないというか、「野球やろうか?」の顔が特に怖かったです。

今回って片岡刑事が終始出ずっぱりで片岡の栄光(?)と没落って感じでしたよねw
怒り方 (えい)
2012-11-03 13:58:00
こんにちは。

あまりにもオモシロい記事だったので、ツイッターで紹介させていただきました。事後承諾ごめんなさい。
https://twitter.com/durhum2
Unknown (クマネズミ)
2012-11-04 17:46:42
「ゴーダイ」さん、こちらこそご無沙汰いたしております。
コメントをわざわざありがとうございます。
映画の実際の場面にはもっとものすごい表情が沢山見られるのに、こんな貧弱な画像しか掲載できなくて申し訳ありません。
それから、おっしゃるように今回の映画は片岡の「栄光(?)と没落」と言えるでしょうが、小日向文世にうってつけの役柄ではないかと思いました。
お礼 (クマネズミ)
2012-11-04 17:48:33
「えい」さん、「ツイッターで紹介」していただくなんて望外の幸せです、ありがとうございました。
Unknown (ふじき78)
2013-03-02 08:42:24
ちょっと脇にずれた話をします。
ウルトラマンはアルカイック・スマイルなどとの論評をどこかで読んだ覚えがあるのですが、激怒を背にしたウルトラ兄弟は一人も思い浮かばない。ウルトラマンもああ見えて沸々と怒ってるのかもしれいなあ、など記事を読んで思ったりしました。
Unknown (クマネズミ)
2013-03-02 11:02:15
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
怒りは、それを表に目に見える形で出さない人のものが一番激しいとかいいま
すね。それでいくと、お釈迦様の怒りが極北なのかもしれません!
下劣な男たちの カッコ悪くも カッコいい生き方 (zebra)
2013-03-17 21:21:39
裏切り 陰謀 罵声 前作もよかったが 今回の続編もよかったです。

>西田敏行や塩見三省の怒りの様は、十二神将の「伐折羅大将」に似ているように見えます。
そういわれてみれば そうみえますね。 マジでこわいですよ^^
 じゃあ、神山繁さんが演じた花菱会の会長が怒るとは 弥勒菩薩が怒った顔になるのでしょうか(笑い)

>大友は、片岡から受け取った拳銃でまず片岡を撃ち殺してしまい、それから葬儀場に向かうわけですが、……。
 大友は まず葬儀の場で ドンパチなんて バカなことは やらないでしょうね。それやったら まず逃げ場がなく 殺されてただろうし、その仲間の葬式を
ぶち壊すなんて 筋を通す大友にとって できるわけないだろうし 。 やるなら 街中で やりますね。

 片岡については下劣過ぎて 言葉失う・・・
大友が手を下さなくても 山本会からも花菱会からも 影で私利私欲で煽動してることを見抜かれて 殺されてましたよ。 まず片岡は 今回は助からないなって・・・
カッコいい死に方 (クマネズミ)
2013-03-18 06:29:19
「zebra」さん、コメントをありがとうございます。
「弥勒菩薩が怒った顔」とは想像するだけで笑ってしまいますね!
なお、「大友はまず葬儀の場でドンパチなんてバカなことはやらない」
とのことですが、クマネズミは、本文に書きましたように、ラストは、「『ソ
ナチネ』において、主人公(ビートたけし)が、自分たちを抹殺しようと
する組織の本拠にマシンガンを持って乗り込んでいく姿」と二重写し
になっているのではと思い、それも、マシンガンではなく拳銃を手にして
いるだけですから、まさに自らカッコよく死にに行くのだと思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『アウトレイジ ビヨンド』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「アウトレイジ ビヨンド」□監督・脚本 北野 武 □キャスト ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬 亮、中野英雄、松重 豊、       小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾 彬、       神山 繁、...
アウトレイジ・ビヨンド (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/outrage2/ 前作は鑑賞済み。 北野作品はあまり観ないんだけど、おいらにしては珍しく観てしまった前作が予想外に面白かったので本作の鑑賞も当然の結果。 5年前、ヤクザ界での生き残りを懸け壮絶な権力闘争に明け暮れた暴...
「アウトレイジ ビヨンド」復讐を手助けした先にみた本当に復讐すべき相手への復讐劇 (オールマイティにコメンテート)
「アウトレイジ ビヨンド」(R15+指定)は2010年6月に公開された「アウトレイジ」の続編で、刑務所を出所した元やくざが復讐のために一肌脱ぎ抗争を起こして復讐していくストー ...
アウトレイジ ビヨンド (佐藤秀の徒然幻視録)
一生ヒラでいいですよ! 公式サイト。北野武監督、ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、松重豊、小日向文世、中野英雄、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、 ...
アウトレイジ ビヨンド (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆」  模範囚が刺されるかよ。  そういえば刺されてましたね。  北野映画初の続編映画ついに公開!言うまでもなくこの映画は何ヶ月も前からすっ
アウトレイジ ビヨンド  監督/北野 武 (西京極 紫の館)
【出演】  ビートたけし  三浦 友和  小日向 文世  加瀬 亮  中野 英雄 【ストーリー】 5年前の抗争を経て、暴力団・山王会は若頭だった加藤が会長の座につき、政界をも恐れさせる巨大組織になっていた。今では大友組の金庫番だった石原が若頭として山王会を牛耳っ...
『アウトレイジ ビヨンド』 やさしい漫才映画 (映画のブログ)
 「日本人は想像力を使えなくなっている。映画では前より倍しゃべって説明しないとダメになった」  かつて、極めてセリフの少ない映画を撮っていた北野武監督が、こう語っている。  「テレビでさえ吹き...
アウトレイジ ビヨンド/ビートたけし (カノンな日々)
北野武監督によるバイオレンス・ムービー『アウトレイジ』のまさかの続編です。続編の製作は最初から構想にあったのか、それとも前作のヒットを受けてこれなら確実にヒットが見込 ...
アウトレイジ ビヨンド (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 アウトレイジビヨンド オリジナル・サウンドトラッククチコミを見るヤクザ社会の壮絶な下剋上のその先を描く「アウトレイジ ビヨンド」。ヤクザ社会と政治の世界は実に良く似 ...
アウトレイジ ビヨンド (Akira's VOICE)
ハリウッドよ、これが日本のヤクザだ。  
『アウトレイジ ビヨンド』 言葉の抗争劇 (Days of Books, Films )
Outrage Beyond(film review) フレンチ・ノワール『そし
アウトレイジ ビヨンド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(F) バッティングセンターの新しい利用方法とは(笑)
日本映画「アウトレイジビヨンド」、所詮ヤクザ映画です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆      やくざ映画好き ☆☆☆☆ ベネチア映画祭では無冠だった。その時のタケシのせりふ、「所詮やくざ映画だから」 前作「アウトレイジ」の続編となる本作、やはり前作を見ておくか予備知識を持ってみた方がいい。 今回は、新しい組長の「山...
映画『アウトレイジ ビヨンド』★マイルドな娯楽でもラストは辛味がドバドバ効く〜雑感です。 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158465/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。      (結末ぼかしながら雑感です)     実は、楽しみにしていました☆ 「バカヤロウ」「コ...
「アウトレイジ ビヨンド」:たまにはヤクザ映画を (大江戸時夫の東京温度)
映画『アウトレイジ ビヨンド』(英語的には“Beyond Outrage”=激怒
[映画『アウトレイジ ビヨンド』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆なんか、見たくてたまらなくて、レイトショーに駆けつけた。  もう、初っ端から、ひたすらに繰り返される相手を威嚇する声の応酬がが非常に心地良い。  出てくる悪党どもの、表情の一つ一つが面白い(人間の顔って、不思議な陰影を浮かばせるよね、特に西田敏行^^...
もっと 「悪いやつら」 〜『アウトレイジ ビヨンド』 (真紅のthinkingdays)
 服役中の大友組元組長・大友(ビートたけし)は、マル暴刑事片岡(小日向 文世)の企みで仮出所する。片岡は、関西を牛耳る花菱会と、関東の山王会 に抗争を仕掛けようと画策していた。出所した大友は、...
アウトレイジ ビヨンド (だらだら無気力ブログ!)
今回も「コノ野郎!」の嵐
アウトレイジ・ビヨンド (うりぼうのシネ煉獄)
 「ビヨンド beyond」は「…の向こう」という意味ですね。前作「アウトレイジ」から5年経ったという設定の続編です。  それにしても混んでいた!   地元旭川のシネコンというのは話題作でも平日の朝イチの回とかは割りとすいていて快適に観られるもんなんですが、今...
アウトレイジ ビヨンド (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 皆悪人。がキャッチコピーだから、悪
【アウトレイジ ビヨンド】完全続編で最終回だぜコノヤロウ! (映画@見取り八段)
アウトレイジ ビヨンド 監督: 北野武 出演: ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、田中哲司、名高達男、光石研、井坂俊哉、塩見三省、中尾彬、中原丈雄、神山繁 公開: 2012年10月6日   201...
アウトレイジ ビヨンド (徒然なるままにデジタる日記)
本日映画鑑賞2本目。 公式:アウトレイジ ビヨンド 北野監督の作品はテレビで見た
アウトレイジ ビヨンド (ダイターンクラッシュ!!)
2012年10月7日(日) 19:20〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) 『アウトレイジ ビヨンド』公式サイト フリーパスポート26本目。 相変わらず、「この野郎!」「バカ野郎!」と、一部のプロレスラーのように語彙が貧困なので、頭が悪くなってくるが...
No997『アウトレイジ・ビヨンド』〜男たちの静かなる熱い闘い〜 (パラパラ映画手帖)
男たちの顔、たたずまいがいい。どの顔もすごみがあって、何を考えているのかわからない。ちょうど先週の京都映画祭のシンポジウムで、眉間に皺が寄った顔ができる若手の役者がいない、という話が出ていたが、ここに登場するのは、眉間に皺の入ったような、一筋縄ではいか...
アウトレイジ ビヨンド (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞アウトレイジ ビヨンド 2012年/日本/112分 監督: 北野武 出演: ビートたけし/西田敏行/三浦友和/小日向文世/加瀬亮 公開: 2012年10月06日 公式サイ...
『アウトレイジ ビヨンド』 2012年9月25日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
本日の2本目は、『アウトレイジ ビヨンド』 を試写会で鑑賞しました。 いや〜面白かった でも、やっぱり体調悪いからか長かった 少し間延びしているね 【ストーリー】  5年前、ヤクザ界での生き残りを懸け壮絶な権力闘争に明け暮れた暴力団「山王会」は関東の頂点を...
映画を観た〜アウトレイジ ビヨンド〜 (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
『アウトレイジ ビヨンド』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
映画 アウトレイジビヨンド オリジナル・サウンドトラックサントラドリーミュージック 今回書かせてもらったのは『アウトレイジ ビヨンド』―恍惚のラスト、北野映画の到達点。 あのラストシーンに様々な思いを巡らせた人も多いはず。 ラストショットに込められた北野...
「アウトレイジビヨンド」感想 (流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜)
 全世界待望の北野武監督×ビートたけし主演最新作は、2010年公開の極道映画「アウトレイジ」の続編。  前作から5年、仮釈放した元大友組組長・大友の、今や政界にまで影響を与えるほど勢力を拡大させた山王会への復讐劇を描く。
再び、全員悪人 (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「アウトレイジ ビヨンド」を鑑賞しました。 「アウトレイジ」の続編! 今回も前作と同じく 全員悪人 暴力エンターテイメントを見せてくれましたね 今回は前作よりはストーリーがある感じだったかな とにかく言葉、台詞の言い合いというか その....
「アウトレイジ ビヨンド」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/オフィス北野配給:ワーナー・ブラザース、オフィス北野 プロデューサー:森 昌行、吉田多喜男監督:北野 武脚本:北野 武撮影:柳島克己衣装:黒澤和子編集:北野 武、太田義則音楽:鈴木慶
アウトレイジ ビヨンド (まてぃの徒然映画+雑記)
北野武監督のバイオレンス映画『アウトレイジ』の続編。前作で会長を謀殺した加藤(三浦友和)と、大友組で裏カジノを仕切っていた石原(加瀬亮)が、山王会の会長と若頭となり、山王会は政治や官僚の世界にまで影響力を及ぼすほど強大になっていた。 マル暴で担当して....
『アウトレイジ』『アウトレイジ・ビヨンド』を早稲田松竹で観て、早稲田松竹さん偉いぞふじき★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
ありがとう早稲田松竹。 という感じで満席が出た。 昔だったら、どこでもやったような正続とか新旧二作品の同時上映興行を行える名画座がなくなってしまったのだ。お客は集中す ...
アウトレイジ ビヨンド (銀幕大帝α)
2012年 日本 112分 犯罪/ドラマ/アクション R15+ 劇場公開(2012/10/06) 監督:北野武『アウトレイジ』 脚本:北野武 編集:北野武 出演: ビートたけし『アウトレイジ』・・・元大友組組長 大友 西田敏行『黄金を抱いて翔べ』・・・花菱会若頭 西野 三浦友....
アウトレイジ ビヨンド (のほほん便り)
前作に続き、バンバン、容赦なく人が死んでいく、ハード・バイオレンスでした。 「全員悪人」って言えてますよね。乾いたタッチでテンポよく、ここまで徹すると、エンタメです。 でも、殺しのバリエーションは前作の方がバラエティ豊かだったかな? ほぼ全編、撃つ...