取手・医科歯科通信 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

「諦めないが!」奇跡を起こす

2018年02月28日 22時26分27秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
ネット社会で人間の共感能力が減退。
直接会い語りあえば人生が豊かに。

行きつまりを感じたら自らの原点に帰ろう。
目標と目的は明確に。
一度決めたことは何があってもやり遂げ遂げなさい。
団結は明確な目的によって生れる。

ネット上の子どものいじめが増加。
モラル教育など人間教育が必要。

やっぱり、諦めないことが大事。
チャレンジしていかないと、結局、かなうものもかなわなくなる。
「諦めないが!」奇跡を起こす
コメント

“スマホ認知症”20代の物忘れ外来患者も

2018年02月28日 18時57分43秒 | 医科・歯科・介護
2/28(水) 14:23配信

Nippon News Network(NNN)

いま、働き盛り世代の人に「スマホ認知症」の症状を持った人が増えているという。スマホと認知症の関係とは?

スマホ認知症は若者たちがかかるという。

脳神経外科医・奥村歩医師「物忘れ外来を訪れる患者の若年化がどんどん進んでいる」

認知症を専門とするクリニックでは、患者の30%が40代~50代、10%が20代~30代と認知症にならないような世代の受診がここ数年は増えているという。

脳が健康な状態を保つために必要なことは、情報を脳に入れることと、その情報を深く考えることをバランス良く行うことだという。

スマホの登場で現代人は“情報入手”だけが多い状態になっている。気がつけば、脳は情報で“オーバーフロー”となり過労状態になるという。そのため、物忘れや感情のコントロールができない、自分らしさを失うといった、うつ病や認知症と同じ症状が引き起こされるという。

奥村医師「長く続くと、本当のうつ病になってしまう危険があるので警鐘を鳴らしているんです」

ほかにも症状が続くと、老後の認知症の危険も高まるということだが、スマホ認知症は生活習慣を変えれば改善するという。そのために必要なのは“ぼんやりタイム”だ。集中して何かをした後にぼんやりする時間が脳には必要だという。

移動中、食事中、休日、就寝前、スマホと一緒に過ごしていたこの時間をぼんやりする時間に切り替え、スマホ認知症と無縁の生活を。

最終更新:2/28(水) 15:06
コメント

知人の一人の姿を見なくなった

2018年02月28日 18時26分36秒 | 日記・断片
午前6時に散歩へ行くと、当然であるが散歩で出会う人は全く違う。
明るくなっていくので景色も見える。
梅が咲き、沈丁花、早咲きの桜も開花していた。
知人の一人の姿を見なくなった。
どうしたのだろうと気にかけていたが、今朝は庭にたっていた奥さんに声をかけた。
「旦那さんお元気ですか」
「肺がんで1昨年亡くなりました」
「そうでしたか。旦那さんにはお世話になったのですよ」
「余命半年と医者に言われたのですが、制癌剤で1年4か月生きました」
「それは、残念でしたね。花をいつも見せていただきました。百合、バラ、菊など、どの花もとてもみごとでしたね」
「花を育てるのが趣味でした」
穏やかな感じで、笑みを絶やさない人であった。

















コメント

300年前のブランデー

2018年02月28日 11時37分40秒 | 日記・断片
300年前のお酒と聞いて、日本酒かと思ったら、ブランデーであった。
友人5人が中田さん宅でお祝いの名目でお酒を飲む。
テーブルにオデンの鍋。
昨日から奥さんが煮込んだものだそうだ。
燻製の鶏肉、それから四川料理。
ビールで乾杯して、ブランデー、日本酒は山田錦の純米大吟醸。
家ですでに200ミリの日本酒丸(白鶴)2本も飲んでいた。
それで、足がもつれるほどになる。
泥酔状態になる。
異常に酔ってしまった。
ふらふらして帰宅。
目覚めたら午前6時、いつもより3時間も遅い散歩へ。
本2冊(人生への挑戦―三浦雄一郎、冒険の人生―植村直己)を中田さんにいただく。
コメント

人生、惚れてこそ

2018年02月28日 11時07分24秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
頂上を極めたいという強い思いがないと、中途半端になる。
直感だけでは、ほかの部分がだめになる。
じっくり考えて、しっかり構築していくという作業が雑になってくる。羽生善治さん

こよなく愛する。
やはり、人生、惚れてこそ。


競輪が社会悪だから廃止しなけばならないと言われたとき、堂々と競輪賛成論をぶった。
競輪が悪いわけないんだ。
競輪で家庭がめちゃくちゃになるような人間は、ほかの博打でも必ずめちゃくちゃになるんだ。
ほかでだめになる人間がたまたま競輪やっているだけなんだ。―米永邦雄さん

兄貴たち(3人)は頭が悪いから東大へ行った。私は頭がよいから将棋指しになった。
アマチュアを喜ばせるのがプロの一番の仕事である。―米長邦雄さん

米長先生は、人望が厚くて、知人・友人・ファンの人たちがたくさんいて、中身の濃い充実した人生を送られているのだと思う。
また、米長先生はいつも若々しく活力に満ちている。
気持ちが老いなければ、いちまでも若々しく過ごすことができると元気づけられる人も多いと思う。羽生善治さん


コメント

後楽園競輪復活反対

2018年02月27日 15時51分03秒 | 未来予測研究会の掲示板
平成15年6月24日の東京都議会における石原都知事の後楽園競輪再開発言に対して、文京区は即座に反対を表明しました。
本区は、『文の京』として個性ある文教都市のまちづくりを進めており、後楽園競輪の復活は、文京区の街づくりに好ましくない影響を与えることから、競輪再開に反対する運動を推進するため、平成15年7月9日、庁内に「後楽園競輪再開反対本部」を設置しました。

競馬は良くても、競輪は絶対ダメ!
区民にとっては、競輪は悪のようだ。

-----------------------------
地元取手市内では、共産党が競輪の廃止を訴え運動を続ける。

日本共産党取手市委員会は、今年4月から、「市民アンケート」と「県営取手競輪場に関するアンケート」を実施してきました。現在まで回答のあった分について、集計をすすめています。
第一報として、「県営取手競輪場に関するアンケート」の回答結果の概要をお知らせします。

県営競輪場アンケート集計結果
(日本共産党取手市委員会 実施2010年4月~)
1.取手市は競輪事業から
 ①このまま続ける……………………19.9% 
 ②撤退する……………………………62.0% 
 ③わからない…………………………14.4%  
 ④その他 ………………………………3.7%  

県営取手競輪場につきまして、市の同事業からの撤退・競輪場の廃止を、住環境の悪化や青少年に及ぼす悪影響の多大さ等から日本共産党はかねてより求めてきたところです。
競輪場を廃止して「いこいの森」をつくる─などを掲げます。

岸和田の事例のように、全国で度々おこる地域の公営競技場の廃業論に対しては、反対主張を展開する例が様々存在しています。周辺住民は青少年健全育成に逆行し、交通事故も多発しかねないと反対運動を始めている。

公営ギャンブルを潰して、逆に民間賭博であるパチンコを増やす方向になるのでは?

コメント

自殺する若者減らない日本だけ

2018年02月27日 15時37分28秒 | 社会・文化・政治
若者の死因、自殺が1位…「死にたい」「消えたい」SNSに氾濫
2/27(火) 読売新聞 12:12配信

自殺者の総数が減り続ける中、自殺する若者がなかなか減らない。
若年層の死因のトップが自殺なのは、主要先進国で日本だけだ。
若者の自殺を防ごうと、様々な団体が取り組みを進め、政府も対策強化に乗り出した。
3月の自殺対策強化月間を前に、現状と課題を探った。

 神奈川県座間市のアパートで昨年10月、男女9人の遺体が見つかった事件。犠牲者の多くは自殺願望をツイッターでつぶやいたのがきっかけで、事件に巻き込まれた。政府は12月、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で自殺を勧誘する投稿を削除する取り組みの強化など再発防止策を発表した。

 だが、SNSには今も「死にたい」「消えたい」と訴える若者の投稿があふれる。

          ◇

 「生きる意味ってなに?」「なんかむなしい」――。
福祉施設で働く大阪府の20代男性は、最近もツイッターでつぶやく。

 職場での頑張りを上司に評価されず、「仕事ができない」と言われ続けた。いつしか自暴自棄になり、手首を刃物で傷つける自傷行為を重ねたり、夜に眠れなくて睡眠薬や酒を多く飲んだりした。
「ツイッターは自分のはけ口として使っている感じ。他の人に共感されると気持ちが楽になる」

 神奈川県の30代男性は、実家で引きこもりを続けながら、1日に何度もツイッターに書き込む。大学卒業時の就職活動に失敗。その後も不採用が続き、就活する気力を失った。
「排除され、差別されて偏見を受ける社会では頑張ろうと思えるはずがない。でも一番の間違いはこの世界に生まれてきたことなのかも」などと社会への不満と自殺願望をつづる。

          ◇

 SNSにこうした投稿が氾濫するのはなぜか。若者の自殺を長年取材しているフリージャーナリストの渋井哲也さんは、「人と日常的に話をしたり、悩みを相談できたりする環境にない若者が増えている。
誰かに話を聞いてほしい、あるいは問題を解決したいという思いで、SNSに向かっているのだろう」と分析する。

 「自傷行為をしたり『死ぬ』と言ったりしている人に限って、実際には自殺しない」という見方もよくされる。だが海外には、10代で自傷行為をした経験を持つ人がその後自殺する確率は、そうでない人の数百倍に高まるという研究もある。また、「死にたい」と思った人の4人に1人が、実際に自殺を図ったという疫学調査もある。

 「自傷行為や自殺をする人に共通する行動パターンは、つらい時に人に助けを求めないこと。
一人で悩むことが最も自殺のリスクが高い」。
国立精神・神経医療研究センター部長の松本俊彦さんは指摘する。「SNS上に苦しい心境を書き込むことは『このつらさを理解してほしい、助けてほしい』というSOSの発信。このSOSをうまく受け止める仕組みを作るべきだ」

 現代の若者は、電話や対面での相談窓口にはなかなか接触しない。
松本さんは、「『死にたい』と投稿する若者の中には様々な心の健康面の問題を抱えている人も少なくない。
SNSを活用した相談窓口を整備し、最終的にソーシャルワーカーや精神科医などによるリアルな支援に結び付け、チームでサポートしていく手法が若者の自殺防止には有効だろう」と強調する。
コメント

金子兜太さんが誤報の記者を出勤停止=時事通信

2018年02月27日 15時30分43秒 | 医科・歯科・介護
2/27(火) 14:39配信

時事通信社は27日、十分な裏付け取材をしないまま「金子兜太さんが死去」と誤報した編集局文化特信部の記者(58)を、出勤停止14日とする懲戒処分を決めた。

 また、境克彦編集局長ら2人を減俸1カ月とした。

 渡辺祐司編集担当取締役は報酬の一部を返上する。

 記者は19日、金子氏に近い情報提供者からの情報を基に速報と一報を出稿したが、近親者への確認取材を怠った。近親者の指摘で誤報が発覚した。金子氏は20日に死去した。

 同社の上崎正則総務局長は「社員教育を徹底し、再発防止に努めます」とコメントした。 


コメント

「三人称の視点」を脱却

2018年02月27日 15時15分56秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
政治家の暴言が続く原因

第1の根源は、被害者・犠牲者に対する人間の意識・感情を左右する「いのち(生と死)の人称性」という問題だ。
「一人称のいのち」は自分のこと。
中でも不条理な「死」は、絶対に受容できない。
「二人称のいのち」は家族、恋人、無二の親友らの「生と死」であり、死別で残された人が、愛する人の喪失という衝撃の中でどう生きるかという困難を」背負う。
これに対し、「三人称のいのち」は、身近な親類、友人、知人から全くの他人まで幅広い。
戦争や民族紛争になると、敵対する国や民族の人たち一人一人が、家族や恋人や友人のいる人生を歩む人間だという意識など全く抱かず、平然と殺すという行為になる。
そいう状況下では相手への見方が「無人称化」する。
政治家や官僚にとって、犠牲者や被災者を見る目は「三人称のいのち」の視点となるのが現実だ。
財源をにらみんがら法律や制度の枠に当てはめるだけ。
犠牲者の家族や被災者個別の悲惨さを思いやる想像力はまるでけ欠落している。
そこに暴言登場の第2の根源としてからんでくるが、政治家・官僚の、時の政治権力者の政治思想と政権維持の政策になびく姿勢と、地位にまつわるおごりだ。
この問題を克服するには、政治家・官僚は人間のいのちに対する冷たい「三人称の視点」を脱却し、「一人称・二人称のいのち」を理解して寄り添う姿勢を普遍化する以外に道はない。
具体的には、事故、災害、事件の現場を訪れて、状況を肌で感じ、犠牲者の遺族や被害者の話をじっくりと聞き、被害の全体像の調査分析をするという取り組みが必要だ。
そういう政治・行政の成熟した体質が根付くには大変な歳月が」かかるだろう。
しかし、それなくして国民のいのちを守る政治などとうたっても、虚構でしかない。
作家・柳田邦男さん
コメント

闘う存在、闘わない存在

2018年02月27日 13時39分36秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
武田砂鉄の「気になるこの人」
毎日新聞掲載

ゲスト原一男さん(ドキュメンタリー監督、大阪芸大教授)

闘う存在、闘わない存在
両方を描かないと


日本の民衆論

原 今回の作品は「普通の人たち」を撮った。
8年間も撮影しましたが「撮れた!」という実感がなかった。
編集中、おもしろい映画になるか不安でした。
石綿被害者も社会の周辺にいた人たちですね。
石綿産業は、被差別部落民たちや在日コリアン、地方出身の貧困層が多く就いた仕事でした。
大阪芸大の研究費助成で撮ったんです。
研究タイトルが「映像による日本民衆史」。
武田 民衆史という枠を、当事者が拒絶する場面が印象的でした。
原 それがありのままの民衆ですよ。
闘う存在であり、闘わない存在でもある。
両方を描かないといけない。
原 日本の住民運動、市民運動は、考え方の違う人を排除しては憎しみを生む、を繰り返してきた。
排除せず最後までみんな一緒に訴訟でいたことが、この運動の評価すべき点だと思います。
武田 後半の山場の一つは、原告が厚生労働省と21日間も折衝する場面です。
原告が役人に対して「あんたも同じ人間ですやろ」と声を荒げる。
原 「同じ赤い血が流れている」と浪花節を言う。
「同じ人間」ではないからこんなことが起きるのに、「同じ」だから分かってもらえると思う。それが庶民感覚でしょ。
いいかどうかはさておき。
武田 原監督は、平成に入ってから「濃ゆい」人間がいなくなった、とおっしゃいますね。
原 法廷で泣き叫びさえできない不自由さ。
昭和の時代には、まだ、そういう感情が許容されていた感じがあります。
時代の締め付けが厳しくて、生きたいように生きることが難しい。
コメント

国民のレベルは政治家のレベル

2018年02月27日 13時22分39秒 | 沼田利根の言いたい放題
ダメな政治家を国民が選び、国民はノートとは言えないのではないか!

柳田邦男さんが指摘しているとおりで、政治家たちの「失言」は本音なのだ。
「人は、心の中に思ってもいないことをしゃべることはない」と柳田さんは指摘したいる。
沖縄で米軍ヘリから部品落下や不時着をめぐり、衆議院本会議での野党側の質問に、松本文明副内閣相(当時)が、「それで何人死んだんだ」とヤジを飛ばした。
原発事故による中間貯蔵施設をめぐり、難航する被災地との交渉について、「最後は金目でしょ」と石原伸晃環境相(当時)が発言。
水俣病問題でも訴訟で得られる金額より政治決着した方が得だという数字を示し、訴訟を取り下げる方向に誘導しようとした環境省。
「最後はお金がもらえればいいのでしょ」
環境省のこうした発想パターンをポロリもらしたもので、その意味で「本音」そのものだった。
2013年の高市早苗・自民党政調会長(当時)の講演での発言。
「原発事故によって死亡者が出ている状況ではない」原発事故から2年の状況を説明。
だが、その年の3月末までに福島県内で避難生活によるストレスなどで、1400人近くが災害関連死(自死を含む)と認定された。
高市議員は事故被害者への驚くべき無関心・無知か、それとも原発推進のための虚言としかいいようがない。
自主避難者への家賃補助の打ち切りに関して、「(帰れないのは)本人の責任」
「(不服なら)裁判でもなんでもやればいい」と2017年の今村雅弘復興相(当時)が発言。
これも本音。
-----------------------------
問題発言の政治家を国民が選び、国民は容認している。
謝罪したり、発言を撤回すればすむ問題とは違うはず。
暴言、失言をした国会議員を落選させられない国民のレベルの問題。
沼田利根
コメント

日本酒「秀緑」純米吟醸

2018年02月27日 12時42分39秒 | 社会・文化・政治
坂東市岩井の市観光交流センター「秀緑」を運営する坂東まちづくり株式会社(円崎一也社長)は、銘酒として好評を博した旧大塚酒造(同所)の銘柄「秀緑」の純米吟醸酒を復刻させ、24日から限定販売を始めた。
2011年の東日本大震災で建物が被災し廃業した老舗「大塚酒造」を坂東市が買い取とり、改装して2016年11月オープン。
日本酒の復刻は昨年発売した特別純米酒に続き、第2弾。
同センター独自開発の土産品として、ブランド化を図りたい考えだ。

旧酒造の酒は全国新酒鑑評会で度々金賞に輝くなど高い評価を受けていたが、2011年に廃業。
酒蔵の跡地と建物を市が買い取り、同センターとして再生した。
昨年、特別純米酒を復刻し4合瓶1100本を製造したが、3週間足らずで完売する人気ぶりだった。


復刻第2弾の純米吟醸酒は、市内の農家が生産した酒米「美山錦」を使用。酵母やアルコール度数などを旧酒造の関係者から聞き取り、味を再現した。筑西市の来福酒造が醸造した。
720ミリリットル(1430円)を千本のほか、1800ミリリットル(2860円)も600本用意、300ミリリットルも準備中だ(いずれも税別)。
同センターや、市内の酒販売店のうち10店ほどで取り扱う。

まちづくり会社の根本克巳マネージャー(64)は「キレがよく、喉ごしのいい味わいに仕上がった。坂東市の新たなブランドとして表に出ていけば」と話した。
発売の2月24日には同センターで、本県の他の日本酒を含めた飲み比べや飲み放題のイベントを開いた。
問い合わせは同センター(電)0297(35)0002。
------------------------

水戸の新酒まつり


しぼりたての地酒を飲み比べながら 至福の時を過ごしませんか
昨年は2月25日に開催。
今年もイベントは終了したが、参考のために。
日 時:平成30年2月24日(土) 午後4時~午後8時 会 場:水戸東照宮(水戸市宮町2-5- 13)
入場料:1人 1,000円(オリジナルぐい吞み付) 〈参加蔵元/銘柄〉 ・明利酒類 株式会社(水戸市)/ 副将軍 初しぼり ・吉久保酒造 株式会社(水戸市)/ 一品 純米酒 ・ 合資会社 瀧田酒造(水戸市)/ 三ツ扇 大吟醸... ・須藤本家 株式会社(笠間市)/ 郷乃誉 純米大吟醸 あらしぼり生 ・磯蔵酒造 有限会社(笠間市)/ 稲里 初搾り ・株式会社 月の ...

コメント

さあ、出発しよう!

2018年02月27日 12時30分57秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
目的は手段を生む

的を明確にして矢を放ってこそ、的中する。

「戦いの目的が明確であれば、必ず団結できる」
根本の目的が納得できれば、決して人はやらされるのではなく、主体的に取り組んでいける。
そこで、本当の力が出るのだ。

「一人」から始まる。
「一人」から変わる。
「一人」から開ける。
ゆえに、まず一人と「会う」ことだ。
「語る」ことだ。
そして「一緒に行動する」のだ。

「さあ、出発しよう!悪戦苦闘を突き抜けて!決められた決勝点は取り消すことができないのだ」ホイットマン
コメント

母親は妄想狂

2018年02月27日 06時35分30秒 | 創作欄
幼児から私は、母親から虐待を受けていた。
躾けと虐待を混同していた母親であった。
だが、息子もまともではない。
小学校2年生の私は学校をさぼって、当時の表現で知恵遅れの5歳の遊び友達を連れ、田園調布から蒲田まで連れて行く。
映画館へは、大人の後をついて入場するので無料。
映画を見てから街を散策。
母親の財布から金を盗んできたので、色々買って食べた。
あの時のアンパンは美味しかった。
帰宅したのは午後7時、当然、大騒ぎとなる。
本屋での漫画本の万引もよくした。
特にオマケ付き(付録)の漫画雑誌。
虫眼鏡のオマケや紙風船、メンコなどのオマケ付きだった。
息子に「いい子」を押し付ける母親。
悪事は母親へのあてつけであった。
素直になれない愚かな息子だった。
そして、母親は妄想狂でもあった。
夫が浮気していると疑心暗鬼となり、夫の後を探偵のように追い、執拗までに尾行する。
中学生1年生の私は「性格異常者の母親」の息子であり、自分も同じ血筋の人間なのかと、思考がどんどん暗くなってゆく。
これ以上、記すと当時の悪夢がリアルになるので止めにする。

 
コメント

暗い子は、死を思う

2018年02月27日 06時00分37秒 | 沼田利根の言いたい放題
逞しく、賢く、朗らかに。
子育ての基本であろうか。

弱い子どもは、心が負けている。
賢くない子は、人に騙される。
暗い子は、死を思う。
コメント