バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

スマホ詰パラ 番外編 その9

2015-12-01 19:20:09 | 将棋

すっかり更新を怠ってました。

まあ嫁さんが娘のところの応援にずっといってるので男所帯の家事は、なかなか大変。そういうこともありまして。年内までには、なんとかめどがつきそうな感じなのでほっとしているところ。

今週は、ずっと紀南地方(和歌山県南部)に出張中で、ビジネスHで更新中。

 

スマホ詰パラ ちょっと前まで 新人さんシリーズが続いたがここのところ 常連さんの作品が続いている。

私もここのところ 短期間に3作も載せていただいてちょっと多すぎなので(もっとも Aさんは、それをはるかに超えるピッチで掲載されているが) 他の人に回してもらったほうがいいかなと逆に心配する。

本日の作品から

まずは、常連さんのみつかづさんの初級用作品

まずは、飛車打ちが入ると思ったが(参考図)

誰も思うようで、コメントには、先着が2人いた。みなさん早い。

 

次は、これも常連さんの nono_yさんの作品

シンプルな形。 

まずは、29香かなと思ったが ブー。 じゃ 46竜 これもブー

正解は、18桂、17王、29桂、16王、46竜、25王 (途中図)

ここから押し返すのだが 37桂、14王、26桂と打った桂を連続跳ねる感触がとてもいい。

よく こういう手順発見したなあと感心。

* この作品 作者から最終手余詰みがあるので訂正図がコメントされましたので合わせて掲載します。すなわち最後の44角と出て詰むところを18同香と歩を取って、同王、19歩、同王、45桂、18王、28竜の筋で(ただし18の合いごまは非限定)。(最終手 余詰みは一応許容されているのですがキズと考えれば54香で解決されるという訳)まあ歩なし図ということで54香だがもちろんそれを意識しなければ54歩でもいいわけになるが。

 

最後に自作 、スマホの解説で足らないところをちょっと付け加えます。

前作(No.6648)で、解いているうちに作者がわかったとEOGさんのつぶやきを聞くと そろそろこのパターンもいったんストップといったところか。(笑)

最初 13とのかわり 持ち駒 銀を増やすか迷ったが 本図のほうが初手23桂のまぎれもあるのでこちらにした。 

2枚の香車(51,42)は、最後まで動かないが配置には結構試行錯誤した。

(作意) 12と、同王、34馬、11王、23桂打、21王、33桂、22王、14桂、32王(途中図)

桂馬を打つだけ打ってから ここから大安売り

31桂成、同王、22桂成、同王、23桂成、31王、32成桂、同王、14馬、22王、(途中図2)

あと一息だが 

23馬右、31王、41馬、22王、23馬行、11王、21桂成、同王、42馬引、11王、22馬行(寄)・・・・まで31手詰

実は、途中図2で私自身 うっかり23馬左と間違え タイムランキング1位を逃した。自作で取れないとは、とほほ、、、それにしてもみなさん早い(三輪さんにも負けた、、)

うん?

今日は、5問新題解いたのに また新しい5問が出題されている。 1日10問 こういうの初めてだ。前に サーバーメンテなのか1日お休みがあったのでそのお返しか?

----追加

私の作品 三輪さんが4桂をすべて手持ちから始めるアレンジ図を送ってくれましたので

掲載します。シンプルにこういうのできるんですね。考えもしなかった。

15桂、12王、34角成 以下同じ手順の31手詰み

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有吉詰将棋200題 金園社 | トップ | スマホ詰パラ ブックマーク... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みつかづ)
2015-12-01 21:23:37

娘婿さん、1日でも早く回復できる事をお祈りしております。

拙作を取り上げて下さりありがとうございます。
序の2手逆算、発表待ちになってから香の限定合に気付いたのですが、後の祭りですね(笑)。後悔先に立たず。
まあ、香の限定合は2つ作りましたので、そちらで埋め合わせという事で。

「最強馬コンビ」シリーズ完結、お疲れ様でした。
細やかな捌きと捨て駒の妙が勉強になりました。
馬って意外と繊細な駒ですね。

バビル3世さんの新作、楽しみにしております。
RE みつかづさん (バビル3世)
2015-12-01 21:35:50
香の限定作 楽しみにしています。

最強馬コンビ 馬という駒が好きなので、ついつい創りましたが まあしばらくはこれにとらわれず 創りたいと思います。
あくまで難解作は作れないので短編、中編あたりの軽快作をモットーに創りたいと思っています。
15桂打を (三輪 勝昭)
2015-12-01 22:49:55
バビル3世さんの作品は初手12とが良い感じだけど、この手順なら初手15桂打を入れたい。

持駒 桂四
玉方 23玉、42香、51香
詰方 12飛、36馬、52角以上31手詰。

でどうか?
35桂だと13玉で35馬上の変化が詰まない。
初手14飛成は22玉で詰みそうな形だけど詰まないみたい。
RE 三輪さん (バビル3世)
2015-12-02 05:59:39
アレンジ図 ありがとうございます。
掲載させていただきました。思いつきませんでしたね。
いま 泊っているホテル ネット環境が非常に悪く時間帯によっては全然つながらないので遅くなりました。
まあ 明日からは別のホテルに移りますのでその点は解消されますけど。
三輪さんの新作 当ブログにコメントした図と解説ありましたが すっかり忘れていました。(苦笑)
Unknown (nono_y)
2015-12-04 02:38:18
遅まきながら、取り上げて頂きありがとうございます。

実は最終手余詰があると、コメント欄で指摘されて気付きました。合駒を取って打って桂跳ねで開き王手。透かし詰めで終わらないと面白くないので、△54香を置いて修正することにしました(歩なし清貧図式は継続)。そのうち反映させて頂けるそうです。
RE nono_yさん (バビル3世)
2015-12-04 06:18:21
いい作品ですね。
最終手余詰み 気がつく人はよく気がついたものだ。
全く気がつかなかった(笑)
一応 コメントいただいた図掲載させていただきました。
ありがとうございました。
Unknown (nono_y)
2015-12-04 12:51:27
最終手余詰にも最長原則が適用されるとしたら、19歩、同玉、45桂、18玉、28竜が「正解」。これを本手順にするのは、18合が非限定(香も可)なので気が進みません。
RE nono_yさん (バビル3世)
2015-12-04 21:31:24
失礼しました。本文の内容完全に寝ぼけていました(苦笑)
頭の中で処理しようとして勘違いしてました。
内容を変更修正しました。
まあ最終余詰みもない方がいいですから。ましてはそっちで非限定が出るのは、確かにいやなものかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL