★一喜一遊★

声優と特撮等々をほどほどに語ります。
サッカーとか相撲も大好き(^-^)b
コメント・トラバ大歓迎です☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(感想) アニメ 『紅』 第12話 「われ存在り」《最終回》

2008-06-22 20:21:11 | 放送終了作品
一人で九鳳院に潜入した真九郎。
それを追いかける紅香たち。
しかしリンに気付かれてしまい、窓に穴を開けられる…

真九郎は屋敷の中で蓮丈に出会う。

一方紅香はリンとカースタント中

「オレは紫に会いにきた」
と言う真九郎に、蓮丈は「奪いにきた」んだろう??という。
「お前たちは異常だ」
そういわれても、蓮丈は自分が九鳳院が正しいとして譲らない。
紫は自ら光を捨てた。紫の真意さえ理解できないで首を突っ込むなと言われた真九郎は、紫の実の母、蒼樹はお前に殺されたのだ、と言う。
「殺した…私が殺しただと…??!!」

紫は母のようにはなりたくないと言った。
ショックを受ける蓮丈の目の前に突如車が…!!
廊下を車が走っちゃった(笑)
乗り込んできた紅香は真九郎を連れて行く。
池に落ちているリンに対して、弥生は試したい技があるからと対戦を申し込む
「見せてあげる…上がってきなさい」

今度は竜士と真九郎の戦いになる
紅香に教えられた動きだけじゃなく崩月流に押される竜士。

そして弥生が試したかった技とは、この真九郎と同じ技。
伊達に見張りし続けただけじゃないってことですね

そして紫に「ホントにここにいていいのか??」
と聞く。真九郎は紫の望むことを尊重しようとした。
「紫は…紫は…奥の院を出たい!!!」


蓮丈が紅香たちの前に現れる。
紫を渡せと言ってももちろん拒否。
紫は外に出て恋がしたいと訴える!!
「好きな人と一緒にいたいのです」
蒼樹は蓮丈を愛していた。

紫は悲しいと言っても聞いてくれない奥の院は出たい
しかし、九鳳院を出るつもりはないという。
戦うとはそういうこと
九鳳院にも笑顔の人はいた。
そのことを否定するともりはない。

蒼樹が自分を生んだのは九鳳院の女だからじゃなく、蓮丈が好きだったから。
「紫は自分の目でお相手を選びます!!」


それを聞いていた真九郎は「紫を認めてやれ」と蓮丈を突き倒す。
和子が真九郎をとめろと命令するが、誰も動かない

紅香は紫が奥の院を出ることは蒼樹の願いでもあると蓮丈に訴えると、
「黙れ女―――!!!」
と襲い掛かってきた竜士に刺されてしまう

それを見て暴れる真九郎。
紫は真九郎の体にビックリする。
真九郎は武器を体に埋め込んだことに関して、こうするしかないと思っていたからこうしたと言う。
でも、それは違った。
本当はみんなが支えてくれていた。
だから、この武器は使わないようにしていた。
でも、自分がまだ弱いから使ってしまった
すると紫は、「自分と同じ」だと言う。
自分はこれからしきたりと戦わなくてはいけない。
変えなくてはいけないのは2人とも一緒だった
「追いつかないと思っていたが、まだ間に合いそうだ」

蓮丈は自分と戦うことを紫に許可する。
そして真九郎には、
「紫が負けた時にここに来るといい」
と伝える。
紫は九鳳院の女として大きくなることを誓う
「お母さまと同じように恋をします」

戦いが終わり、真九郎は闇絵と環からのプレゼントを渡す
紫は真九郎の後ろは追わない。
最初を走る!!
その時、好きな人が隣にいたら幸せ。
なんてシッカリしたイメージを持った小学生なんだ
紫がカッコよすぎる
「さよならだ、真九郎」
真九郎は、こういうときには「さよなら」は間違っていると訂正する。
「じゃあまたな、真九郎」

車で帰る紅香たち。
刺されたのに救急車でもなく普通に車に乗せられてる紅香さんは最強
真九郎はメールでみんなに帰ることを報告する。

蓮丈に抱っこされて話をする紫。
紫は外で何を見てきたのか?そこは楽しいのか??と聞かれ、
「とっても!!」
と答える。

不自由はたくさんあった。

でもたくさん笑った。


蒼樹が笑っていたのはどんな時かと聞く紫。
蓮丈は、紫を抱いていたときが一番笑顔だったと答える

「私は九鳳院紫。
紅真九郎にお聞きするのを忘れていました。

そなたは紫のことが好きか??」


この作品はアニメ化が決定してから原作もちょびっと読んだんですが、声優さんもキャラと合っていて、雰囲気も出ていて良い感じだったように思います。
あと、遊ぶところは思いっきり遊んでいたところも面白かったですね(ミュージカル…
最終的に終わり方も綺麗でした
原作的にはまだまだ続きますが、アニメとしてはこれで終わりとしたほうがスッキリ終わった感じがしますね

では、ピッコロさんから誘われました、今期アニメの評価企画に参加してみようと思います!!!
私個人の意見なので、その辺はご了承ください

全て5点満点

ストーリー…

キャラクター性…

画…

演出…

音楽…

総合的な評価…


この作品は、個人的に音楽がとても素敵だと感じたので、演出面では満足でした
ただ、たまに後ろの人が全く動いてない!!!とかいうことがあったので、作画というか、もう少ししっかり描けてたら最高だったのに…とか思います。
OPEDは華のある女性2人でよかったと思います☆
でも、ベストOPEDに選ぶほどじゃなかったかな~と思います
脚本にはやられました~
いいセリフばっかで泣きました

コメント (3)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« (感想) アニメ 『マクロスF... | トップ | (感想) アニメ 『コードギ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ピッコロ)
2008-06-24 23:19:55
この度は私の企画に参加して頂きありがとうございました。

OPEDは非常におしゃれな雰囲気でちょっと斬新でしたね。

キャラクターのセリフは私も印象的でした。ちょっと思い出せば名シーンが浮かんでくるのはいいなあと思います。

評価点は集計に加えさせて頂きますね。ありがとうございました。
ピッコロさんへ (yyrickyleo)
2008-06-24 23:24:04
つたない評価ですが、一つの意見として協力させていただければ光栄です♪

結果が楽しみです!!
Unknown (Unknown)
2015-04-14 21:25:28
アニメと漫画両方見ましたがアニメの絵も現実味があって良く思えました。球児とのやり取り、湯豆腐、ミュージカル、などところどころのギャグなど面白かったです。原作との乖離を短くするための角の出し方など上手かった思います。日常と真九郎の日常と裏を良く描けていると思います。真九郎と紫が周りからとても愛されている描写がとても良くできています。弥生さんが原作よりも人間味がありかわいらしく良い感じです。紫の子供らしさが可愛く描かれていて最高です。紫と真九郎との結びつきがうまく描かれていて結婚してもできなくても良い感じです。夕乃は好きですが紫を応援しています(笑)

コメントを投稿

放送終了作品」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

35 トラックバック

紅 kure-nai 第12話(最終話)。 (どっかの天魔日記)
『紅 kure-nai』 最終回…第12話 『われ存在り』。 ストーリーは…。 圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前...
「紅 kure-nai」12話 われ存在り (蒼碧白闇)
結局成長物語だったんだなぁという印象。 真九郎が紅香をも押さえれるほど力をつけてた竜士を倒し、 弥生は紅香と同じといわれた状態では負...
「われ存在り」 紅 kure-nai 第12話 (Welcome to our adolescence.)
紅 kure-nai 第12話(最終話)「われ存在り」 圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主...
アニメ「紅」全12話 感想のようなもの (本家らう゛ろくた?)
紫が世間を楽しむように番組を楽しみました
コードギアス 反逆のルルーシュR2 第11話「想い の 力」 (よう来なさった!)
いいアングルですねぇ・・・・・・見とれちゃいますよw エロティックな見せ方の巧さは流石だね! 感心する。やっぱりこういうシーンが無いとギアスではないしw でも一番惹かれたのはシーツーではなく、拘束具姿のカレンw 妙にそそられますよw
■紅 第12話「われ存在り」 (ゆかねカムパニー2)
 紫の存在価値、そして存在理由について、みんなそれぞれに結論が出ました。  納得していない方々も居ますけど、それは九鳳院の当主である蓮丈が、しっかり押さえてくれ
紅 kure-nai 第12話「われ存在り」 (最終回) (赤い彗星3号館)
再び九鳳院の奥の院に戻った真九郎。それを追いかける紅香と弥生。真九郎が奥の院にたどり着いたときに蓮丈が現れ、どこまで行っても交わることの無い主張の応酬となる。その時に現れた紅香はちょっと想像外の登場の仕方をする。そして紫の元へと向かう。
紅 第12話「われ存在り」 (バラックあにめ日記)
プレスコの力を過信しすぎたのか、キャラの口が滑りまくり、語る語る。 ここまで盛り上げておいて、最後は禅問答で煙に巻いてしまうのはどうでしょうか。 九鳳院の中でも立ち位置の微妙な蓮丈一人が気を吐いた所でどうなるか。 ほとぼりが冷めたら竜士とご隠居(だよ...
紅 kure-nai 第12話 (最終話) 「われ存在り」 (白狼PunkRockerS)
本音を言えば普通に紫と暮らすエンドが良かったんですけどw 言わんとしてることはわかる(つもりではいる)が、納得はできんわ カタルシスの...
紅 第12話「われ存在り」(最終話) (アニメレビューCrossChannel.jp)
サブタイは第11話とセットになって、この最終話で見せた紫のアイデンティティーを示す。 九鳳院での紫の自立、未来に余韻を残して引いたが、連載中の原作との兼ね合いからか、破滅もしくは幸福いずれにしても決定的な結末は迎えられないのだろう。 一抹の寂しさを感じさ...
「紅kure-nai」第12話(終) (日々“是”精進!)
第十二話「われ存在り」(終)奥之院から退散しかけた真九郎だったが、やはり紫を連れて帰ることをあきらめきれず、単身奥之院へ戻った。圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合...
紅・第12話 (新・たこの感想文)
「われ存在り」 紫を連れ出すため、一人で奥の院へと向かう真九郎。彼を追う紅香と弥生。そして、真九郎の前に、蓮丈が現れる… 「こんな...
紅 kure-nai 第12話「われ存在り」 (ミナモノカガミ)
真に強きもの。
紅 kure-nai 第12話「われ存在り」 (Spare Time)
『圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合いの...
紅 -kurenai-  第12話  「われ存在り」 (KTN:神奈川辺境交通)
視ていましたが、レビューしてませんでした。 いやいや、なかなか上手にまとまっていましたね。 マクロスFとかも良いですが、紅も良作ですね。 良い最終回をありがとうございます。
紅 kurenai 第12話 われ存在り (自称隠れオタの徒然なる日記)
最終回。 紅公式ファンブック (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-8)(2008/05/23)片山 憲太郎商品詳細を見る つーか終わっちゃったよ。あらすじ語...
ロリータは世界を救う。「紅(くれない)」 (Anime in my life 1号店)
何がどうなって何の解決があったのだろう?最終話を見ただけでは理解できない視聴者はいませんでしたか? 子供子供していた紫ちゃんが急...
[アニメ]紅-kure-nai-:第12話(最終回)「われ存在り」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
 この終わり方、最高やわぁ。( ;∀;) カンドーシタ  てか、終わってほしくない。もっともっと紫が見たい。真九郎にケチをつける紫をもっと見たい。あの口調と態度をもっと見ていたい。今までで一番、最終回となってほしくない作品でした。2期も作れるよね。いえ...
【アニメ感想】 紅 kure-nai 第12話(最終回) 「われ存在り」 (ばらしやジョネスは二度死ぬ)
いよいよ今回で最終話を迎えたわけですが… 正直ここまでの話の流れは微妙 九鳳院家が本格的に動き出してからというもの話の展開がつまらなくなった気がします 物語前半の日常生活を描いていたときは良作と思っていたのに… なまじ演出やキャラクターが良くできてい...
紅 kure-nai 第12話「われ存在り」 感想 (アニメを中心に語ってみるブログ)
第十二話「われ存在り」の感想
 (Japanimation)
紅 ★★★★★ あらすじ 高校生の真九朗は恩人であり尊敬する紅香から仕事を引き受ける。大財閥の娘紫の護衛が仕事で世間知らずの紫との共...
紅 KURENAI 第12話「われ存在り」 最終回 (おれといっしょに・・・)
とうとう最後ですねー、ここまでの流れはかなりテンポがいいので期待した最終回となりました。あれ、弥生さん復活してる(;・∀・)前回の話で車まで紅香さんに引っ張ってもらうほどボロボロだったのに、今週はピンピンしてますなぁ、仙豆でも食べたんでしょうかw崩月流最...
紅 -kure-nai- 第12話「われ存在り」というか作品としての感想。 (エンドレス・ナイトロード)
紅 -kure-nai- 第12話「われ存在り」というか作品としての感想。
(アニメ感想) 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
紅 1 圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合いの場を設けたうえで、真九郎たちを屋敷の外へ追い出そうとする。しかし、真九郎は紫ともう一度話をするために、単独で再度屋敷...
紅 #12  面白かったさ (物語を食べて生きてます)
カーチェイス リン vs 紅香さん 向かってくる車のガラスを割るいかれぶりを発揮したリンでしたが 車の腕は今一歩 池にぼちゃん 拳法 リン vs 弥生さん  弥生さん 実はサイボーグとか強化人間? いや先週死にかけていた人が、あっという間に 復活しているもので ...
紅 -kure nai- 第12話(最終回)「われ存在り」 (無限回廊幻想記譚)
「もし最初から自分を待ち受けているものがなんなのか判っていたら、決して出発したりしない。やれるかもしれないという楽観が、ただの好奇心かもしれないけど、新しい何かと出会う事を期待してる。それが人との出会いなのか、自分の新しい意志なのかは判らない。 でも...
紅 -kurenai- 第12話 「われ存在り」 (SeRa@らくblog)
ふたたび奥の院に戻った真九郎は蓮丈と対峙。 紫を自由にしてやれと言い放つ。 真九郎の意思に、紫が選んだ決断は――。 今期の中でも高評...
紅 -kurenai- 第12話(最終回)『われ存在り』 (アニメ-スキ日記)
紅 -kurenai- 最終回です。 予想外の結末でした。 五月雨荘でハッピーエ
最終回を迎えたアニメ批評 (許都賦 Volebam scire quid adepturus esses ex bello.)
紅/ドルアーガの塔/かのこん 仮面のメイドガイ         最終話
紅 第十二話(最終回)「われ存在り」 感想。 (もす。)
最終回スペシャルでお送りします。 ※ネタバレ注意
紅 第12話 (にき☆ろぐ)
さて、いよいよこのアニメも最終回前回ボロボロにやられてしまった真九朗たちしかしそれでも紫を取り戻しに一人突っ走る真九朗それを車で追いかける紅香ということで前半はカーチェイスこの作品でこんな場面がみられるとはちょっと意外でしたしっかし色々壊しまくってるし...
☆今期終了アニメの評価をしてみないかい? *アニメブロガーの皆様是非ご参加下さい! <追記>私の評価を掲載しました。「紅 kure-... (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
今回、少し大きな企画を立ち上げてみました。アニメブロガーの皆様は是非参加してくださいませ。 <追記>私の評価、「紅 kure-nai」「ドアーガの塔」「かのこん」「仮面のメイドガイ」を掲載しました。
紅kure-nai 第11話 「われ存在り」【最終回】 (風庫~カゼクラ~)
見ていた作品の中でトップで終わりを告げたのは紅でしたか。 いわゆるハッピーエンドでは無かったけれど、 個人的には未来に期待が持てる、想像の余地のある終わり方で 結構気に入っております。
紅 -kurenai- 第12話「われ存在り」の感想。 (いーじすの前途洋洋。)
紅 -kurenai- 第12話 「われ存在り」 評価: ── こいつが先だぁ! 脚本 松尾衡 絵コンテ 松尾衡 ...
「紅 -kurenai-」最終回のおはなし (コママコ日和)
いいなー、いいなー。家が広いと室内でカーチェイスができちゃいます。 ・・・って冗談はおいといてー。 「紅 -kurenai-」第12話最終回のお...