映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

キャプテン・フィリップス

2013年12月13日 | 洋画(13年)
 『キャプテン・フィリップス』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。

(1)予告編を見て面白いのではと思い映画館に出かけてみました。

 本作の冒頭は、2009年の3月28日、バーモント州アンダーヒルにある主人公のフィリップス船長(トム・ハンクス)の自宅。
 彼は、勤務先のマースク社の海員証や船長予定表といった必要書類等をカバンに詰め、車に載せます。そして、妻(キャサリン・キーナー)と一緒に空港に向かいますが、車の中で、妻が「歳をとると家を守るのも辛くなる」とこぼすと、彼も「出かける方もね」と応じ、さらに子どものことを心配しますが、妻は「わかるけど、うちは大丈夫よね」と言ったりします。
 空港に着くと、妻は「気をつけて」と言い、フィリップス船長はいつものように、船のある港に向かって出発していきます。
 今回は、中東オマーンのサラーラ(オマーン第2の都市)。そこからケニアのモンバサまで、援助物資などを積んだコンテナ船マースク・アラバマ号(アメリカ船籍)を航行させることになります(4月1日)。
 ところが、フィリップス船長及び20人の船員が乗るマースク・アラバマ号がソマリア海域に入ると、不審なボートに追尾され、様々の防衛行動を取るも、ついに武器を持った4人のソマリア人海賊に船は乗っ取られてしまいます(注1)。



 いったい、フィリップス船長以下の乗組員は、どうやってこの窮地を脱出するのでしょうか、………?

 最新の銃器を持っている海賊に襲撃される可能性が高いにもかかわらず、なんの武器も持たずに(あるいは、警備員を置かずに)危険な海域にどうして船が入り込んでしまったのか、などよくわからない面もありますが、アクション映画として最後まで観客の手に汗を握らせ、なかなか良く出来た作品ではないかと思いました。

 本作は、ソマリア人海賊に扮した4人の俳優(注2)や、シェイン・マーフィー(一等航海士)に扮したマイケル・チャーナスなどがそれぞれ好演しているとはいえ、やはり主役のトム・ハンクスの一人舞台といってもよいくらいその演技は傑出し、感動的です(注3)。



(2)大層面白い作品とはいえ、初めの内どうしても気になってしまうのが、上で申し上げたことながら、そして皆さんが指摘していることながら(注4)、マースク・アラバマ号は、危険な海域に入り込むことがわかっているにもかかわらず、なぜ武器を何一つ持っていなのかという点です(注5)。

 海賊がボートに乗って接近してくる時、特にハシゴをかけて船腹を登ってくる時などは、海賊側は大きな波に揺られているのですから、マースク・アラバマ号の方から発砲すれば、彼らを撃退するのはそれほど難しいことではなかったのではと、素人ながら思えるところです。
 でも、劇場用パンフレット掲載の「Production Notes」によれば、「海賊に襲撃された時、アラバマ号は武装していなかった」が、「結局、アラバマ号襲撃が業界に変化をもたらし、マークス社やその他の海運会社は、危険性が極めて高いルートでは武装した警備員(その多くは元海軍SEAL隊員)を船に乗せるようになった」とのことですから、この時点では仕方がなかったのかもしれません。

 もう一つは、4人のソマリア人海賊と一緒にフィリップス船長までもが救命艇に閉じ込められて、結局、彼は海賊の人質になってしまったのはどうしてなのか、という点でしょう。なにしろ、アラバマ号の船員の活躍によって海賊のリーダーを捕まえたのですから、事件はそのまま無事に解決してもよかったところなのです。
 ただ、この点については、劇場用パンフレットの「Highlights of the film」によれば、「船長自身、自らの著書で「間違いを犯した」と言っているシーン」とのことであり、さらにまた「フィリップ船長は一刻も早く海賊たちをマースク・アラバマ号と船員たちから引き離す必要があった」という事情もあったようです。

(3)渡まち子氏は、「圧巻はクライマックスのハンクスの演技だ。緊張感がマックスに達し、二度と会えないかもしれない家族への思いや、恐怖心が爆発するその場面には圧倒された」として75点をつけています。
 相木悟氏は、「観始めたら最後、2時間14分緊張しっ放しのノンストップ・ムービーであった」と述べています。




(注1)本作では、ソマリアの海賊の村エイルの様子も描かれます。
 海岸で男たちがたむろしているところに、突然何台もの車が到着し、その中から出てきた者が、男たちに向かって「ボスは今金が要るんだ。海へ出ろ」、「船に乗る者を集める、でかく稼げるぜ」と叫びます。それに応じて男たちが集まりますが、その中から、後でマースク・アラバマ号を乗っ取ることになる4人を含めた者が選別されます。

(注2)劇場用パンフレット掲載に「Production Notes」によれば、「アメリカ・ミネソタ州ミネアポリスにある、アメリカで最大規模のソマリア系アメリカ人コミュニティー」に行って、オーディションで選んだとのこと。

(注3)トム・ハンクスについては、最近では、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を見ています。

(注4)例えば、劇場用パンフレットに掲載のレビューで、田原総一朗氏は、「意外だったのは、ああいう民間の船って海賊とかに備えてもっと武装しているかと思っていたら、実はそうではない」と述べています。
 また、同パンフレット掲載の原作者インタビューにおいて、著者リチャード・フィリップスは、「あれは私が近年航行する中で、初めて乗った武装していない船だった。他の船には大抵いくつかの武器が備わっている」と述べています。

(注5)一応は、アラバマ号は、一斉放水によって水のカーテンを作ったり、また周囲に大きな波を引き起こしたりして、妨害工作は行うのですが。




★★★★☆




象のロケット:キャプテン・フィリップス
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンナ・アーレント | トップ | ジ、エクストリーム、スキヤキ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
天の邪鬼ですが (milou)
2013-12-13 23:32:53
映画の出來は悪くないとはいえ予想できる範囲で、もちろんハンクスの演技はよかったが僕が一番感心したのは恐らくあまり触れられないだろうラストシーン。

普通なら無事に生還したところで終わるが、この映画ではそのあとの結構長い健康診断のシーンがある。
そしてそれまでキャプテンとしての責任もあり驚くほど冷静沈着だったのに検診の場では緊張が解けたこともあり会話もまともにできないほど冷静さを失い身を震わせている。絶対この場面が圧巻のクライマックスだと思う。
Unknown (クマネズミ)
2013-12-14 06:17:24
milouさん、お久しぶりのコメントありがとうございます。
この映画のネタバレをしないように、後半部分についてはほとんど言及しませんでしたが、おっしゃるように、最後の場面はいたく注意を引きました。
なお、フィリップス船長の検診を担当した女性乗組員は、本物の海軍病院の衛生兵だとか。
Unknown (ゴーダイ)
2013-12-15 08:36:37
コメントどうもでした。

確かに銃社会アメリカの会社なのに、危険な海域を通行する船が武装していないってのは意外だなあって思いました。
あれなのかな、治外法権的なアレなのかなってw
でもそのあと武装した警備員を乗せるようになったんですね(^_^;)

こうなるとソマリアの海賊たちのリスクはさらに大きくなりそうだ〜・・・もっとすごい武器を海賊が購入するか、他の国の非武装商船を襲うかどっちかになりそうですね。あ、廃業という選択もあるけど、将軍が「いけ!」っていいそう・・・
Unknown (クマネズミ)
2013-12-15 10:33:59
「ゴーダイ」さん、コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、西側の船が武装すれば、「もっとすごい武器を海賊が購入する」ことになって、事態はもっと悲惨なことなるのかもしれません。例えば、海賊側が小型ミサイルを携行するようになれば、今回のような救出作戦をとることには大きなリスクが伴ってしまうでしょう!
Unknown (ふじき78)
2013-12-18 10:31:36
「何故、武装しないのか?」

オオ事になっちゃったから、やらざるを得なくなっちゃったけど、案外「食い逃げされてもバイトは雇うな」みたいに対費用効果が悪いのかもしれない。そういう事をしなくても航路を注意するとかで確率下げられるのだし(海賊が横行する航路を選んだミスはあるらしいです)。

案外、軍関係の武器業者が商船への武器購入キャンペーンを行なわせる為にフィリップス船長にわざと捕まるような指示が与えられてたりして。
Unknown (クマネズミ)
2013-12-19 05:58:30
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、武装した警備員を乗船させることの「対費用効果が悪い」のかもしれません。
それに元々、身代金は保険会社の方から支払われるようでもありますから、今回のような場合には、何も米軍が出動せずとも、早いところ身代金を支払うことにすればよかったとも思えてきます。あたら若いソマリア人が3人も命を落とさずに済むのですから。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「キャプテン・フィリップス」 (日々“是”精進! ver.F)
不屈の魂… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311300001/ 【送料無料】オリジナル・サウンドトラック キャプテン・フィリップス [ ヘンリー・ジャックマン ]価格:2,520円(税込、送料込) ★枚数限定ポスター★...
トム・ハンクス主演、ポール・グリーングラス監督『キャプテン・フィリップス(captain philips)』を4K上映で (映画雑記・COLOR of CINEMA)
2009年のソマリア海域人質事件を船長リチャード・フィリップスが著したノンフィクションを元にトム・ハンクスを主演に映画化した『キャプテン・フィリップス(captain philips)』監督は『ボーン
『キャプテン・フィリップス』 2013年11月22日 ソニー・ピクチャーズ試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『キャプテン・フィリップス』 を試写会で鑑賞しました。 ソマリア沖でのシージャックの話です。 なんとなく、『シー・ジャック』と似た話かと思ったら全然違う話でした (TIFFで上映されたけど、劇場公開されずDVDスルーの映画です) 【ストーリー】  2009年4月、ソ...
『キャプテン・フィリップス』 これぞヒーローアクションだ! (映画のブログ)
 映画『キャプテン・フィリップス』の原作は、貨物船マースク・アラバマ号の船長リチャード・フィリップスの回顧録だ。  だがポール・グリーングラス監督は、回顧録に綴られたフィリップスの妻のパートをばっさりカットしたという。「最初の脚本はフィリップス自身と(...
キャプテン・フィリップス 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
トム・ハンクス主演、監督はポール・グリーングラス が務めた映画「キャプテン・フィリップス」が公開 されましたのでアイマックスシアターまで観に 行ってきました。 キャプテン・フィリップス 原題:CAPTAIN PHILLIPS 製作:2013アメリカ 作品紹介 2009年のソマリア海域...
キャプテン・フィリップス (IMAX)/トム・ハンクス (カノンな日々)
2009年にソマリア海域で起きた人質事件をベースに『ボーン』シリーズのポール・グリーングラス監督がトム・ハンクスを主演に映画化した作品です。原作はは船長リチャード・フィリッ ...
キャプテン・フィリップス (佐藤秀の徒然幻視録)
親子ぐらい違う2人の船長のガチバトル 公式サイト。原題:Captain Phillips。ポール・グリーングラス監督、トム・ハンクス、バーカッド・アブディ、バーカッド・アブディラマン、ファイ ...
キャプテン・フィリップス (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
キャプテン・フィリップス [Soundtrack] [CD]海賊に襲撃され人質となった船長の緊迫の4日間を描く実録サスペンス「キャプテン・フィリップス」。名優トム・ハンクスのラストの熱演に息 ...
命の温度差。『キャプテン・フィリップス』 (水曜日のシネマ日記)
2009年のソマリア海域人質事件をベースに描かれた作品です。
キャプテン・フィリップス (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.captainphillips.jp/ 2009年にソマリア海域で起こった海賊船による貨物船人質事件を描いた作品。 主演のトム・ハンクスが、襲撃シーンの撮影で本当に恐怖を感じたというのを聞き、犯人役の迫真の演技を観たくての観賞。 2009年4月...
『キャプテン・フィリップス』 (2013) (相木悟の映画評)
手に汗握る、極限サバイバルを体感せよ! 観始めたら最後、2時間14分緊張しっ放しのノンストップ・ムービーであった。 09年にソマリア海域で起こった、海賊による米貨物船人質事件。本作は、その人質となった船長の回顧録を基にした実録映画だ。 監督は、ポール・...
『キャプテン・フィリップス』 (こねたみっくす)
これを勇気の鑑と言わずして、何を勇気の鑑と言うのか。 2009年にソマリア沖で発生した海賊によるアメリカ貨物船襲撃及びリチャード・フィリップス船長誘拐事件を映画化したこの作 ...
キャプテン・フィリップス (本と映画、ときどき日常)
監督 ポール・グリーングラス 出演 トム・ハンクス     バーカッド・アブディ     クリス・マルケイ ソマリア海峡を航行中、海賊に襲われた運搬船。 乗組員は、船長は、助かるのか〜。 いや〜、疲れました。 もう肩に力が入りっぱなし。 全編に渡り緊張....
映画『キャプテン・フィリップス』★恐怖体験だけでない船長の涙に思うこと (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159925/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   作品レビューです。(ネタバレです) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id346309/rid80/p1/s0...
キャプテン・フィリップス ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
2009年にソマリア海域で起こった海賊船による貨物船人質事件を、トム・ハンクス主演、「ボーン・アルティメイタム」「ユナイテッド93」のポール・グリーングラス監督で映画化したサスペンスドラマ。 あらすじ:09年4月、援助物資として5000トン以上の食糧を積み、ケニアに...
映画:キャプテン・フィリップス Captain Phillips  船長 vs 海賊ボスによる熱い、ガチ「知力バトル」 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
実話の映画化。 ソマリア沖を航行中の貨物船が、海賊の襲撃を受ける。 そこから貨物船の船長フィリップス(トム・ハンクス)と、海賊ボスと闘いが始まる... 実はあまり期待してなかった。 とりあえず抑えとこうくらいの意識で映画館に。 ところが.... すぐさま物語にず...
「キャプテン・フィリップス」 (セレンディピティ ダイアリー)
トム・ハンクス主演、2009年にソマリア海域で起きた海賊による貨物船人質事件を映
キャプテン・フィリップス (心のままに映画の風景)
2009年4月。 ソマリア海域を航海中のコンテナ船、マークス・アラバマ号が海賊に襲撃され、あっという間に占拠された。 武器を所持していた4人の海賊に、アラバマ号の船長のリチャード・フィリップス(トム・ハンクス)は、乗組員の安全のため自らが海賊の人質となり...
キャプテン・フィリップス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(10)(10) 救出直後のトム・ハンクスの演技に涙腺決壊!^^;
「キャプテン・フィリップス」みた。 (たいむのひとりごと)
2009年、実際にソマリア海域で起こった海賊船による米国船籍の貨物船人質事件を再現した映画。映像記録も残っている実話ということで、映画としても過度な装飾演出やお涙頂戴的人間ドラマはないけれど、それゆえ
キャプテン・フィリップス (♪HAVE A NICE DAY♪)
最初から最後までドキドキしながら観ました。 でも、ただドキドキするだけの作品ではなかったです。 この作品といい トム・ハンクスと海賊を演じた方々、素晴らしかった〜〜 小さな船から海賊達に あっという間に乗っ取られます フィリップスのちょっとした言葉を....
キャプテン・フィリップス (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ポール・グリーングラス 出演:トム・ハンクス、バーカッド・アブディ、キャサリン・キーナー 【解説】 2009年のソマリア海域人質事件をテーマに、海賊に拉致されたコンテナ船船長をトム・ハンクスが演じたドラマ。船員の救出と引き換えに4日間にわたって海賊の人...
キャプテン・フィリップス (映画の話でコーヒーブレイク)
「清須会議」に続いて見た本作。力入りました〜 「清須会議」が盛況だったので、本作もまだまだ混み合っているかと思いきや空いてました。 まぁ、海賊に襲われて船長が誘拐されるというシリアスなストーリーなので、娯楽性に欠けるので 人気が低かったのかもしれません。 ...
キャプテン・フィリップス / Captain Phillips (勝手に映画評)
実話の映画化。 監督のポール・グリーングラスは、9.11で唯一目標に達することがなかったUA93便を描いた『ユナイテッド93』も描いているが、こう言う緊迫感の有る、リアルな作品は得意なんでしょうね。『ユナイテッド93』の時も、実際の軍人や管制官を撮影に参加させ...
「キャプテン・フィリップス」ハンパない臨場感 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
とんでもない緊迫感、ハンパない臨場感で、疲労感は「ゼロ・グラビティ」の1.5倍!! 手に汗握る134分は、肩に力が入って長いようでいて息もつかせずあっという間。 もう、とにかくぐったりするので、午後の用事はお昼寝だけしないと。
キャプテン・フィリップス (風に吹かれて)
緊迫の4日間公式サイト http://www.captainphillips.jp実話の映画化原作: キャプテンの責務 (リチャード・フィリプス著/ハヤカワ文庫)監督: ポール・グリーングラス  「ボ
キャプテン・フィリップス (悠雅的生活)
ソマリア沖。救命艇。座席番号15。
キャプテン・フィリップス・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
生きる為の、極限の四日間。 2009年、ソマリア沖で実際に起こった海賊事件の顛末を、ポール・グリーングラス監督が映画化した骨太のサスペンス映画。 事件当時海賊の人質となったリチャード・フィリップス船長が、ステファン・タルレイと共著した回顧録「A Captain's ...
キャプテン・フィリップス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CAPTAIN PHILLIPS】 2013/11/29公開 アメリカ 134分監督:ポール・グリーングラス出演:トム・ハンクス、バーカッド・アブディ、バーカッド・アブディラマン、ファイサル・アメッド、マハト・M・アリ、マイケル・チャーナス、コーリイ・ジョンソン、マックス・マーティ...
『キャプテン・フィリップス』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「キャプテン・フィリップス」□監督 ポール・グリーングラス□脚本 ビリー・レイ□キャスト トム・ハンクス、キャサリン・キーナー■鑑賞日 12月8日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0...
映画「キャプテン・フィリップス」 (FREE TIME)
映画「キャプテン・フィリップス」を鑑賞しました。
「 キャプテン・フィリップス 」  CAPTAIN PHILLIPS (俺の明日はどっちだ)
2009年に実際に起こったソマリア海域人質事件をテーマに、4日間わたって繰り広げられた救出劇をトム・ハンクス扮する海賊に拉致されたコンテナ船船長を主人公に映画化した作品。 監督がご存知一連の 「 ボーン 」 シリーズや 「 ユナイテッド 93 」、そして 「 グリーン...
船長の責務〜『キャプテン・フィリップス』 (真紅のthinkingdays)
 CAPTAIN PHILLIPS  2009年の早春。リチャード・フィリップス(トム・ハンクス)はアフリカ難民に 援助物資を運ぶ貨物船の船長として、20人の乗組員とともに船上にあった。 しかし、彼の船はソマリア沖で4人の若い海賊に襲撃される。  う〜ん...
『キャプテン・フィリップス』をトーホーシネマズ六本木アートスクリーンで観て、宣伝詐欺ねんぞふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★普通の人ができることをアクション映画にうまくのせている】 トム・ハンクスが出る映画は感動の涙で圧倒されなければいけない、みたいな恥ずかしい宣伝をS ...
[映画まとめ語り『ザ・コール 緊急通報指令室』『キャプテン・フィリップス』(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どちらも面白くて、こうして、続けて観た二つの作品をまとめて語ると、妙に符合する点がある。  どちらも、犯罪者に、被害者が拘束される物語だ。  『ザ・コール』は猟奇犯罪者に少女が、『キャプテン・フィリップス』は海賊に船長が掴まる。  どちらも、被害者は...
「キャプテン・フィリップス」:手に汗握るリアルな攻防 (大江戸時夫の東京温度)
映画『キャプテン・フィリップス』は、がっしりした「映画らしい映画」。こういうVF
「キャプテン・フィリップス」 舵取りという役割 (はらやんの映画徒然草)
近年、ソマリア沖の海賊が国際的に問題となっています。 自衛隊が民間船の警護のため
『キャプテン・フィリップ』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
いやー、10月以降映画を観る機会が減ってしまいました。 ライヴ参戦が多かったから忙しかったの。 これ見たかったのよね。見たかったけれど、ハラハラ、ドキドキして怖かったわ。 ゾンビ映画のように飛び上がる事はなかったけれど、思わず、持っていた荷物を ギュッと...
キャプテン・フィリップス (とりあえず、コメントです)
2009年に起きた海賊事件を基にポール・グリーングラス監督&トム・ハンクス主演で描いた映画です。 トム・ハンクスの演技とリアルな展開が好評だったので、ずっと気になっていました。 スクリーンで観たソマリア沖の海域には、日常とはかけ離れた緊迫感に満ちていました。...
「キャプテン・フィリップス」 (ここなつ映画レビュー)
東京国際映画祭のオープニング作品だったけれど、チケットはあっという間にSoldOut。まあ、すぐにロードショー公開される事は判っていたので、そのままスルーして公開を待つ事に。 緊迫感溢れる展開。正に手に汗握る2時間14分。見終わった後、肩が凝ってしまってい...
海賊に襲われたら・・・ (笑う社会人の生活)
3日のことですが、映画「キャプテン・フィリップス」を鑑賞しました。 2009年のソマリア海域人質事件をテーマに 海賊の人質となった船長の運命と、海軍特殊部隊ネイビーシールズによる救出作戦を描く これは面白かった まさに最後までハラハラドキドキで 海賊というと...
キャプテン・フィリップス (銀幕大帝α)
CAPTAIN PHILLIPS 2013年 アメリカ 134分 サスペンス 劇場公開(2013/11/29) 監督: ポール・グリーングラス 『グリーン・ゾーン』 原作: リチャード・フィリップス『キャプテンの責務』 出演: トム・ハンクス:リチャード・フィリップス船長 バーカッド・ア...
キャプテン・フィリップス (miaのmovie★DIARY)
キャプテン・フィリップス [DVD](2014/03/21)トム・ハンクス、バーカッド・アブディ 他商品詳細を見る 【CAPTAIN PHILLIPS】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 コンテナ船マースク・アラバマ号は、ケニアに援助物資を運ぶた め、インド洋を航海していた。それは...
キャプテン・フィリップス (Captain Phillips) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・グリーングラス 主演 トム・ハンクス 2013年 アメリカ映画 134分 ドラマ 採点★★★★ “海賊”と言うと、今の子なんかは手足が伸びる元気いっぱいの男の子とかジョニデのアトラクション映画を浮かべるんでしょうけど、私が真っ先に思い浮かべるのは...