★一喜一遊★

声優と特撮等々をほどほどに語ります。
サッカーとか相撲も大好き(^-^)b
コメント・トラバ大歓迎です☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

☆日馬富士優勝おめでとう!!!(感涙)☆

2009-05-25 12:39:06 | 雑談
相撲よく知らないって人もいるかもだけど、今日だけは許してくださいね



日馬富士が見事幕内最高優勝を果たしました


日馬富士が優勝する日がくるとは先週までの私には全く予想できなかった……
私が初めて見た頃の安馬はまだ痩せてて、勝ち越ししたら大成功!!!って感じだったのに…

でもあの頃から番狂わせは得意技でしたからね


今日は朝青龍も優勝決定戦の前に何か声をかけてくれたみたいだし、みんなから愛される日馬富士だから、
きっとたくさんの人を笑顔にしたに違いない


初めての表彰式も初々しくて可愛かったです
土俵に上がるタイミングを教えてもらったり、優勝インタビューを受ける時に間違えて土俵から降りなかったりwww


でも優勝インタビューの時の日馬富士は『こんなカッコいい声だったんだ…』って思うくらい素敵でした


メチャクチャ感動した!!!
本気で泣きました!!!


来場所は横綱目指して頑張れ日馬富士

大好きだぁぁぁああ\(≧▽≦)丿
ずっと応援してるよ









優勝が決まった後、相方を含めいろんな人からおめでとうメールが届きました


私が優勝した訳じゃないんだけど………みんなありがとう


相方から来たメール↓がカッコ良過ぎた(笑)


『もう多くは語るまい。

安馬おめでとう!!!!\(^o^)/』






あ、ちなみに私、未だに日馬富士のこと安馬って呼んでます!!!(爆)
その方が呼びやすいんだもん






ランキング参加中です。よろしければクリックしてくださると嬉しいです
にほんブログ村 アニメブログへ

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 隔月22日は…アレの日☆ | トップ | イロイロ発売日!!!^^b »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おおお! (あんかけ)
2009-05-25 20:01:39
おめでとうございまっする!!
パッヒョイ祭りじゃないですか!フッフゥ!
相撲はあんまりですけども喜びはビシバシ伝わりますわッ^^

相方さんカッケー…テライケメン…


祖国のえろやかさは異常ですわホント…CD買わないと…!あわばば

ウチは1kg減っても元がポニョやからあんま変わらんという…
スリムになりたーい!


ゆっちかわいぃぃいいいいいぃい!
なんで捨てちゃうんだい…勿体ない事するぜsakiさん…
あんかけさんへ (saki)
2009-05-26 23:38:55
もう嬉しさが伝われば良いです★
相撲は普通におばあちゃんおじいちゃんのスポーツですからね(笑)
私も中学生くらいまではそう思ってましたwww
でもやっぱ日馬富士と琴欧洲は別格ッス><

相方メッチャカッコ良いッス!!!
優勝直後のメールでしたからね♪

私も1kgくらいじゃ変わらないかな~。。。
せめて5kgはやせないとな~(汗)

ゆっち可愛いですか???
マジすか???
もう今頃焼却されちゃったでしょう。。。^^;
後々発見したりすると落ち込むので即処分しちゃいますwww
日馬富士は平成の照国 (伊勢ヶ浜部屋ファン)
2012-07-25 21:27:31
伊勢ヶ浜部屋の日馬富士関全勝優勝は、横綱照国以来の快挙。照国とは…入幕後7場所の史上最年少23歳4カ月で横綱に。69連勝の無敵の横綱双葉山と5回対戦し3勝2敗。全盛期の双葉山が同じ相手に3敗したのは照国だけ。地方巡業でも双葉山は照国に敗れた。横綱在位10年。三役になってからの勝率は双葉山に次ぐ。相撲を取ると色白な肌が桜色に染まった。通称「桜色の音楽」。
 争いを好まず内気で温厚な人柄。力士になるのを嫌い、時間があれば勉強したり、読書するおとなしい少年だった。そんな照国が、父の急死や兄の出征など家族の悲運を乗り越えるため、相撲取りの道に進んだ。自分が堪え忍び、母と弟たちを窮地から救おうとした。息子を不憫に思う母は猛反対したが、照国は泣いて故郷を後にした。
 だが優しすぎる照国は駆け出しの頃、相撲が弱く、「力士としてやっていくのは無理だ」と親方に破門された。両国橋で途方に暮れて泣いていた照国に手を差し伸べ、家族のように温かく育ててくれたのが、同郷の幡瀬川。故郷の母は照国を祈り、わが身に井戸水を浴びる過酷な「願掛け」を行った。「万蔵を救ってけれ。私の寿命を縮めてもいいから」と寒中でも体に水をかぶった。照国が大病を患って危篤になった時も、母は一心不乱に看病し息子を救った。
 苦労の母は若くして逝く。照国は「あばぁ。あばぁ」と、亡き母を叫びながら泣いて相撲を取った。病気やケガに苦しみながらも、母を支えに必死に踏ん張り、連続優勝を果たした。照国は故郷の母や家族を支えに、必死に人生を駆け抜けた。照国は語っている。「故郷にいた時が一番の幸せだった」と。貧しくても家族睦まじく、百姓しながら暮らした少年の日が忘れられなかったという。参考…秋田魁新報「秋田が生んだ横綱照国物語」 平成の双葉山が白鵬関なら、照国は日馬富士関だろう。 

コメントを投稿

雑談」カテゴリの最新記事