★一喜一遊★

声優と特撮等々をほどほどに語ります。
サッカーとか相撲も大好き(^-^)b
コメント・トラバ大歓迎です☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(感想) アニメ 『マクロスF』 第9話 「フレンドリー・ファイア」

2008-05-31 18:40:48 | 放送終了作品
シェリルが来て練習の時間を削られるアルトたち。
ブツブツ文句を言っているアルトの横でミハエルは早速シェリルのマネージャーのグレイスにナンパをし始める
しかし、このグレイスさん、ミハエルの名前を聞くと、ピンときたらしく、
「残念だったわね。お姉さん…」
ミハエル動揺…

シェリルをチームに入れたことについてミハエルに文句タラタラなアルト。
ミハエルは趣味で戦争している、逃げているだけの勝手な姫に言われたくないと反論する
「誰が趣味で戦争なんかするかよ…」
と拗ねる(?)アルト…
敵を見つけてつっぱしるアルトをオトリにしてミハエルが打つことになるが、なかなか狙いが定まらず、
やっとアルトが敵を抑え、
「俺は女も弾も一発必中さ!!」
とミハエルが自信満々で言ったその時、グレイスに言われた言葉が脳裏に蘇ってしまい、誤ってアルトの機体にかすめてしまう
危機一髪だったアルトは怒り、
「ミハエルてめー!!!わざとやったのか!!!」
とミハエルを責めまくる

会議にて…
レオン三島はこの辺りにバジュラのアジトがある可能性があるため、もっと注意が必要だと偉い人たちを促す
この人後々、とんでもなく強い敵になりそうだな~…

フレンドリー・ファイアなんて冗談じゃない!!!とミハエルにあたるアルト
「狙撃のセンスは姉貴譲り」と自慢していたミハエルに向かって、
「誤射も血筋か??
と言ってしまう…さすがにこれは酷い
アルト、たま~にとんでもなく腹が立つ瞬間がありますね
まあ、若さゆえってことで…
その言葉にブチ切れたミハエルはアルトをボコボコにする

保健室にて、アルトは手当てをしてもらう。
そしてアルトは、「どうしてミハエルがこんな所にいるのか」と保健室の先生に聞くと、「みんな基本的に訳アリ」だと言われる…。

就寝時間を越えて狙撃訓練をするミハエル
そこへクランクランがやってきて、「お前が…ジェシカのことで…」とミハエルのことを心配する。
しかし
「一人寝が寂しいからかな」
と誤魔化してしまい、クランクランに思いっきりビンタを食らう。
「バカッ!!!!!」
そういってクランクランは去っていってしまう…。

「銀河の妖精、故郷のために銃を取る!!!」
というCMを考えたシェリル。
ダサくてインパクトアリだとアルトに言われてしまう
今回はシェリルの出番が少なかったかな~…

ミハエルに逃げていると言われたアルトは「逃げているわけじゃない…俺は…」
悩んでいると、クランクランが現れ、
「お前、ミシェルのことが好きか??」
と聞いてくる。

ランカはデビュー曲「ねこ日記」の宣伝のために、街頭でティッシュ配り
伝説のメイクアップアーティストであるらしいボビーを起用して気合満タン
ネットやテレビで宣伝しようとすると、(おそらく)レオンの邪魔が入るようで、仕方なく街頭に本人自ら立って宣伝活動しているようです。
するとそこにブレラのような人物が現れるがすぐいなくなってしまう…

再び任務に戻るアルトたち。
ミハエルとアルトが二人っきりになる陣形を心配するルカ
ルカは一番大変なポジションですね…意地っ張り同士の間に入らなきゃいけないですからね~
クランクランは難破船を発見するが、そこにブレラが襲ってくる

2人になったアルトとミハエルは「昨日の続きやるか?」と早速喧嘩モード突入かと思われたのですが、
ブレラに襲われるクランクランを発見し、救援に向かう
しかし、ブレラは動きが早く、クランクランはピンチに陥る
クランクランにミハエルの過去を教えてもらったアルトは、自らオトリになり、
「一発必中なんだろ!!!お前もお前の姉ちゃんのジェシカも!!!」
「ミハエル!!打て!!!姉ちゃんを超えろ――!!!」


ああ…イイ話だ…
こういう話大好物です


両親をなくしたミハエルは姉のジェシカととても仲良く暮らしていた。
しかし、戦闘中、ジェシカは不倫関係にあった恋人(しかも直前に別れ話をしていた)を誤射してしまい、
恋を戦闘に持ち込んだと判断されて軍法会議にかけられ、自らの命を絶ったのだった…。
ミハエルは未だにフレンドリー・ファイアの真実を追っているのだそうです

この話を聞くと、先ほどのアルトの「誤射も血筋か??」というセリフがグサ――!!!!っと刺さりますね

それを知った上で、アルトは
「打て…ミシェル、打つんだ…打て!!!!ミシェ――ル!!!!!!!!」
思い切って銃を放つミシェル
見事命中
良かった良かった

戦い終わり、ジェシカの墓の前で、どうして姉さんが自分で命を絶ったのかわからない…と考えていると、アルトがやってきて、
「よく逃げなかったな」
とミハエルが言うと、
「よく打ったな」
と返すアルト
そしてアルトはミハエルのことを「ミシェル」と呼ぶのでした
なんか、心温まる話ですね~
最近、こういう話がなかなか無かったので、ちょっと感動してしまいました
そしてミハエルは天国のジェシカに、
「でも…いつかわかるかもしれない…そうだろ?姉さん」
と問いかけるのでした~

いや~…今回はストーリーも最高だし、戦闘シーンも相変わらずの動体視力フル活動にさせられる感じで痺れました
マクロスは回を重ねるごとに虜にされてる感じです
コメント (2)   トラックバック (81)

(感想) アニメ 『xxxHOLiC◆継』 第9話 「流噂―フウヒョウ―」

2008-05-30 03:13:04 | 放送終了作品
夢の中で遙に会う四月一日。
前に成仏した桜の霊が、小羽ちゃんを心配しているらしい…

次の日、ひまわりちゃんに小羽ちゃんについて聞くと、最近はテレビに出ていないのだという
すると横にいた百目鬼が、
「明日一緒に行ってやる」
と言い出す。四月一日は納得いかないものの、気になるので一緒に行くことになる
「本当に仲良しだね♪四月一日クンと百目鬼クン」
その通りです!!!ひまわりちゃん(笑)

小羽ちゃんの家に行くための口実にお弁当を作る四月一日
そしてPCで小羽ちゃんについて調べてみると、前よりも酷いことが書かれていた

百目鬼と小羽ちゃんの家に行く途中、通りかかった女子高生も小羽ちゃんの悪口を言っていた…

そして家に着くと、家の外壁に「インチキ霊能師の家」などの酷い落書きが…
インターホンも鳴らないようになっていて、大声で叫ぶと小羽ちゃんは出てきたが、TV局で誰かに押されて大怪我をしていた
「ごめんね…もっと早く来れば良かった」
と小羽ちゃんを抱きしめる四月一日
家に入ると、電話が鳴る。それはイタズラ電話…「シネシネシネ…」という伝言だった
もう留守電はいっぱいになったから大丈夫と言う小羽ちゃんに、四月一日は、
君が大丈夫でも、僕が大丈夫じゃないんだと教える。
「オレが小羽ちゃんのこと好きだからだよ」
そういわれ、小羽ちゃんももし四月一日と立場が逆だったらここ(胸)が痛い…。
これって「好き」ってことかな??と気づく。

そしてやっとお弁当をご馳走する
小羽ちゃんより先にパクパク食べてる百目鬼(笑)
さりげなく大食いですよね
言い合いをしている四月一日と百目鬼を見て、小羽ちゃんは
「仲良しなんだね。だって話してる」
お母さんとは話をしないんだそうです…
それにしても、1話で2人の人に「仲良し」と言われた四月一日と百目鬼は「仲良し」決定ですね

ここで小羽ちゃんのお母さんが帰ってくる
テレビ出演がダメになって、さらに最近小羽ちゃんの力が落ちてイライラしている。
四月一日たちがいるのを見て、
「何やってるの??!!!殺生に関わるものは食べちゃダメって言ってるでしょ!!!」
と怒りまくり、
「出てって…出て行け―――!!!!」
と四月一日に水筒の熱湯を浴びせる
小羽ちゃんは、私には何をしても良いけど、私の好きな人に痛い事したのは許さない!!!とお母さんに逆らう

顔の火傷は百目鬼の素早い処置のお陰で大したことはなかった
侑子さんは明日どうせ百目鬼クンにお礼持っていくんだろうからもう寝ろと言うww
私にもおすそ分けよろしくね。とねだるのは忘れない侑子さん(笑)
出て行こうとする侑子さんに四月一日は言う…
「あの人、一回も小羽ちゃんの名前呼ばなかったんですよ」

テレビ出演が決まり、機嫌がいいお母さん。
だが、小羽ちゃんが「ハイ」と素直に言わず、怒る
忘れられてもいいのかと問い詰めるお母さんに、
「有名でいることにどんな意味があるのかな」
と言う小羽。これに怒ったお母さん、この家も何もかも全ては私が仕事を取ってきであげてるから暮らしていけるのだと言い張る
でも、肝心の仕事自体は子供任せですからね~…
自分がパートとかして働くっていう手段は考えられないのでしょうか
嫌なお母さんだ

一緒に霊視する霊能師はどうやら小羽ちゃんと共演が気に食わないらしい…。
建て前だけだと説得するスタッフ

そしてテレビで番組を見る四月一日は小羽ちゃんより緊張して落ち着かない
早速番組ではモニターに部屋が映され、どんな霊がいますか??という質問が始まる。
小羽ちゃん以外の霊能者たちは「男」「軍服」「戦争で亡くなった」ということを口々に言い始める。
しかし、小羽ちゃんは、幽霊は「二人」「男と女がいる」と主張する
それを聞いたほかの霊能者たちは「間違いだ」「わざと??」「霊に対する冒涜だ」とケチをつける
しかし小羽ちゃんは譲らない…
2人の霊のうち女性は「21年前夏に殺された」と言う…。
霊能者はさらにイライラが募り、とうとう
「私たち4人がいないと言っているのよ!!!デタラメよ!!嘘言わないで!!!」
と言い始める…
「嘘じゃない」
そう言う小羽ちゃんの声は視聴者に届くのか???
次回に続く!!って感じでした…。

私は怖い話が好きなので、霊能者が出てくる番組はよく見るんですが、
「今、後ろに立ってます」とか言ってる霊能者を見ると、ついつい「嘘に決まってる」とか言ってます…。
でも、見えない奴の勝手な意見なのかな~とこの番組を見ていると思ってしまいますね
この最後に出てきた霊能師の4人はインチキじゃないんですかね??
霊能者ってインチキがインチキじゃないか確かめる術もないので困りますよね

コメント   トラックバック (17)

(感想) アニメ 『ドルアーガの塔』 第8話 「伝説の塔」

2008-05-29 22:15:35 | 放送終了作品
前回のことでジルの評価は上がっているみたいです。
メルトはそれが不満らしく、「気に食わん!!」と言っていると、
突如カーヤが
「実は私、不治の病、○○○○○(聞き取れなかった)にかかってるんです」
といかにも嘘っぽく言い始める。
病名も曖昧…
しかし、ジルは信じ込んで、治療法が記してある石盤を探しに石の扉を開き、最上階を目指し、塔に入っていく
他のみんなはジルの様子を外から見守る…のではなく、操作することに
つまり、ジルを主人公に見立てたゲームになってしまったって感じです
横の駄菓子屋のような店でノート(いわゆる攻略本)を借りてその通りにジルを操作していくカーヤたち
アイテムとか宝箱とかショップとかブーツでスピード2倍とか、ゲームらしい単語が連発していて面白かったです
しかし、意外と長いこのゲーム…
「飽きたな…」
とメルト(笑)
クーパは風呂に入り、牛乳を飲む。
しかし終わらないこのゲーム…
すると、いきなり駄菓子屋が賑わって来る
ニーバ一行もすっかり駄菓子三昧
ラムネの飲み方がわからないニーバ
ボンボンですね

賑わってる声が微かに聞こえたジルは「そっち楽しそうだね」と言うが、誤魔化される…
そしてここにきて毒を飲んでしまい、初めからやり直し
その後もいろいろな人が操作をしてみるが、みんな下手で何回もやり直しに…
賑わっていた人々もだんだんと飽きて帰っていく。
すると、駄菓子屋の店主は日が暮れると閉店するので、ゲームもしまってしまうと言い出す。
みんな、もうやめようと言うが、カーヤは一人諦めず、どうしても続けると言う。
すると、ジルも
「約束したんだ。カーヤのためにこの塔を登るって…」
と言うので、カーヤは続けることにする。
59階にたどり着くと、ジルは自分の意思で動けるようになる
と、そこにドルアーガが現れる。
ここでのミッションはこのドルアーガの討伐
みんな無理だと思っていたが、意外にも一人でドルアーガを倒すジル
60階にたどり着くとそこには例の石盤があった。
しかし、ここでジルは倒れてしまう
するとそこにカイが現れ、
「これは…ギルの剣」
と刃に触れると光を放つ
「若者よ、あなたはこれから3度裏切りに会います」
と意味深なことを言った上で、塔の頂上には求めるものがあるから諦めるなと告げる…。
意識がないジルに言っても絶対聞いてないですけどね…(笑)

帰ってきたジルの手には石盤があった。
それをカーヤに渡し、「病気は??」と聞くと、カーヤは
「あの不治の病なら…もう治りました。ジルさんのお陰です」
とあっさり完治
不治の病が治りましたっておかしな日本語ですよねww

このドルアーガのくだらなさ具合に最近はまりつつあります
今後の話も全く予想つかないですが、そのうち真面目路線になるんですかね??
このままでもいい気もしますが
コメント   トラックバック (30)

(感想) アニメ 『S・A~スペシャル・エー~』 第8話 「旅・犬」

2008-05-29 15:57:19 | 放送終了作品
飛行機の中でワク×2が隠しきれない光
それに対して、彗はドンヨリ…
前回の光の鈍感ぶりが相当ショックだったみたいです
そんな彗の気持ちはつゆ知らず、
「滝島!!楽しい旅にしような」
とキラキラ笑顔の光…
彗頑張れ!!!

早速ハワイに着いたみんなは、お土産を買いに行こうとするが、親の仕事の手伝いをする竜とドンヨリ彗は不参加
それにしても買い過ぎな気が…
しかも宙は荷物持ち係(笑)
パシリキャラが定着しましたね

次の日、竜の別荘へ行くと竜がうなだれて、土下座のような格好に
すると別荘から謎の少年が…
どうやら彼は竜の親の会社の得意先の御子息で千歳という名前らしい
「この2日間、僕の家族になってくれるんですよね~」
そして、みんなを家族の役に勝手に割り振っていく
兄役になった竜は千歳に盗られてしまい、怒る双子
さらに彗と明がお父さんとお母さん!!!(離婚秒読み夫婦)
光は犬に…σ(^◇^;)。。。
でも滅多にない竜からの頼みなので、みんな協力することになる

ご飯の時間、光の料理は犬用の皿
そして地べた
それを見た彗は一緒に地べたで食べることにする
明ももちろん一緒に地べた
彗に光を独り占めされちゃ~悔しいですからね

みんな疲れ果てる
しかしペス(光)は元気に一人でお散歩です
すると海辺で千歳を見つける
そして光は千歳の本性を知ってしまう

次の日はみんなでビーチへ
明の水着姿を見て
「旅は恥のかき捨て」
と宙
殴られる(笑)
正しくは「旅の恥はかき捨て」
ビーチで犬の着ぐるみは暑いよ…光
ビーチバレーをして楽しむ(?)みんな。
ことあるごとに竜に懐く千歳にイライラが募る双子
そして光は余計なほどに千歳の世話を焼こうとする
本性をバラさないのはどうしてかと千歳が聞くと、光は「家族なんだから仲良くしたい」と言う…
ツンデレな千歳は
「やしの実100個採れば考えてやるよ」
と本気で採りに行く。
リアルに100個採って帰ってきた光の格好はギャグにしか見えない
でも、まだまだ千歳は折れない
「もう一つお願いしたいんですけど」
とまた頼みごとをする。
それを見た明は「光に何を吹き込んだんだ」と怒るが、
「みんな仲良くしてくれ。家族なんだから!!」
と光はなだめる。

水着になって海のど真ん中の岩山の上の花をとろうとする光だが、
誤って手を滑らせてしまう
そこに彗がやってきてギリギリで助けてくれる。
「頑固な光には内緒でついていくのが一番ですから」
と言って引き上げる。
ちょっとくっついてドキっとする彗
でも、普通の少女マンガは逆ですよね。
女の子がドキっとするところなんじゃ…(笑)

千歳に花を渡すと、悔しくて逃げ出す。
そして、竜のところへ走ってくると、双子が竜を一人(二人?)占めにしようとしていた…それを見た千歳は思わず、
「竜は僕の別荘に来ることになった」と言ってしまう。
その言葉に芽がとうとうキレて、大声で攻撃
急いで千歳をかばった光はフラフラに…
千歳もとうとう
「僕の負けだ…。ごめんなさい」
と折れました。

そんな千歳を迎えに来たのは八尋
そうです千歳は八尋の弟だったんです
なんてそっくりな嫌味兄弟なんだ~~
そこへ忘れ物を届けにきた光。
八尋に話したいことがあると言うと、「じゃあ、うちの別荘でゆっくり話そう」と言い出す
何も疑わず了解する光
危ない!!!危なすぎる!!!!
彗早く助けに来て~~~
コメント   トラックバック (13)

(感想) アニメ 『モノクロームファクター』 第7話 「美神の影」

2008-05-28 23:12:20 | 放送終了作品
今回は薔薇をモチーフに大袈裟演出で前回のおさらいでした。
巨大薔薇お化けも登場
すると、突然バーに謎の美少年が
「誰???!!!」

どうやら彼は新しくバーテンとしてやってきた三上笙
白銀よりいけてるルックス
と、そこへ賢吾の姉、麻結がやってくる。
案の定、いきなり笙に心奪われてしまった麻結は気絶
目覚めると、
「ここは天国かしら」
と賢吾を無視して笙にくっつきまくる。
しかし、それを見たオーナーは「笙は向かないと思うな」と呟く…。

次の日、麻結は会社を仮病でサボり、富士山を見に行く
笙は麻結に「幻滅されないように免許を取る」「君ってかわいい人だね」と声をかける…。
正直、絶対笙には何か裏があると思ってしまった私は深読みのしすぎでした

一人になりたいからと、海辺にやってきた昶(と白銀)。
笙を見つけるが、あいつも一人になりたいんじゃないかと声はかけない
しかし、立ち去ろうとすると、笙が話しかけてくる
自分は麻結に「本当のこと」を言わなければいけないのだと言い出し、その「本当のこと」を昶には聞いてほしいという。
「僕の本名は…三上笙子なんだ――!!!」
いきなり女だと言われ戸惑う昶だが、白銀が元気付けろというので、不本意ながら、立ち会って手伝うことに…

バーでみんな(賢吾以外)の立会いの下、本当のことを告白することに
しかし、綾はプロポーズと勘違いし、やってきた麻結に「プロポーズよ」と伝えてしまう
期待する麻結になかなか言い出せない笙。
さらに、いい所に賢吾乱入で結局失敗に終わり、麻結は
「お姉ちゃん、結婚するの~~~」
と誤解をしたまま笙とでかけてしまう。
そして、ホテルにて、やっと笙が自分が女だと伝える
急いで賢吾の部屋にいた昶たちのもとへ泣きながらやってくる麻結
無理だとわかっててみんなの前でプロポーズしたのよ~~と泣きまくる…。
でも、ちょっとこれは酷いですよね~
笙もふざけてた訳じゃないのに、麻結は慰めもせずに笙を置きっぱにして帰ってきたあげく悪者呼ばわり…。
今回は麻結のイメージダウンダウンな感じです

ショックで海に駆け込む笙
するとルルと七夜がやってきてコクチを取り憑かせる

沈んだ麻結は他の男とドライブに行く。
すると、そこに取り憑かれた笙が現れる
騙したと言われて、「僕は男だ」と言いながら麻結に襲い掛かる
絶体絶命とその時、
「姉ちゃんから…離れろ―――!!!!」
と賢吾と昶がやってきて、
「相手が悪かった」「あなたを愛してくれる女性は他にもいる」とみんなで笙を慰める
するとコクチが出てきて、白銀が退治

泣いている笙に謝る麻結。当然です。
すると、笙は突然綾に…
まさか今度は綾に惚れたの~~???と皆が思ったその時
「あなたは僕よりずっと男らしい人だ…」
と言い、見習いたいと言い出す…そういうことか(笑)
「アニキ~」と言われた綾…可哀想

今回もパッとしない感じがありましたね~…そろそろ七夜が本腰で戦いに来てもいいんじゃないですかね~
あと、個人的には洸@小西さんの出番を心待ちにしております
コメント (2)   トラックバック (10)

(感想) アニメ 『あまつき』 第8話 「薄暮花が眠る」

2008-05-28 21:57:16 | 放送終了作品
今回は朽葉の幼い時のお話が中心
朽葉は神様だからと村人と話をすることすらできなかった
「一人は寂しいよ」
朽葉が触れるのも村人は嫌がった

若き日の佐々木さんと沙門さんも出てくる
佐々木さんはまだ目が白くなってない頃です
沙門さんは犬神の退治の依頼を受ける
佐々木さんは沙門に仲間になってほしいのだが、妖の見えない奴はダメだと突き放す
どうやら、こういう経緯で佐々木さんは白目になってまで、妖を見えるようにしたんでしょうね

沙門は村に向かうと早速朽葉を発見
逃げる朽葉は小屋に入る。
沙門も追いかけると、小屋の中で狗神に襲われる
沙門が攻撃すると、狗神も反撃
隙を突いて沙門さんは狗神を押える
人間と妖怪の共存はあり得ないと言う狗神に
「命に優劣はない」
というものの、朽葉に危害を加える人間に怒る狗神
朽葉と自分を殺せと言い出した狗神に、
「オレにこの子を預けてもらえないか?」
と提案する沙門
沙門の結界内では狗神は出られないが、朽葉と狗神は自分が見張るから大丈夫だという

最初は沙門をこわがる朽葉だったが、鞠を渡したり、おにぎりをあげたりすると、だんだんと慣れてくる…
というか、こんなに小さい頃から朽葉は大食いだったんですかね??
おにぎり2つを瞬時で食べきりましたが

紺は厨房で料理のうまい坊さんを見つける。
彼はかつて、聖域にいた銀朱に出会っていた
出て行けと言うものの、銀朱が出て行こうとしないので
「全力で人を呼びに行きます」
と叫ぶ銀朱に笑われる…
「全力で」っていうフレーズにルルー○ュさんとオレ○ジさんが私の頭をよぎりました。

この胡僊という青年は、ちょっと前に沙門のところに弟子入り志願してきたが、真面目な性格ゆえに、沙門の堕落っぷりに失望してしまう
どうやら胡僊は妖が見えることを誇りに思っていて、その力を使って妖退治をして人助けをしたかったらしい
しかし、沙門は妖退治なんて金稼ぎのためにやっているだけと言う

川辺で胡僊は朽葉と歩く沙門を見つける。
この場面、さりげなくひぐらしの鳴き声が聞こえたんです…怖っ
と思った私は完全に毒されています(笑)
「本当のことは自分でたどり着かなきゃいけない」
そういう沙門だが、狗神は、胡僊は昔のお前とそっくりだと笑う。
だからこそ、沙門はあるがままに進もうとするのだそうです。

それを知った胡僊は銀朱に
「この世で一番悟りから遠い人間は私でしょうね」
といわれて、「それは自分だ…」と落ち込む

紺は胡僊に朽葉が怖くないのか??と聞くが、怖くないと言う。
そして相変わらずマイペースな紺は、鶴梅が入ってくると、
「お~い、魔王が出たぞ~~」
と茶化す

胡僊役の泰さんはE'Sの時から大好きなので、ちょっと興奮気味でした。
まさか、こんなに出番があるとは思いませんでしたが…

次回はいよいよ平八が大ピンチですね
生き延びろ平八
コメント   トラックバック (14)

(感想) アニメ 『ヴァンパイア騎士』 第8話 「嘆きの銃声(ブラスト)」

2008-05-27 23:34:20 | 放送終了作品
部屋に引きこもる枢のところに一条がやってきて
「ちゃんと眠りなよ。おやすみ」
と声をかける。

ナイトクラスの生徒は枢が部屋から出てこないことを心配する
そこへ入寮申請がきたので、副寮長の一条が受け取る
「うちのおじい様が今夜うちにくるんだ~~~
何やらおじい様は問題アリの人物らしいです
元老院の一人で「一翁」と呼ばれているらしい…。
あまりこの寮のささやかな平和を乱されたくないby一条

夜、ナイトクラスはみんな授業を休んで玄関で一条祖父・一条麻遠を待つ
枢もわざわざ挨拶したいとやってくる
こんな集団授業放棄見たこと無いです
先生はどうしているんでしょうか…

そして麻遠登場
なんか、私の想像より若い…
シワシワなお祖父さんが出てくるかと思った
思ったよりダンディ。さすが少女マンガ
麻遠は純血の人は違うと言いながら枢に触れようとする
しかし、純血種に流血を求めるのは最大の禁忌
藍堂と瑠佳が止める。
怒った麻遠に対して、枢は藍堂と瑠佳の手を振り払う

枢の部屋の前に立つ瑠佳
枢に入れと言われて部屋に入る。
元気がなさそうな枢を心配し、血を吸ってほしいと言うが、「十分だ」「僕は元気だよ」と断られてしまう
落ち込んで枢の部屋を出た瑠佳の前に架院が。
「私は枢様に血を吸ってもらえなかった」
初めの一度(優姫が目撃したアレですかね??)しか吸ってもらったことがない
「こんなに好きなのに…」
枢に何もしてあげられない自分は愚か者だと嘆く…
なんだか、このシーンは切ないですね…。
優姫を応援してあげたい気持ちもあるけれど、意外と報われない瑠佳も可哀想

麻遠は帰り際、一条に枢を見張れと命令するものの、自分はあくまで枢の友人でありたいと反抗する
回を重ねるごとにカッコよくなっていく一条をどうにかしてくれ~~
マイペースだけどしっかり者で、唯一ナイトクラスで枢の相談相手とかできそうな人だと思います
「黒主学園は平和ですよ♪」
優姫はそう言いながら麻遠の迎えにやってくる
理事長から寄付をよろしくと伝えるようにも言われたとか…(笑)
理事長ってばチャッカリしてますね
そして零が麻遠を連れて行く。
優姫は枢に会い、お礼を告げて去っていく
それを影から眺める瑠佳は複雑な表情…
決して嫌な女にはならないでほしいんだけどな~

一日の仕事を追え、お風呂に入ろうとした優姫だが、先に零が入ろうとしていた。
そこで、優姫は「枢に血をあげたいなんて思ったことはない」とハッキリと言い、零にとっては押し付けボランティアみたいでも、
覚悟を決めてほしいと伝える。
すると、零は突然優姫を壁に押し付ける
血を吸われると思い、震えてしまう優姫
「覚悟できていないのはお前だ」
と言いながら優姫を解放する
試すようなことをされたことに怒った優姫は風呂場を出て行く

優姫と擦れ違いに入ってきた理事長が零にハンターとしてのお仕事を依頼する断ろうとするが、
「君に拒否権はないよ」
といわれ、受けることに…

次の日、零が出かけるのを見つけた優姫は尾行を開始する
すると妙な建物にたどり着く。
その頃、支葵と莉磨も元人間退治にやってきていた
優姫はこの2人に見つかる。

零は早々にレベルEのヴァンパイアを見つけるが、取り逃してしまう
すると、建物に侵入していた優姫に襲い掛かる
支葵が攻撃して優姫は助かるが、ヴァンパイアは逃げる
優姫は再び一人で零探しに出ると、またレベルEに捕まる
そこにヒーローっぽく零が現れ、
「くだらない鬼ごっこはもう終わりだ」
と容赦なくレベルEを排除

そんな様子をカラスを通して透視する人物が現れる
紅 まり亜@中原麻衣さんのようです
またも新キャラ現るって感じですね

そういえば、初めの方で、一条の申請した大量の本を抱えていたメイドさんがEDを歌っていらっしゃる分島花音さんでしたね
声優さんじゃないだろうな~とは思ったんですが…、ゲスト出演って感じですかね??
コメント   トラックバック (26)

(感想) アニメ 『我が家のお稲荷さま。』 第8話 「お稲荷さま。探し物する」

2008-05-26 17:45:14 | 放送終了作品
夏休み、出かけようとした透の目の前に突然パペットが現れる
その正体は、六瓢
透は直感で人間じゃないかもと悟る
サカサエンをなくして不幸だと言う六瓢に透は優しく一緒に探そうと言ってあげるのだった…
どうやら、六瓢はクーちゃんに探してもらいたいらしいので、家まで案内することになる。
家にいく途中、サカサエンについて説明する六瓢
すると透は貝が返したのでは??と聞く。
確かに、貝は戻ってきたが、貝は仲間の狸にサカサエンを渡してしまったために、在り処を知らなかったのだとか…

家に着くといきなりクーが、水着を着て、プールにいきたいとせがる
しかし背後に六瓢を見つけるとテンション
そして、六瓢のお願いも
「メンドイので断る」
と断言
しかし、六瓢は御霊送りも原因の一つだから手伝えと譲らない
喧嘩を始める二人に、透が「探してあげようよ」と一言
クーはしぶしぶ探すことになる。

昇は道端で謎の仮面+黒服の人物に会う。
こちらも人じゃないと感じた昇はなるべく関わらないようにする
「三鎚の頭首とお見受けする」
と言われるが、
「違いま~す」
と答え猛ダッシュで逃げる

クーは恵比寿のところへ行くが、御霊送りの影響で土地の整備に忙しいと言われて、協力はしてもらえなかった。
そこへ逃げてきた昇がやってきて、仮面の奴のことを伝えると、六瓢がそれは貝の相棒のたぬきだと言うので、学校へ行くことにする
透が六瓢に協力したがるのは、クーが御霊送りをしたのは自分のせいだと思っているからみたいです
若いのに気の回る子です

学校では用務員として何故か拝さんが働いていた
宿直室には大五郎もいるらしい
するとクーはプールを発見
「プールに入りた~い」
と訴えていると、透と六瓢がいなくなっていた

透はいきなり何故か学校内で六瓢と二人きりになっていた。
そして、サカサエンは透の頭の中にあると六瓢は言い始める

焦ったクーは昇に学校に入っていいと命令させ、追いかける。

六瓢は透の頭の中を穿り返そうとする
しかし、そこに拝さんが助けに来る。
拝さんは、別の場所に透を連れて行くと、どこか様子がおかしい…
さらに大五郎が拝さんに威嚇し始める
その大五郎の首にはサカサエン
偽者の拝さんに捕まる透だが、クーが来て助かる。
そこに六瓢が現れ、クーと透に「動くな!!」と術をかける。

するとクーの本領発揮
「あまり俺を見くびるなよ」
と言うと、そこには二人(二匹?)のクーが
偽者が本物、本物が偽者方式で六瓢を追い詰める
すると、六瓢は「神を殺すのは大罪だ」と言うが、透を殺そうとした罪の方が大きいと構わず殺そうとするクーだが、
透が勝手にサカサエンを六瓢に手渡す
これにはクーも「まったく…お前というやつは…」と呆れ顔
それでこそ透ですね

拝さんは、屋上かメチャクチャになったことを嘆く

そして、最後に現れた謎の梟仮面は何者??
なんだか意外と謎が多いお稲荷さま。…
次回こそは中村君に出番を
コメント   トラックバック (31)

(感想) アニメ 『絶対可憐チルドレン』 第8話 「兵部京介!あ、出ちゃったの?」

2008-05-26 17:06:20 | 放送終了作品
下校中のチルドレンに接触してくる兵部
紫穂が触れてもサイコメトリーが効かない
BABELの受付も難なくかわし、銃の訓練中の皆本の隣で銃の凄腕を披露
そしてテレポートで去る…
最強です
しかもやりたい放題
農作業中のマッスル大鎌とも会話してみたり…。

局長に連れられてエスパー収容所であるイーストエデンにやってくる
そしてそのイーストエデンの中でも一番厳重な地下500mのところに収容されるのが、兵部である…と紹介される。
年齢は80を超えてるとか…
ECMも兵部には効かず、さらに催眠を使って高性能な部屋を隠し持っていた
一体いくつの超能力を持っているやら
さらに、チルドレンについて、
「将来、僕の嫁にしたい」
と言い、局長激怒
「まあまあお父さん」
となだめると、誰がお父さんだ!!とジジイ呼ばわりされてしまう兵部しかし本人いたって余裕。

その頃イーストエデン内部では反乱行為発生
囚人が次々と脱獄し、マッスルもその波に巻き込まれる
アラームが鳴り、局長と皆本のもとにも報告が。
どうやら兵部とは無関係??(兵部談)
彼の言うことは信じられない…

真犯人は他の囚人をおとりに、自分一人で逃げようとしたが、駆けつけたなおみ達に見つかってしまう
しかし、超能力で反撃し、逃げてしまう。
どうやら携帯型ECCMを使っていたようです
彼は「普通の人々」の一員なんでしょうか???

局長から許可を得て、ザ・チルドレン解禁
イーストエデンの壁を越えようとした真犯人のもとにチルドレンが現れる。
「ようやくお出ましか」
とソファに座っている兵部はどこまでも余裕綽々(笑)
薫の攻撃は効かず、葵は脳震盪になってしまい、窮地に追い込まれてしまったそのとき、薫の耳元で兵部が囁く…
「君はもっと強くなれる」
皆本の「やめろ」という言葉も聞かず、薫は兵部に教えられた攻撃方法を実践する
しかし、これは精神・肉体の発達に合わず、分数習いたての小学生に微分・積分を教えているようなものらしい。
容量を超えた薫は暴走し始めてしまう
一時、みんなは非難すると、兵部が暴走を止める方法があると言い出す。
自分が収容されている牢獄なら超能力を抑えることができると提案し、皆本やチルドレンもこれには協力することになる
バリアを使って薫に接近を試みる兵部の背中をみんなで押して踏ん張る
この瞬間だけ、兵部がメチャクチャいい人に見えましたね
葵が触れた瞬間、テレポートして助けることに成功
喜ぶチルドレン達に、兵部から離れろと命令する
そして、皆本は「こいつを守ってくれて感謝する」と一応お礼を言う。
律儀でイイ奴ですね、皆本は

意識を微かに取り戻した薫は皆本に、もっと強くなれると言うが、
「そんなことは僕にだってわかってる。でも、ゆっくりでいいんだ。
僕はちゃんと待っててやるから」
と皆本は薫を安心させる
すると、兵部が
「今日のところはクイーンは君に譲るよ。邪魔者は退散するとしよう。」
と言い出す
そしてさらに、
「あ、それから、この部屋はもう閉鎖するとしよう。桐壺くんに伝えといてくれ。
外にいい部屋が見つかったんでね。そっちに引っ越すことにしたから。それじゃ」
と堂々の脱獄宣言
桃太郎によると、脱獄は予定より早かったらしい…
でも、あまり気にせず、
「僕のクイーン、早く大人におなり…」
と呟いて夜の闇に消えていきました

なんというか少し変体チックな発言多いですね、彼(笑)
でも、このキャラの声のトーンは遊佐さんの中でも一番好きです
次回も出そうなので、ますます楽しみ

そして、忘れられたマッスルは畑に埋まって
「早く助けに来て~少佐ー!!」
と叫ぶ…可哀想
コメント (4)   トラックバック (20)

(感想) アニメ 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 第8話 「百万 の キセキ」

2008-05-25 23:37:09 | 放送終了作品
前回、黒の騎士団に行政特区日本協力をブリタニア軍の目の前で命令したゼロ
ブリタニア軍はここで一旦退くことになる。
黒の騎士団もゼロの意思は読めないようです
神楽耶とも再開する
疑問を投げかける黒の騎士団の面々に、
「戦って、戦って…それでどうする?」
「日本人とはなんだ?」
と問う。ゼロらしいあしらい方というかなんというか…。

ナナリーは皇帝の命令通り動くこととなり、不満気

学校では、ガーデニングをしているときに、ナナリーと話したことを自分から話題に出し、スザクを惑わせる
こんなことそうとう勇気がなくちゃできないスゴイな~
その後ろでメッチャ悪い顔しているロロ
彼もルルーシュが好きやね~

「生きろ!!!」というギアスをかけられたこともスザクは知っているみたい

ディートハルトは中華連邦で仕事中
ルルーシュの命令通りにきちんと仕事をこなしているらしく、ルルーシュに褒められでご機嫌
いつからみんなこんなにゼロLOVEな人たちになったんだか…
あ、でもディートハルトは最初からかな~(笑)
咲夜子さんは何モノ???

学校と日本の展望について話をするロロとルルのところにヴィレッタがやってくる
どうやらルルが呼び出したようです。
そして、ヴィレッタさんに、
「扇に会いたいですか??」
ちょっと驚くヴィレッタさん
やっぱ扇のことも忘れられないんでしょうね

神聖ブリタニア帝国・ダラス研究所
実験中のニーナのもとにカノン&シュナイゼルがやってくる
どうしてEUから戻ったのかという問いに、シュナイゼルは、
「勝ちすぎるとその先には敗北が待っているから。
人は誰でも希望を探しているんだ。
勝つということはそれを踏みにじってしまう。
敵も味方も同じなんだよ。みんな何かを求めているはずだから…」

夜、アーサーに懐かれるアーニャ
スザクと少し言葉を交わす…。

馬車に乗るニーナとシュナイゼルとカノン。
殿下にさしのべていただいた手を無駄にしないようにと今も実験中だと報告する
どうやら、ブラックリベリオンでは失敗したみたいです。
「君はユフィのために行動を起こした。彼女は不幸な形で歴史にその名を残したが、
私は信じたい。コーネリアやナナリー、カノンやスザク君たちも同じだ。
そして君もユフィを信じてくれている。そんな君だから私は信じる。」
そういって慰めるシュナイゼルは本当にカッコいい~~

「スザク、あなたってマゾ??」
アーニャいきなり爆弾発言
どうしてブリタニア人の味方をしているのかということがいいたいらしい(笑)

そして、ゼロとの映像による交渉の席につくスザクとジノとアーニャ。
何よりも気になるのが、堂々としすぎのロイドさんと着飾りすぎのセシルさん
交渉が始まると、いきなりロイドさんは、
「あのさ、聞きたいんだけど、君と前のゼロは同じ??それとも…???」
と核心つく発言。
ゼロは、行動によって示されるもので、中身は関係ないと答え、
自分は100万人を動かすことができるが、それには条件があり、自分を見逃せという…。
そして、ゼロの国外追放をしろという
法的にはOKらしい
ブリタニア側も、トップがいなくなればイレブンのテロリストが空中分解するからいいのでは??と言いはじめる。
しかし、スザクは犯罪者を逃がすことに納得いかないようです
事務方と協議した末、国外追放することになり、それをナナリーにも伝えるスザク

シズオカゲットー
行政特区予定地に集まる日本人の人々。
扇を探しに来たヴィレッタさんを見つけてしまう扇
そして、飛行機にいる星刻はいきなり吐血
彼の弱点はここにあったのか
運動も頭も良くて、完璧人間すぎだと思っていたら…

そして式典が始まる
ゼロを国外追放ということも発表される
ありがとう!!!
といいながら現れたゼロはスザクに質問を投げかける
「日本人とは…民族とはなんだ??」
「それは…心だ!!!」
と答えるスザク
するとゼロは
「私もそう思う。自覚、規範、教示。つまり、文化の根底たる心さえあれば、住む場所が異なろうとそれは日本人なのだ!!!!!」
と宣言する
それとゼロだけが逃げることに何の関係が…??
と思っていると、突然日本人が煙幕を発生させる。

そして煙幕が晴れると、みんながゼロに
百万人のゼロです
ゼロの格好をした日本人はこれによって合法的に逃げることができるようになったことに…
これでナナリーの手を汚すこともなくなるわけですね~
頭が良すぎるぞルルーシュ

海からは咲夜子さんが逃走用の戦艦のようなものを用意
すばらしい準備です
ブリタニア軍はルルーシュの完璧な計画になす術がなく、スザクもゼロを逃がさざるを得なくなる

スザクと日本人を守るという約束をし、逃走を始める。
扇も仮面越しにヴィレッタ(千草)さんと再会も始めましたね

スザクは「ゼロは自分のことをよく知っている者だ」ということを感じる

今回はシュナイゼル&ロイドさんが出血大サービス的に出ていたので大興奮
第1話の時には、もう出てこないんじゃないかとか心配していたから本当に嬉しいです

次回は何やら特番みたいですね
第1シリーズでは総集編でしたが、特番ってのはどうなんでしょう…???
よくアニメ系番組で見かけるお笑い芸人の方々が出るようでしたが、
声優さんも出演してくれたら、いいんですけどね~~
コメント (4)   トラックバック (125)