取手・医科歯科通信 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

テスト採用(試用)・臨時雇用の機会

2018年10月15日 07時09分52秒 | 沼田利根の言いたい放題
なぜ、70歳以下なのだろうか?

高齢者で元気で、働く意欲がある人を如何に活用するかの問題ではないだろうか、と思うのだが・・・
本当に人で不足なのであろうか?
65歳の人が採用され、70歳の友人が面接で不採用。
彼は愚痴をこぼす「まずは採用してみて、使えるどうかを判断してほしいね。テスト採用(雇用)の機会を設けてもらいたいね」と。
一理ある。

試用期間:従業員を採用する場合に、本採用の前に試験的に一定期間働かせて職業能力をためしてみる期間。
見習期間。
臨時雇用で高齢者に雇用の機会を与えることもあり得るのでは?
友人の久保さんは、65歳の時に、大型ショッピングセンターで採用され、75歳の今も雇用が継続されている。
コメント

政治家のセンスの問題

2018年10月15日 01時46分58秒 | 沼田利根の言いたい放題
政治や政策はある意味で、選択、優先順位の問題ではないでしょうか?
国民が今、一番望んでいることは何でしょうか?
国民目線、国民の願いに寄り添うことが大切。
憲法改正は、国民の願望、悲願でしょうかね?
政治家のセンスの問題に帰着することだと思うのです。

なぜ、民主党はダメだったのかを検証すれば、自ずと答えが出る問題です。
政権交代の期待を裏切ことが、致命傷になりました。
小選挙区制度が本当に良かったのか?
当然、過ちであったわけですが、軌道修正は未だにできません。
決論を言えば、二大政党に収まる国民性でないからですね。
コメント

境涯とは

2018年10月15日 01時25分27秒 | 沼田利根の言いたい放題
境涯とは、命そのものの状態を示すものです。
境涯はこの世に生きていく上でおかれている立場。

我々は、生きている中で色々な状況や環境に遭遇し、又縁するさまざまな物事を見聞き、体感することで、多かれ少なかれその影響を心(命)に受けながら生きています。
つまり、心がダイレクトに感応する ...
極論すれば、人間の段階(レベル)の問題。

例えば、安部晋三さんは、憲法改正に執念を燃やしていますね。
でも、それは本当に、国民の幸福につながることなのでしょうかね。
それで、日本はより良い国に変わるのでしょうか?
その人の境涯が、結局は何をしたいのかに反映されるもの。
憲法改正は何のためなのか?
結局は、その人の思い(境涯:生命状態)が如実に厳然と表れるものだと思うのです。
コメント

短くて単純、幼稚な文章を書く学生

2018年10月13日 06時41分57秒 | 沼田利根の言いたい放題
ある種の新聞、週刊誌、月刊誌では極端な言論が生まれやすい。
過剰な表現や過剰な差別発言が横行する。
特に電車内の広告には、人々の興味をあおる見出しが躍っている。
それを超えるのようなあおりは、ネットである。
ネットに氾濫するような極端な言論に、雑誌ビジネスが迎合する。
テレビの興味本位の番組にも目に余るものがある。
さらにタレントの言葉が劣化している。
笑いの質の低下にも違和感がある。
「爆笑」するほどのおかしさなのか?
「笑いの強要」にはうんざりするほかない。
若者層を中心に広がる言葉。
「うまい→うま」
「不気味→キモい」
「うっとうしい→ウザい」
「気色が悪い→キショい」「キイョッ」
短文化・省略化は、思考の短絡化に等しい思われる。
短くて単純、幼稚な文章を書く学生が増えているようだ。
文章力の衰えは、論理的思考の衰えではないだろうか。
コメント

「何を楽しみに生きているの?」

2018年10月12日 08時19分36秒 | 沼田利根の言いたい放題
友人、知人に出会うと「行きましたか?」と聞く。
「どこへ?」
「利根川へ、たおこあげ」
「行かない」
「お祭りに行きましたか?」
「行かなかった」
「取手駅前のカラオケ大会は」
「興味ないので・・・」
イベント、まつりなど大好き人間として、彼らに「何を楽しみに生きているの?」と問いたいが、人にはそれぞれの生き方がある。
「あなたには、あなたの道がある」そうなのだ!
いずれにしても、人生を楽しみたい、気持ちの問題に帰着するのだろう。
取手のひなまつり。
梅、桜見物。
友人、知人とほとんど出会わない。
地元の市会議員は、イベントには余念がない。
ほほ毎度、どこかで出会っている。
顔を売るのが必然の行動パターン。
柏まつり、上野まつり。
初日の出(利根川へ)初詣、神田明神、湯島天神、浅草浅草寺などへ。
箱根駅伝で小田原までも。
成田にも行くことも。
宗教の問題ではなく、雰囲気を楽しみ、食事、お酒など味わう。
コメント

ジャーナリストの伊藤詩織さんレイプ事件

2018年10月12日 06時43分26秒 | 沼田利根の言いたい放題
ニューヨーク・タイムズは1面で報じた。
「彼女が日本のレイプの沈黙を破る」
また、BBCは「日本の秘められた恥」という1時間に及ぶドキュメンタリー番組で問題を提起した。
日本のメディアはほとんど報じてこなかった。
加害者であるTBSのワシントン支局長だった記者は、安部晋三首相と懇意で、事件後にも首相をヨイショする本を出している。
彼の逮捕が執行直前に「上からの」指示で取りやめになった不可解さは週刊新潮が報じた。
ニューヨーク・タイムズとBBCが問題にしたのもこの点。
モリカケ同様、「お友だち優遇」の政治介入はなかったのか、ぜひ検証(マスコミに)してほしい。
永井愛さん(劇作家・演出家)
------------------------------------
海外からも疑問、詩織さん性的暴行事件になぜ日本は沈黙するのか ...

2018年2月9日 - 伊藤詩織さんへの準強姦容疑で一度は逮捕状が取られたものの、不可解な理由でその執行を免れた、安倍首相と関係が深いとされるジャーナリスト・山口敬之氏。
しかし我が国で、この件に関して大手メディアが報じることはほとんどありません ...



--------------------------------------
「日本の秘められた恥」 伊藤詩織氏のドキュメンタリーをBBCが放送 - BBC ...

2018年6月29日 - BBCは28日夜、強姦被害を訴え出た伊藤詩織氏を取材した「Japan's Secret Shame( 日本の秘められた恥)」を英国で放送 ... 伊藤氏は2015年4月に著名ジャーナリストの山口敬之氏に強姦されたと、警察に被害届を出した。 ... 強姦被害訴えた伊藤詩織さん、 家族も中傷され BBC放送番組が紹介 ... 番組では山口氏について、事件当時は日本の有名テレビ局のワシントン支局長で、安倍晋三首相を好意的に描いた ...



------------------------------------
これは、正に政治問題。
国会議員たちも沈黙したのか?
沼田利根
コメント

■在来線「最終電車」は何本も走っていた

2018年10月02日 04時33分43秒 | 沼田利根の言いたい放題
首都圏の在来線は、午後8時以降、全面運休の情報。
このため、三田線西台-大手町-秋葉原-守谷-取手(までは次男の車)の経由で帰宅した。
つくばエクスプレスのみ動いていると思っていた。
もし、総武線が動いていたら・・・
三田線西台-水道橋-秋葉原(一駅)で帰宅できたはず。
そもそも、常磐線は上野から動いていたのか?
はじめから、一部動くと情報を流していたら、と東洋経済の以下の記事を読んでから腹が立った。
-------------------------------------------------------
 21時09分、東京駅に着くと、隣のホームで21時30分に発車する京浜東北線の最終列車「桜木町行き」のアナウンスが始まっていた。

 「この列車は最終のため新幹線と接続します」と案内が流れる。実際、しばらくすると、新幹線からの乗り継ぎと思われる、キャリーバッグを手にした女性のグループ客らが、小走りに駆け込んできた。

 21時35分、三鷹行きの中央線最終列車を見送った。こちらには駆け込んでくる人はいない。列車が去ると「上りエスカレーターをすべて止めて下さい」と、業務連絡があってホームが閉じられた。そういえば、この直前にはヘルメットに反射ベルト姿の保線員がホームの端を目視点検しながら歩き始めており、計画運休がひしひしと進んでいる気がする。

 東京に乗り入れた山手線でも、最終列車の案内が始まった。東京駅に着いてから山手線はこの時間でも10分間隔で走っていた感じだが、すべて大崎止まりだった。

 「21時44分、新橋・品川方面行き最終電車です。この時間、このほかのすべての在来線、京浜東北、中央、上野東京ライン、横須賀線……は終了しました」と、女性駅員が話している。ついでにいうと上野・池袋方面行きの逆回りの山手線は21時59分発が最終というアナウンスが流れた。
1両に10数人程度の閑散とした乗客で、なるほど20時から順次止まるというのはこういうことか、と納得しかけたのだが、この列車が終わりではなかった。最初は聞き間違いかと思ったのだが、別の女性の声で再びアナウンスが流れ始めた。

 「山手線の最終電車、新橋・品川方面大崎行きは22時15分……」

 通常、東京駅を出発する在来線は山手線が最後である。計画運休でも山手線だけはこの後も動き続ける。22時15分の次は最終電車ではなく、23時20分も「回送電車」という名前で客を乗せて動いた。

コメント

見逃し三振

2018年09月23日 17時07分32秒 | 沼田利根の言いたい放題
これほど、見ていて失望することはない。
特に3番、4番、5番の期待されている中軸選手たち。
阪神では、福留選手、あるいは糸井選手。
これでは、阪神が最下位に甘んじているはず。
好機に見逃し三振。
どういう姿勢、意気込みで、打席に立っていたのか、と問いたい。
「死んだつまりで、打席に立て!」と言いたい場面。
生きるか、死ぬのか緊迫の立場。
見送って、バットを振らずに死ぬのか?
あるいは、バットフルスイングで死ぬなか?
結果はどうであれ、ファンの受け止める気持ちは違うはず!
コメント

<未来の視点>

2018年09月21日 11時21分53秒 | 沼田利根の言いたい放題
戦後73年が経過し、戦争体験者も少なくなったなか「映画や小説を通し、忘れてはならない歴史を学ぶことがこれまで以上に重要になる」
法政大学教授 金原瑞人さん
移民問題などで右傾化が進んでいる欧州の現況に触れ「再びナチスとイデオロギーを称賛する醜い現象が起きている。ナチスに勝利し確立された平和がいかに大きな代価を払って獲得されたか、記憶を伝えていかなければんらない」
イスラエル大使館のサビオンバイダーゴルン公使。
「歴史が攻撃される時代に入っている。事実を重んじない傾向が強くなっているなかで、ナチスの側面を知ることには意味がある」
東京女子大学の芝健介名誉教授
「自分の行動が10年、20年後どう評価されるかという<未来の視点>を持ち、行動することが何より大切だ。歴史を学び、深く知る努力をすることが、こうした視点を養うことになる」
法政大学の金原瑞人教授
---------------------------
憲法改正への執念を見せる安部晋三首相。
安部一強とは、権力集中志向そのもの。
お友達内閣などと揶揄されてもいる。
官僚の忖度も異常。
日本会議の存在も危うのではないか?
沼田利根
コメント

中国歴史ドラマ「月に花の咲く如く」

2018年09月20日 11時17分47秒 | 沼田利根の言いたい放題
中国歴史ドラマ「月に花の咲く如く」
何気なく、CSテレビのチャネルを動かしていたら、どこか心が惹かれた。
中国の友人の露露を彷彿させる主人公。
思わずドラマに見入る。
面白いドラマの展開に、何て面白いのだと物語なのかと魅入る。
ドラマの最後に流れる歌声は露露の歌声を思い出させた。
「センセイ、なぜですか?なぜ、結婚していることを、言わなかったのですか?」
問われたことが、脳裏に浮かんできた。
露露は友人であり、同士でもあった
---------------------------------
2017年に放送した中国歴史ドラマで視聴率第1位、全TVドラマの中でも第2位を獲得(※)。動画配信サイトでの総視聴回数も131億回を記録するなど、中国で社会現象となった大ヒットドラマだ。
その総製作費は日本でも大きな話題となった『武則天-The Empress-』『ミーユエ 王朝を照らす月』をも凌ぐ68億円。
5万平方メートルにもおよぶ巨大オープンセット。
コメント

日本の異質性

2018年09月14日 05時10分25秒 | 沼田利根の言いたい放題
新聞は世界の動きを見据え日本の異質性を明らかにする報道をすべきではないだろうか。
北海道大学名誉教授 小野有五さん
日本の異質性とは、大学病院に女性医師を増やさないための意図。
フランスでは40歳以下の総合医の6割が女性。
女性活躍社会の実現を強調していた安部晋三首相はきちんとコメントしない。
都合のいいことに声を張り上げ、都合悪いニュースに口をつぐむ。
それを徹底的に追及するのがメディアの役割。
被爆国の日本がなぜ、原発を推進したのか?
不可解。
太陽光電を増やすのは必然。
政府の隠ぺい体質。
森友・加計問題もうやむやになりそうだ。
メディアもうやむやにするのか?
根強い弱者差別も日本の異質性。
沼田利根
コメント

二重生活

2018年08月17日 10時25分29秒 | 沼田利根の言いたい放題
不戦、恒久平和が期待されるのは、過去の誤りの上に成り立っている。

ヒトラーに誰も異を唱えなかった。
絶対者という幻想。
これはオウム真理教による犯罪に共通している。
「命令に従っていただけである」
我が国の特別高等警察の存在。
拷問、治安維持法。
国の方針に従っただけ。
「それが正しい、正しくないの問題ではない」
ヒトラーに加担しユダヤ人を虐殺した人々は、任務を終え家族の元へ帰って行く。
言わば二重生活である。
家庭の温もりと虐殺現場が同じ生活の中で同時進行していた。
その生活の落差は、心、精神に相当の葛藤を及ぼしたはず。
コメント

ソニックガーデン2018取手

2018年08月10日 07時23分41秒 | 沼田利根の言いたい放題
取手市駅前のにぎわいを復活させたいという想いのもと、取手市商工会青年部を中心として駅前でビアガーデンイベントを開催しております。
茨城県取手市 【開催日程】
2018年8月24日(金)・8月25日(土) 15:00~21:00
巨大屋外ビアガーデン。
地元飲食店が出店。
「浦島」のうな重は何と!1000円、おいしい、です。
生ビール、サワー、ハイボール。
なぜ、地元取手の地酒はないの?
そうか、ビアガーデンだった。
ものまね芸人の安室奈美似さんもステージで歌うよ!

8月25日は、駅前カラオケ大会。
当方は、「時代おくれ」を歌予定。
今年は、新道のカラオケ大会(歌はアメリカ橋)、白山のカラオケ大会(歌は花と蝶)に次いで、3度目の駅前カラオケ大会(歌は時代おくれ)で歌う。
なお、これまでの戸頭のカラオケ大会は、わけありで出るのを自重。
コメント

「関係性」によっても人生は変わる

2018年08月09日 10時36分47秒 | 沼田利根の言いたい放題
神奈川県相模原市から茨城県取手市に越して来て、いわゆる集合住宅の住民となる。
自治会があり、それまで経験したことがない濃密な人間関係が生まれた。
5階建て住宅なので、まず、同じ階段10軒の住民と関わる。
回覧板を回すことと自治会費を集める階段責任者の役割、さらに棟の責任者にも順番でなる。
子どもの居る家庭は子ども会との関わりがあった。
月1回の行事があり、その準備と運営もあった。
運動会、夏祭り、カラオケ大会、バレーボール、ソフトホール、ドッチボール、バザー、防災訓練、集合住宅の行事のほかに台宿の運動会、夏祭りもあった。
囲碁・将棋クラブのほかにマージャン同好会は自治会館で。
自治の役員として自治会館での葬儀にも関わった。
改めて思うのであるが、自分を取り巻く「関係性」によっても人生は変わる。
生きやすくもなれば、生きづらくもなる。
楽しかった思い出や辛いこともあった。
親子が亡くなったり、事故死や自殺者も出たり、親しい友人がポックリ亡くなったり、いろいろあったものだ。
コメント

記憶は断片的であいまい

2018年08月08日 21時04分07秒 | 沼田利根の言いたい放題
小学校4年生まで住んでいた田園調布本町。
その後、中学2年まで住んでいた雪谷。
この当時の街並みを再現することは、とてもできない。
記憶は断片的であいまいそのもの。
取手駅周辺(昭和40~50年代)の街並みの記憶を表現した人が取手住民の中に居た。
そのことに、感心するばかりだ。

コメント