落ち着いた大人になろう!

旅行やら映画やらの独り言

「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」

2015-03-30 21:09:49 | 映画
アカデミー賞絡みの、実話ベースの映画が続いて、暗い気持ちになったんで。
ここは一つ、映画らしい映画をと。



張り込んでIMAXで座席予約してから気が付いた!
「私、ナイト・ミュージアムの1と2って観てない・・・」まあ、いいや。それほどの内容じゃないし。



期待通りの、小ネタ満載のドタバタ映画。ただドタバタしてるのが、深夜の大英博物館で、登場人物もベン・ステイラーのラリー以外は所詮に人間じゃないので、深みもなく、広がりもなく、小さな世界。

ただ、キャストがすごいぞ!

ベン・キングズレー、なぜ出た? 

で、HIMSELFのヒュー・ジャックマン。彼の映画になっちゃったねえ。ウルヴァリンのマネとかもしちゃうんだよ。わざわざ、ラリーが戻って来て「いい人だ」と声をかける。



ベン・スティラーも、原始人の方がイキイキしてたような。

個人的には、ランスロットがあそこまで馬鹿にされて・・・。イギリス贔屓の私としては・・・。



「エクソダス/神と王」を見たあとだから、ベン・キングズレーとラリーの会話は笑えた。相変わらず人種ネタはすごいな。そう、結構笑わせるシーンがあったのに、観客が笑わなかった。笑えよ。IMAXで2,000円払ってんだから。

最後、ラリーが心配になった。子育ても職失い、生きがいは? 無精ヒゲはやして、外から楽しそうなスミソニアン博物館をみるだけで、入ろうとしないんだよ・・・。寂し過ぎる最後だあ。なんだかなあ、中年女にはラリーの寂しさが身に沁みるぜ。



ロビン・ウィリアムズ、彼にとっては良い映画が最後になったね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

2015-03-29 14:34:10 | 映画
これも重い実話だあ。



第二次世界大戦中、ドイツの暗号「エニグマ」は解読されてたのに、それがバレないように2年間も戦闘が続いてたんだあ。確かにバレてたら、他の暗号に変えられちゃうからしょうがないんだが。ってか、戦争終結まで2年かかったんだ。そのあいだ、何百万人が死んだんだろう・・・。やっぱさあ、一度起こった戦争の終結って難しいんだがら、戦争始めたらダメだよなあ。



あと、同性愛がここまで犯罪だったとは。エルトン・ジョン、今の時代に生まれて本当に良かったね。「天才」に生まれても、無事に研究を続けられる人間は、ほんの一握りの幸運な人間だけかもね。



キーラ・ナイトレイ演じるジョーンに魅かれたのも、数学ができる女性というマイノリティへの同士愛だったんだろうなあ。だから結構深い愛情だったんだろうなあ。まあ、実際、キーラ・ナイトレイがきれいすぎて浮いてたけど・・・。



カンバーバッチ、初めて上手だと思ったわ。あっ、あんまり見てないけど。

他の役者さん達も良かったよ。「シークレット・ガーデン」のカッコ良い伯父さんだったヒュー・アレグサンダーも、
MI6の人も。ロシアのスパイも。



ロンドン、空襲にあってたのに、研究所の仲間達はなんておしゃれなんでしょう!と、思った。

もうちょっと、尺があったほうが、仲間との友情もじっくり描けて良かったような気もする。

「クリストファー」が悲しいわさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2泊3日沖縄満喫!④

2015-03-29 13:55:02 | 旅行記・沖縄
 3月8日(日) 

首里城って、本数は少ないけど、国際通りからバスで行くのが一番近いかも。と、今回思った。市内線(1、14、17)番らしい。皆様も是非、お試しください。

①首里城



ここも中国人と、修学旅行生がいっぱい。やたらはしゃいでて、まあはっきり言ってうるさい!





前に行った時より、また増築していたような気がした。

②玉陵

玉陵(たまうどん)は、私のお気に入りなので、友人を連れていく。首里城のすぐ側なのに、ここは静かだあ。墓だしなあ。



帰りは、調度バスがあったので《ゆいレール》の首里駅からホテルに戻る。

昼過ぎの飛行機で羽田に戻る。



あ~、やっぱ夏に来て泳ぎて~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2泊3日沖縄満喫!③

2015-03-23 22:45:02 | 旅行記・沖縄
 3月7日(土) 

レンタカーは辞めて、那覇バスの 「絶景!古宇利島・今帰仁・美ら海コース!<1日プラン>美ら海水族館入場料込み♪ 」 という観光バスに乗る。

これはお得だそ~! 入場料全て込で、美ら海水族館に3時間もいる事ができる。

前に似たような観光バスに乗った時は全員日本人だったのに、今回は客の半分が外国人! アジア系、欧米系・南米系。案の定、バスの降車と乗車場所が違った時には、南米系の乗客が行方不明に。バスが降車場所に行ってみたら、そこにいた。メデタシメデタシ。

①美ら海水族館

なんか水族館までの道が、可愛らしくなっていた。




ビデオ鑑賞室のスクリーンが開いていたので、そこで中層を泳ぐジンベイサメをじっくり見る。


大水槽横のカフェでは、ちゃっかり水槽横の席をゲット! 昼食を食べながら、のんびり満喫。


沖ちゃん劇場もゆっくり見る事ができた。いやあ、満足じゃい!


②今帰仁城跡

今帰仁城跡は《なきじんじょう》と読む。前に友達とレンタカーで回った時、「行きたい!」と言ったら「石が並んでるだけだろ」と言われて却下された。

その通りだ。


一生懸命公園のようにしてるけど、やっぱり城跡だ。竹田城みたいだった。でも、私は石が並んでるだけで、心躍るのだ。
600年前に滅ぼされた城だ。

桜がすっかり、葉桜だった。

③古宇利オーシャンタワー

前に古宇利島来た時は「古宇利オーシャンタワー」はなかったぞい。人さまのブログをいろいろ見てたら、個人では高いがツアーについているとうれしいタワーという事だがその通り!
上階へのエレベーターが開くと、小雨にもかかわらず、沖縄らしいエメラルドブルーの海がどーんと広がる!



エレベーター内の人が歓声を上げるのは、東京スカイツリーのエレベーターと同じだ。
初沖縄の友人も沖縄らしい青い海が見られて良かった。


ここは、土産物屋と貝博物館も兼ねている。海を観ながらベンチで、名物のかぼちゃのシュークリームを食べた。

で、高速で那覇に戻る。結構、水族館以外もゆったりしてて、お得なツアーで大満足でした。

夜は国際通りをブラッと歩きながら、目についた 首里天楼 で夜ごはん。立派な建物だ。ここも琉球舞踊が見られるそうだが、私達は1階の普通の部屋で、3千円の「美ら海コース」。観光客だからな。

  

ホテルの窓からは、国際通りが見えた。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2泊3日沖縄満喫!②

2015-03-15 12:53:39 | 旅行記・沖縄
 3月6日(金) 

友人共にマイルの特典航空券使用のため、飛行機代はただ。頑張って朝一番の便で那覇着。

「ゆいレール」は一番前に乗った。

友人は、“初・沖縄”なので、まずは 《国際通り》&《牧志公設市場》 へ。







天気は雨だ。たまに土砂降り。



市場の2階の食堂で昼ごはん。私は「ゆし豆腐定食」。友人は“初・そーきそば”。デザートは、2階の有名な《歩のサンターアンダーギー》。私が最初に公設市場の食堂に行った頃は、300円で「アラ汁定食」が食べられた頃だ。



午後はホエールウォッチングを申し込んでいるので、「むつみ橋」のできた当時はおしゃれなファッションビルだったが今は「ドンキ」になったいたでの、そこでビニールのカッパを購入。船には酔わないはずだが、念のため酔い止めの薬も飲む。転ばぬ先の杖をつきまくる50代の2人。

《ホエールウォッチング》 のショップは、前に参加した時に楽しそうにはしゃいでいた「NEWS」さん。13時10分県民広場前ピックアップ。
船、HPで確かめてたとはいえ、デカイ! 維持費すげーだろうなあ。


客は多い。30人以上いる。しかも乳幼児を連れた家族連れが3組。しかも、3組共韓国の観光客だった。

盛り上げるスタッフと共に、雨はやんだが曇天の中、チービシを抜け、渡嘉敷の近くまで、さらに南に回りこむ。船にスピードがあるから30分ちょっととは言え、結構来てるな。と、「出ましたあ!」の声。

客は、前か2階に移動。私達は前の右側へ。







鯨は大人3頭。接近して泳いでる。うち、尾びれの裏が白い1頭は、威嚇のポーズ「テールストラップ」を1回2分を2回。三角関係か? 3頭ともなかなか潜らず、ほぼ海面にいた。他に船は2隻だけ。いやあ、満喫!

夜は、国際通りの 《波照間》 に行ったら、2階でチャージ500円でライブも見られると言われたので、そちらに。どーも最近はこのタイプがはやりだしい。ゴーヤチャンプルーなど定番の沖縄料理を注文して、ライブを楽しむ。最後は、踊った。途中で入ってきた地元の団体は明日結婚式の新婦側の親戚だった。





ホテルは、立地で選んで国際通り県庁側の「ホテルアベスト那覇国際通り」。ビジネスホテルだが、ベッドは大きい!最終日、フロントのお姉さんに首里城にここからバス1本で行けないか?と聞いたら、いろいろプリントアウトしてくれた。ありがと!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2泊3日沖縄満喫!①

2015-03-10 23:15:48 | 旅行記・沖縄
初沖縄の友人と、6日金曜日有給取って2泊3日で沖縄へ。

私は鯨狙い!

見事、観る事が出来ました!







コメント
この記事をはてなブックマークに追加