ガンプラ狂時代

ガンプラ・デジラマの製作日記を中心に日々の出来事などをダラ~と書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドップ 其の23(ラスト)

2005年08月06日 21時25分22秒 | ◆ドップファイター(EXM 1/100)
締めの写真が機体の底というのも何なんで、ドップのラストとして撮影した完成品をUPしておきます。

模型データ
EX-モデル 1/100 ドップファイター
定価3150円

コメント (2)   トラックバック (3)

ドップ 其の22(完成かな)

2005年08月06日 14時29分28秒 | ◆ドップファイター(EXM 1/100)

爆弾を取り付けました。
これで完成です。
今まで機体底面を公開していなかったので初公開です。
後部のタイヤと爆弾は「A-7AコルセアⅡ(1/100 タミヤ)」に付いていたものです。
今まで内緒にしていましたが、隠しだまとして中央に着艦フックを付けています。
これもコルセアに付いていたものです。

撮影中は爆弾がポロポロと落下して大変でした(w
接着面が狭いので、そのうちに何個か行方不明になりそうです。
瞬着を使っても良いのですが、接着に失敗するとリカバリーが大変そうなので、流し込みタイプの模型用接着剤で地道に接着。

他の写真は近日中に私のwebサイトのギャラリーで公開予定です。
因みに、「GUNPLA Modeler」さん主催のコンペ(『We Are "1st. generetion!"』)用に作ったものなので早速投稿予定。
素晴らしい作品が沢山ありますので、こちらのコンペも是非覗いてみてください。

コメント

ドップ 其の21

2005年08月06日 01時20分33秒 | ◆ドップファイター(EXM 1/100)
スーパークリアーつや消しを吹き付けてキャノピーをはめてみました。
これでほぼ完成です。
このモデルはキャノピーが厚いのが欠点ですね。
もう少し薄いキャノピーを自作したいところですが、そんな腕はないのであきらめました(w
この後、翼に下に爆弾を吊るす予定なので、キャノピーをはずした状態と、爆弾を吊るす前の状態を30枚ほど撮影。
キャノピーをはめた状態で写真を撮るとコクピット内がよく見えないので、デジラマにするときキャノピーをはずした状態の写真を合成する予定。
コメント

ドップ 其の20

2005年08月05日 00時30分34秒 | ◆ドップファイター(EXM 1/100)
ビン入りのスーパークリアー半光沢をハンドピースで吹き付けてスミ入れをやりました。
スーパークリアーはデカール保護の為に時間を置いて4回ほど吹き付けました。
スパークリアーが乾いた後、エナメル塗料(タミヤカラー)のジャーマングレーでスミ入れ。はみ出た所はエナメル用のシンナーを染み込ませた綿棒で丁寧に拭き取ります。軽く拭き残して機体の汚れを表現しました。
この後、仕上げにスーパークリアーつや消しを軽く吹き、つや消しで仕上げる予定です。
週末完成を目指して追い込みに入ります。

写真は初公開の翼を折った状態です。
1/144は翼が固定なのですが1/100は翼を折る事ができます。
ガウの格納庫に収納されているドップも再現可能ですが、ガウの格納庫はどこから持ってきましょうかね(w
コメント (1)   トラックバック (1)

ドップ 其の19.5

2005年08月03日 00時13分56秒 | ◆ドップファイター(EXM 1/100)
今回もデカールのお話。
昨夜、ブログをUPした後にデカールフィットを塗ったんですがやってしまいました・・・・。
デカールが溶けました・・・そういえば前にも溶かした事ありました。
二度と過ちを犯さないようにデカールフィットは水で薄めましたよ・・。
まぁ、溶けたのは一部(後方上部分)だけだったので、溶けた部分のリカバリーも兼ねて新たにデカールを追加。
飛行機モデルではメジャーだが、小さいので貼らない人も多い「NO STEP」デカールを貼りました。
翼の前後に貼ってある赤い線に見えるにが「NO STEP」デカールです。
小さすぎて気が狂いそうになりながらの作業です。落としたり、ビンセットから飛んでいって何個か無くしてしまい足りなくなるところでした(w

これだけでは何なんで、私がキープしているデカールの紹介。
現在もっとも手に入りやすいのはウェーブのXデカールシリーズ。1はデカ過ぎて1/100以上のプラモにしか貼れそうにありませんが、2,3は小さいサイズのデカール中心でガンプラの定番デカールとなっています。(それでも1/144にはデカイかも)特に3は4種類の色があり好みの色が選べます。余白もほとんど無くて使いやすいです。値段は定価600円、売値は450前後ぐらいです。

その次はマクロスデカール。マクロスデカールはウェーブとハセガワから発売されています。ウェーブのものは2種類ありマクロス7を放送していた頃に発売されました。ゼントラーディ軍用らしきデカールも付いていて旧マクロスプラモ用という感じです。定価は650円。最近見かけなくなりつつあります。
ハセガワ製はMG誌や電撃HM誌などに掲載された作例のデカールを発売した物で、マクロスのプラモ以外に使うのはもったいないです。限定発売らしく最近売っているのを見かけません。定価1200円。

そして、あまり売っているのを見かけませんが、タミヤの1/35戦車用デカールです。(写真の下に敷いてあるのがそれです。)機体No用の番号が沢山付いていてMSに似合います。部隊章なども沢山付いています。たしか500円ぐらいで買いました。

最後が、大本命のガンダムデカール。MGに付いてきたシールを水転写デカールとして発売したものです。第3弾では、ジオンMS用、連邦MS用とオリジナルのものも発売されました。定価400円。今回のドップで大活躍です。

番外として、ゾイド用デカール(ウェーブ?)も発売さています。
メーカーがよく分からないデカールなどもたまに見かけます。メーカーがよく分からないデカールは2度と手に入らなそうなので、使えそうなら見つけたときに買うようにしています。(値段にもよりますが)

因みに、これらのデカールはスキャンして画像としても保存しています。デジラマに貼り付けることもできますし、将来デカールを印刷できる環境になったときに量産する為です(w
コメント

ドップ 其の19

2005年08月02日 00時20分20秒 | ◆ドップファイター(EXM 1/100)
デカールを貼りました。
グレーと黒のデカールを中心に、赤でアクセントを付けるという方向で作業をしました。
使ったデカールは「ガンダムデカール(ジオンMS用)」「Xデカール3(グレー)」「マクロスデカール」「コクピット取りに買ったF-16のデカール」「爆弾取りに買ったA-7Aのデカール」、その他ストックしていたデカールです。
特に、「ガンダムデカール(ジオンMS用)」にはグレーのジオンマークが付いているので重宝しました。
「Xデカール3(グレー)」は余白がほとんど無いので切り取りに神経を使わなくて良いです。
デカール貼りは止めどころがむずかしいですね。
適当に切り上げないといつまでも終わりません(w

この後、モデラーズのデカール軟化剤「デカールフィット」を塗って寝ます。
2日ほど乾燥させる予定。
コメント (2)

ドップ 其の18

2005年08月01日 00時57分30秒 | ◆ドップファイター(EXM 1/100)
夜の10時半帰宅だったので全然進んでません。
眠い目を擦りながらの作業です。

作成中のドップを見ていたら、翼、垂直尾翼、コクピット後方の航法灯のモールドがあるのに気付きました。(気付くの遅すぎ)
翼、垂直尾翼は完全に航法灯だと思います。
コクピット後方は航法灯なのか微妙ですが、左右3ヶ所づつ、計6ヶ所をクリアーレッドとクリアーブルーで塗装します。
先ずはマスキングをしてシルバーを吹きます。
シルバーが乾いたら左にクリアーレッド、右にクリアーブルーを吹き付けます。
この色分けは昔から決まっているようで理由は分かりません。
知りたい人はググってください(w
因みに1/100のドップの航法灯らしきモールドは写真の赤○の部分6ヶ所です。
コメント

ドップ 其の17

2005年07月31日 02時09分22秒 | ◆ドップファイター(EXM 1/100)
作業したのは、ミサイルポッドの色塗り、タイヤの接着、バーニアノズルを黒鉄色→焼鉄色にお色直し、着艦フックの色塗り(写真では見えませんけど)。
実はこれの他にもある作業をやりました。
昨日、半組立てのドップを眺めていて気付いたのですが、脚部を出して置いた時、翼の下のミサイルの位置が下すぎて、タイヤではなくミサイルの方が地面擦れてしまうような気配。
事前にミサイルを付ける部分は短くはしていたのですが、改めて見たらまだまだ長かったです・・・
ということで、ミサイルを取り付ける部分を更に短く加工して再接着。
翼下部分だけ、ヤスリ掛け→サフ吹き→色塗りの作業をやり直しました。
きちんと計算しないで、目測でやったのが間違いだったようです。

今日は車で出掛ける予定なのでどのくらい作業が進むかわかりませんが、次はデカール貼りの予定です。
普段は、スミ入れの後にデカールを貼るのですが、今回はデカールを貼ってからスミ入れをやろうと思っています。
コメント (2)

ドップ 其の16

2005年07月30日 00時31分45秒 | ◆ドップファイター(EXM 1/100)
キャノピー、エンジンノズル、エアダクトなど黒系の色を吹いて組み立ててみました。
機体カラーが少しシンプル過ぎる気もしますが、汚しを入れる予定なので完成時には雰囲気が全然違う物になると思います。(たぶん)
あまりよく見えませんが、コクピットは計器類のデカールを貼ってスミ入れもやっています。少々、艶々なのでこの後スーパークリアーつや消しを吹いて完成予定です。

プラモ屋に行ったらガンダムデカール第3弾が発売されていました。
今回は特定の機体専用ではなく、連邦MS用、ジオンMS用も発売。
それぞれ、MSVやゲームで出てきた大小のパーソナルマークが付いていて、グフレディーなど涙物です(w
ジオンMS用には、白、黄色の他にグレー色のジオンマークも付いていて、今作っているドップにどんぴしゃ~です。
黄色と白しか無く黄色で妥協しようと思っていたので、店でこれを見たときは心の中でガッツポーズでした。
コメント (2)   トラックバック (1)

ドップ 其の15.5

2005年07月29日 00時33分49秒 | ◆ドップファイター(EXM 1/100)
昨日塗装した白(キャラクターホワイト)が今一の発色だったので、別の白(ホワイトPS17875[316])で塗り直しました。
イメージ的にはボールド(P&G)(?)の白のイメージだったのにキャラクターホワイトだと少々濁った感じでした・・。
というわけで、全然製作は進んでいません。

今回の写真はマスキングをしたエンジンノズル接続部分です。
マスキングテープだけでマスキングするのも良いのですが、曲線をマスキングするときはマスキングゾルが楽です。
マスキングゾルというのは、液体状のマスキングテープのようなもので、塗装したくない部分に付属の筆で塗りつけます。
乾くとゴム状になりマスキングテープを貼ったような効果がでます。
ゴム状になるので引っ張れば簡単に剥がれます。
便利なので一度使ってみてください。
コメント