映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

月に囚われた男

2010年05月16日 | 洋画(10年)
 『月に囚われた男』を恵比寿ガーデンシネマで見ました。

 普段SF映画をあまり見ない上に、前日に『第9地区』を見たばかりにもかかわらず、低予算で制作されながらも随分と面白いとの評判が聞こえてきたので見に行った次第です。

(1)映画は、貴重な資源を月で採掘して地球に送るという業務を会社から一人で任された主人公が、あるとき自分とそっくりの人間と月面基地内で出会うというところから、俄然ミステリアスな様相を呈し、面白くなってきます。いったいそれは誰なんだ、と主人公は調査に乗り出します。
 こういう場合、主人公の仕事ぶりを監視するロボットは、敵対的な動きを取るのが普通でしょう。ところが、この映画では、ケヴィン・スペイシーがその声を担当していることからもうかがえるように、主人公が仕事をしやすい環境を作り出すのが自分の役目だという理屈に立って、主人公に何度も助け船を出したりします。
 その挙句突き止めたことは、……。ここで種明かしをしてしまうと、この映画の面白さは半減してしまいますから、あとは映画を見てのお楽しみ。

 至極簡単なセットで、登場人物はほとんど一人、という一風変わったSF映画ながら、最後まで大変面白く見続けることができた映画です。

(2)この映画は、どうしても、先に見た『第9地区』と比べてみたくなってしまいます。
 というのも、どちらも、かなり低予算で制作され、かつ民間企業の社員が主人公であり、さらには女性の役割が余り重きを置かれていない等の点が共通していると思えるからです。

 まず、この映画の制作費はわずかに500万ドル、『第9地区』は3,000万ドルとされますが、それでも3億ドルかかったとされる『アバター』と比べるとかなりの低予算映画です。

 次に、この映画では、貴重な月の資源(「ヘリウム3」)を採掘して地球に送る事業を営んでいる会社「ルナ産業」(Lunar Industries ltd.)が登場し、『第9地区』でも「MIMU」という世界最大の企業が描かれますが、いずれの映画の主人公も、これらの会社に雇われているのです。

 このことから、二つの映画の主人公はどちらも、会社から過酷な取り扱いを受ける羽目になります。この映画の場合には、3年間が終了すると地球に帰還できるという契約を会社と結んでいますが、そんな契約は意味をなさないことがわかりますし、『第9地区』の主人公の場合は、無理やり生体移植のドナーにされそうになります。

 結局のところ、二つの映画の主人公はどちらも、まっとうな人間ではなくなってしまいます。この映画の主人公は、途中で自分が正真正銘の人間ではないことに気づきますし、『第9地区』の主人公は、ついにはエイリアンに姿を変えてしまうのです。

 さらに、この映画では、地球にいる主人公の妻から月面の基地に送られてくる映像が重要な意味を持っていますが、実際に彼女が主人公のところに現れることはありません。他方『第9地区』でも、主人公は、妻の父親によって妻と引き離されてしまい、それでも妻と連絡を保とうと必死に務め、最後はその繋がりだけが生き甲斐となりますが、ここでも実際に主人公の前に妻が現れることはありません。

 勿論、この映画はイギリス映画ですし、『第9地区』はアメリカ映画、またこの映画は月世界の話であり、『第9地区』は地球での話、さらに、この映画の登場人物はほとんど一人と言ってもいいでしょうが(ロボット・ガーティが重要な働きをするものの)、『第9地区』にはなにしろエイリアンが多数登場します、といった相違点は多々あるでしょう。
 
 とはいえ、別々のところで別々の時点で制作した映画に共通する点が少なくとも5つはあるということは、実に興味深いと思いました。

(3)映画評論家の論評は総じて好意的です。
 渡まち子氏は、「ひらめきを感じる映画で、最小限の素材で最大の効果を上げることに成功している」、「ハリウッドの大掛かりなSFとは明らかに違う手触りの小規模・低予算の映画だが、アメリカ映画を含めた名作SFへのオマージュが垣間見えて、監督のSFへ の愛情が伝わってくるようだ。山椒は小粒でもピリリと辛い。サスペンスフルでありながら哀しくて優雅な英国映画の佳作だ」として70点を、
 福本次郎氏も、「危険で孤独なミッションを遂行する主人公がアイデンティティクライシスに直面し、克服していく過程で、恐るべき事実に突きとめる。無機質なモノトーンの世 界で繰り広げられる静謐な悲劇、捨ててもいい命などあってはいけないことをシャープでスタイリッシュな映像が再現する」として70点を、
 前田有一氏もまた、「凡百のSFとは比較にならぬ時代性と知性を感じさせる出来栄え」として70点を与えています。

 ただし、前田氏は、この映画からうかがわれる労働問題の「根幹には、実質的にコストが日本の30分の1といわれる中国の半「奴隷」労働者がいる。それを利用する他企業とノーハンデで競争せねばならないのだから、自分の社員の待遇をよくする余裕など企業にだってあるはずがないのだ。本来なら、いまこそ先進国の労働者は連帯して、中国の不当な「奴隷」使い放題制度や元安維持政策を批判し、改善要求を出すべきだと思うがなぜかやら」ず、「本作品にもそんな視点はなく、その意味では問題の表面を軽くなでただけだ」と、凄い高見にたった別世界のようなそれこそSF的とも言いうる問題を提起しています。
 ですが、「労働問題というものは、派遣切りする大企業を批判しても何ら本質的解決には至らない」のは確かなことだとしても、果たして、「中国の不当な「奴隷」使い放題制度や元安維持政策」が改善されれば、先進国が抱える「現代の底辺労働者の境遇」が改善されることになると言えるのでしょうか?
 この議論は、大昔、アメリカなど西欧諸国が日本の低賃金労働を非難したのと同じ理屈を述べているに過ぎないように思われます。なにより、リカードの比較生産費説ではありませんが、どんなに中国の賃金が安かろうとも、すべての商品について相対的に安価に生産することなど出来る話ではないのですから!


★★★★☆



象のロケット:月に囚われた男
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第9地区 | トップ | ゼブラーマン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBどうもです (ひし)
2010-05-16 12:33:19
TBどうもです。

SF好きには、伝説になる年でしょうね。
Unknown (cochi)
2010-05-16 15:28:19
この作品はひょっとして映画史に残る伝説的作品になるのではと思うくらいの出来です。後で知った事ですが、低予算であることが、一層月面世界のリアリティを引き出したのではないでしょうか。ボクらが知っているあのアポロの月世界とそっくりでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
素敵な短編小説に出会ったような味わい「月に囚われた男」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。70年代テイストにあふれたSF映画「月に囚われた男」は制作費500万ドル、撮影期間33日で撮られたとは思えない味わい深い作品だ。監督はデビッド・ボウイを父に持つダンカン・ジョー
月に囚われた男 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:MOON。ダンカン・ジョーンズ監督、サム・ロックウェル、ドミニク・マケリゴット、カヤ・スコデラーリオ、ベネディクト・ウォン、マット・ベリー、マルコム・スチュワート、ケヴィン・スペイシー (声)。監督のジョーンズはイギリスの歌手デヴィッド・ボ...
衛星軌道を疑うランデブー。   『月に囚われた男』 (菱沼康介の、丸い卵も切りよで四角。)
  で、ロードショーでは、どうでしょう? 第128回。 「なんか最近面白い映画観た?」 「ああ、観た観た。ここんトコで、面白かったのは・・・」 『月に囚われた男』   硬派なSFサスペンス。 時代は近未来。 舞台は月のヘリウム3の採掘ステー...
月に囚われた男 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『契約期間:3年 赴任地:月 労働人数:1人 このミッションは何か、おかしい。』  コチラの「月に囚われた男」は、サム・ロックウェル主演、デヴィッド・ボウイの息子ダンカン・ジョーンズの監督デビュー作となった、4/10公開の製作費500万ドルの低予算SF映画な...
『月に囚われた男』 (めでぃあみっくす)
契約期間:3年間、赴任先:月、労働人数:1人。他には誰もいないはずなのに、なぜか目の前にもう一人の自分がいる。 この設定から月を密室に見立てた心理サスペンスかと思いましたが、まさかあんな結末を迎えるとは思いもしませんでした。これはネタバレせずにレビュー...
月に囚われた男 (LOVE Cinemas 調布)
あのデヴィッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズのデビュー作。2009年度英国アカデミー賞では作品賞にノミネート、監督自身は新人賞を獲得している。地球に必要なエネルギー源を月で掘削ために、3年契約でたった一人滞在する男が体験する奇妙な現象を描いたSF...
月に囚われた男 【月面の 知らず知らずの 永遠を】 (猫の毛玉 映画館)
『月に囚われた男』 MOON 2009年・イギリス 英国産の硬派なSF。月で一人仕事する男のミステリ。  これは良いSF映画!硬派なSFが好きな人には...
『月に囚われた男』 (マガジンひとり)
Moon@恵比寿ガーデンシネマ、ダンカン・ジョーンズ監督(2009年イギリス) このミッションは、何か、おかしい。 近未来─。 クリーンなエネルギー資源を採掘するため月の裏側にたった一人派遣された男、サム(サム・ロックウェル)。 派遣元のルナ産業との契約期間は3年...
『月に囚われた男』 (ラムの大通り)
(原題:MOON) 「いやあ驚いた。 映画もそうだけど、この日本版オフィシャル。 “SHARE”という言葉とともに、 そこには見慣れたツイッターのアイコンが…。 で、クリックしてみた...
月に囚われた男 (cochi のArt-Mill)
「3年間は長いよ」 「家に帰りたい」 これは究極の単身赴任である。 静寂な月での生活は不気味なくらい孤独で寂しいものだ。自分とそっくりなクローン人間の登場で、一層不気味感が高まる。反発し合う二人だが、交流が深まるにつれしだいに互いに力を合わせ月からの...
月に囚われた男 (cochi のArt-Mill)
「3年間は長いよ」 「家に帰りたい」 これは究極の単身赴任である。 静寂な月での生活は不気味なくらい孤独で寂しいものだ。自分とそっくりなクローン人間の登場で、一層不気味感が高まる。反発し合う二人だが、交流が深まるにつれしだいに互いに力を合わせ月からの...
月に囚われた男 (to Heart)
契約期間:3年 赴任地:月 労働人数:1人 このミッションは何か、おかしい。 原題 MOON 製作年度 2009年 製作国・地域 イギリス 上映時間 97分 脚本 ネイサ...
「月に囚われた男」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2009年・英:ソニー・ピクチャーズ配給原題:MOON原案・監督:ダンカン・ジョーンズ脚本:ネイサン・パーカー カリスマ・ロック歌手デヴィッド・ボウイの息子で、CMクリエイターとして実績を重ねて来たダ
「月に囚われた男」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:MOON)SFとしては良くあるモチーフだが、現代社会の問題点を効果的に照射させることにより、屹立した存在感を獲得している。特に、主人公の境遇に我が身を投影させて切ない気分になる観客も多いのではないだろうか。  舞台は近未来、すでに地球上の鉱物資...
月に囚われた男・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「月に囚われた男」は、冷たく無機質な映像が印象的なSFサスペンスである。 何でも、ダンカン・ジョーンズ監督は、あのデヴィッド・ボウイの...
「月に囚われた男」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  近未来。底をついてしまった地球上のエネルギー。「ルナ産業」という会社が新たな燃料源を月で採掘し、定期的に地球に輸送することで、この問題を解決した。契約期間:3年赴任地:月労働人数:1人この月にただ一人派遣された主人公サム・...
月に囚われた男/サム・ロックウェル (カノンな日々)
つい先日、日本人宇宙飛行士の山崎直子さんがディスカバリーで宇宙ステーションへと飛び立ったばかりで何だかタイムリーな感じもする作品ですが、映画の内容は予告編から察するところミステリアスなサスペンスドラマなのでしょうか?あまり話題にはなってませんけどデヴィ...
月に囚われた男 (だらだら無気力ブログ)
地球に必要なエネルギー源を採掘するために月の採掘基地にたった一人で 三年間駐留する男があるアクシデントに遭い、それ以降おきる不可解な 出来事に遭遇していくSFミステリー。 主演は『コンフェッション』『フロスト×ニクソン』のサム・ロックウェル。 監督はデヴ...
月に囚われた男 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
自分には珍しく、公開初日の昼間に鑑賞。(チネチッタで会員1000円の日だってこともありましたが。)映画館のHPであらすじを読んだところ、正統派SFの雰囲気で気になっていました。観...
月に囚われた男☆★MOON(2009) (銅版画制作の日々)
契約期間:3年赴任地:月労働人数:1人   このミッションは何か、おかしい。 連休初日、京都シネマにて鑑賞しました。お客さんはそんなに多くなく、ゆったり鑑賞できました。途中ちょっと睡魔に襲われましたが(笑)登場人物はサム・ベル役のサム・ロックウェルだ...
月に囚われた男 (キノ2)
 古き良き時代のかほりがするノスタルジックな正統派SFです。  職人の手作りみたいな感触がなんとも心地よい。久しぶりにセンス・オブ・ワンダーなんて言葉を思い出しちゃったりして、とっても楽しませていただきました。ダンカン・ジョーンズ監督、ありがとうv(...
「月に囚われた男」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
懐かしい香りのする映画これは古典的なSFだハインラインやアシモフ、ブラッドベリ、スペースオペラ華やかりし頃の。月を見上げる人が多かった頃。アポロ計画が人類の夢であった頃...
『月に囚われた男』 ラストをぶち壊した理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  毎日、毎日、僕らは鉄板の上で焼かれて嫌になっちゃうよ…  と嘆いたのは、450万枚以上という日本最大のセールスを...
「月に囚われた男」 (It's a wonderful cinema)
 2009年/イギリス  監督/ダンカン・ジョーンズ  出演/サム・ロックウェル  デヴィッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズ監督のデビュー作。登場人物はサム・ロックウェルほぼ一人と言っていいですね。  近未来。地球に必要なエネルギーを採掘する仕事...
月に囚われた男 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ひらめきを感じる映画で、最小限の素材で最大の効果を上げることに成功している。近未来。サムは、地球で必要なエネルギー源を採掘するために、たった一人で月の基地に滞在している。地球との直接通信はできず、話し相手は人工知能を持ったコンピューターのガーティだけと...
月に囚われた男 (Memoirs_of_dai)
究極の単身赴任 【Story】 サム(サム・ロックウェル)は地球で必要なエネルギー源を採掘するため、3年間の契約で月にたった一人で滞在する...
*月に囚われた男* (Cartouche)
    [[attached(0,class=popup_img_500_333 width=400 height=266)]]        ***STORY***                2009年   イギリス              宇宙飛行士のサムは、エネルギー資源のヘリウム3...
この世界にたった一人〜『月に囚われた男』 (真紅のthinkingdays)
 MOON  近未来。燃料エネルギー・ヘリウム3を採取するため、サム(サム・ロックウェル) はたった一人、月の裏側に派遣されていた。...
月に囚われた男 (そーれりぽーと)
月で三年間一人ぼっちになる仕事、あなたは受けるか? 極限の孤独を描いた『月に囚われた男』を観てきました。 ★★★★ SF好きならとにかく必見。 極限の孤独のもとで衰弱していく精神、どこかおかしいのを覆させる説得力とトリック。 想像力を掻き立てる見せ方が面白す...
映画『月に囚われた男』 (健康への長い道)
今日は休日でしたが、家で仕事をするつもりでした。しかし、いざ仕事の道具を鞄から取り出すと、肝心のモノがひとつ足りず・・・嶺。仕事をしようにも、できません。ということで、普通の休日として過ごすことに。神様が休めと言っている・・・違うか&#638...
「月に囚われた男」 ダンカン・ジョーンズ (ヒデヨシ映画日記)
デヴィット・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズがとても奇妙で意欲的な映画を作った。出演者は、ほぼ一人。サム・ロックウェルただ一人...
「月に囚われた男」 (Con Gas, Sin Hielo)
空気がなければ、人間もいない。 ある意味、一発アイデアものと言っていいと思う。こういうの好きだ。 たった一人で3年間の月面での任務。ある日不慮の事故に遭って目覚めると、何か宇宙船がおかしくなっている。 「2001年宇宙の旅」的な雰囲気も漂うが、話はよくでき...
3年間 たった1人、月に (笑う学生の生活)
18日のことだが、映画「月に囚われた男」を鑑賞しました。 たった1人でエネルギーを採掘するため月で3年間契約で作業している男 残り2週間となったとき事件がおきて・・・ SF作品 アイデア光る まさにそんな感じ 謎が深まり いった...
月に囚われた男 (シネマ名画座)
今日は、デヴィッド・ボウイの息子ダンカン・ジョーンズのデビュー作であり、さまざまな映画賞で高く評価されているSFサスペンス『月に囚われた男』についてです。 ブログを書くならBlogWrite
「月に囚われた男」究極の低予算SF映画が描く、究極の単身赴任。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[月に囚われた男] ブログ村キーワード  地球にとって最も身近な天体である、“月”を舞台に描かれる“SFサスペンス”。「月に囚われた男」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。やれ『CGだ!3Dだ!』と騒がしい映画界ですが、この映画は、古き良き時代...
月に囚われた男 (Diarydiary! )
《月に囚われた男》 2009年 イギリス映画 − 原題 − MOON エネルギー
月に囚われた男 (心のままに映画の風景)
サム・ベル(サム・ロックウェル)は地球で必要なエネルギー源を採掘するため、たった一人、月での任務に就いていた。 地球との直接通信は...
月に囚われた男 (元レンタルビデオ屋店長の映画感想)
オフィシャルサイト 地球に不可欠なエネルギー源を採掘するという3年契約の仕事に従事するため、たったひとりで月へと旅立った宇宙飛行士が、あるアクシデントを境に不可解な 現象の数々に苛まれてい
月に囚われた男 (Moon) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダンカン・ジョーンズ 主演 サム・ロックウェル 2009年 イギリス映画 97分 SF 採点★★★★ 哲学本なんてものを読んだ事はおろか、手にした事すらないので“答え”ってもんが一向に浮かばないんですが、映画なんか観ていると時折「“人”の定義ってなんだ...
月に囚われた男 (小部屋日記)
Moon(2009/イギリス)【DVD】 監督:ダンカン・ジョーンズ 出演:サム・ロックウェル/ケヴィン・スペイシー(声の出演) 契約年数:3年 赴任地:月 労働人数:1人 このミッションは何か、おかしい。 デビッド・ボウイの息子ダンカン・ジョーンズの長編初監督作。低...
【映画】月に囚われた男 (★紅茶屋ロンド★)
<月に囚われた男 を観ました> 原題:Moon 製作:2009年イギリス 単館系で上映されていて、観に行きたかったんだけど、都合が付かずDVDにて。 新作も安く見られるツタヤ様様です!!大好き! デビッド・ボウイの息子であるダンカン・ジョーンズの長編初...
月に囚われた男 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:月に囚われた男 制作:2009年・イギリス 監督:ダンカン・ジョーンズ 出演:サム・ロックウェル、ケヴィン・スペイシー、ドミニク・マケリゴット、カヤ・スコデラーリオ あらすじ:近未来の世界。サム・ベルはエネルギー採掘のためにルナ産業によ...
【映画】月に囚われた男…当ブログではSF作品を観るとつい藤子不二雄の話になってしまいがち (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
夜勤週も中盤、職場では今日から難しい仕事が数本控えているピロEKです …まぁ気合い入れて頑張ろう…気合い入れるために美味しいお菓子とか買っていこう…とか考え中。 で...
月に囚われた男 (いやいやえん)
主演はサム・ロックウエル。後は声の出演のみで月面基地を管理するコンピューター・ガーティのケビン・スペイシー。 極低予算ながらなかなか面白い作品でした。コマ割とかアイデアはセンスがいいと思います。 途中でもう1人のサムがでてくるんだけど、そこにからんで...
月に囚われた男 (銀幕大帝α)
MOON/09年/英/97分/SFミステリー/劇場公開 監督:ダンカン・ジョーンズ 原案:ダンカン・ジョーンズ 出演:サム・ロックウェル、ドミニク・マケリゴット、カヤ・スコデラーリオ 声の出演:ケヴィン・スペイシー <ストーリー> 3年もの間、ひとり月で暮らし....
月に囚われた男 (こわいものみたさ)
『月に囚われた男』  MOON 【製作年度】2009年 【製作国】イギリス 【監督】ダンカン・ジョーンズ 【出演】サム・ロックウェル/カヤ・スコデラーリオ/マルコム・スチュワート/ドミニク・マ...