取手・医科歯科通信 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

12日行くはずの予定を13日に変更

2018年11月12日 21時47分14秒 | 日記・断片

奥久慈渓谷 (久慈郡大子町)

奥久慈渓谷

ドライブでも楽しめる絶景スポット

国道118号周辺で、絶景が連続するこの渓谷はドライブに最適です。きれいな水が自慢の久慈川の流れをはじめ、車窓から広がる風景は雄大です。

福島県の最南端に位置する奥久慈県立自然公園矢祭山は、三勝八景もあって四季折々の景観は絶景です。

特に10月下旬から11月下旬にかけては、燃えるような紅葉で、あたり一面が錦に彩られます。 

茨城県内で人気の紅葉スポットです

  • 紅葉の樹種:ケヤキ、モミジ
  • 例年の見頃:11月上旬~11月中旬

2018年11月12日現在

 

インフォメーション

 

所在地 茨城県久慈郡大子町
トイレ情報 道の駅奥久慈だいごのトイレが利用できます。
アクセス 鉄道:JR水郡線「常陸大子駅」から徒歩約15分
車:常磐自動車道「那珂IC」から国道118号経由で約50分
駐車場 道の駅奥久慈だいごの駐車場が利用できます。
問い合わせ先 大子町観光協会 TEL: 0295-72-0285


コメント

社会問題の本当の解決

2018年11月12日 20時46分41秒 | 医科・歯科・介護

<価値創造的な共生>の思想に基づく社会運動を、世界に展開していくことが求められている。
日々の活動こそが最高の社会運動である。
人間に力を与えるものが、真の宗教である。
社会問題の本当の解決は宗教にしか、果たすことができない。
その宗教は、共生お実現を唱え、実践してきた宗教団体である。

コメント

<難民と共に生きる>

2018年11月12日 17時53分06秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力

一般論としての共生思想は、「異なるもの」を理解し、「受け入れる」ことに主眼が置かれている。
その行為には、<救う側>と<救われる側>という暗黙の前提が見て取れる。
単に受け入れるだけではなく本当の意味で「共に生きる」とことにつながらない。

例えば、<難民を受け入れること>は、<難民と共に生きる>ことを意味しているのだ。

コメント

特定のイデオロギーでは

2018年11月12日 17時40分49秒 | 医科・歯科・介護

高邁な学説やイデオロギーよりも生活の事実こそ一切の根本である。
生活には「競争」と「共同」の二つの側面がある。
その両面の調和がとれた共生思想を志向する。
特定のイデオロギーでは、その生活の一面しか捉えられず、何らかの偏りが生じる。

コメント

“ロシア絵画の至宝展

2018年11月12日 11時37分46秒 | 社会・文化・政治

今年開館35周年を迎えた東京富士美術館

“ロシア絵画の至宝展 夢、希望、愛─アイヴァゾフスキーからレーピンまで” 展覧会。

貴族のために仕事をしていた画家たちが、名もなき市民を描いた。

その先駆けとなった画家のアクセイ・ヴェネツィアーノーフの「刈り取り人」

非常に象徴的な絵です。若い男性と女性の関係性が、丁寧の描かれています。
国立ロシア美術館のウラジーミリ・グーセフ館長とエヴゲニア・ペトロヴァ副館長のコメント。


ミハイル・クロットの 《裁縫婦》。



 裸足のレフ・トルストイ、1901年。ロシア史上最も偉大なロシア人作家だと主張する人もいるほどのレフ・トルストイは、画家のイリヤ・レーピンとの交際があった。この画家はよくトルストイの住居であるヤースナヤ・ポリャーナに滞在し、ギャラリー中に展示できるほどの数におよぶトルストイの肖像画を残した。1901年に描かれたこの作品では、トルストイが裸足で森の中に立っている。そこに描かれたトルストイの姿には、彼が禁欲的で質素な生活を送り、民衆と共に生活することを目指していた時期の彼の精神的彷徨が反映されている。



コメント

ライフ・シフト なにを大切に生きているのか

2018年11月12日 10時26分53秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
 
「大きな意味をもつのは、あなたがどのような人間なのか、なにを大切に生きているのか、なにを人生の土台にしたかとう点だ」

 LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 
 

メディア掲載レビューほか

 寿命100年時代、あなたはどう生きますか? 新しい人生戦略を提示した『LIFE SHIFT』が14万部のヒット

過去200年間、人の平均寿命は伸び続けてきた。

そこから導かれる予測によれば、2107年には主な先進国では半数以上が100歳よりも長生きするのだという。

すると、80歳程度の平均寿命を前提に〈教育〉〈仕事〉〈引退〉の3段階で考えられてきたライフコースは抜本的に考え直されなければならない。

そんな難題に英国の経営学者と経済学者のコンビが正面から向き合った本が、ハードな内容をものともせず、ベストセラー街道を邁進中だ。

 「100年ライフの時代には、長い老後のためにお金を蓄えることも当然必要です。しかしそれだけではなく、変化し続ける環境に対応するためには、ライフ(人生)とワーク(仕事)のバランスが重要なんです」(担当編集者の佐藤朋保さん)

 たとえば、機械化やAIの進歩を受けて雇用はどう変わるのか。予測しづらい変化に対処するための人的ネットワークをいかに構築するべきか。健康にはどう留意すべきか……などなど。本書が示す新たな問題の切り口は、極めて多彩だ。

「弊社のウェブメディアでは、著名人や有識者の方に、100年ライフと日本人の新しい生き方を示してもらっています。各地での読書会やSNSでの反響からも、みなさんが『自分ごと』として本書の内容を受け止め、考えた様子が伝わってきますね」(佐藤さん)

 老若男女問わず、人生の岐路に立つ人すべてに、考えるヒントをくれる1冊だ。

評者:前田 久

(週刊文春 2017.06.01号掲載)

 内容紹介

■30万部突破! ずっと売れてます! 
■テレビ東京「池上彰が選ぶ今知っておきたい小さなニュース」にて紹介(2018年7月8日放送)
■Finaicial Times 電子版記事「Japan begins to embrace the 100-year life」にて紹介
■「人生の教科書」「『10年に1冊』の必読書」と大好評! 
■NHKEテレ「ハートネットTV」にて紹介(2018年4月23日放送)
■TBS「林先生が驚く初耳学! 」にて紹介(2018年4月1日放送)
■TBS 水トク!『緊急!池上彰と考えるニュース総決算!2017 ニッポンが“危ない"』にて紹介(2017年12月6日放送)

■流行語大賞2017「人生100年時代」ノミネート
■DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの読者が選ぶベスト経営書2017 第1位
■リンダ・グラットン、政府の「人生100年時代構想会議」に起用! 
■テレビ東京「ガイアの夜明け」、NHK総合「おはよう日本」、NHKEテレ「ニッポンのジレンマ」など各メディアで大反響! 
■読者が選ぶビジネス書グランプリ2017にて、総合グランプリ受賞! 
■ビジネス書大賞2017にて、準大賞受賞! 
■「人生100年時代」ムーブメントのバイブル! 
■反響の声続々! あらゆる世代から圧倒的支持! 

誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。
働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。
目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。

世界で活躍するビジネス思想家が示す、新しい人生のビジョン。

みんなが足並みをそろえて教育、勤労、引退という
3つのステージを生きた時代は終わった。

では、どのように生き方、働き方を変えていくべきか。
その一つの答えが本書にある。

100歳時代の戦略的人生設計書。

《本書の主な内容》

●人生はより長く、健康になる。
●エクスプローラー、インディペンデント・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカーという新しいステージが出現する。
●スキル、知識、仲間、評判、健康、生活、友人関係、アイデンティティ、人的ネットワーク、オープンな姿勢が大事
●労働市場に存在する職種は、これから数十年で大きく入れ替わる。
●100歳になった自分がいまの自分をどう見るかを考える。
●男女の役割分担が変わる。質の高いパートナー関係が必要になる。
●数十年単位での役割の調整が必要。高度な信頼関係と徹底した計画が不可欠。
●各人のアイデンティティが変わっていく。

《世界を代表する知識人が称賛! 》
明快でタイムリー、オリジナルで書きぶりも素晴らしく、そしてとても恐ろしい。
ニーアル・ファーガソン(『劣化国家』著者)

より健康で長寿になる私たちの人生に関する迫真のケーススタディ。
私たちの知っている世界とはまったく別の未来がくるだろう。
ダロン・アセモグル(『国家はなぜ衰退するのか』著者)


【目 次】
日本語版への序文
序 章 100年ライフ
第1章 長い生涯――長寿という贈り物
第2章 過去の資金計画――教育・仕事・引退モデルの崩壊
第3章 雇用の未来――機械化・AI後の働き方
第4章 見えない「資産」――お金に換算できないもの
第5章 新しいシナリオ――可能性を広げる
第6章 新しいステージ――選択肢の多様化
第7章 新しいお金の考え方――必要な資金をどう得るか
第8章 新しい時間の使い方――自分のリ・クリエーションへ
第9章 未来の人間関係――私生活はこう変わる
終 章 変革への課題

 
 
 
 
 
 
コメント

感受性(情愛)が劣化している

2018年11月12日 10時02分37秒 | 沼田利根の言いたい放題

「人が人としてのよりどころ」が問われている。
人間とは、人の間と書くことの意味。
人は人によって磨かれる。
人の気持ちに寄り添う。
つまり、人は自己的そのものではあり得ない存在といえる。
厳密に言えば、心のよりどことは、他者との関係性を含めた心のよりどこでもあるだろう。
人の不幸の上に自分の幸福(利益)を築くことの是非の問題に帰着する。
典型的なのが、特殊詐欺。
最終的には悪を放置するのは、悪に加担することにもなる。
いじめ、パワハラを傍観するのも、それに加担することにもなる。
人間の人格、感受性(情愛)が劣化していることが危うい。
深く理解しないで、攻撃したり、非難することが増えていることも見逃すことができない。

コメント

取手競輪開設68周年記念12レース選手紹介

2018年11月12日 07時09分15秒 | 未来予測研究会の掲示板

左から1番の鈴木選手~右端の9番松浦選手まで紹介し、現状や意欲などをインタビュー

1番 車が出ている状態は悪くない。

2番 外を踏めているし悪くない。

3番 踏み出し良かったし、休まず出切っていたね。

4番 1着で流れが変わったかな。松谷君着く。

5番 何とか食らいついて2着に入りtかったが・・・(前日のレース)。吉澤君に前を任せる。

6番 自力・自在で臨む。臨機応援には動けている。

7番 慣れたバンクなので練習の感覚で踏めた。連携ある鈴木君に着ける。

8番 地元の4番手。良い集中力で臨めた。

9番 自力自在。思った以上に感触が良いし、今度こそタテ勝負したい。

コメント

取手競輪開設68周年記念8レース勝利者インタビュー

2018年11月12日 05時27分55秒 | 未来予測研究会の掲示板

サングラスをかけた男二人が現れ、稲垣裕之選手(86期 41歳 京都)に罵声を浴びせる。
ドスの利いた大声でレース前から威嚇する。
このような不愉快な態度を競輪ファンは稀。
<暴力団関係者の入場お断り>が全国競輪場の方針。
稲垣裕之選手のファンに対しても「目ざわりなんだよ。網にクリップなんかかけるじゃねえぞ!おい、稲垣、変な女なて連れて来るんじゃねよ。お前の存在そのものがよう!・・・」
聞き苦しい悪意に満ちただみ声。
「暴力団関係者なの?」と横暴な態度に輪子まで嫌な気分に。
傍にいるガードマンたちも無視。

コメント

取手競輪開設68周年記念11レース勝利者インタビュー

2018年11月12日 05時15分37秒 | 未来予測研究会の掲示板

存在感増した山崎賢人(けんと)選手(111期 25歳 長崎)がファンの期待に応え別線を圧倒的なパワーで退け勝利。

連携した大塚健一郎選手(82期 41歳 大分)は離される。

2着は佐藤博紀選手(96期 33歳 岩手)

 

コメント

輪子の競輪日記 サッチャンを競輪に誘う 

2018年11月12日 03時25分46秒 | 未来予測研究会の掲示板

看護師の輪子は、同じ病院に勤務する(親しくしているカラオケ仲間)薬剤師のサッチャンを取手競輪へ誘う。

サッチャンはスポーツ好きで、競輪はやらないので、「競輪、競技として観に来ない」と誘ったら、「競技としての楽しみなら観に行こうかな」と応じた。
まず、12時20分、バイクでやってきて「今、正門前に着いたの」とスマホで連絡が。
そこで、正門まで迎えに行く。
「賑やかね」と周囲を見回す。
「取手競輪開設記念レースだから、人が多いの。今日は日曜日だしね」
「お腹空いた」
「では、食堂へ」と誘う。
食堂は3か所に。
二つの食堂がある正面スタンドの1階へ。
寿司もある。
サッチャンは、カレー南蛮うどん。
輪子はかつ丼。
席はほぼ満席。
食堂内にはテレビが何台もあって、5レースの映像が映しだされていて、ファンたちはレースを観ながら食べている。
サッチャンは周囲を見回し、二つ前の席で食事を和服の男性に注目している。
輪子は、「名前は知らないけど落語家よ」と告げた。
さらに、元競輪選手が食堂に案内してきた女性に注目。
「タレントみたいね」と、その人の姿を目で追う。
「取手では見かけない。センスの良さね」と輪子も横顔を見る。
その人が勝利者インタビューをしている女性と、後で気付いた。

この日は、1度だけ取手競輪選手応援コーナーで観戦してから、ずっと正面のスタンド席に座っていた。
「この方が見やすいわね」とサッチャンは微笑む。
輪子は甘酒、ホットコーヒー、日本茶などをサッチャンために席まで運んだ。
空は晴れて、スタンドは温かな日差しだった。
「競輪は実際に、レースをこうして観ていると、なかなかの迫力。凄いわね」とサッチャンは感激!
「そうでしょ!競輪、面白いでしょ」輪子はサッチャンが興奮するのを見て嬉しくなった。
輪子は12レースに出走する6番の松谷秀幸選手について、「元プロ野球選手なの」と告げたら、俄然、興味を示して、「応援のために、松谷秀幸選手の車券を買ってみる」と言う。
「ええ!買うの?」と輪子は驚く。
「松谷選手を買うとしたら、どうしたらいいの?」
「それじゃ、相手は5番の武田豊樹選手にしたら」
「1000円で投票してみる」
「それでは、5-6と6-5ね」と輪子は車券を買いに行く。

サッチャンの車券のオッズを確認して輪子は驚いた。
5-6が291.2倍(500円で14万5600円に)
6-5が503.7倍(500円で25万1850円に)

輪子は5-7 7-5の3連単流し。
まさかの(4人が並んだ茨城勢が)惨敗!とはね。
「面白かった」とサッチャンが満足したことで、輪子はサバサバした気持ちに。

ちなみに、先行したラインが取手競輪場で勝ったレースを<輪子は>見たことがない。

第12R S級優秀

1番 鈴木竜士 107期 茨城
2番 山崎芳仁 88期 福島
3番 小倉竜二 77期 徳島
4番 五十嵐力 87期 神奈
5番 武田豊樹 88期 茨城
6番 松谷秀幸 96期 神奈
7番 吉澤純平 101期 茨城
8番 芦澤辰弘 95期 茨城
9番 松浦悠士 98期 広島

本命ライン 1逃捲-7逃捲-5自在-8追込
9自在-3追込
2自在‐6自在-4追捲

予想(コメント)
4車ラインの利を生かし鈴木がロングスパート。
番手有利な吉澤を軸に地元勢で連独占を狙うが、巧者・松浦の一角崩しに警戒

オッズ
2車単 7-5 200円
3連単 7-5-8 500円

結果
1着 9番 松浦悠士 27歳/98期 広島 S級1班 捲くり  11.4秒
2着 2番 山崎芳仁 39歳/88期 福島 S級1班 3/4車身 11.2
3着 3番 小倉竜二 42歳/77期 徳島 S級1班 1/4車輪 11.4
4着 7番 吉澤純平 33歳/101期 茨城 S級1班 3/4車身 11.7
5着 5番 武田豊樹 44歳/88期 茨城 S級S班 1車身1/2 11.7
6着 6番 松谷秀幸 36歳/96期 神奈 S級1班 3/4車身 11.7
7着 4番 五十嵐力 39歳/87期 神奈 S級1班 1/2車輪 11.6
8着 1番 鈴木竜士 24歳/107期 茨城 S級1班 タイヤ差 12.1
9着 8番 芦澤辰弘 30歳/95期 茨城 S級1班 5車身 12.0

2車単 9-2 6690円(18人気)
3連単 1万8090円(41人気)

 松谷選手左 中は武田選手 五十嵐選手右

鈴木竜選手左 中山崎選手 小倉選手右

11 レース大型新人の山崎賢人選手(111期)の勝利者インタビュー

12レースの選手紹介と抽選会




コメント

取手競輪開設68周年記念2日目12レース

2018年11月12日 03時20分59秒 | 未来予測研究会の掲示板

茨城4車連携も紛糾される

コメント

11月11日(日)のつぶやき

2018年11月12日 03時19分14秒 | 医科・歯科・介護
コメント