雑居空間
趣味のあれこれを、やたらめったらフットスタンプ




 夏の怪奇特集第2弾。傑作ホラーアクションゲーム「悪魔城ドラキュラ」を原作としたゲームブック、「悪魔城ドラキュラ 古城の死闘」(竹田明・著、双葉文庫)をプレイしました。 . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




 さようならハドソン特集・番外編。ハドソンの看板ゲームの一つに桃太郎シリーズがあります。誰でも知っている昔話をベースとした正統派の勧善懲悪ストーリーに、ギャグやパロディをふんだんに盛り込んだユーモラスな作風が当時の小学生にヒット。シリーズの端緒であるRPGの「桃太郎伝説」シリーズを始め、アクションゲームの「桃太郎活劇」、「桃太郎電劇」シリーズ、さらに大ヒットシリーズとなったボードゲームタイプの「桃太郎電鉄」シリーズなど、多くの作品が発売されました。  そして当時の人気ゲームの常として双葉文庫からゲームブック化も為されており、原作つきからゲームブックオリジナル作品まで、桃太郎シリーズのゲームブックは実に6冊が刊行されました。そこで今回は、桃太郎シリーズ第1作である「桃太郎伝説」をゲームブック化した、「桃太郎伝説 愛と勇気のオニ退治」をプレイしました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 夏の怪奇特集用に引っ張り出したままそこら辺に放置していた、双葉文庫のゲームブック「ガバリン」をプレイしました。 . . . 本文を読む

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




Ultima IV を基にしたゲームブックといえば、先日プレイしたJICCから出ている「ウルティマIV」と、もうひとつ、双葉文庫から出ている「ウルティマVol.2 聖者への道」があります。これはUltima IV をファミコンに移植した「ウルティマ 聖者への道」のゲームブック版となっています。タイトルに「Vol.2」と付いていることからもわかるように、本書は同じく双葉文庫から出ている「ウルティマ 魔道士ゾールの陰謀」の続編です。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 PCエンジン版の「グラディウス」をクリアしましたので、引き続き、双葉文庫のゲームブック「グラディウス 未知との戦い」をプレイしました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「源平討魔伝」、「源平討魔伝 巻ノ弐」とプレイしてきたので次はファミコン版に行きたかったのですが、あいにくファミコンは所有していませんのでそれは不可能。そこで久しぶりにゲームブックを掘り起こし、双葉文庫の「源平討魔伝 神異妖魔界の変」をプレイしました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )