ガンプラ狂時代

ガンプラ・デジラマの製作日記を中心に日々の出来事などをダラ~と書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドラゴン F-14D SUPER TOMCAT(1/144) 7回目

2006年06月30日 00時21分48秒 | ●航空機模型

エンジンブロックの合せ目消しで苦労しています。
丁度、スジ彫りがあるところに合せ目がくるのですが、隙間が大きいのでポリパテで埋めました。
その場所にスジ彫りを復活させるのですが、曲面でなかなか綺麗に整形できない。
ポリパテが剥れてしまうのです。
ポリパテは諦めて、瞬着で埋めなおしています。
そして、上面の主翼付け根後ろ側の色を塗りました。
この部分は、主翼を付けると塗装できなくなるので、組み立て前に塗装を終わらせておかなければならない部分です。

明日こそ、エンジンブロックの整形完了+主翼周辺の塗装を目指します。
これが終わらないと、機体上下のパーツを接着できないし・・・

 
ランキングサイト&私のwebサイトです。
(ポチッっとランキングをクリックしていただけると、ありがたいっス。)

コメント

ドラゴン F-14D SUPER TOMCAT(1/144) 6回目

2006年06月29日 00時00分17秒 | ●航空機模型

昨日、隙間にポリパテを持った飛行状態で作る方をペーパー掛けしました。
一部、スジ彫りの再生に失敗した所があるので、再度タミヤパテを盛っています。
そして、着陸状態の方のエアインテークと機首を接着。
今晩は隙間にポリパテを練りこんで寝ようと思います。
しかし、本当にパーツの合いが悪くて困る・・・・。
最後に、主翼の表側を塗装。
昨夜、裏側を塗ったので、これで主翼の基本塗装は完了。

 
ランキングサイト&私のwebサイトです。
(ポチッっとランキングをクリックしていただけると、ありがたいっス。)

コメント

ドラゴン F-14D SUPER TOMCAT(1/144) 5回目

2006年06月28日 00時04分44秒 | ●航空機模型

エアインテークブロックと機首を接着。
結構隙間が出来るのでポリパテを練り込みました。
段々トムキャットらしくなってきて制作意欲が高まってきました。
今週末の塗装を目指そうと思います。
それと、主翼の下側を塗装しました。
主翼は本体に挟み込んで作るので、機体内に隠れる部分があります。
その主翼の付け根部分を先に塗装しておこうという事です。
明日は、もう一機の着陸状態の方もエアインテークなどを付けたいと思います。
そろそろガンプラも作りたくなってきたので、これの完成の目処が付いたらガンプラ再開予定。

 
ランキングサイト&私のwebサイトです。
(ポチッっとランキングをクリックしていただけると、ありがたいっス。)

コメント

ドラゴン F-14D SUPER TOMCAT(1/144) 4回目

2006年06月27日 00時01分01秒 | ●航空機模型

じめじめして塗装にはツラい天気です。
雨は降っていなくても湿度が高くて、塗装には勇気がいりますね(w

機首の合せ目を消しました。
結構段差があったので、段差を消す為にタミヤパテを使っています。
右と左でスジ彫りがずれていて、一部のスジ彫りもパテで埋めました。
その後、飛行状態で作る方の脚部ハッチを接着して仕上げました。
キチンと合わなく隙間が出来るのでポリパテで形を整えています。
全てのパッチが一体化しているので、開閉ラインをスジ彫りで再現しています。
機首の脚部ハッチは、形が平らすぎるので後でポリパテを盛る予定。

 
ランキングサイト&私のwebサイトです。
(ポチッっとランキングをクリックしていただけると、ありがたいっス。)

コメント

ズーラシア

2006年06月26日 00時08分27秒 | ●小出掛け日記

横浜のズーラシアに行ってきました。

ズーラシア公式サイト
http://www.zoorasia.org/

一昨年冬に行っているので、2度目のズーラシアです。
昼の12:00過ぎに着いて駐車場は満車。
シャトルバスで移動しなければならない第二駐車場に誘導されてしまいました。
天気は曇りで、最後の方で雨が降ってきましたが小降りで問題なし。

因みにズーラシアの説明をしておくと、横浜の市営の動物園で自然に近い状態での飼育をコンセプトに作られた動物園です。
その為、動物一頭に対する敷地面積が広く、間じかで見ることが出来るかは運任せ。
木も多いので、木が邪魔で動物が見えないことも良くあります。
でも、動物を探す楽しみ方もできますし、広いので散歩にはもってこい。
行くなら双眼鏡を持って行く事をお勧めします。
双眼鏡を持っている人たちはリピーターと考えてOK(w
私も、もちろん双眼鏡持参です。

取りあえず、いつも見やすい所に居てくれる「キンシコウ」。
孫悟空のモデルとなった猿と言われていますが実は嘘らしいです。
トリビアの泉でやってました。



そして、ズーラシアと言えば「オカピ」が有名。
オカピと言っても「カセット・ミュージシャン」ではありません(w
キリンの仲間で、シマウマとキリンを足したような動物。
確か、日本ではズーラシアにしかいない動物です。
前回行った時は、冬ということで室内にいたのですが、今回は外をうろついていました。
一匹がとても活発的に動いていて、目の前まで近づいてきて葉っぱを食べたりサービス満点でした。
写真は上から「う○こをするオカピ」「おし○こをするオカピ」「葉っぱを食べるオカピ」です。



今回はオカピが活発で大満足。
今度は、春頃に行きたいと思っています。

 
ランキングサイト&私のwebサイトです。
(ポチッっとランキングをクリックしていただけると、ありがたいっス。)

コメント   トラックバック (1)

ドラゴン F-14D SUPER TOMCAT(1/144) 3回目

2006年06月25日 01時08分19秒 | ●航空機模型

今日はSDガンダムとF-117Aの写真を撮りました。
で、SDガンダムでトラブルが・・・・
制作中に割ってしまった胸の装甲をまた割ってしまった。
またパテ盛るか・・・・

気を取り直してF-14D。
機首のパーツを貼り合わせました。
機首には戦闘機のプラモではお約束のオモリを瞬着で固定。
パーツを接着後はクリップで止めて一晩寝かせます。
その後、飛行状態で作る方の脚部収納庫のハッチを接着。
何と、1mmも隙間が出来る・・・・という分けで裏側からプラ板で裏打ちしてポリパテで埋めます。
それと、今日気付いたのですがこのキットは元々はサイドワインダーしか付属していなかったものに、ハイディテールの爆弾やミサイルを追加したもののようです。
それは別にOKなのですが、追加された部品の一部が右側の分しかない・・・・
最初、パーツが足りないのかと思いましたが、どうやら最初から右用しか付いていないらしい・・・・
2機セットなので、もう一機の分を使おうかとも考えましたが、良く考えると左右対象のパーツなので、左に付けるのは不可。
しょうがないので、左は元々付いているショボイパーツでお茶を濁すことにします。

  

 
ランキングサイト&私のwebサイトです。
(ポチッっとランキングをクリックしていただけると、ありがたいっス。)

コメント

ドラゴン F-14D SUPER TOMCAT(1/144) 2回目

2006年06月24日 01時56分52秒 | ●航空機模型

2機同時制作なので集中して行きます。
GBU-10、サイドワインダー、パイロン、主翼、空気取り入れ口のパーティングラインと合せ目の処理をしました。
パイロンはパーツ同士が全然合わなくて1mmぐらいの段差できます(w
GBU-10、サイドワインダーは相変わらずの出来が良い。
急ピッチで、どんどん仕上げて行きますよ~。
因みにこのキット、押しピン跡がデカイ。
この押しピン跡の処理が結構面倒。

上が処理済、下が押しピン有り・・・醜くすぎる。
処理をしないと取り付けた時にパーツが浮いてしまう。


現在の状況。
次回は機首の合せ目消しかな。

 
ランキングサイト&私のwebサイトです。
(ポチッっとランキングをクリックしていただけると、ありがたいっス。)

コメント

今日のお買い物

2006年06月23日 21時21分20秒 | ●模型その他

MS IGLOO 黙示録0079 第2巻 「光芒の峠を越えろ」を発売されたので早速購入。
舞台はア・バオア・クー決戦直前で、ソーラ・ーレイのシーンもCGで再現されています。
そして今回の主役はジオン版ボール「オッゴ」というモビルポッド。
前作までのような分けありのエース級パイロットではなく、学徒志願兵が乗り込みます。
オッゴがめちゃくちゃ格好良い。
ボールvsオッゴのシーンなど生唾もの。
次回は、ビグロ(?)が主役らしいので楽しみです。

p.s.
DVDに収録されていたチベの設定資料に「ハイエンドモデル用」と書いてあったのだが、チベって最近何かででましたっけ?もしかしてEXでチベが出る?

それと、今日は本も沢山出ています。
HJ誌、電撃HM誌、MG誌も早売りで買ってきたし、オリジン愛蔵版2巻も発売されました。
ガイアノーツの徳用ホワイトも2本買ってきちゃったし、「あっ」と言う間に財布が軽くなった・・・・。

 
ランキングサイト&私のwebサイトです。
(ポチッっとランキングをクリックしていただけると、ありがたいっス。)

コメント

ドラゴン F-14D SUPER TOMCAT(1/144)

2006年06月23日 00時07分52秒 | ●航空機模型

F-117Aで「外国製品は・・・」と散々文句を書きましたが、懲りずにまたドラゴン(w
今度は「F-14D SUPER TOMCAT」です。
F-117Aと同じく2機セットで、メーカーはドラゴン、発売元はハセガワとなっています。
ドラゴンの1/144シリーズは、パーツの合いは悪いですが、形やディテールが他のメーカーと比べると断トツに良い。
ドラゴンの戦闘機はF-15も買って積んであったりします(w

今回は2機同時に制作します。
片方は飛行状態、もう片方は脚部を出した状態で作る予定。
トムキャットの最大の特徴である可変翼が挟み込み式となっている為、先に主翼を塗装してから仕上げるしかないかな・・・・。
先ずは、これを仕上げないと始まらないコクピットです。
1/144という小ささながら、しっかりとパイロットがいます。
ヘルメット、シールド、パイロットスーツを塗り分けました。
スミ入れしてスーパークリアーつや消しを吹けば、それっぽく見えると思います。
そして、コクピット内側を塗って軽く仮組してみました。
ん~、カッコいい。

 

 
ランキングサイト&私のwebサイトです。
(ポチッっとランキングをクリックしていただけると、ありがたいっス。)

コメント

ドラゴン F-117A(1/144) 第二弾 完成~

2006年06月22日 00時09分39秒 | ●航空機模型

GBU-10をマスキングして黄色いラインを塗りました。
ネットで調べると黄色いラインが付いていない写真もあったので、ラインは無しの方向で行こうと思いましたが、模型的には付いていた方がハッタリが効きそうなので塗ってみました。
その後、スーパークリアーつや消しを機体とGBU-10に吹きつけ、つやを整えほぼ完成・・・と、思ったらキャノピー前のホームベース型のクリアーパーツを忘れてました。
1機目を作った時にキット付属のものは厚すぎて使えないことが判明しているので塩ビ板で自作。
最後にGBU-10を接着して完成です。
実は、スーパークリアー塗装中に、また機体を落としてしまいピトーカンを再々度作っています(w
この機体は三角のデザインなので、手で持っていると滑るんですよ。



ついでに、2機同時に飾れる飾り台を作ってみました。
下がミラーになっている飾り台に、U.Cアームズギャラリーに付いていた飾り台を取り付け、アーム部分を真鍮線で伸ばしただけです。
何か真鍮線部分が貧乏臭いですが、真鍮線にチューブとか被せれば結構良い感じになりそうです。

 
ランキングサイト&私のwebサイトです。
(ポチッっとランキングをクリックしていただけると、ありがたいっス。)

コメント (3)