働き盛り夫婦で世界一周旅行

30代後半で世界一周旅行。いい年して文無しで帰国した2年後、子供を授かる。そして2012年ジャカルタへの赴任辞令が。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

列車でバンドン

2018-10-14 20:37:05 | ジャカルタでのぼやき

避暑地バンドンへは、何年か前に一度車で出かけたことがあります。

ジャカルターバンドン間は、涼を求めてなのか?渋滞が週末もひどく、朝早くに出発しましたが、結局5時間くらいかかって到着したように記憶しています。

前回は山の上の方にある茶畑に囲まれたホテルで、綺麗な空気を吸ってのんびり過ごしただけの旅でしたが、

今回はトランススタジオバンドンと言う遊園地へ行く事を目的に、初めて電車で行ってみようとなりました。

今はインターネットでも、電車の切符が予約出来るようになりました。
どこの国でもそうだと思いますが、主要駅周辺はあまり治安は良くないように思います。ジャカルタのガンビル駅もその例外ではないでしょう。

なるべく改札口に近いところで車を止めてもらい、そそくさと切符を受け取り、改札を抜けてホームで電車を待ちました。

遅れること約5分ホームに列車が入ってきました。一等車両車内は完全に満席でした。

車両内には火器厳禁の食堂車もあり、車内販売も時折回ってきますが、ナシゴレンやタフゴレン的な弁当が主で、もちろん日本の車内販売とは訳が違います。とは言え、中々快適な三時間でした。
さて、駅に到着しタクシーを捕まえて、早速トランススタジオバンドンに向かいました。

雨の多いインドネシアでお天気に左右されず楽しめるようになのか、ほとんどが室内アトラクションとなっていました。
私はすでに絶叫系乗り物が苦手なお年頃になっているため、極力観戦していたいのですが、選択を誤って乗ってしまい、何度か気絶しそうになりました

たっぷり遊んだ夕方、予約していた宿にチェックインしましたが、その後は雨が降り出し、夕飯はホテル内で取ることになりました。

がしかし、スタンダードルームと大差なかったので、クラブルームを予約していたため、クラブラウンジ?でアルコール飲み放題、おつまみ食べ放題だったため、散々そこで飲み食いして夕飯代わりにしてしまいました。何という安上がりな。
そして、翌日もアスレチックやアウトレット巡り、茶畑観光することもなく、ホテルでゆうきち乗馬体験、うさぎの餌やりなどしながら、のんびり休日を過ごしました。

次は森林浴しに、山の上の自然を目的にまた訪問したいと思います。

 

 

 

コメント

カビは普通に存在するのだ

2018-10-08 21:48:01 | ジャカルタでのぼやき

土曜日の昼に、どこのモールにでも入っている大手外資系パン屋さんの食パンを1斤買った。

家に帰り、ほぼ一日中つけっぱなしの冷房が効いているリビングに置き、翌朝トーストせずに食べる気だった。


が、翌朝普通にカビは繁殖していた。回りだけかと確認したが、中側までしっかりカビは発生していた。


そうだ、思い出した。この国ではカビは日常だ。来尼当初、某外資系有名ハンバーガーショップで、買ったばかりのハンバーガーのバンズに、

危うく青カビが生えているのに気付かず、おなかの弱いゆうきちに食べさせるところだったのを、久々思い出した。

街がどんなに様変わりしていこうが、この国の根本は変わらない。衛生管理、果たしてこの国の国民に根付く日はくるのかね~。

コメント

そしてまた一時帰国2018年夏

2018-07-29 20:20:53 | ジャカルタでのぼやき

今回の一時帰国の目的は、ずばりゆうきちの過剰歯の抜歯。もちろん私の健康診断でもありますが。

そして今年の夏休みは、ジャカルタでアジアンゲーム2018が開催され、街中の渋滞や混乱を避けるために、いつもより長めの夏休みとなりました。

スポーツの祭典、間近で観れる現実に後ろ髪引かれつつも、日本一時帰国はやはり母子共に楽しみです。

 

 

 

 

 

コメント

本帰国したお友達が帰ってきた!

2018-07-28 23:36:54 | ジャカルタでのぼやき

ゆうきちの同級生で小学校に上がる時に、日本へ本帰国したお友達が、パパがまだ残るジャカルタに遊びに来ました。

母子でお世話になったご縁もあり、我が家にも泊まりに来てくれました。

久々の再会に、ゆうきちもはしゃぎまくりの一夜となりましたー。

遊びに来てくれてありがとう~

また、いつでも泊まりに来てね~

 

 

コメント

レバラン休暇は、初マナドへ

2018-06-17 22:07:55 | ジャカルタでのぼやき

 

 

今年のレバラン休暇は、ロンボク島が地震の影響でまだまだ不安定なようなので、初スラウェシ島、ダイバーには超有名なマナドに行って来ました。もちろん、目指すは海うみ、うみー。
さすが聞きしに勝る世界が、私ら3人を魅了してくれました。魚やカメはロンボク島も負けてませんが、海水の透明度はるかに勝ってます。流れは若干強かったですが、ゆうきちも大満喫。つい長時間海水に浸かりすぎて、体が冷えきっちゃうのよね。アーアメーバはもう嫌だーと気をつけながらも、ついつい、、、。
少々、マナドの海はジャカルタから遠いですが、一見の価値ありです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷え切って船に上がって温かいお茶を飲む。。。震えあがってます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

南国で初スケート

2018-05-01 20:57:44 | ジャカルタでのぼやき

羽生くんのスケート見るたびに、自分もオリンピック出れるくらいに、くるくる地上で回ってるゆうきちですが、今日はスケート初体験。実際滑って見れば、当然屁っぴり腰で、支えのペンギンちゃんなしでは、とても歩く事も出来ず、本人びっくりの様子でした‼️









かく言う私は、全くのスケートオンチ。
尻骨折するかもなんで、高みの見物のみでしたー

コメント

一時帰国 2018春

2018-04-14 11:48:25 | ジャカルタでのぼやき

 

 

 

どんなにスギ花粉がぶんぶん飛んでいようとわかってはいても、

やはり一時帰国は楽しみの大きな一つに変わりはありません。

この春もスギ花粉にくじけそうになりながらも、帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

一時帰国は楽しいひととき

2018-02-27 11:28:33 | ジャカルタでのぼやき

2年生のゆうきちも終わり、4月から新3年生です。

勉強もだんだん難しくなってくるんでしょうね。母もう教えれませんな。

ここで、私らの普段の生活を備忘録代わりに記しておこうと思います。

毎朝私は4時半過ぎに、ゆうきちは5時に起床。夫も大体同じくらいに起床。因みに毎朝のアザーンは、大体4時過ぎあたりから始まります。

こちらの日の出は一年中6時前後なので、起きた時はもちろん真っ暗。

アパートを出て学校に向かうバスは、6時過ぎには出発。

朝食と完全手作り弁当を作るため、感覚的には真夜中にごそごそ行動開始です。

8歳の子供の睡眠時間っていったいどのくらいあれば十分なのかな、と不安に思いながらも、学校からバスが帰ってくるのは、通常3時半過ぎ。

道路が慢性渋滞化しているジャカルタでは、この渋滞に巻き込まれると帰宅するのは4時過ぎになるのもざらです。

拘束時間が長すぎて、低学年は日々へとへとです。

しかも学校からの宿題も毎日3つ4つ持ち帰ってきて、そこから習い事などもほぼ毎日のようにしている子もいるため、寝る時間も当然遅くなります。一人しかいない我が家でも9時近くになってしまう。そりゃ疲れるわ。

外で思いっきり遊ぶ時間もなくてかわいそう。まぁ、時間があったところで広い公園で、走り回れるような環境はないので、結果的には同じではありますが。

夫は道路の慢性渋滞化に完全に巻き込まれた毎日を送っているため、車内で5時間6時間を過ごすこともざらのようです。

そりゃ腰もやられますわ。

こんな不健康極まりない毎日を過ごしているため、大した渋滞もなく、自由に自分の足で動ける毎日を過ごせる日本での一時帰国は、毎回楽しみで仕方ありません。

一時帰国の様子は、また次回に続きます。

 

 

コメント

南国でもあるインフルエンザ

2018-01-27 19:00:11 | ジャカルタでのぼやき

ゆうきち初めてインフルエンザになりました。

一時帰国のフライト中に感染したのか、日本到着翌々日に私だけ感染したことはありましたが、そのときもゆうきちは移らずだったのに。

赤道直下の南国でも、インフルエンザは毎年学校でも流行ります。

この国で一番不安なことの一つが、やはり医療。

信頼できる病院、ドクターに出会えることが難しく、病気、怪我だけは心配です。

どうして先進国のドクター受け入れを拒むのでしょうね。

凄腕ドクターの元で勉強させてこそ、凄腕ドクター育成につながるように思うのですが。

インドネシアで安心して医療を受けられる日が、一刻も早く来ますように。

コメント

2018年新年もジャカルタ

2018-01-01 11:05:20 | ジャカルタでのぼやき

謹賀新年

恒例の大晦日紅白歌合戦を観ながら、番組が終わってもこちらはまだ22時。

花火があちこちで打ち上げられ始めるものの、日本のようなNew Year 気分は、さほど高まりません。

こうやって何年年末をジャカルタで過ごしてきたかな・・・

今年もぼちぼちよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

コメント