映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

第9地区

2010年05月15日 | 洋画(10年)
 『第9地区』を渋谷東急で見てきました。

 おすぎが、「いろいろな所で、書いたり、喋ったりしています。「第9地区」は“今年度ナンバー1”の映画だと…。早々と今年も始まったばかりの2月に、この作品を見 て、私は他にどんなスゴイ映画が来ても「第9地区」ほど蘊蓄のある映画は無い、と断言出来ます」とまで書いているので、それならばと見に行ってきました。

(1)おすぎが言うように、「とにかくファーストシーンからド肝を抜かれます。巨大なUFOが空に浮いているからです」。
 それも、その中にエイリアンが何十万人もいて、みな栄養失調で苦しんでいるという具合では驚く他はありません。
 H・G・ウエルズ原作の『宇宙戦争』(最近ではスピルバーグ監督の映画〔2005年〕があります)ならば、火星人は、散々地球人を痛めつけた後、逆にウィルスにやられてしまうのですが、この映画では、最初にエイリアンがダメージを受けてしまっているのです。
 また、『宇宙戦争』と違って、この映画の主人公・ヴィカス自身がエイリアンの持ってきたウィルスに感染してしまうのです。
 それに、地球にやってきたエイリアンたちは、地球人よりもずっと威力のある武器を持ってきているにもかかわらず、『宇宙戦争』のように、地球人と対立して戦争を引き起こそうとはせずに、地球人の設けた地区に隔離されて、おとなしく28年もの間そのママの状態を続けています。
 ただ、後半になると、主人公は、地球人に追われるようになり、逆にエイリアンの中に見方を見出して、エイリアンが自分の星に帰還するのを助けるべく大活躍をします。

 様々な点で、従来のSF物とは違った筋の運びなので、見ている者を面食らわせます。確かに、辻褄の合わない点も散見されますが、そんなことはお構いなしにどんどんストーリーが展開され、その面白さに引き込まれてしまいます。アカデミー賞の様々な部門にノミネートされたことはあるなと思いました。

 としても、南アフリカのヨハネスブルグの上空に宇宙船を出現させて、宇宙人を一定の地区に隔離するという設定は、余りにもあからさまに“アパルトヘイト”を連想させてしまい、この映画を通じて“人種差別”問題を云々する気力を失わせてしまいます。
 それに、この映画では、最近の映画には珍しく女性が主だった役割を与えられていません(尤も、ラストシーンは、主人公の未来に対する希望を表現しているのでしょうが)。

 というようなこともあって、実に面白い映画とは思いましたが、おすぎのように“今年度ナンバー1”と言うほどのこともないのではと思いました。

(2)この映画は、場所もあろうに南アフリカのヨハネスブルグ上空に宇宙船が出現したところから始まりますから、最近見たクリント・イーストウッド監督の『インビクタス』における飛行機の出現を思い出さずにはいられません。



 なにしろ、ラグビーのワ−ルド・カップの決勝戦が開始される直前に、競技場の上空に巨大な旅客機が出現するのです。マンデラ大統領が観戦するというので、万全の警備体制を敷いていた当局も、そんなことが起きるとは予測の範囲外で、皆唖然として上空を見上げるばかりでした。
 実際は、テロでも何でもなく、飛行機の翼の裏に「頑張れ ボカス」と書いてあって、空から南アフリカ・チームを激励した者であることが分かり、観衆は総立ちとなってそれに答えていました。
(なお、上記の写真は「ブログ・南アフリカへようこそ」の2月6日の記事より)

(3)映画評論家も総じて好意的です。
 佐々木貫之氏は、「インタビュー映像を取り入れ、立ち退き作業を手持ちカメラで捉えた臨場感溢れるドキュメンタリー・タッチの作風でリアリズムを追求しており、これが大きな魅力の一つでもある。なおかつ、独創的なSF作品として仕上がったのである」として90点を、
 渡まち子氏は、「実際に見てみると、語り口が実に新しい。ワケがわからないままにグイグイ惹きこまれる感覚は、虚実の境界線を意図的に曖昧にした序盤のインタビューの場面からパワー全開で迫ってくる」、「物語の軸は格差社会と不寛容。これはエイリアンを差別の対象とした、もうひとつのアパルトヘイトなのだ」などとして80点を、
 福本次郎氏も、「映画は価値観の違う者とのトラブルに対して、人間はどこまで寛容になれるかを問う。予想を裏切る展開の連続はオリジナリティにあふれ、まさに「アイデアの勝利」と言える出来栄えだ」として同じ80点を、
それぞれ与えています。


★★★★☆


象のロケット:第9地区
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (108)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダーリンは外国人 | トップ | 月に囚われた男 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おもしろかった (KGR)
2010-05-15 07:26:32
毎々TBありがとうございます。

人種差別は誰しもすぐに思いつくところですが、
それを揶揄しているとまでは思いませんでした。

「えび」の造形がとてもユニークでした。
どうやって撮ってんでしょう。

元のショートフィルムより格段に出来が良い。
こういう監督にあっさり30億も出せてしまうハリウッドがすごいです。
エイリアンのことなど (クマネズミ)
2010-05-16 10:46:28
 KGRさん、コメントをありがとうございます。
 この映画は大変面白い作品だなと思いました。
 なお、劇場用パンフレットに記載されているプロダクション・ノートによれば、「エイリアンはVFXと人形との組み合わせで生み出されている」が、「クリストファー・ジョンソンのような重要なエイリアンは、現場では特殊なスーツを着たジェイソン・コープが演じている」とのことです。
 また、同パンフレットの映画ライター・小西未来氏によれば、「2億ドル近くを投じた大作がざらにある中で、製作費はわずか3、000万ドル」という評価のようです。
〔引き続き掲載しました『月に囚われた男』の記事にも目を通していただければ幸いです〕
Unknown (リバー)
2010-05-16 22:18:24
TB ありがとうございます。

今までにない 独創的なSFでかなり楽しめました
後半のアクションも迫力があり 好きでしたね
様々な差別の置換え (居所のない男)
2010-05-19 23:28:29
  積極的にこれを見たいということでもなく、間つなぎに見たという程度ですから、私としては、あまり期待はしてなかったものであり、結果としてそれで良かったという程度でした。アカデミー賞ノミネートという謳い文句があり、高く評価する人が多いようですが、話がSFの類ですから、無理な展開もいくつかあり、その辺はあまり突っ込まないで、まあそれでよいか、というところです。
  この辺は、例によって私の偏見で、要は肌が合わなかったか、当映画の焦点と感受性がずれていたということです。見た当時の感触ですから、こういう見方もあってよいと思われます。だから、異論のある方もかなりおられそうですし、高く評価しても良い部分はありました。
変わったSF (de-nory)
2010-06-04 12:47:20
クマネズミさん。こんにちは。
少々、体調を崩していまして、TBの返信ができずにいました。すみません。

いろんな意味で変わったSF映画だったと思います。他にはあまりないですね。
こんな宇宙人も本当はいるのかもしれないですし、地球の侵略だけが、ファーストコンタクトとはかぎりません。だから、なんだか妙にリアルだったんですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

108 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「第9地区」 (日々“是”精進!)
 「第9地区」を鑑賞してきました南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロンカンプ監督が、ピーター・ジャクソンの全面バックアップで長編デビューを飾り全米でサプライズ大ヒットを記録...
映画「第9地区」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『第9地区』を本日午後観て来た。客席は80人程度でかなりの人気とみた。 採点は★★★★☆(5点満点で4点)。85点くらい付けても良い。 ざっくりストーリー 南アフリカのとある都市の上空に20年以上不気味に浮かぶ宇宙船。そこから降りてきたエイリアンたちは難...
映画「第9地区」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/4/10、公開初日。 ユナイテッドシネマ豊洲。 3月末に近い休みの日に来たときは超満員でチケットを買う気すら起こらなかったので、 相当混み具合を心配したが、意外や大したことはなかった。 早目、といっても11時前くらいだが、時間帯がよかったのかもしれない。...
『第9地区』・・・3年後の約束 (SOARのパストラーレ♪)
コイツは参った。今年のアカデミー賞ノミネートの中にこんな傑作が紛れていたとは! (ノミネート作品すべてを観ないうちに言うのもなんだが)少なくとも作品賞争いは『アバター』と『ハート・ロッカー』の一騎打ちなどではなく、本作『第9地区』を含めた三つ巴の様相を...
第9地区〜マンデラがエイリアンに!? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:District 9。ピーター・ジャクソン製作、ニール・ブロムカンプ監督、シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ、ヴァネッサ・ハイウッド。ついにネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領がエイリアンにされてしまったようだ。
[映画『第9地区』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆母親が暇そうだったので、一緒に観に行ったのだが、70歳近い母親なれど、かなり夢中で観ていました。  私も、「こりゃ、傑作だなあ^^」などと思いつつ、興味深く見た。  この作品の魅力は何なんだろう?  先ずは、ヨハネスブルグと言...
第9地区/シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ (カノンな日々)
劇場予告編の映像からは全くそんな風には思いませんでしたけど、これってローバジェットの作品なんだそうですね。といってもいったいいくらからがハイバジェットになるのかよくわからないんですけど、先日のアカデミー賞でもノミネートされてたこともあって期待の話題作と...
第9地区 (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す。攻撃もしてこない彼らと人...
『第9地区』... ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:アメリカ映画、ニール・ブロムカンプ監督、ピーター・ジャクソン製作、シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ出演。
9 ナイン 9番目の奇妙な人形 /9 (我想一個人映画美的女人blog)
特筆すべきはそのビジュアル{/m_0150/} 今年公開された「9」のつくタイトルの最後の1本(といっても三本関連性なし) 去年の9月NYでやってたけど時間合わず観れなかったの。 やっと日本公開{/m_0158/} 何となく、めちゃ期待してた1本。 試写で観て来ました〜。 ...
第9地区 (Akira's VOICE)
美味しさ70点の天丼定食。  
【第9地区】 (日々のつぶやき)
監督:ニール・ブロムカンプ 出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ    人類、立入禁止。 「南アフリカのヨハネスブルグ上空に現れそこに留まったままの宇宙船。 船の中の弱ったエイリアンたちを政府は第9地区に仮設住宅を作...
第9地区 評価:★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
物語る力「第9地区」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・今回は爆裂的にネタバレ今から28年前、南アフリカ共和国・ヨハネスブルク上空に突然現れた故障してしまった宇宙船。乗船していたエイリアン「エビ(見た目がエビに似ている)」は仕方なく地上の隔離難民地区
「第9地区」池袋シネマロサにて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
毎月29日は“BUKUの日”ということで、BUKUという冊子持参で池袋の全映画館が1000円均一になりますせっかく祝日の休みと重なったので、池袋で上映してる全作品のうち...
第9地区 (とりあえず、コメントです)
南アフリカに作られた宇宙人の難民キャンプを舞台に描いたSFです。 アカデミー賞を賑わした作品と聞いて気になっていました。 予想以上に醜悪なエイリアンの姿と、それ以上に醜く見える人間の差別意識にノックアウトされました〜
第9地区◆DISTRICT 9 (銅版画制作の日々)
 さて第9地区って? 南アフリカヨハネスブルグにある架空の難民キャンプの名称だそうです。そしてこの場所に収容されているのは、何と人間ではなくエイリアンでした!! MOVX京都にて鑑賞。あの「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の世界的成功で、ハリウッドで最も注...
第9地区 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:DISTRICT 9) 【2009年・アメリカ/ニュージーランド】試写で鑑賞(★★★★★) ロサンゼルス映画批評家協会賞、新人賞(ニール・ブロンカンプ)・美術賞受賞。 ブロードキャスト批評家協会賞、メイキャップ賞受賞。 シカゴ映画批評家協会賞、有望監督賞(ニー...
第9地区 (to Heart)
人類、立入禁止。 原題 DISTRICT 9 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ/ニュージーランド 上映時間 111分 映倫 PG12 脚本 ニール・ブロンカンプ/テリー・タッチェル 監督 ニール・ブロンカンプ 出演 シャールト・コプリー/デヴィッド・ジェームズ/ジェイソン...
映画:第9地区 District 9 あまりに桁外れの「異様さ」に目が釘付け! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
機内映画その3、第9地区 District 9です。 年末にみて、あまりのインパクトに、昨年の極私的映画ベスト10に一気に食い込んだ。 さてそのインパクトとは..... ドキュメンタリー調で、この映画ははじまる。 そしてわかる、数あるSFの中でも、桁外れの「異様さ」 宇宙...
『第9地区』 (ラムの大通り)
----これって、どういう映画ニャの? 2009年、世界を最も驚かせた映画と言われているようだけど…。 「そうだね。キャストはノーネーム、 監督は新人、舞台は南アフリカ…と、 ...
第9地区・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
映画史の中では、過去にもの凄い数のエイリアンたちが地球にやって来ている。 彼らの来訪の目的は、侵略だったり、科学調査だったり、あるい...
第9地区 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第82回アカデミー賞で4部門もノミネートされた話題作評判も良さそうなので楽しみにしていた。がっ・・・【story】正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が突如南アフリカ上空に姿を現し、攻撃もしてこない彼らと人間は共同生活をすることになる。彼らが最初に出現してから28年...
「第9地区」 自覚がない差別 (はらやんの映画徒然草)
南アフリカの都市ヨハネスブルグに、巨大UFOとともにエイリアンが現れてから20年
「第9地区」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 突如、南アフリカ上空に飛来した巨大宇宙船。中から現れたのは、高度な科学力を持つも、栄養失調と不衛生な環境で衰弱しきった、数万人のエイリアン達だった。 それから約20年...
映画「第9地区」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 毎月10日は109シネマズの“109シネマズの日”で鑑賞料金が¥1000だ、と言うことで初日を迎えた「第9地区」を上映するシアター1は最前列以外満席である。    映...
第9地区 (キノ2)
 なんというすばらしい脚本でしょうか。  とにかく、脚本がすばらしい映画なのであります。  台詞がいいとか言葉が練られているとかいうことでは全くないですが、なんていうの、基本となるプロットのアイディアが秀逸である上に、それを展開していくセンスがただ...
第9地区 / District 9 (勝手に映画評)
舞台は、今年ワールドカップサッカーが開催される南アフリカ共和国のヨハネスブルグ。突如姿を表した異星人の乗る宇宙船。宇宙船は、一向に立ち去る気配を見せず、宇宙船に乗っていた異星人達は、「難民」として“第9地区”に隔離・収容される。そしてそれから28年後、ス...
第9地区 (HEAVEN INSITE's Blog)
「面白い度:☆☆☆☆☆ 好き度:☆☆☆☆☆」  一言で言うならば『第9地区』は、人とエビの熱い「漢の友情バトル映画」で、「バーチャコップ」や「タイムクライシス」などのア
第9地区 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  ある日突然、ヨハネスブルグ上空に巨大UFOが出現する。その中には、栄養失調で衰退したエイリアンたちがいた。理由不明だが、なにかの事故があって、地球に不時着したようだ。彼等には侵略の意図はなく、難民として人間と共存することになる。  それから28...
『第9地区』 ('10初鑑賞53・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 4月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 12:55の回を鑑賞。
第9地区 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
今までのSF映画と違い、ドキュメンタリータッチのリアルな映像と全く新しい物語が新鮮だ。ヨハネスブルグ上空に飛来した巨大宇宙船は動けなくなり、宇宙人を難民として受け入れる。全く違う文明が交錯すると、当然ながら摩擦が起きる。その衝突の様子をかつての人種差別の...
『第9地区』 (めでぃあみっくす)
予想通りにはいかない展開の連続。大筋ではセオリー通りの展開なのに、転換点は全て観客の予想を裏切るというこの脚本の巧さに思わず唸ってしまう映画でした。 あえてアメリカではなく南アフリカを舞台にすることで、人間のエイリアンに対する差別をアパルトヘイトとリン...
映画 ■■第9地区■■ (Playing the Piano is ME.)
とても複雑なアトアジを感じました。 これは、普通の映画ではありません。 普通の映画を期待していくと、ガッカリするかも。 そして、予備知識は入れないで 頭の中を真っ白にして見に行く方が良いように思いました。
第9地区 (LOVE Cinemas 調布)
2010年アカデミー賞作品賞ノミネート作品。エイリアンが難民として受け入れられるという斬新なアイディアを元に、主人公を襲うとある事件を通してエイリアンと人間の関係を描き出したSFムービーだ。プロデューサーを『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャク...
ニール・ブロムカンプ監督 「第9地区」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
この映画の監督、ニール・ブロムカンプは今作が初の長編映画デビューとなる無名の監督 出演者も有名な人はひとりも出てません。 ただプロデューサーが「ロード・オブ・ザ・リング」3部作や「キング・コング」で有名なピーター・ジャクソン監督って事と… アカデミー賞...
映画感想『第9地区』 面白いですね (レベル999のマニアな講義)
内容1982年。突如、南アフリカ・ヨハネスブルク上空に“宇宙船”が姿を現した。その瞬間“地球人”となった人間たちは、彼ら“異星人”の次の行動を待った。侵略なのか?それと...
■映画『第9地区』 (Viva La Vida!)
映画『第9地区』は、南アフリカに宇宙難民として暮らすエビ型宇宙人と、彼らを違う地区に移住させる業務の責任者となった男の物語です。 “身勝手で、自身の利益しか考えない人類 VS 何もできない被征服者としての宇宙人”という構図は、映画『アバター』にも通じるも...
映画「第9地区」 (Andre's Review)
District 9 アメリカ 南アフリカ 2009 2010年4月公開 劇場鑑賞 アカデミー賞の作品賞候補だった中でも一際異彩を放っていて、とっても観たかった1本。 1983年、ヨハネスブルグ上空に出現した巨大宇宙船がそのまま動かなくなってしまい、船内取り残された宇宙人...
映画レビュー「第9地区」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
公式サイト◆プチレビュー◆社会性と娯楽性をブレンドした斬新なSF。ジャンルの垣根を越えた展開は先読みできない面白さだ。 【80点】 南アフリカ共和国のヨハネスブルグ上空に、突如巨大な宇宙船が現われる。船内には難民と化した無数のエイリアンがいた。困った南...
第9地区 (だらだら無気力ブログ)
宇宙船が故障したために、地球に漂着し難民として特別居住区に生活する ことになったエイリアン達が地域住民との間に軋轢が生まれたために、 新たな居住区に移動させることになり、その担当者となった男の身に起こる 出来事をドキュメンタリータッチで描く。 監督は、こ...
『第9地区』:ごった煮感覚の超B級SF快作・怪作 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog〜映画レビューなど)
米アカデミー作品賞にもノミネートされたこの映画、突拍子もない設定なのに、あれよあれよと観てしまう。 ツッコミどころ満載なんだけれど。 (事実、心の中でツッコンだところは●印付き)
第9地区 (生まれてから今まで観てきた映画全部)
今日は映画の日ということもあり、久しぶりに映画館に出かけました。かねてより観たい観たいと思っていた「第9地区」をようやく鑑賞しまし...
『第9地区』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
私がこの作品に献呈したいのは「B級映画の傑作」という「冠」です。
「第9地区」:日本ユニシス前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}こんなところに廃墟のような鉄橋が残ってるのね。 {/kaeru_en4/}時間がたてば何だって廃墟のようになるっていうことさ。 {/hiyo_en2/}難民宇宙人のための居住区が28年経ってスラム化しちゃったようにね。 {/kaeru_en4/}「第9地区」のことか。 {/hiyo_en2/...
「第9地区」 (prisoner's BLOG)
語り口、展開の斬新にして鮮やかなこと、目を見張るばかり。 難民としてのエイリアン、という像を作り上げた創意。舞台がヨハネスブルグ、というところから現実の人種差別ともつながっているのは当然だが、まずストーリーテリングありきで、簡単に寓意が透けて見えな...
第9地区 (だめ男のだめ日記)
「第9地区」監督ニール・ブロンカンプ出演*シャールト・コプリー(ヴィカス)*デヴィッド・ジェームズ[俳優](クーバス大佐)*ジェイソン・コープ(クリストファー・ジョンソン)*ヴ...
第9地区 (C note)
ピーター・ジャクソンが全面バックアップとはいえ、有名俳優はひとりも出てない、新人
第9地区 【印象度:96】 (蚊も無視する・・・そんなブログ)
池袋のシネマ・ロサで観てきました。 南ア、ヨハネスブルク関係、なら面白くないことはないだろうと。 たぶん、それなりに社会派映画で、怖いもの見たさで見聞広げるのもいいかな くらいの気持ちでした。 そんな軽い気持ちで行ったところ見事に裏切られました。 ...
第9地区 (まさとの素人映画レビュー)
ハリウッドで作られたB級映画という第9地区。 向こうではB級でも、日本でいう大作映画を作るだけのお金はかかっている。 それをB級と言えるんだから、凄い話だ。 そんな映画では、地球に宇宙人の住む宇宙船がやって来る。 そして地球の一部の地域で宇宙人が暮らして...
第9地区 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★★【5点】 『クローバーフィールド』『トランスフォーマー』『ターミネーター4』
「第9地区」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2009年・米:ワーナー/ギャガ配給原題:District 9監督:ニール・ブロムカンプ脚本:ニール・ブロムカンプ/テリー・タッチェル製作:ピーター・ジャクソン 昨年度の、雑誌「映画秘宝」のベストテン
「第9地区」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:DISTRICT 9)これは面白い。優れた社会風刺劇であると同時に、ハードSFでもあり、ブラックな笑劇の体裁も取りつつ、ハイ・クォリティなアクション映画でもある。これがデビュー作となるニール・ブロムカンプ監督は、デイヴィッド・クローネンバーグばりの異...
第9地区 (映画道)
南アフリカ共和国のヨハネスブルク上空に突如宇宙船が出現。しかし、船が故障してしまったため船内の者たちは地球に降りてくる。28年後、乗船していたエイリアンであるエビ(外見がエビ[=PRAWN]に似ているため)たちは地上に移り、隔離地区である第9地区で難民として地球...
第9地区 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年4月10日(土) 21:50〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『第9地区』公式サイト 宇宙船が故障して地球の難民となった宇宙人。 難民を受け入れているのは、南アフリカで居住区はヨハネスブルグに存在。 エビと蔑ず...
第9地区 (メルブロ)
第9地区(原題:DISTRICT 9)312本目 2010-16 上映時間 1時間51分 監督 ニール・ブロンカンプ 出演 シャールト・コプリー(ヴィカス)      デヴィッド・ジェームズ(クーバス大佐)      ジェイソン・コープ(グレイ・ブラッドナム/クリストファー・ジョン...
第9地区 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://d-9.gaga.ne.jp/ 南アフリカ上空に突如現れた宇宙船。 難民として地上に降り立っ...
『第9地区』 (つれづれなるままに)
やっと、気になっていた 『第9地区』を見てきました。 う〜ん。 期待して見に行っ
第9地区(2009) (かこぶろ。)
予告を見ていて、気になった映画。10日公開。 ただ虫嫌いの私には、エイリアンのビジュアルがちょっと。。。で。でも面白そうなんですよ! [あらすじ] 南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に正体不明の巨大宇宙船が現われ、そのままとどまってしまう。 しかし、エイリアンは...
映画『第9地区』 (闘争と逃走の道程)
 この前に観た『シャーロック・ホームズ』はTOHOシネマズだったけれど、ワーナーマイカルシネマズの無料観賞ポイントも貯まっていたので、今...
「第9地区」 (みんなシネマいいのに!)
 南アフリカのヨハネスブルグ上空に正体不明の巨大宇宙船が現われ20年経過。 どう
第9地区 (映画鑑賞★日記・・・)
【DISTRICT 9】 2010/04/10公開 アメリカ PG12 111分監督:ニール・ブロンカンプ出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド人類、立入禁止。Story:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が...
【第9地区】★シャルト・コプリー (猫とHidamariで)
【第9地区】HP人類、立入禁止。yapcinemage第9地区第9地区-goo映画監督ニール・ブロムカンプ製作ピーター・ジャクソン出演シャルト・コプリーデヴィッド・ジェームズジェイソン・コ...
『第9地区』 (Matthewの映画日記?)
やっと、ピーター・ジャクソン製作の『第9地区』観に行ってきました。 今週金曜で、終了だったから、駆け込みセーフです。 この作品も、『9<ナイン>〜9...
映画「第9地区」(監督:ニール・ブロムカンプ)を見た (飾釦)
■配給:2010年 ■監督:ニール・ブロムカンプ ■出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームス、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド、他 映画が始まってからスナック菓子を開けようとするが、なかなか袋を破ることができずガサガサと暗闇で音を立てて...
第九地区 (犬・ときどき映画)
第九地区[DISTRICT 9] 新しくできた横浜ブルク13で鑑賞。 ネットで予約して行ったのに、発券機が二つしかなく、しかも1つは故障?でぜんぜんスムーズじゃなかった。もちろん普通に並ぶよりは速いだろうけど、ちょっと不手際? 館内は高級な感じでソファなども多くてい...
「第9地区」 (或る日の出来事)
南アフリカ出身の監督による映画? なるほど、ハリウッド臭が少なくて、刺激的で、とても面白い娯楽作品。 カルト的な名作として残るかもし...
第9地区 (りらの感想日記♪)
【第9地区】 ★★★★★ 映画(祭) (18)ストーリー 巨大な宇宙船が漂着し、難民となった異星人を隔離するための収容キャンプを抱えることに
新鮮な斬新なSF (笑う学生の生活)
29日のことだが、映画「第9地区」を鑑賞しました。 宇宙船の故障により、ヨハネスブルクに第9地区として住んでるエイリアン 28年間後 エイリアンの強制移住が決定。 責任者ヴィカスが指揮を執るが・・・ エイリアンモノのSF作品  そしてア...
「第9地区」 (てんびんthe LIFE)
「第9地区」 4/10 ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 映画としてはすごく面白いと思う。 このエイリアン、エビ型で、なぜエビ型かわからないけど、やっぱりバルタン星人に近いものがあると思います。 パクったとまでは言えないと思うけど、独創的でないというか、なん...
第9地区 (TRUTH?ブログエリア)
原題:DISTRICT 9監督・脚本:ニール・ブロムカンプ映画 米・ニュージーラ
『第9地区』 (Cinema + Sweets = ∞)
最初はそれほど優先して観たかった作品ではなかったんだけれど、公開前の評判が気になって、結局観に行っちゃいました、『第9地区』。 先日、新宿ピカデリーで観賞。 ******************** 南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロンカンプ監督が、ピーター・ジャクソン...
第9地区 (Memoirs_of_dai)
エビちゃんというよりゴキちゃん 【Story】 ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す…...
★「第9地区」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりにシネコンに行った気がする。 ららぽーと横浜で、話題作2本を鑑賞。 その1本目。
第9地区 (映画情報良いとこ撮り!)
第9地区 ヨハネスブルグ上空に未確認飛行物体が出現した。 その謎の宇宙船は、船の故障により困っていた。 そこで、南アフリカ政府は、彼らを共同居住地区である第9区に住まわせることに。 しかし、28年経ち第9地区は、スラム化してしまったのだ。 超国家機関M...
「第9地区」 原題(District 9)これぞリアル (ノルウェー暮らし・イン・London)
リアルを追求するなら、CGも3Dも必要ない。 これぞリアル!と呼ぶべき、低予算ドキュメンタリー風SF。(勿論CGをつかっているけど) これは面白いったら☆
第9地区 超予測不可能な展開で・・・( ̄O ̄;) ウォッ! (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=16 -6-】 昨日はガンバ大阪の今期ホーム初勝利が懸かったACL4戦目、グループリーグ最下位のシンガポール・SAFFCを迎えての試合を見に行く予定だったが、かなり気になっていた映画の試写会に当選してしまったので、「ま、俺が応援に行かなくても今日は圧勝だ...
第9地区 (心のままに映画の風景)
南アフリカ・ヨハネスブルグ。 上空に巨大宇宙船が現われ、正体不明のエイリアンを難民として受入れることになった共同居住区“第9地区”は...
第9地区 (迷宮映画館)
噂にたがわず、これは面白かった!
第9地区 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
今から28年前、正体不明の巨大宇宙船が突如、南アフリカ共和国の首都ヨハネスブルグに、突然巨大な宇宙船が飛来してきた。 それは上空に浮かんだまま微動だにせず、何が起きるのか心配していた政府もしびれを切らして、ついにヘリコプターで偵察隊を派遣。 船内に浸...
第9地区 (ダメ工房日誌)
凄い映画を帰りの飛行機で見たので記録。日本では2010年春公開予定の「district 9」である。拙い英語能力で見たので、詳細は間違っていると思うが以下感想。 観に行こうと思っている方はネタバレがあるので注意。絶対前知識無しで観た方が良いと思いますので。...
エイリアンVS.〜『第9地区』 (真紅のthinkingdays)
 DISTRICT 9  南アフリカ・ヨハネスブルク上空に、巨大な宇宙船が飛来した。乗っていたエイ リアンたちが「第9地区」に隔離されて20年...
映画「第9地区」 (FREE TIME)
映画「第9地区」を鑑賞。
第9地区 (そーれりぽーと)
低予算SFカルト映画がアカデミー賞にノミネートされたとかなんとかテキトーに耳にして、興味深い設定も随分前から気になってた『第9地区』が公開されたので観てきました。 ★★★★ どこが低予算なの?と完璧な作りの映像に驚いて観てたら俺の勘違い。 「無名監督と無名...
「第9地区」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                   「第9地区」 新宿ピカデリーにて。 プロデューサー・ピーター・ジャクソン 監督・ニール・ブロムカンプ アカデミー賞をも賑わしたこの話題作をやっと観て参りました。 これほど惹きつけられたS...
第9地区 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★ 『アバター』は志願兵、『第9地区』は徴集兵 『エイリアン・ネイション』の世界で『ザ・フライ』が『ダンス・ウィズ・ウル...
「第9地区」:心はいつも愛妻家 (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:ニール・ブロンカンプ 出演:シャールト・コプリー 米国・ニュージーランド2009年 滅法面白い!との大評判を聞いて急きょ見に行ってみた(最近このパターンが多い)。 結論から言ってしまえば、それほどのもんか〜(?_?;−−である。 確かに、予算は少なくてもア...
第9地区 (5125年映画の旅)
南アフリカの首都に突如現れた巨大な宇宙船。宇宙船でやって来たエイリアンは、難民として宇宙船の真下に「第9地区」と呼ばれるキャンプに身を寄せていた。しかし市民とエイリアンの溝は日に日に深くなり、来訪から28年後、政府は大規模な移住作戦を実行に移す。 アカ...
『第9地区(District 9)』あえてパクった!?新時代のリアル系SF (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
お話は読めるの。もう、だいたい最初の印象のままの映画。ましてSF映画がお好きな方なら、あ、これあの映画…って感じで。ところがアプローチの仕方が巧い。これはSFがお好きなら観ておいた方がよろしいと思いますよ。
第9地区 (描きたいアレコレ・やや甘口)
こんなの描いたの ↓ 初めて (  ゚ ▽ ゚ ;) 南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、05年製作の自作短編「Alive in Joburg」を長編と...
ザ・エビフライ ニール・ブロムカンプ 『第9地区』 (SGA屋物語紹介所)
南アフリカはヨハネスブルグに突然現れた巨大宇宙船。故障のため、その中に住んでいた
「第9地区」 (Con Gas, Sin Hielo)
徹底して愚かなるは人類。 異色のエイリアン作品、アカデミー作品賞ノミネート。これだけの情報で興味を強く掻き立てられます。今回の作品賞ノミネート枠の増加で最も恩恵を受けた作品かもしれません。 ある日突然UFOが南アに襲来。確保されたエイリアンは衰弱し切って...
映画『第9地区 DISTRICT 9』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
凄い映画だったな〜と。このパワーは何なんだという感じで、最後まで釘付けだった。カ
映画「第9地区」 (今日の素敵さがし)
 さて、この地味ーなタイトル、監督は二ール・ブロムカンプ(だれ、それー?ってひと多いよね)、主演男優はシャルト・コプリー(あなたは、いったいどなた?ってひとも多いよね)、製作は『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン(ここで、へえ!)のこの映...
『第9地区』 変態を繰り返す映画 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『第9地区』の原型となった6分間の短編『Alive in Joburg』は、言葉遊びから始まっているのだろう。  南アフリカの人々に...
第9地区 (映画の話でコーヒーブレイク)
先週、デカプリオの「シャッターアイランド」を見ようか、アカデミー賞ノミネートの「第9地区」にしようかと 悩んだ末、デカプリオを選んだ私・・・。そりゃ、しゃーないよね。 ところが、「『第9地区』なかなか良いよ〜」とのお薦めに従い見てきました。 水曜日の午後...
「第9地区」 (古今東西座)
僕のような1960年代生まれの世代は、子供の頃から多くのSF作品を観たり読んだりしてきていると思う。怪獣が出てくるから「そう」とは思われないが、『ウルトラ』シリーズだって立派なSFで、秀逸なアイディアの作品が数多くあった。そんなSFの洗礼を受けてきた者にとっては...
第9地区 District 9 (映画!That' s Entertainment)
●「第9地区 District 9」 2009 アメリカ・ニュージーランド、Warner Bros.Pictures,TriStar Pictures,111min. 監督:ニール・ブロンカンプ 出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・    ハイウッド、ナタリー・...
第9地区 (墨映画(BOKUEIGA))
「異星人のDNA」 世界で唯一の存在。それゆえ様々な思惑に巻き込まれ…。 【STORY】(goo映画様より引用させていただきました。) 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソンが製作を担当し、アメリカでスマッシュヒットを記録したSFムービー。突...
第9地区 (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
人類、立入禁止。 南アフリカ共和国出身の映像監督ニール・ブロムカンプの短編映画「アライブ・イン・ヨハネスブルグ」(英題:Alive in Joburg)を、「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンのバックア...
第9地区 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:第9地区 制作:2009年・アメリカ/ニュージーランド 監督:ニール・ブロムカンプ 出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッドほか あらすじ:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎...
第9地区/District 9(映画/DVD) (映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評)
[第9地区] ブログ村キーワード第9地区 (原題:District 9)キャッチコピー:人類、立入禁止。製作国:アメリカ/ニュージーランド製作年:2009年配給:ワーナー・ブラザース映画、ギャガジ...
第9地区 (District 9) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニール・ブロンカンプ 主演 シャールト・コプリー 2009年 アメリカ/ニュージーランド/南アフリカ映画 111分 SF 採点★★★★ 強いメッセージ性なりテーマ性を持った作品を観た直後こそ、そのことに対し色々と思いを馳せるもんですが、如何せん日々だらだ...
「第9地区」(DISTRICT9) (シネマ・ワンダーランド)
南アフリカ共和国出身の米新鋭監督、ニール・ブロンカンプが長編デビューを飾ったSFムービー「第9地区」(2009年、米、111分、N.ブロンカンプ脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、巨大な宇宙船が漂着し、異星人が難民扱いとなった南アを舞台に、政府の新た...
【映画】第9地区…宇宙人は当然隔離するでしょ、とか言っちゃダメなの? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ドラクエではホイミ。FFではケアル。で、天外魔境では何だったっけ …ということで、最近 “広井王子”という名前を久しぶりに聞いたピロEKです。 まずは、この週末の過ごし方から… 一昨日、2010年10月16日(土曜日){...
第9地区 (RISING STEEL)
第9地区 / DISTRICT 9 2009年 アメリカ/ニュージーランド映画 トライスター製作 監督・脚本:ニール・ブロムカンプ 製作:ピーター・ジャクソン 撮影:トレント・オパロック プロダクション...
No.239 第9地区 (気ままな映画生活)
第9地区 [DVD]出演:シャールト・コプリーワーナー・ホーム・ビデオ(2010-11-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 【ストーリー】 南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、05年 ...
『第9地区』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 第9地区 』 (2009)  監  督 :ニール・ブロムカンプキャスト :シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、 ヴァネッサ・ハイウッド、ジョン・ヴァン・スクール、マリア...