映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

アルゴ

2012年11月05日 | 洋画(12年)
 『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。

(1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。

 ホメイニ革命の際に、アメリカ大使館がイラン側に占拠され、館員が人質になったところ(イラン側は、米国に逃亡したパーレビ国王の引き渡しを要求)、密かに館員のうちの6人が地下道を通って大使館脱出に成功し、カナダ大使館に逃げ込みました。
 そのことが発覚すると、その6人はおろか、人質になった残る52人の館員の命さえも危うくなるという事態。
 大使館の資料は焼却されたり裁断されたりしたものの、脱出した館員の存在が明らかになるのは時間の問題。
 出来るだけ早期に、それも極秘のうちに救出しなくてはなりません。
 CIAの救出作戦のエキスパートであるトニー・メンデスベン・アフレック)が担当者になって、様々な作戦が検討され、最後になってとんでもない案が浮上。でも、それしかないとして上層部の許可が与えられます。
 さあ、果たしてこの作戦はうまくいくのでしょうか、6人の館員の運命は、メンデスは、……?

 トニー・メンデスが考えついた作戦が奇想天外だっただけに、政府上層部の許可を得て実行するまでの紆余曲折、6人の大使館員の積極的な同意を取り付けるという困難な作業、そして実行に移された時に起こる様々の予想外の出来事というように、この映画には観客をハラハラさせる要素がてんこ盛りで、なかなかよくできた娯楽作品だと思います。

 監督で主演のベン・アフレックは、昨年の『ザ・タウン』で見ましたが、その映画と同様、事態の変化に対してあくまでも冷静に対応する主人公を的確に演じていると思いました。




(2)本作では、事実に基づいて制作されたと最初に断り書きが出ますが(注1)、映画の大筋は事実の通りだとしても、かなり脚色されているようです(注2)。
 そんなことは映画を見ていればよくわかりますから、そして描かれていることがフィクションだとわかったとしても見ている者を十分にハラハラドキドキさせますから、何もわざわざ“based on a true story”などと殊更めかしく言わずともと思うのですが(なお、この作戦のことは、18年間極秘扱いされていたとのこと)。
 逆に言えば、嘘っぽい事柄、起こりそうもなさそうな事柄をいかにも本物らしく見せるのが制作者側の腕ではないかと思うところ、“based on a true story”と言ってしまえば、いい加減なところで手を打てるのではないでしょうか(「事実なんだから仕方がない」などとして)?

(3)渡まち子氏は、「派手な銃撃戦や爆発などないのに、尋常ではない緊張感が漂う脱出劇のクライマックスは、間違いなく一級のサスペンス。隠し味は映画愛なのだから、映画好きにはこたえられない」として80点をつけています。



(注1)映画の最後に、当時のカーター大統領とメンデスや6人の館員との写真が映し出されたりします。
 また、劇場用パンフレットの「Introduction」には、「いま、すべてが真実の、命がけの“映画製作”が始まる―!」などと書かれています(映画の公式サイトの「イントロダクション」でも、「信じられなくて当然だ。だが、全てが実話なのだ」とあります)。

(注2)英語版Wikipediaの『Argo(2012 film)』の項では、「The movie is based loosely on former Central Intelligence Agency operative Tony Mendez's historical account of the rescue of six U.S. diplomats from Tehran, Iran during the 1979 Iran hostage crisis」とされていて、なおかつ「Historical Inaccuracies」の項まで設けられています。

 そこではいくつもの論点が記載されていますが、例えば、
a.カナダでは、映画が、CIAの役割をプレイアップしている代わりに、カナダ政府、特に脱出作戦におけるテイラー・カナダ大使の役割がないがしろにされているとの批判が巻き起こったようです。
 例えば、映画では、6人の脱出に際し、テヘラン空港で航空券の購入でトラブルが起きそうになりますが、実際には、テイラー大使の妻が、前もって3つの違った航空会社から3つの航空券のセットを購入していたので、こんなことは起きなかったとされています。
 また、6人がバザールに外出するなどといったことも行われなかったようです。

b.さらに、実際には、ニュージーランドとイギリスの外交官も、6人のイランからの脱出には寄与したのだ、との批判も出ているようです(ニュージーランドの外交官が、アメリカ人を空港まで車で送ったようですし、当初はイギリスの外交官がアメリカ人を匿ったようです―場所が危険なのでカナダ大使館の方に移らせたとのこと)。

c.より細かな点を見ると、その項目では次のようなことも記載されています。
・映画では、メンデスは、トルコにあるイラン大使館で入国ヴィザを取得していますが、実際にはドイツのボンにあるイラン大使館だったとのこと。
・映画では、メンデスは、単身イランに乗り込んでいますが、実際にはJulioというパートナーを連れていたとのこと。
・映画では、6人は全員、テイラー大使の公邸に滞在しているように描かれていますが、実際には、そこにいたのは2人だけで、他の4人は他のカナダ大使館員の家で暮らしていたとのこと。
・映画では、カーター政府が救出作戦をぎりぎりになって中止させ、事態が厳しい局面を迎えますが、実際には、カーターが作戦の承認を遅らせたのはわずか30分間だけのことであり、それも、メンデスがイランに向かうべくヨーロッパを出発する前のことだったとのこと。
・映画では、搭乗前の審査において、イラン側の監視兵とメンデスらの一行との間で非常に緊迫する場面が描かれていますが、実際には、技術的な問題によってフライトに遅延が生じただけで、空港における出国審査などには何の問題もなかったとのこと。



・最後の追跡の場面は、すべて作り事。

 こうした事柄は、面白い娯楽映画を製作するという観点からすれば、そしてアフレック監督も、「映画は、 “this is a true story”と言っているわけではなく、“based on a true story”と言っているのだから、“ some dramatic license”は認められる」と述べていることからすれば、どれもこれもどうでもいいことでしょう。
 クマネズミは、こうしたことを書き並べたからと言って、だからこの映画に問題があると言いたいわけでは全くありません。
 むしろ、事実とされていることとは違った様々の味付けこそが、この映画においては重要と言うべきなのではないでしょうか?
 そして、余り“based on a true story”という点を強調しすぎないようにすべきではないかと思います。



★★★☆☆



象のロケット:アルゴ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (69)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウトレイジ ビヨンド | トップ | 終の信託 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そっくりさん (milou)
2012-11-05 11:19:22
なかなか面白かったです。しかも『SAFE/セイフ』と続けて見たので目を背けたくなるほど激しいアクションとラストを除きまったくアクションのない2本の人質救出劇。
その対比も含めどちらも非常に面白かったです。

エンドクレジットでドラマタイズするため一部状況や台詞を変えています、とあるように言うまでもなく“事実”とは違うだろうが
(多分)実際の当時の写真と映画のシーンを並べてメイクまで“事実そっくり”であることを強調しているのだから、今回は(?)“事実に基づいている”と明示するのも許せます。
(その事実がフィクションならもっと面白い?)

ただ1点、見ていてバカか(つまりドラマタイズのため)と思ったのはラストの空港でのシーン、
銃を持った兵士たちが大慌てで追いかけ扉を壊すのに手間取りトラックで離陸した飛行機を追いかける。
空港を支配しているのだから管制に離陸許可をしないように電話1本すれば(映画の設定でも)間に合ったはず。

ちなみに現実には“3つの航空券のセットを購入していた”とのこと。
たしかに天候も含め飛行機が予定通り飛ばないなんて日常茶飯事(僕自身2日足止めを食らったり空港で12時間待たされたこともある)、納得できる話ですね。
しかし(もちろん現実は知らないが)、そのように用意周到に準備するのが通常なら、(特にアメリカ)大使館で機密書類などを瞬時に処分するシステムがあると
思うが映画では非常に時間がかかり、しかもシュレッダーなどという原始的(?)方法なので人海作戦で復元されてしまう。
true story (クマネズミ)
2012-11-06 06:32:51
Milouさん、早々にコメントをありがとうございます。
おっしゃるように、大変面白かったことは“事実”です。
ただ、あまり“事実”に基づいていることをPRで強調し
すぎると、“ものまねグランプリ”になりかねず、また、空
港の監視兵がハリウッドに電話すると、まさに丁度そ
のとき、チェンバースらが事務所に戻ってきて電話を
取るなどといったシーンが白々しく思えてしまうのです
が。
まったくですが (milou)
2012-11-06 09:56:25
それも撮影中だからと足止めをくらいシビレを切らして責任は取ると邪魔して間に合う、それを信じられないぐらい長く待っていてくれる、という“映画的”ハラハラドキドキ。

彼らの地位の高さからからすれば撮影を中断させるのも可能かもしれないし、逆に別に急ぐ用もないだろうし仁義として邪魔することもない。まあ、毎度書いているがアラを許せるかどうかは楽しめたかどうかなので僕の場合、今回は合格ということ。

あと気になったのは映画内の「Argo」という作品(脚本)は架空ではなく実際に書いた人がいる。
Variety誌など各種メディアで、あれほ大々的に宣伝したなら“盗作”だど訴えられる。オリジナルの作者に関する権利関係のエピソードが必要だと思うが…

ちなみに当然僕は前情報ゼロで予告編も見ていないし映画の存在すら知らなかったのでジョン・グッドマンが生きて(?)出てきて驚いた。というのはジョン・キャンディが死んだのと混同して殺してしまったから。
実際にはキャンディ死後も6本見ているのに…
著作権のことなど (クマネズミ)
2012-11-07 06:32:44
Milouさん、再度のコメントありがとうございます。
まさに「“映画的”ハラハラドキドキ」で、テヘラン空港
で、最初のチェックではキャンセルされていた航空券
が再チェックしたらOKとなる場面など、それがまさに
フィクションだからこそ、以後面白くなるぞと見る者を
映画にのめり込ませます。

なお、映画の中の「Argo」の脚本の著作権に関しては、
よくはわかりませんが、シーゲルとチェンバースが脚本
家組合のようなところに出向いて、理事長らしき男のサ
インをもらうことでOKになったのではと思ったのですが?

さらに、ジョン・グッドマンについては、milouさんに言わ
れたので調べてみると、ケヴィン・スペイシーが素晴らし
かった「ビヨンドthe シー 夢見るように歌えば」などいろ
いろと出演しているのですね!
Unknown (ふじき78)
2012-11-11 07:30:30
> “this is a true story”と言っているわけではなく、“based on a true story”と言っているのですから

そう言えば「不幸の手紙」の文章の一部に伝播を遮った人の被害状況を表わすのに「これは本当の話です」とうたってませんでしたっけ。

今回の映画はドキュメンタリーではないし、娯楽映画として嘘があっても構わないし、でも冒頭で「この映画には嘘があります」とまで言っちゃうと見る人が「嘘ばっかなんだろ」と侮って楽しみづらくなっちゃうので、嘘の量の多少にかかわらず、今の紋切り型でいいんじゃないかと思います。

そう言えば確か岡本喜八の映画の冒頭で「この映画はフィクションです」と書く所を筆書きで「この映画は嘘です」と書いた映画があったような。あれはあれで感心したなあ。
 (クマネズミ)
2012-11-12 05:31:18
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
いくらなんでも、「冒頭で「この映画には嘘があります」とまで言」う必要はないと思いますが、他方で、この映画は「“すべて”実話」だというようにPRすることもないのでは、というところです。
なお、「岡本喜八」監督ですが、その『肉弾』でデビューした大谷直子が、久しぶりに『希望の国』に出演しているのには驚きました。

Unknown (ほし★ママ)
2012-11-14 08:08:14
若い頃、胸を躍らせた一連のパニック映画のように
楽しませて頂きました。
緊迫した映画だけど、プロデューサーの一連の行動など
ホッと笑えるシーンもあって私は映画として好きです。
 
史実はあくまでベースとして
今からゆっくりパンフを読みたいと思います。
Unknown (クマネズミ)
2012-11-14 20:32:03
「ほし★ママ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、「史実はあくまでベース」であり、そんな
こととは無関係に、本作は実に「楽し」い作品でした。
真実と娯楽性 (iina)
2012-11-23 09:28:18
事件が成功すると「俺々重要役割り」したと主張したり、細かい描写に確執するものです。“based on a true story”
なのだから、娯楽性を高める意味からも構わないです。
背景に国がからむので、担当者は主張する責任があるのでしょう。だからといって、撮り直すこともなく公開されてます
から、興行的には問題なく、しかも好評されています。
ラストは、恐らくは追っ駆けっこしてないだろうと予想してました。
でも、此方でその真実を知ることは楽しいです。

Unknown (クマネズミ)
2012-11-26 06:32:24
「iina」さん、TB&コメントをありがとうございます。
本作については、注2で申し上げたように、カナダなどで批
判が巻き上がったようですが、それは「すべてが真実の物
語」などとPRするからなのであって、おっしゃるように、フィ
クションをかなりの程度盛り込んでいる点は「娯楽性を高め
る意味からも構わない」と思います。
ハラハラドキドキ (kintyre)
2013-02-09 22:25:51
こんばんは、私もこの映画を観ましたが、最後のシーンでありハイライトでもある、空港から搭乗するまではハラハラしました。
離陸しているのに革命防衛隊が執拗に追跡してきて緊張感に溢れていましたね。
Unknown (クマネズミ)
2013-02-13 06:34:39
Kintyreさん、TB&コメントをありがとうございます。
本作がいくら事実に基づいているといって、そんなことは現実にはあ
りえないと思ったものの、おっしゃるように、「空港から搭乗するまでは
ハラハラ」し通しでした!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

69 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アルゴ (映画感想メモ)
緊張感が続き過ぎてどうにかなりそうだった。見終わった後、作戦全てに関わった人達に
アルゴ (to Heart)
この《実話》は、フィクションよりも大胆 製作年度 2012年 原題 ARGO 上映時間 120分 脚本 クリス・テリオ 監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック/ブライアン・クランストン/アラン・アーキン/ジョン・グッドマン/ヴィクター・ガーバー/テイト・ドノヴァン/クレア...
『アルゴ』 2012年10月16日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アルゴ』 を試写会で鑑賞しました。 あれ、なぜか、入場時に荷物検査が・・・ この映画はどこまで秘密を隠し通そうとしているのか 【ストーリー】  1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人...
アルゴ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 イランからアメリカの外交官を救出す
アルゴ (佐藤秀の徒然幻視録)
偽映画と言っても期待したほど劇的でない 公式サイト。原題:Argo。ベン・アフレック監督・主演。アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、スクート・マク ...
ドッキリカメラ (MESCALINE DRIVE)
ベン・アフレック監督・主演作品、「アルゴ」を観た。 1979年、イランでホメイニ師を指導者とする革命が勃発。米英が担ぎ上げていたパーレビは浪費と圧政によって国民の憎悪を買っていた。パーレビにとって幸福なのは、彼自身の癌治療のためこのときアメリカに渡ったこと...
映画レビュー「アルゴ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Argo: How the CIA and Hollywood Pulled Off the Most Audacious Rescue in Historyクチコミを見る◆プチレビュー◆ウソの映画製作で人質を助け出す驚きの実話「アルゴ」。監督ベン・アフレックの緩急をつけ ...
アルゴ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) 前代未聞の救出劇は映画ファンにはたまらない?(笑)
アルゴ (あーうぃ だにぇっと)
アルゴ@よみうりホール
劇場鑑賞「アルゴ」 (日々“是”精進! ver.F)
6人を、脱出させろ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210260004/ アルゴ (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) (ハヤカワノンフィクション文庫)アントニオ...
アルゴ・・・爽快な真実の物語 (KATHURA WEST・・・Art-Mill)
アルゴ 監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、他 2012/アメリカ オフシャルサイト はらはらドキドキ。あん時(30年ほど前のあん時の混乱をかすかに覚えてい...
アルゴ (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらすじ: 1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートと....
アルゴ  監督/ベン・アフレック (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・アフレック  アラン・アーキン  ジョン・グッドマン 【ストーリー】 1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館が過激派に占拠され、密かに脱出しカナダ大使私邸に逃げ込んだ6人を除く52人の大使館員が人質にとられる。イラン側の要求は、癌治療の...
アルゴ/ベン・アフレック (カノンな日々)
1979年11月にイランで発生した「イランアメリカ大使館人質事件」。長らく機密扱いとされてきたこの事件は劇場予告編でも大々的に謳われているようにまるでハリウッド映画さながらの ...
アルゴ (花ごよみ)
監督、主演はベン・アフレック、 ジョージ・クルーニーがプロデューサー。 1979年イランで起こったアメリカ大使館占拠、 人質事件救出作戦を描いています。 6人がアメリカ大使館から脱出、 カナダ大使の自宅に身を潜める。 ベン・アフレック演じる CIAの人質....
『アルゴ』 (こねたみっくす)
映画製作のロケハンを口実に人質を奪還する。 1979年のイラン革命時に、カナダ大使私邸に逃げ込んだ6人のアメリカ人を架空のSF映画『アルゴ』のロケハンスタッフに偽装させて脱出 ...
アルゴ / argo (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click イランで起きたアメリカ大使館人質事件を社会派ドラマとして、映画化 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」に続き 3作目となるベン・アフレック監督作は、 緊迫感たっぷりで最初から最後まで釘付...
アルゴ・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
事実は映画よりも奇なり。 イラン革命の混乱の中、治外法権のはずの大使館に怒れる過激派学生たちが雪崩れ込み、大使館員とその家族ら52人を人質に、444日間に渡って占拠したアメリカ大使館人質事件。 全...
人質救出大作戦~『アルゴ』 (真紅のthinkingdays)
 ARGO  "Argo fuck yourself! "  1979年。革命下のイランで、アメリカ大使館が占拠された。多くの館員たち が人質となる中、6人の男女が秘かに脱出、カナダ大使私邸に匿われる。見 ...
映画「アルゴ」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客席はほぼ満席。試写会場入場前にカメラチェック&身体検査、上映中には1階席と2階席両端に警備員が観客を監視する厳重な試写会となった。      映画の話  1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが...
アルゴ (悠雅的生活)
人質奪還。絶体絶命。真剣勝負の作り話。
『アルゴ』 (ラムの大通り)
(原題:Argo) ----『アルゴ』って ベン・アフレックが監督・主演した作品だよね。 実話に基づいていると聞いたけど…。 「うん。 この映画は、 1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件と、 その裏で敢行されたCIAによる救出作戦の行方を描いているんだ」 ----...
「アルゴ」:上出来サスペンス (大江戸時夫の東京温度)
映画『アルゴ』は、思った以上に上出来のサスペンス。俳優兼監督として、ベン・アフレ
「アルゴ」 国のため、正義のためというより (はらやんの映画徒然草)
1979年に起きた在イラン米国大使館占拠事件というのは歴史的にみても、エポックな
[映画『アルゴ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆女の子ってのは面白い。 「ポイントを溜めたタダ券が二人分あるから、一緒に行くぞ!」と私が言うと、「そりゃ得したね、やったあ!」と叫ぶのだが、  そもそも、私は、女の子と映画を見に行くときは、必ず相手の分も払うので、いつでも、あなた、「やったあ!」じゃ...
アルゴ/ARGO (いい加減社長の映画日記)
パスしようかとも思ったんだけど、予告編を観ているうちに、面白そうな気がして・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1979年11月4日、イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派がアメリカ大使館を占拠し、52人の人質を取った。 しかし、この混沌の中6人のア...
アルゴ (I am invincible !)
贅沢な浪費と秘密警察サヴァクで国民を苦しめたパーレビ国王を追放した。 同じ頃、亡命していた最高指導者ホメイニ師が帰国。 そんなイランで米国大使館占拠事件が起きた。
『アルゴ』 この緊迫感はたまらない! (コナのシネマ・ホリデー)
18年間封印されていた30年以上前の人質救出作戦の真相。クリントン大統領(当時)によって解禁された実話は、B・アフレックによってハラハラ、ドキドキのスリリングな映画作品に仕上がっていた。なんだか、やけにリアルに感じてしまったその理由は、
アルゴ (そーれりぽーと)
役者の顔で観ない映画を決めてしまいがちなそーれです。 ベン・アフレックのむさ苦しい顔が嫌で観ないでおこうかと思っていた『アルゴ』を観てきました。 ★★★★★ 食わず嫌いせず観てきて良かった。 鬚と前髪で顔の大半が隠れてるベン・アフレックが別人のように見え...
【アルゴ】映画屋は映画のためなら命も捨てる (映画@見取り八段)
アルゴ~ ARGO ~     監督: ベン・アフレック    出演: ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、カイル・チャンドラー、ロリー・コクレーン、クリストファー・デナム、テイト・ドノヴァン、クレア...
アルゴ (映画情報良いとこ撮り!)
アルゴ イラン革命により、アメリカ大使館で、過激派侵入してきた。 そう、52人もの人質取られると言う事件が起きたのだ。 アメリカ人6名が大使館から逃げ、カナダ大使の自宅に逃げ込んだ。 そんな彼らを救出するべく、アメリカが動き出した。 前代未聞の計...
映画:アルゴ Argo 長く極秘にされていたイランからの「奇抜」な救出大作戦。重さ軽さの対比が売り! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アメリカでも公開されたばかり(8/31)のこの映画が日本でもさっそく。 1979年革命真っ最中のイラン。アメリカ大使館が乗っ取られ、52人のアメリカ人外交官が人質に。 その直前に脱出した6人のアメリカ人外交官を救出する秘密作戦。 その方法が奇抜! 「アルゴ」とい....
アルゴ (Akira's VOICE)
地味だけど面白い。  
実話を誠実に描いた作品。『アルゴ』 (水曜日のシネマ日記)
1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件の裏で敢行されたCIAによる救出作戦を描いた作品です。
アルゴ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【ARGO】 2012/10/26公開 アメリカ 120分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、スクート・マクネイリー、クレア・デュヴァル、クリス・デナム、テイト・ドノヴァン、タイタス・ウェリヴァー...
アルゴ  ARGO (映画の話でコーヒーブレイク)
私、ベン・アフレックって苦手でした。 演技も今一つやなぁ()、な~んて思ってました。 しか~し、本作を見て、監督として俳優として「ベン!なかなかやるやないのー!」っと見直しました。                   (偉そうにすみません)。 おそらく、いや....
アルゴ (映画と本の『たんぽぽ館』)
ドキドキ、ハラハラ、早く・・・!早く・・・!                   * * * * * * * * *  イランで実際に起ったアメリカ大使館人質事件に関係した救出作戦を描いた作品です。 監督・主演がベン・アフレックということで、期待が高....
『アルゴ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.10.23 『アルゴ』(試写会)@ワーナーブラザーズ試写室 cocoで当選♪ いつもありがとうございます! これは見たかった! けっこう試写会やってて、見て来た人の評判も良くて見たくてウズウズしてた(笑) よろこんで行って来たー♪ *ネタバレありです! 長文です(o´ェ...
アルゴ / ARGO (勝手に映画評)
CIAが18年間隠し続けたイランからの外交官救出作戦と言う事実を下にした映画です。 1979年11月4日に発生したイランアメリカ大使館人質事件の裏に、こんな物語が隠れているとはねぇ。カバーとして使った身分が、映画撮影スタッフと言う事で、荒唐無稽で、コミカルな印象を...
アルゴ (はるみのひとり言)
試写会で見て来ました。ストーリーは・・・1979年、革命真っ最中のイランで、イスラム過激派がアメリカ大使館を襲撃し、アメリカ外交官52人が人質に取られた。彼らの要求は悪政の限りを尽くして失脚し、アメリカに入国した元国王パーレビの引渡しだった。混乱の中、...
■アルゴ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第284回「事実は小説より奇なり。」 さて、今月は以前から観たい映画がないと嘆いてきましたが、月末に来てやっと観たい映画に巡り合いました。その映画とは「アルゴ」です。初めてこのタイトルを聞いた時はなんのことだろう?と思ったのですが、あらすじを聞いて期待...
アルゴ (心のままに映画の風景)
1979年11月。 イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派グループがアメリカ大使館を占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。 秘かに脱出した6人の職員は、カナダ大使の私邸に逃げ込んだ。 ...
『アルゴ』‐映画愛に満ちた最高の救出劇!ラストの名チェイスシーンを浴びよ!! (弊風の中に映画を浴びろ!)
CIA史上、最もありえない救出作戦――それは"ニセ映画"作戦だった。1979年の全世界を震撼させたイランアメリカ大使館人質事件。CIAは人質の6人を救出するため、ウソの映画を企画し、彼らをロケハンに来たスタッフに仕立て上げて出国させようとする。事件発生か...
アルゴ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Argo監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェベン・アフレック、Good Job
『アルゴ』をHTC渋谷2で観て、うへへへへへへふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★面白い。それが特徴】    凄い。 面白いんだもの。 基本、成功するに分かってる作戦なのに(失敗したら映画にならんからね)、 ハラハラドキドキの連 ...
アルゴ (とりあえず、コメントです)
ベン・アフレック監督&主演の実話を基にしたサスペンスです。 面白そうな作品だなあと公開前から楽しみにしていました。 激動のイランを舞台にした物語は期待通りの手に汗握るような展開でした~
アルゴ (Argo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に辻褄合わせをしていたり、ハプニングに因果関係があったりと、物語...
「アルゴ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Argo」 2012 USA 架空の映画を演出して人質奪還するアイデアは素晴らしい!としか言いようがない。そしてそれを本物の映画にしてしまった。エンディングで実際の人物が紹介される。皆とても似ているのだ。監督ベン・アフレックのこだわりが感じられナイスだった。 ...
『アルゴ』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: ARGO 監督: ベン・アフレック 出演: ベン・アフレック 、アラン・アーキン 、ジョン・グッドマン 、ブライアン・クランストン 、スクート・マクネイリー 、クレア・デュヴァル 、クリストファー・デナム 、テイト・ドノヴァン 、タイタス・ウェリバー....
映画『アルゴ』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
全くノーチェックの作品で評判も知らなかったのですが  sakuさんからの強いプッシュで上映状況をチェックしたら 予定して
「アルゴ」第25回東京国際映画祭特別招待作品 (ここなつ映画レビュー)
ベン・アフレック監督作品。1979年に実際に起こった、イランでのアメリカ大使館占拠事件の際に、大使館を脱出した6名のアメリカ人の、その最終的なアメリカ本国への逃走劇を、CIAの人質救出作戦のプロフェッショナル、トニー・メンデス(ベン・アフレック)の活躍を通し...
アルゴ (もののはじめblog)
アルゴは「R5アール ゴ」ではない。 もちろん「ゴルゴ13サーティーン」でもない。5歳未満が観てもよく、国際紛争の絡む事件はゴルゴ13の東郷トーゴ向きだろうか。       1979年のイランアメリカ大使館人質事件で、大使館を占拠される直前に外へ逃げた数人....
映画的救出作戦! (笑う社会人の生活)
29日のことですが、映画「アルゴ」を鑑賞しました。 イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く サスペンス ドラマ いや~ 面白かった! 映画製作を装って スタッフとして脱出させるという! 驚きの作戦 事実は小説よりも奇なりとは まさにこのこと...
『アルゴ』 映画みたいに荒唐無稽 (Days of Books, Films )
Argo(film review) 監督としてのベン・アフレックは、処女作『ゴー
「アルゴ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・米/配給:ワーナー・ブラザース原題:Argo監督:ベン・アフレック製作:グラント・ヘスロフ、ベン・アフレック、ジョージ・クルーニー原作:アントニオ・J・メンデス、ジョシュア・ベアーマン脚本
映画『アルゴ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-85.アルゴ■原題:Argo■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:11月3日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円 □監督・製作:ベン・アフレック◆ベン・アフレック(トニー・メンデス)◆アラン・ラーキン(レ...
アルゴ 前宣伝の印象としてはコメディかと思っていたが・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=42 -6-】 昨日は関東に来て初めての試写会鑑賞、有楽町の読売ホールにて。 荷物のチェックはありーの、金属探知機によるボディチェックありーの、と、もの凄く厳戒態勢、東京の人ってそんなに悪い人いっぱいなの?ww  1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館...
『アルゴ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴ...
『アルゴ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴ...
ベン・アフレックの『アルゴ』: アメリカ外交政策の受容 (マスコミに載らない海外記事)
wsws.org ダン・ブレナン 2012年10月24日 監督 ベン・アフレック、脚本 クリス・テリオ ベン・アフレックが主演、監督の政治スリラー映画アルゴは、批評家の称賛を得、興行成績が二週間連続、第二位だ。映画は、1979-1980年のイラン人質事件の際のほとんど知られていな...
『アルゴ』 (My Pace, My Self)
アカデミー賞の結果が出る以前からの予定通り、『アルゴ』観てきました~!アフター5の回は混むだろうなぁ・・・と思っていたら、ちょうど今日は休みを入れていたので、日中だったらまだ確実に観れるかなぁと思い、今日のお昼の回へ。上映30分前に行って、55席あるうちの1...
タイトルデザイン 31・PROLOGUE(Kyle Cooper)『アルゴ』ベン・アフレック主演・監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
本年度アカデミー賞作品賞を受賞したベン・アフレック主演・監督作『アルゴ』物語・1979年、テヘランでアメリカ大使館人質事件が起きる。混乱の中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏
アルゴ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
大使公邸に匿われたアメリカ人を架空の映画製作のロケハンで、堂々とテヘラン空港から民間の飛行機で脱出させる。実際に自分もいっしょにイランを脱出できるかと入り込んでしまった。シュレッダーで裁断した紙を子供がつなぎ合わせて、隠れていたメンバーの顔が判明してか...
アルゴ (銀幕大帝α)
ARGO 2012年 アメリカ 120分 サスペンス 劇場公開(2012/10/26) 監督:ベン・アフレック『ザ・タウン』 製作: ベン・アフレック ジョージ・クルーニー 出演: ベン・アフレック『ザ・タウン』・・・トニー・メンデス ブライアン・クランストン『ジョン・カー....
No.346 アルゴ (気ままな映画生活)
ベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務め、イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く。1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリ ...
アルゴ (いやいやえん)
実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。 イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。絶望的な6人の米国人は合衆国政府の救出だけが頼りだが、CIAの救出の専門家であるト...
アルゴ ARGO (まてぃの徒然映画+雑記)
今年のアカデミー賞作品賞を受賞して、凱旋上映をしていたので観てきました。公開時には観逃していたので。 1979年、イスラム革命後のイラン・テヘランで起きたアメリカ大使館占拠事件。暴徒が大使館を襲撃した時に、大使館員のほぼ全員が革命防衛隊の人質となったが、6...
アルゴ (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「事実は小説よりも奇なりッ!」 「なに叫んでるのよ」 「だか
アルゴ (映画に耽溺)
「事実は小説よりも奇なりッ!」 「なに叫んでるのよ」 「だから事実は映画よりも奇なりッ!なのよ!!」 「はいはい映画のお話なのね?」 「そうそう」 「おかずですッ!」 「ずーこですッ!!」 「2人揃って~~」 「映画に耽溺~~~!!」 「うだるような猛暑...