取手・医科歯科通信 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

人を「ほめること」がもつ力

2018年09月18日 15時00分35秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
「心の財(たから)」という価値基準。
人生において最も重要。
<何のために生きるのか>という人生の根本目的を見失えば、結局はわびしい人生になってしまう。

人を「ほめること」がもつ力。
だれにも長所や頑張っている点がある。

まず、目の前のことに全力を注ぎことだ。
コメント

磨き鍛えた生

2018年09月18日 14時46分12秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
大切なのは生命力
厳しい状況になればんるほど、磨き鍛えた生命という<心の財産>は輝いていく。

何かを始めるには、アイディアが大切。

生き生きとした挑戦の姿、勇気は波動していく。

真剣な言葉は
必ず友の心に届く。

人生の勝負は、これから。

コメント

知識は本にある

2018年09月18日 14時09分18秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
人間は、散歩や山登りなど、気分転換をして自分を立ち直らせる方法は、いろいろあると思います。
そうすることで、独立した芯の強い自分になるし、相手ことを考えるようにもなる。
楽しみを共有するのもいいことです。
人間には仲間と集まれば、またそこから頑張れる。
そうする人が増えていったら社会はもっと楽しくなるのでしょうね。
知識も必要です。
知識は多い越したことはありません。
たくさん知識得れば、生きる上で公正な判断でき、謙虚な心や人の和も生まれます。
知識は本にある。
作者の生きる姿勢なども伝わってきますから、いろいろな意味で参考になります。
これから生きる若い方々には、もっと、本にふれてほしいですね。
動物学者 今泉忠明さん
コメント

真実と事実

2018年09月18日 13時11分14秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
自らの<限界の壁>を打ち破る。

挑戦をやめない人は輝いている。

自己肯定の度合いの問題。
八方ふさがりでも諦めない勇気。
いかなる困難があろうとも、真正面からぶっかっていく。

気持ちの躍動感。
目標に到達するためには、具体的に行動していくことが不可欠。

人生の真価は、窮地にあってこそ、明らかとなる。

真実と事実-これほど判別の難しいものはない。
人間の目に映った「事実」が、必ずしも<事実>を表わしているとは限らない。
「事実」は、ある意味で、だれにも見える。
しかし「真実」は、それを見極める目を磨かなくては、決して見抜くことはできない。

歪んが鏡には、すべてが歪んで映る。
物事を見極める眼力-それは「境涯」で決まる。






コメント

可能性を信じることだ

2018年09月18日 12時07分44秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
燃え立つような決意や誓いも、歳月とともに忘れがちなのが人間の性。
そのために励ましの場、対話の場が必要。
人材育成で大事なのは相手の可能性を信じ、一対一の関わりも欠かせない。

決めたことはやり切ることだ。
悩みに負けない自分に。

不可能を可能にするとの強い思い。

誰しも、自分にしか咲かせない<花>があるはず。

可能性を信じることだ。



コメント

精神の継承

2018年09月16日 05時56分27秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
<皆が主役>歓喜の集い。
学びの場、触発の場、確信を深める場。

人間が大切にしてきた皮膚(肌)感覚。
握手もその一つ。
スキンシップの効果として、不安と抑うつを低下させる作用もあるそうだ。

精神の継承は、言葉だけでなされるこのではない。
それは、行動を通して、教え、示してこそ、なされていく。



向日葵(ひまわり)の枝に咲くのか明けの月

妻が逝き 縁側で聞く 虫の音や(友人の気持ちで作句)
コメント

一人から変革は始まる

2018年09月13日 11時23分22秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
他者との繋がりがある人ほど心が折れない。

「魂の力」は原子爆弾よりも強い-ガンジー

価値創造への決意と献身。

一人の人間がどれほど偉大な力を持っていくか。
例え一人であっても、社会へ変化をもたらすことができるのだ。
(悪い例では、ヒトラー)

では、どうやって人々の心を変えていくか。
ここに「一人」の力の持つ重要性がある。
一人から変革は始まる。
ガンジーもマーチン・ルーサー・キングも、どの偉大な指導者も最初は「一人」だった。

新たな人間主義の時代を築くためには、一人一人の変革が必要です。
ガンジー研究協議会 N・ラダクリシュナン議長
コメント

「意欲の貧困」や「諦め」

2018年09月13日 11時05分17秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
貧困など困難な親子関係で生きてきた若者の一人は、「自分がそもそも<努力する>エンジンが備わっていない」と語っている。
貧困というのは、お金がないという貧しさだけでなく、自分を受け入れてくれる人とのつながりがない、だから自信が生まれないという「三つのない」を抱えた状態だと考えています。
つまり、よりよく生きようとする「意欲の貧困」や「諦め」が広がっています。
人に支えられた経験によって頑張ろうという気持が育まれる。
そういった経験が足りない人にとっては、多様なつながりの中での支えを経験できる場が必要になってくる。
私はそれが「溜め」のある社会だと思っています。
溜めいうのは「溜め池」の溜めで、地域の皆の共同作業でつくる場です。
各地に広がる「子ども食堂」も、見えにくい貧困と向き合う溜めの場です。
現代は「正解のない問い」を皆で考え、100%でなくても、できるだけ納得できる答えを探していくような時代です。
そこで大事なのは、なるべく多くの人たちの理解を得ることです。
自己責任論では現代の貧困や課題は解決しにくいのは確かです。
人は誰かに関心を寄せることで、その人を尊重できるし、そして自分も誰からか関心を寄せられることにつながっていく。
特に、人と一緒に何かの作業をする中で、お互いに多くのことに気付くわけです。
ですから、共生の在り方というのも、理屈で考えるよりも、まず身近な人との関わりの中で気付いていく。
そういった実践を広げていくことが大切だと思います。
社会活動家 法政大学教授 湯浅誠さん
コメント

右派ポピュリスト政党の台頭

2018年09月12日 09時36分50秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
移民排斥、反イスラム・反移民を掲げる政党。
しかし、戦後のネオナチと違い、彼らは反体制勢力ではない。
キリスト教主義とカリファルニア大学ロサンゼルス校のロジャーズ・ブルベーカー教授はと呼んでいる。
欧州を包み込む文明を「キリスト教」という言葉で表現している。
信仰ではなく、自己と他者とを区別するための文明的帰属を示すためのものだ。
ポピュリストたちは、女性の権利、言論の自由、世俗主義、寛容など、広く共有されているリベラル(自由主義)の価値を認める一方、イスラムについては、そうした価値を脅かすものと捉えている。
例えば、右派ポピュリストたちはイスラムの特質の一つとして「男女不平等の抑圧」を挙げる。
そして男女(ジェンダー)の平等はキリスト教の伝統に根ざす「欧州の価値」と主張し、その対称性を際立たせようとする。
同性愛も認めて訴えている。
中絶や同性愛を頑なに拒否する米国のキリスト教右派と違い欧州の右派ポピュリストにとって、キリスト教主義と世俗主義は矛盾しない。
いずれもイスラムへの偏見を支える対称軸だからだ。
右派ポピュリストたちは欧州とイスラムは相容れないと、激しい言葉で語っている。
新しい文明論者たちは、ハンチントン(政治学者でハーバード大学教授だった故サミュエル・ハンチントン)の「文明の衝突」を標榜している。
文明論的ポピュリストたちは、自身の手で文明の<断層線>を実際に作り出しているのかもしれません-ロジャーズ・ブルベーカー教授。
さらに、以下のように指摘している。
「そこには多くの人々が心理的にも道徳的にも、国家や共同体という<境界のある結束>の中にいることが忘れられています」
「移民が作り上げた米国という<物語>をもとにした結束は、国民に一体感をもたらし、社会を安定させます。グローバルな時代を迎えても国家や共同体は重要です」
「文明論者たちは、排他主義的な感情を覆い隠そうとしています。そうした試みの正体を暴く必要がああります」
右派ポピュリズムが拡大した要因は?
娯楽志向・商業主義に走り、大衆を誤って誘導しがちなメディアにも責任がある。
市民教育の観点から、欧米の公共放送の役割を一層強化する必要がある。
ロジャーズ・ブルベーカー教授。
コメント

心を強くし

2018年09月12日 05時04分46秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
内面的成長。
心に描いた<理想の自分>を目指す。
今、人々が求めるものは何か。
心を強くし、困難にも前向きに挑戦していく自分をつくる。
<いじめ>で自殺などしない心が折れない子どもへと。
コメント

想像力や発想力を磨く機会

2018年09月11日 14時06分46秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
日常生活で本や新聞に親しむことや、規則正しい生活を促している家庭では、好成績の傾向がある。
家庭内で、子どもが活字に触れる場面を増やすことは、学力のみならず、想像力や発想力を磨く機会となるだろう。
名著から学び、言葉を紡ぎ出す作業こそ、英知を磨く絶好の機会となる「読書感想文コンクール」
「真の言葉を話すということは、世界を変革することである」
ブラジルの教育思想家パウロ・フレイレの信条だ。
文字は人。
文字は生命。
文字は境涯。
コメント

自分の夢に向かって

2018年09月11日 13時01分01秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
「わたしは目覚めきっている人間に会ったことがない」
それは、知的な努力を払い、精神的な生活を送る人のことだ。
ソロー
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(Henry David Thoreau、1817年7月12日 - 1862年5月6日)は、アメリカ合衆国の作家・思想家・詩人・博物学者。

人々の生命の底に眠っている勇気の力、希望の力を引き出し、目覚めさせる。
ウォールデン池畔の森の中に丸太小屋を建て、自給自足の生活を2年2か月間送る。代表作『ウォールデン 森の生活』(1854年)は、その記録をまとめたものであり、その思想は後の時代の詩人や作家に大きな影響を与えた。
現在の生態学に通じる考え方を提唱したことからアメリカでは環境保護運動の先駆者としても認知されている。
また、日本ではアウトドア愛好家に人気が高く、彼の死後も多くの邦訳書が出版されている。

胸に思い描いたままの
人生を生きよ。

すべての不幸は、
幸福への踏み石に過ぎない。

勤勉だけが取り柄なら
蟻と変わるところがない。

なんのために
せっせと働くかが問題だ。

忙しいだけでは十分ではない。
問題は何で忙しいかである。

怖れるということほど、
怖れるべきものはない。

人生は、
地球上で過ごした年数で
測られるのではない。

どれだけ楽しんだか
で測られるのだ。

善は決して失敗することのない、
唯一の投資である。

人の運命を
決定するものは、

その人が自分自身を
いかに理解しているか
ということである。

人は死の間際になって
はじめて本気で生きて
こなかったことに気づく。

自分の夢に向かって
確信を抱いて前進し、
思い描いた人生を
生きるように努力するならば、

普通では考えられないような
成功を手にする。
コメント

映画黒水仙のコメント

2018年09月11日 07時52分08秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
奉仕活動のため、ヒマラヤの高地にある小村へ赴いた尼僧5人
やがて文化、生活環境の違いから彼女たちの心に迷いがうまれ.....
閉塞された舞台、精神的におかしくなっていく
信仰と湧き上がる欲望の対比を描いた、ドロドロとした物語。

修道院とハーレム、修道服と赤いドレス、クローダーとルース……。
象徴的なモチーフが多用されていて、なかなか面白い。
テクニカラー黎明期らしく、色彩表現も斬新で映画の歴史も感じられる。
またデボラ・カーの信念をたたえる凛とした佇まい

ハーレムの美しい内装も凄く、各々の精神バランスが崩れていく過程は良かったです.
僻地の断崖絶壁の上にある建物を立派な修道院にする院長に選ばれた修道女が、デボラ・カー。
彼女が、過去の恋人との出来事などを思い出すあたりは、修道女になるまでに、いろいろあったんだなぁ、と思う。

しかし、この作品、後半は若干サスペンス的要素はあるものの、物語が面白くない。
デボラ・カーの美しさだけが目立つ映画だった。


また、最後まで観ると、映画タイトル「黒水仙」の意味が分かる。
ヒマラヤの麓に新設する修道院の院長を任されたシスター・クローダ。
4人のシスターを引き連れて現地に到着するが、修道院となる宮殿は、かつては王のハーレムとして使われていた場所だった......。
その事実が引き金となったかのように、クローダ院長は俗世にいた頃の恋のことを思い出すようになる。
更に、部下のシスター・ルースもヒマラヤに着いてから精神が不安定になり、地元の協力者・ディーンは不真面目な態度でクローダを苛立たせ......。

ヒマラヤの高地に建つ元宮殿を、人々を教え・癒す修道院にする為にやってきたシスターたち。
時を経て土地の人々と関わるうちに、当初抱いていた善意と希望は変質し、信仰もゆらぐ。

学ぶ気のない生徒や身勝手な患者に手を焼いたり、香水(黒水仙)香る金持ちに対処する様子はユーモラスですらある。
ルースが抱く欲望に気づき警告しながらも、クローダー自身も過去の記憶に翻弄される。
ルースの崩壊ぶりと最期は衝撃的。
コメント

魔性とは、悪魔のような、人を惑わす性質

2018年09月11日 07時20分13秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
生命を日本刀のように鍛える。
生命が弱ければ、魔に魅入られる。
魔(ま)とは一般に、人の心を惑わす悪鬼(悪魔)
心の闇が魔
「元品の無明」 を断ち、「元品の法性」 すなわち “本来の自己自身を知る智慧” に目覚めることにある。
この法性を “仏性” “仏界” とする。
元品の無明を打ち破るのは、まさしく「信心」の利剣です。

魔性とは、悪魔のような、人を惑わす性質。
魔性の女
男性を虜にする女
男性が身も心も翻弄される状態に陥ってしまうくらい、ちょっと怖いものがあります。
男女問わず人を惹きつける、不思議な魅力のある魔性の女。

人間の魔性を描いた映画の一つでしょうか?
映画「黒水仙」
(くろすいせん、原題・英語: Black Narcissus)は、1947年に製作・公開されたイギリスの映画である。
インド・ヒマラヤ山麓の女子修道院を舞台としたルーマー・ゴッデンの小説の映画化であり、マイケル・パウエルとエメリック・プレスバーガーが共同監督、デボラ・カーが主演した。
出演者
デボラ・カー
フローラ・ロブソン
ジーン・シモンズ

インド奥地のマハラジャからの要請でそこに学校を開くという使命で5人の修道女が派遣されるのです。
そのチーフを命じられたデボラカー尼僧姿が魅惑的。
現地の野性的な少女を演じたジーンシモンズ。
現地に溶け込んで暮らすイギリス人の男に対して
尼僧の一人が、禁断の片思いを寄せて狂気に走るという展開。
デボラカー演ずる尼僧がその男を横取りすると妄想した、狂気の尼僧が
鐘つき堂から突き落とそうとする魔性の姿。
黒水仙とは、人の心を惑わす香水の象徴ですかね。

黒水仙という香水
今、手にできる名香の中で、最も古い歴史をもつのは多分此の香水でしょう。
ミステリアスで媚薬を思わせる香水瓶・・・
百年以上も前に作られたことが信じられないほど鮮烈な印象を放っています。
やはり名香の中の名香というべきでしょうか。フランス、キャロン社


ルーマーゴッデンはイギリスの女性作家である。
Margaret Rumer Godden   (1907年12月10日 – 1998年11月8日 )
父親の仕事で12歳までイギリス植民地時代のインドで過ごす、
その影響がのちの作品に色濃く反映されていますね。
そのインド体験が最もよく反映された作品が
「黒水仙」(ブラックナルキッソス)と、「河」(リバー)
コメント

生命にそなわる根源的な無知

2018年09月11日 06時02分10秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
人生の転機に
「これからどうなるのか」と問うのではなく、
「これからどうするのか」と思案する以外にない。
未来を「こうする」と目標を定める。
そして実現のための行動を起こす。
自分の人生の主役は自分しかいない。
腹を決めて、真正面から立ち向かうしかない。
生命の可能性を否定する魔性の働き。
<元品の無明>
無明とは、根本の煩悩の一つで、生命にそなわる根源的な無知。
コメント