働き盛り夫婦で世界一周旅行

30代後半で世界一周旅行。いい年して文無しで帰国した2年後、子供を授かる。そして2012年ジャカルタへの赴任辞令が。

一時帰国は楽しいひととき

2018-02-27 11:28:33 | ジャカルタでのぼやき

2年生のゆうきちも終わり、4月から新3年生です。

勉強もだんだん難しくなってくるんでしょうね。母もう教えれませんな。

ここで、私らの普段の生活を備忘録代わりに記しておこうと思います。

毎朝私は4時半過ぎに、ゆうきちは5時に起床。夫も大体同じくらいに起床。因みに毎朝のアザーンは、大体4時過ぎあたりから始まります。

こちらの日の出は一年中6時前後なので、起きた時はもちろん真っ暗。

アパートを出て学校に向かうバスは、6時過ぎには出発。

朝食と完全手作り弁当を作るため、感覚的には真夜中にごそごそ行動開始です。

8歳の子供の睡眠時間っていったいどのくらいあれば十分なのかな、と不安に思いながらも、学校からバスが帰ってくるのは、通常3時半過ぎ。

道路が慢性渋滞化しているジャカルタでは、この渋滞に巻き込まれると帰宅するのは4時過ぎになるのもざらです。

拘束時間が長すぎて、低学年は日々へとへとです。

しかも学校からの宿題も毎日3つ4つ持ち帰ってきて、そこから習い事などもほぼ毎日のようにしている子もいるため、寝る時間も当然遅くなります。一人しかいない我が家でも9時近くになってしまう。そりゃ疲れるわ。

外で思いっきり遊ぶ時間もなくてかわいそう。まぁ、時間があったところで広い公園で、走り回れるような環境はないので、結果的には同じではありますが。

夫は道路の慢性渋滞化に完全に巻き込まれた毎日を送っているため、車内で5時間6時間を過ごすこともざらのようです。

そりゃ腰もやられますわ。

こんな不健康極まりない毎日を過ごしているため、大した渋滞もなく、自由に自分の足で動ける毎日を過ごせる日本での一時帰国は、毎回楽しみで仕方ありません。

一時帰国の様子は、また次回に続きます。

 

 

コメント

南国でもあるインフルエンザ

2018-01-27 19:00:11 | ジャカルタでのぼやき

ゆうきち初めてインフルエンザになりました。

一時帰国のフライト中に感染したのか、日本到着翌々日に私だけ感染したことはありましたが、そのときもゆうきちは移らずだったのに。

赤道直下の南国でも、インフルエンザは毎年学校でも流行ります。

この国で一番不安なことの一つが、やはり医療。

信頼できる病院、ドクターに出会えることが難しく、病気、怪我だけは心配です。

どうして先進国のドクター受け入れを拒むのでしょうね。

凄腕ドクターの元で勉強させてこそ、凄腕ドクター育成につながるように思うのですが。

インドネシアで安心して医療を受けられる日が、一刻も早く来ますように。

コメント

2018年新年もジャカルタ

2018-01-01 11:05:20 | ジャカルタでのぼやき

謹賀新年

恒例の大晦日紅白歌合戦を観ながら、番組が終わってもこちらはまだ22時。

花火があちこちで打ち上げられ始めるものの、日本のようなNew Year 気分は、さほど高まりません。

こうやって何年年末をジャカルタで過ごしてきたかな・・・

今年もぼちぼちよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

コメント

初シンガポール

2017-12-24 23:21:04 | ジャカルタでのぼやき
インドネシアでは5年駐在すると、一旦他国に出国して、出国先のインドネシア大使館でビザの延長の手続きをせねばならないきまりがあるようです。何故なのかはよくわかりませんが、一番近いシンガポールで手続きする人が多いみたいです。
我が家はすでに、じき6年目も終了。にもかかわらず、何故今なのか?それは、毎年更新される在留許可証のKITASが、去年スルーしてしまったからのようです。通常はKITAS更新時に、ビザ更新の手続きをしなければいけないようなのですが、何かの手違いでスルー。まぁ、これもインドネシアあるあるですかね。
というわけで、初めてのシンガポール家族旅行です。まずは、定番のマーライオンは滞在した宿のバルコニーから見ることが出来たので、歩いて行くことにしました。
世界三大がっかりとの噂通り、ふぅーんという感じ






翌日は、ゆうきち憧れのユニバーサルスタジオへ。いやー何でも高いのねー。楽しさよりも物価の高さが気になって気になって。値段相応がズレてる、あり得ない
そしてゆうきちは、やたらと絶叫マシーンに乗りたがり、苦手な私も仕方なく隣に座るも、発車まもない急降下直後に、なんか気持ち悪いかも〜と言い出す始末。おいおいだから言ったじゃないのー、今更どうしてやることも出来ず、隣で先ほどまでとは雲泥の差の如く、静まり返ってキャーとも一言も発することなく、ラストまで行きました
その後はすっかり怖気付き、もう一つある絶叫マシーンには乗らないと言ってました
ありゃ大人でもチビリそうだったぜ
ともあれ、ほぼ制覇した感でユニバーサルをあとにしました






そして、最終日3日目は水族館へ。予想を上回りこの水族館楽しめます。次シンガに来てもまた来てしまいそうな気がしました。







街はもちろん綺麗だし、安全?自由に歩ける、電車も乗れる、食べ物も美味しいし、何でもある、、、シンガポールは最高に楽しいけど、駐在は無理。生活するには物価驚異的に高いです。たまに、遊びにくるんでいいかなー、と感じたシンガポール旅行でした。






コメント

テニストーナメント

2017-11-12 21:47:45 | ジャカルタでのぼやき
11月11日、12日ジャカルタで年に2度開催されているテニストーナメントに、ゆうきちは四年生までの子がエントリー出来る低学年ダブルスに、私は女子ダブルスBに初参加しました。キッカケは次の大会はもしかしたら、日本に帰国しているかもしれないし、きっとよい思い出になるに違いないと思っての参加でした。
ゆうきちはカウントの仕方、入る確率が少ないサーブ練習、私はペアを組んでくれる人探しからのスタートでした。ありがたく参加を合意してくれたサークル無所属の同じアパートの友達と、エントリーが決まってからは、シード参加が決定している、やはり同じアパートの優勝候補ペアの、練習相手を厚かましくもかって出て、頻繁に一緒に練習してもらいました。この歳にして、こんなに練習出来るなんて、ホント幸せー第二の青春バンザーイと思う日が続きました。小学生の時、毎日狂ったようにテニスの自主練したあの日を懐かしく思い、何故大人になってから今まで、テニスしないで来たんだろーと残念に思いながらも、このジャカルタに来て、思いっきりテニス出来ることに感謝しながら、毎日のように練習しました。あと2週間トーナメント開催日が先だったら、たぶんからだ壊してたと思います。それくらい打ちました。そして、練習あとは今日の反省会兼ねてビール飲みながらランチ。あーこの4人でテニス練習出来て、毎日楽しくて、嬉しくて幸せだなーと思いながら、トーナメント日を迎えました。
きっと緊張してたんでしょーね。ドキドキというのとは違って、集中できてなかったんでしょうね、あの妙な雰囲気に頭が回転しませんでした。ペアからは、いつも通り動けと、ど突かれながらも、相方の健闘により、一回戦ゲームカウント6-4で勝利。私はかなりの疲労で、より足も体も動かずヘロヘロ。サークル所属なし、アパートテニスの私らが一回戦勝利は決しておこるはずもなく、みんなが驚愕
そのまま本戦に残り、二回戦目の相手はなんと今まで一緒に猛練習して来た、同じアパートに住む某サークル所属の第1シード優勝候補ペア。ありゃりゃー、こりゃどう頑張っても無理やろー
この2人に負けるなら、仕方ない。むしろ勝てるはずもない、、、
結果は1-6敗退。だよねー。そのまま、彼女たちはその後2試合を順調に勝ち進み、予想通り優勝しました。
私らペアは、自分たちの優勝の如く一緒に喜び、後日勝利の美酒ももちろん共にしましたいやーいい経験させてもらったー。この歳で、あんなに緊張しながらヘトヘトになるまでスポーツするなんて経験、そう出来ることじゃありません。
ホント、一緒に出場してくれた相方、一緒に猛練習してくれた優勝ペア、応援してくれた家族、アパートの皆さん、他、すべての方に感謝の気持ちを贈りたいです。ありがとうございました。次はでも、もう無いな、もし次回開催まで、まだ駐在しててももうない。完結な感じです。

ゆうきちも頑張りました。同じアパートの四年生男子とペアを組んで、一回戦目4-6で敗退。コンソレに回った二回戦目は4-2で勝ち残り、コンソレ優勝をかけた最後の試合は残念ながら、1-4で敗退。まさか勝ち試合をするなんて、これまた誰も予想していなかったので、みんながびっくり。しかも、そこから本人かなりスイッチ入り、次もトーナメント出るからね、いつあるの?と聞かれる始末。ここからは私とは真反対なのね
週に2回だった練習時間をもっと増やしたいと言い、完全に試合好きに。テニスでラリー出来るようになったのが楽しくて仕方ないみたいです。いいねー、あなたはまだまだ伸びるチャンスありよ、日本のフェデラーを目指しましょうか、いやいや先ずはエアケイ目指そ




優勝トロフィー奪い取り、あたかも自分らが優勝した気で写真撮る私らペア
両端がホンマモンの優勝ペア
コメント

ゆうきちダンス発表会

2017-10-07 22:12:50 | ジャカルタでのぼやき
今年の3月から週一で、ゆうきちヒップホップダンスを習い始めました。小さい頃から歌やダンス、音楽が好きなように感じていたので、やりたいと言う音楽系の習い事なるべく出来たらいいなーと思っていたところに、お友達のママさんが、日本人のヒップホップの先生が、アパートに来て教えてくれたら一緒に習わない?と声をかけてくれたので、ぜひともーと1つ返事で参加させてもらいました。
それから、週一回、春休み夏休みは一ヶ月間丸々休みなど、かなりの練習不足ながらも、発表回なるものが先生主催で、各アパートの教え子たち合同で開催されました。
ゆうきち本人も最近はダンスとテニスにすこぶるハマっている感じで、その習い事がある日は熱が有ってでも学校行きたいと言う感じ。(←学校休むなら習い事も休みになるから)
ダンスの方はまだまだながらも、本人はノリノリで相当エンジョイして練習しているので、母も見ていて心地よい。大人になってからも続けれる趣味があると、人生の幅が広がっていいよーと、教えたい私と夫なのであります。



コメント

インドネシアの食べ物

2017-10-01 20:53:10 | ジャカルタでのぼやき
乾季は日中かなり暑く、雨季は豪雨もしばしばのジャカルタには、屋内複合施設、俗に言うモールが沢山ありますが、今日はコタカサブランカと言うモールに行ってきました。
目的はランチだったのですが、それはさておき、今日はそのコタカサブランカモール内で開催中だった食のイベントをアップします。






カキリマ(屋台)的お店が、モールの一角に沢山出店していました。私たちも気になったものをいくつかチョイスして買い食い。まずは金券を好きな金額だけ購入して、その金券で屋台に支払います。でも、キャッシュオッケーな屋台も結構ありました。
私はネーミングもかなり太りそうな、マンゴーフラペチーノみたいなものを購入。
フレッシュマンゴーをペースト状にして、クラッシュアイスを混ぜ、最後に濃厚なココナッツクリームと角切りマンゴーをトッピングしてました。
かなり濃厚で、ストローで吸うのが困難な位でしたが、マンゴー好きにはたまりません。約380円。





続いては、魚のすり身をバナナの葉で包んで焼いた、日本で言う笹かまぼこみたいな練り物。インドネシア流スパイスの効いたソースを付けていただきます。以前にも食べたことありますが、今日のソースは辛すぎずスパイスもしっかり効いていて、中々美味しかったです。5本で約380円。

今回の写真を撮り忘れてしまったので、イメージ写真です。↓





最後は、ジャジャナンと呼ぶのかはたまたクエと言うべきか、インドネシア風お菓子スラビです。ココナッツベースの生地にチョコやチーズを入れた、本当に素朴なモチモチしたクレープみたいな焼き菓子なんですが、今回のお店のスラビ最高に美味しかったのです。なんでお店の名刺もらわなかったんだろ〜5枚で約230円

美味しさのあまりあっという間に食べてしまって、写真も忘れ、こちらもイメージ写真で。↓




食べる時クルクルと巻いていただきます。



因みに今日は見かけませんでしたが、最近これもお気に入り。名前も材料もわかりません




6年目にして、やっとインドネシアのお菓子に目覚めつつある私。また美味しい素朴なお菓子見つけたら、アップしまーす。
コメント (2)

ジャカルタの体育祭

2017-09-23 20:35:51 | ジャカルタでのぼやき
今年も体育祭がやってまいりました。小中合同の1000人超えの体育祭、毎年暑さの中、子も親もヘトヘトになります。
まだまだ出番の少ないゆうきちですが、今年もクラス男女2名ずつ選ばれる、リレー選手には選抜されず、早く体育祭終わればいいなーとぼやきながら当日を迎えました。写真見たらよくわかるけど、笑いながら走る子はリレー選手には慣れないね。
早い子はみんな歯食いしばって、真剣に負けん気いっぱいで走ってるもんねー。まだまだ負けん気薄のゆうきちです。とほほ
来年、いや再来年位までには、少しでも負けん気育って欲しい母なのであります。







家族と一緒にお弁当を食べます。
毎年我が家はそうめん弁当ですが、今年はタンドリーチキン付き。
コメント

帰ってました 2017夏

2017-08-30 09:23:23 | ジャカルタでのぼやき

こちら日本人学校の夏休みは、日本より短くて、7/29〜8/22でした。
日本に約3週間帰っていましたが、私はこの歳ともなると健康診断やら病院やらに時間を取られ、会いたい人にも中々連絡取れずじまいのことも多々。そのうちみんなからホカされる日も近しよね、お会いできなかった方、本当にごめんなさい。でもまたぜひ遊んでくださーい。たまに帰る日本が、我が家全員大好きです(笑)


萌えくま会2017夏

この夏はこのイベントが相当楽しかったみたい。もっとたくさん来たらもっと楽しいのにとのこと。

 



どうだーーーこのすき焼き。お口の中でとろけました。

 



日本は楽しすぎて毎日お疲れ。新幹線車内でも爆睡。

 



おばあちゃんち近くの学校で盆踊り大会。夫も少しの間通ってた小学校らしい。

 



親戚のうちへ。生き物苦手克服なるか(笑)ぺろりん、ガブッが怖くてタオル足にかけてます。

 



本帰国したお友達姉弟と再会。相変わらず4歳男児と同レベルのゆうきち。東京駅構内を二人で走る走る。

母にらまれる・・・みたいな。同い年しっかり者女子、あきれる・・・みたいな。

 



常設キャンプ場を予約していたものの、暑さに負けて日帰りに。春こそリベンジだ!

春は花粉だからしんどいな。。。

 



夫、ゆうきち、おばあちゃんのスリーショット。武庫川沿い。

おばあちゃんのリクエストにより、私後部より撮影。

 



インドネシアで一番最初に仲良くしてくれたこのメンバー。

毎回帰国時は、今回も会えるの?と聞かれる。今年はスリーショット実現。大阪ヒルトンプラザにて。

 



いつもほぼお邪魔してしまう、姫路のお友達のお宅。豪邸です。

久々おなかよじれるまで笑った夜でした。

 



夫も同様の様子。この二人実は性格がかなり似ています。

 



銀座にもBagusというbarらしき店がありました。夫撮影

コメント

日本人のおもてなし

2017-08-02 14:45:15 | ジャカルタでのぼやき
日本人には、おもてなしと言う得意技なようなものや親切心を、誰しもが持ち備えているかのように、よく耳にするけれど、果たして本当にそうなのかな?と、日本に帰ると思うことがある。
そして、気のせいか日本人は、欧米系の人に優しいようにも感じる。
例えば、電車内で赤ちゃんを連れたママたちが嘆いている現実や、出稼ぎの外国人が職場で虐げられているニュース、年老いて貧困化しているジジババが嘆いていることにしても、弱者と思われる人たちに対しても、昔からよく耳にする日本人としての心意気みたいなものを少しずつみんなが何処かに置き忘れてしまってきてはいないのかな?
一時帰国するとよく感じることの一つは、日本はとかく子供に厳しい。私は決して子供を甘やかす派ではないけれど、それでももう少しおおらかな目で見てくれてもよくないかな?と思うことが少なくない。
誰しもに幼い子供の時代があったのだから。
インドネシア人は、逆に子供にめちゃくちゃ甘い。この国に来て子供を叱ってるいる人をほぼ見たことがない。何でもありである。あれはあれで、如何なものかと常日頃感じてはいるが、一時帰国するとあの極端に子供に甘いインドネシアが恋しくなったりもする。とにかく子供が好きな国である。そりゃー人口も増えるよね。
コメント