☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

アレックス・ライダー

2007年10月28日 | ★favorite★

アレックス・ライダー [DVD]
【STORMBREAKER】
2007/10/27公開(10/27、11/03鑑賞、DVD2008/02/22鑑賞)
製作国イギリス/アメリカ/ドイツ
監督:ジェフリー・サックス
原作:アンソニー・ホロヴィッツ『ストームブレイカー』(集英社)
出演:アレックス・ペティファー、ユアン・マクレガー、ミッキー・ローク、ビル・ナイ、ミッシー・パイル

STORY:ティーンエイジャーのアレックス・ライダーは、一緒に暮らしていた叔父イアンが謎の死を遂げたのをきっかけに、イアンが英国諜報機関MI6の諜報員だったことを知る。幼い頃から語学や格闘技、射撃など、スパイに必要な能力を本人も気づかぬうちに仕込まれていたアレックスは、その能力を買われてMI6にスカウトされ、史上最年少のMI6諜報員となる。そんなアレックスに課せられた最初のミッションは、IT事業の成功者ダリル・セイルを標的とする潜入捜査。やがてアレックスは、セイルが行う慈善事業の真の狙いを突き止めるが、それはロンドン市民700万人を巻き込む恐るべき陰謀だった…。

 

新たにMI6に加わった最年少諜報員にメロメロ~ん。
なんと、スパイ用に改造されたニンテンドーDS登場!

27日、2本目です。
ブレイブ・ワン」とどっちにしようかなと悩んだ結果、MI6の少年スパイを選びました。
やっぱりね、と思ってるでしょうなぁ。ふふふっ。
観てよかった~ホント、マジで。007シリーズファンとしてはニヤニヤもの。

アンソニー・ホロヴィッツのベストセラー小説“女王陛下の少年スパイ!アレックス”シリーズを映画化。シリーズ1作目である「ストームブレイカー」を基に、MI6にスカウトされた少年スパイ、アレックス・ライダーの活躍を描く。

少年スパイといえばアメリカ産の「エージェント・コーディ」がありますが、こちらはそれよりもちょっと大人な感じです。それよりも・・・アレックス役のアレックス・ペティファーがかなりのイケメンくんなのだぁ!!
10代なのに大人っぽく整ったお顔に、金髪、そしてアクションの見せ方もうまい、直球ど真ん中のストライクゾーン入りました~っ。久々にきましたねぇ~テンション上がりましたねぇ。
ユアンは00(ダブルオー)いくつ?
ちなみにクライヴ・オーウェンは006。

ユアン・マクレガーはMI6の諜報部員という設定。主人公の叔父さんなんですが、出番は冒頭部分だけ。しかし、ちょっとだけのシーンではありますが、007シリーズ張りのバイク・カーアクションのシーンがあります。新ボンド役にオファーされてたこともありましたし、もし彼がボンドをやってたらこんな感じかなと思いますね。あっさりやられちゃったから007じゃないことは確か(笑)
スピンオフということでユアン主演でやってほしいですねぇ。

大人でも失敗したのに子どもにやらせようとするMI6、大丈夫か???
イギリスもとうとう少年スパイを送りこんできたな。
子ども向けのアクション映画と言われればそれまでだけど、私は結構満足して楽しめましたよ。
スカウトされてその後訓練をして晴れてミッション開始。
しかし、たとえ身内・・・と言っても血のつながりはないが、スパイだということをバラしてもいいんだろうか・・・そのへんはツッコンでおこう。

彼をMI6が全力で守りますからと言ったくせに、最終的にはアレックスが全部自力で脱出したりセイルを追い詰めたりしてたんですけどね。
展開はいつものスパイ映画と同じ。単身敵地に乗り込んでバレる所も同じ。だけどボンドに負けず劣らずのアクション。クライマックスのロンドンの大通りを馬に乗って走るシーンはなかなかの見せ場でした。後ろには近衛騎兵隊が!実際の騎兵隊が完全な式服で登場してたと知ってこれもビックリ。
アレックスくんが見た目が大人っぽいのもあって子ども向けを意識しないで観られました。スパイとしてやアクションシーンのキレも良く見応えがあったと思います。
ぜひ将来にボンド役を(笑)

ストーリーはいたって簡単。IT事業のダリル・セイルの陰謀を阻止すること。
このセイルにはミッキー・ローク。いやぁ見るからに悪者の風貌でしたよ。どこかのマフィアですか?という感じで悪役にはピッタリでした。
その旧友でもある首相役はボンドの好敵手として出てきたズコフスキーだったのにニヤリ。で、恥ずかしながらこの人ってハグリッドだったのを今知った、、、
セイルの部下の女性が始めはオカマか?と思ったのですが、「ドッジボール」や「チャーリーとチョコレート工場」などにも出ているかなり個性的な女優さんです。いかにも悪役の部下らしくて見分けがつきやすい(笑)

肝心のスパイアイテムも本格的。ただ、その説明をするのがおもちゃ売り場のおやじ・・・。
な、なんとニンテンドーDSがすごいことになってます。携帯電話、スキャナーのほかに、盗聴機能もついていて230メートル先の音も聞こえる。発煙装置までついててスーパーDSになってます。すごいな。そんなDS欲しい。
そのほかにも、万年筆やリュック、にきびクリームにも仕掛けがあって面白い。にきびクリームってトコが若いな(笑)

途中、日本語とスシが出てくるんですが、語学が堪能で日本語もできるという設定。これもボンドが日本に来たこともあってなのか?なんて何でもそっちに考えてしまう私ですが、、、

原作は人気シリーズだそうなので、ぜひ続編希望です!!!
アレックスくんの次回作はニック・ムーア監督の「Wild Child」(2008)だそうなのでそれも楽しみ。
イケメン好きの方には絶対オススメしちゃう作品です♪

アレックス
↑ちなみに鑑賞特典としてもらったカード

*映画鑑賞★日記・・・より


コメント   この記事についてブログを書く
« スターダスト | トップ | ブレイブワン »

コメントを投稿

★favorite★」カテゴリの最新記事