雑居空間
趣味のあれこれを、やたらめったらフットスタンプ




Heroes of Might and Magic のキャンペーンシナリオ5、「Castle Ironfist」をプレイしました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Heroes of Might and Magic のキャンペーンシナリオ4、「Free-for-All」をプレイしました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ここのところずっとハドソンゲームばっかりやっていましたので、そろそろ、途中で放置していたHeroes of Might and Magic のキャンペーンを再開することにしましょうかね。  というわけで、Heroes of Might and Magic のキャンペーンシナリオ3、「The Wounded Land」をプレイしました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 冷蔵庫の奥で、先週の日曜に作ったカレーが1食分残っていたのを発見。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 さようならハドソン特集・番外編。ハドソンの看板ゲームの一つに桃太郎シリーズがあります。誰でも知っている昔話をベースとした正統派の勧善懲悪ストーリーに、ギャグやパロディをふんだんに盛り込んだユーモラスな作風が当時の小学生にヒット。シリーズの端緒であるRPGの「桃太郎伝説」シリーズを始め、アクションゲームの「桃太郎活劇」、「桃太郎電劇」シリーズ、さらに大ヒットシリーズとなったボードゲームタイプの「桃太郎電鉄」シリーズなど、多くの作品が発売されました。  そして当時の人気ゲームの常として双葉文庫からゲームブック化も為されており、原作つきからゲームブックオリジナル作品まで、桃太郎シリーズのゲームブックは実に6冊が刊行されました。そこで今回は、桃太郎シリーズ第1作である「桃太郎伝説」をゲームブック化した、「桃太郎伝説 愛と勇気のオニ退治」をプレイしました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ここ1ヶ月ほどずっとハドソンハドソン言ってきましたが、実は子供の頃はそれほどハドソンのゲームに親しんでいたわけではありませんでした。むしろコナミ信者みたいな感じで、小学生の頃はMSXの王家の谷とか、夢大陸アドベンチャーとか、悪魔城ドラキュラ辺りが好きでしたね。  そんな中、家にあったハドソンゲームと言えば、LINE文で時間をかけて一生懸命3D表示をしていた「ゴルフ狂」と、あまり出回らなかったBeeカードの「ボンバーマンスペシャル」くらいでした。  そんな想い出の一品であり、ハドソンの看板ゲームでもあるボンバーマン。正式にハドソンが消滅した3月1日からは少し遅れてしまいましたが、さようならハドソン特集の最後を飾るに相応しいゲームということで、ボンバーマンシリーズより、「ボンバーマン'94」をプレイしました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )